宮内聡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
宮内 聡 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ミヤウチ サトシ
ラテン文字 MIYAUCHI Satoshi
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1959年11月26日(54歳)
出身地 東京都
身長 175cm
体重 70kg
選手情報
ポジション MF
代表歴
1984-1987 日本の旗 日本 20 (0)
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

宮内 聡(みやうち さとし、1959年11月26日 - )は、日本の元サッカー選手、指導者、解説者。

略歴[編集]

帝京高等学校時代は攻撃的MFとして活躍。早稲田一男金子久らと共に1977年の第56回全国高等学校サッカー選手権大会優勝に貢献し優秀選手に選出された。卒業後の1978年に早稲田、金子と共に日本サッカーリーグ1部の古河電気工業サッカー部(現ジェフユナイテッド市原・千葉)に入部。同年に日本ユース代表に選出され、1979 FIFAワールドユース選手権日本大会のメンバーに選ばれたが、試合出場機会は与えられなかった。

所属する古河電工では2年目の1979年からスタメンに定着しリーグ戦第4節の東洋工業サッカー部(現サンフレッチェ広島)戦で初得点を記録したが古河での練習中に右膝半月板を損傷。手術とリハビリに数年間を費やし、復帰後も後遺症に悩まされるなど、右膝の怪我は宮内の選手生命を左右する物となった。

1983年に2度目の手術から復帰を果たすと守備的MFに転向。それまでの攻撃を組み立てる側から、体を張った守備やタックルで相手の攻撃の芽を摘み取る側へと代わったが、このポジションで才能を開花。1985年には11シーズンぶり2回目となるリーグ優勝、翌1986年には日本勢としては初となるアジアクラブ選手権優勝に貢献した。

日本代表としては、1984年9月20日に敵地で行われた日韓定期戦、韓国戦でデビュー。この試合で評価を受けた宮内は森孝慈監督の下で代表メンバーに定着し、翌1985年に行われたFIFAワールドカップ・メキシコ大会予選では西村昭宏と共に中盤の守備を担い、最終予選進出に貢献した。その後、1986年アジア競技大会1987年ソウルオリンピック予選など国際Aマッチ20試合に出場した。

しかしながら、10年間で6度に渡った手術後も怪我は完治せず、1987-88シーズンを最後に28歳の若さで現役を引退した。

現役引退後の1988年奥寺康彦が主催したサッカー教室のアシスタントコーチに就任。翌1989年からはこの年から始まった日本女子サッカーリーグ所属のプリマハムFC監督に就任し、10年近くに渡って同クラブの監督を務め女子サッカーの普及にも尽力、1997年から1999年まで女子日本代表の監督を務めた。

2000年から東京都にある成立学園高等学校サッカー部総監督に就任し全国高校サッカー選手権大会出場に導いている。

またサッカー解説者としてもスカイパーフェクTV!のサッカー中継(主にイタリアセリエAUEFAチャンピオンズリーグ)を中心に出演している。

年譜[編集]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 JSL杯 天皇杯 期間通算
1978 古河 22 JSL1部 1 0
1979 古河 22 JSL1部 10 1
1980 古河 15 JSL1部 3 1
1981 古河 15 JSL1部 3 0
1982 古河 15 JSL1部 4 1
1983 古河 15 JSL1部 16 2
1984 古河 8 JSL1部 18 1
1985 古河 8 JSL1部 21 0
1986-87 古河 8 JSL1部 18 0
1987-88 古河 8 JSL1部 20 0
通算 日本 JSL1部 114 6
総通算 114 6

代表歴[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 20試合 0得点(1984-1987)


日本代表 国際Aマッチ その他 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点
1984 1 0 0 0 1 0
1985 8 0 7 0 15 0
1986 6 0 5 0 11 0
1987 5 0 4 0 9 0
通算 20 0 16 0 26 0

指導歴[編集]

監督成績[編集]

年度 所属 クラブ リーグ戦 カップ戦
順位 試合 勝点 勝利 引分 敗戦 Lリーグ杯 皇后杯
1989 JLSL プリマハム 6位 10 3 0 3 4 - 準々決勝
1990 JLSL プリマハム 3位 15 15 5 5 5 - 準決勝
1991 JLSL プリマハム 3位 18 28 13 2 3 - 準決勝
1992 JLSL プリマハム 5位 18 22 9 4 5 - 準決勝
1993 JLSL プリマハム 6位 18 - 10 - 8 - 準優勝
1994 L プリマハム 3位 18 - 12 - 6 - 優勝
1995 L プリマハム 優勝 18 - 18 - 0 - 準決勝
1996 L プリマハム 準優勝 18 - 16 - 2 準優勝 準決勝
1997 L プリマハム 3位 18 - 15 - 3 優勝 準優勝

参考文献[編集]

  • 「THIS IS MY SOCCER LIFE 63」『サッカーダイジェスト』1985年4月号
  • 「28歳でユニフォームを脱いだ名ディフェンシブ・ハーフ」『イレブン』1988年9月号

外部リンク[編集]