松井清隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
松井 清隆 Football pictogram.svg
名前
カタカナ マツイ キヨタカ
ラテン文字 MATSUI Kiyotaka
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1961-01-04) 1961年1月4日(60歳)
出身地 大阪府高槻市
身長 180cm
体重 83kg
選手情報
ポジション GK
ユース
1976-1978 京都西高校
1979-1982 大阪体育大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1983-1992 日本鋼管/NKK
1992-1993 清水エスパルス
代表歴
1984-1988 日本の旗 日本 15 (0)
監督歴
2011-2021 近畿大学
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

松井 清隆(まつい きよたか、1961年1月4日 - )は大阪府高槻市出身の元サッカー選手、サッカー指導者。

略歴[編集]

京都西高校・大阪体育大学を経て日本鋼管サッカー部清水エスパルスでプレーしたGK。ポジショニングに優れた80年代の日本を代表するGKの一人で、日本代表として15試合に出場。特に1985年のワールドカップ・メキシコ大会アジア1次予選、敵地の北朝鮮戦における神がかり的なプレーは、諸般の事情によりTV中継がなかったにも関わらず、取材した数少ないメディア関係者を通じて語り草となっている[1]。同時期に代表でプレーした森下申一は学年が同じでGKとしての能力も同じように高く、良きライバルとして共に日本代表を支えていた。

引退後は指導者の道へ進み、2004年から2006年までは柳下正明監督の下でコンサドーレ札幌のGKコーチを務め、2007年に三浦俊也監督体制移行後はトップチームコーチを務めた。2011年より近畿大学サッカー部の監督に就任した。2020年10月に同大学サッカー部員による大麻使用が発覚して、サッカー部は無期限の活動停止処分となった。翌2021年2月2日付で近畿大学による監督退任勧告を受け入れて辞任した[2][3]

2021年7月15日、F.C.大阪のテクニカルコーチに就任した[4]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 JSL杯/ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
1983 鋼管 JSL2部 12 0
1984 21 JSL1部 18 0
1985 20 0
1986-87 22 0
1987-88 1 22 0 5 0
1988-89 NKK 16 0 0 0
1989-90 22 0 2 0
1990-91 15 0 2 0
1991-92 JSL2部 23 0 0 0
1992 清水 - J - 0 0 0 0 0 0
1993 0 0 0 0 0 0 0 0
通算 日本 J 0 0 0 0 0 0 0 0
日本 JSL1部 135 0
日本 JSL2部 0
総通算 0

JSL東西対抗戦(オールスターサッカー) 3回出場:1984年、1986年、1987年


その他の公式戦

代表歴[編集]

出場大会など[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 15試合 0得点(1984-1988)


日本代表国際Aマッチ その他期間通算
出場得点 出場得点出場得点
1983 0 0 2 0 2 0
1984 2 0 0 0 2 0
1985 8 0 5 0 13 0
1986 2 0 5 0 7 0
1987 1 0 0 0 1 0
1988 2 0 0 0 2 0
通算 15 0 12 0 27 0

指導歴[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]