倉田安治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
倉田 安治 Football pictogram.svg
名前
カタカナ クラタ ヤスハル
ラテン文字 KURATA Yasuharu
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1963-02-01) 1963年2月1日(57歳)
出身地 静岡県藤枝市
身長 178cm
体重 73kg
選手情報
ポジション DF
ユース
藤枝東高校
筑波大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1986-1991 本田技研工業
1991-1992 読売サッカークラブ
代表歴2
1986-1987 日本の旗 日本 6 (0)
1989  日本 3 (0)
監督歴
2010 FC岐阜
2014 大連阿爾濱
2015 栃木SC
1. 国内リーグ戦に限る。
2. 2020年4月11日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

倉田 安治(くらた やすはる、1963年2月1日 - )は、静岡県藤枝市出身の元サッカー選手、サッカー指導者。ポジションはディフェンダー

略歴[編集]

藤枝東高校3年次の高校選手権(1979年度)に出場、優勝候補の一角と目されたが1回戦敗退に終わった[1]。 卒業後は筑波大学に進学。4年次の1985年にユニバーシアード代表[2] に選出され、同年8月の神戸大会に出場しベスト4進出に貢献した。

1986年に本田技研工業に入部。また同年に日本代表に選出され、1987年のソウル五輪アジア予選など国際Aマッチ6試合に出場。1989 FIFAフットサル世界選手権フットサル日本代表として出場した。北澤豪共々読売サッカークラブ所属選手として日本リーグ最終シーズンを過ごした。

引退後はアビスパ福岡ヴィッセル神戸でコーチや下部組織の監督を、2010年にはFC岐阜の監督を務めた。

2015年7月21日に成績不振により前日に辞任した阪倉裕二の後任として栃木SCの監督に就任したが、同年12月に契約満了により栃木SCの監督を退任した[3]

2016年に杭州緑城の育成スクールの副校長に就任[4]

2019年から山東魯能のU-15監督に就任した[5]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 JSL杯 天皇杯 期間通算
1986-87 本田 4 JSL1部 20 1
1987-88 15 2
1988-89 6 17 0 1 0
1989-90 8 1 0 0
1990-91 17 1 0 0
1991-92 読売 2 2 0 4 0 1 0 7 0
通算 日本 JSL1部 79 5
総通算 79 5

その他の公式戦

代表歴[編集]

出場大会など[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 6試合 0得点(1986-1987)


日本代表国際Aマッチ その他期間通算
出場得点 出場得点出場得点
1986 1 0 0 0 1 0
1987 5 0 15 0 20 0
通算 6 0 15 0 21 0

指導歴[編集]

  • 1993年 ヴェルディ川崎アシスタントフィジカルコーチ
  • 1994年 筑波大学大学院修士課程体育研究科コーチ学専攻終了
  • 1995年 - 2006年 アビスパ福岡
    • 1995年 ユース監督
    • 1996年 サテライトコーチ
    • 1997年 ヘッドコーチ
    • 1998年 強化部チーフ
    • 1999年 ヘッドコーチ
    • 2000年-2002年 ホームタウン部
    • 2003年 サテライト監督
    • 2004年-2006年 ヘッドコーチ
    • 2006年7月-12月 統括グループ
  • 2007年 - 2009年 ヴィッセル神戸
    • 2007年-2008年 ヘッドコーチ
    • 2009年 アカデミー事業本部アドバイザー
  • 2010年 FC岐阜監督
  • 2012年 - 2014年 大連阿爾濱
    • 2012年-2013年 サテライトチーム監督
    • 2014年 監督
  • 2015年7月-12月 栃木SC監督
  • 2016年 杭州緑城育成スクール副校長
  • 2019年- 山東魯能 U-15監督

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]