谷中治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
谷中 治 Football pictogram.svg
名前
愛称 タニ
カタカナ タニナカ オサム
ラテン文字 TANINAKA Osamu
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1964-09-24) 1964年9月24日(54歳)
出身地 東京都府中市
身長 173cm
体重 67kg
選手情報
ポジション FW
代表歴
1984-1986[1] 日本の旗 日本 3 (0)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

谷中 治(たになか おさむ、1964年9月24日 - )は、東京都府中市出身の元サッカー選手。元日本代表。JACPA東京FCで育成年代の指導者として、やっていたが今現在は、一般社団法人ツートップを設立して、BOBBIT(ボビット)の代表でジュニアユースを指導。

略歴[編集]

現役時代は俊足を活かした快速フォワード(ウインガー)として名を馳せ、サイドから中央へと切り込み鋭いシュートを放つなど高いサッカーセンスを持つ、と帝京高校時代から将来を嘱望されていた[2]第60回全国高等学校サッカー選手権大会で5得点をマークし、得点王の座に輝く[3]。帝京高での同期に楠瀬直木、1期後輩に前田治広瀬治平岡和徳。同高校卒業後の1983年日本サッカーリーグの強豪・フジタ工業クラブサッカー部に入部し、翌1984年には10代で日本代表に選出され、国際Aマッチ3試合に出場した。

フジタではペルー系日系人のホルヘ平野が在籍していた縁でペルーに短期留学を経験。しかし、その後はレギュラーポジションを失うことが多くなった。 1991年、プロサッカーリーグ(Jリーグ)発足を翌年に控え、地域リーグからのJリーグ昇格を狙うチームとして活動するPJMフューチャーズへ移籍。日本人最年長選手としてチームを引っ張った[4]1995年シーズン限りで現役を引退。指導者の道をあゆみ、JACPA東京FCジュニアユースの監督を務める。今現在はBOBBITTOKYOFC(ボビット東京フットボールクラブ)の代表を務める!JACPA東京FC コーチ陣紹介</ref>。

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 JSL杯/ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
1983 フジタ JSL1部
1984 8
1985
1986-87
1987-88 18
1988-89 10
1989-90 16 0 2 0
1990-91 JSL2部 21 1 1 0
1991-92 18 1 2 0
1991 PJM 34 東海2部
1992 11 東海 - -
1993 旧JFL2部 9
1994 旧JFL
1995 鳥栖F
通算 日本 JSL1部 99 17
日本 JSL2部 39 2 3 0
総通算

代表歴[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 3試合 0得点(1984-1986)[1]


日本代表国際Aマッチ その他期間通算
出場得点 出場得点出場得点
1984 1 0 0 0 1 0
1985 0 0 0 0 0 0
1986 2 0 2 0 4 0
通算 3 0 2 0 5 0

出典[編集]

  1. ^ a b “谷中 治”. サッカー日本代表データベース. http://www.jfootball-db.com/players_ta/osamu_taninaka.html 
  2. ^ 1986JSLオーススター戦公式プログラム 出場選手紹介
  3. ^ 歴代得点王”. サッカー高校大学No1注目選手. 2012年8月19日閲覧。
  4. ^ 1995JFL公式プログラム選手紹介