武田修宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
武田 修宏 Football pictogram.svg
名前
愛称 タケ
カタカナ タケダ ノブヒロ
ラテン文字 TAKEDA Nobuhiro
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1967-05-10) 1967年5月10日(49歳)
出身地 静岡県浜松市中区
身長 177cm
体重 72kg
選手情報
ポジション FW
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1986-1992 日本の旗 読売サッカークラブ 122 (48)
1992-1995 日本の旗 ヴェルディ川崎 117 (60)
1996 日本の旗 ジュビロ磐田 24 (4)
1997 日本の旗 ヴェルディ川崎 4 (0)
1997 日本の旗 京都パープルサンガ 16 (9)
1998-1999 日本の旗 ジェフユナイテッド市原 57 (19)
2000 日本の旗 ヴェルディ川崎 0 (0)
2000 パラグアイの旗 スポルティボ・ルケーニョ 2 (0)
2001 日本の旗 東京ヴェルディ 19 (2)
代表歴
1987-1994 日本の旗 日本 18 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

武田 修宏(たけだ のぶひろ、1967年5月10日 - )は、日本の元サッカー選手。現在はスポーツコメンテーター・タレントホリプロ所属)。浜松市立佐藤小学校浜松市立丸塚中学校静岡県立清水東高校卒業。元日本代表。

Jリーグ通算94ゴール(8位タイ)、日本サッカーリーグ(JSL)新人王・MVP、ベストイレブンはJSL時代3回・Jリーグ1回の記録を持つ。

来歴[編集]

選手時代[編集]

中学・高校時代[編集]

静岡県浜松市中区で、トラック運転手の父と看護師の母との間に生まれる。小学校1年の頃にサッカーを始めた[1]。少年時代から静岡県内では天才サッカー少年と呼ばれ、浜松市立丸塚中学校2年時には東海選抜に選出され全日本選抜中学生サッカー大会で優勝、3年時には日本ジュニアユース代表に選出されシンガポールで開催されたライオンシティカップに出場し得点王となった。

中学卒業後は地元の浜松を離れ、静岡県立清水東高等学校へ進学した。当時越境進学するケースは少なく「故郷を捨てる裏切り者」と新聞に叩かれた[1]。1年時からセンターフォワードのポジションを獲得すると全国高等学校サッカー選手権大会静岡県予選では9得点を挙げる活躍で得点王とMVPを獲得。本大会では5得点を挙げる活躍で準優勝に貢献[1]、大会優秀選手に選ばれ高校選抜の一員としてヨーロッパ遠征に参加した。国体には1年時から出場し、1年時と2年時には準優勝、3年時には中山雅史らと共に参加、準決勝の三重県選抜戦にて7得点を挙げる活躍などで優勝に貢献した[1]。しかし、清水東高では3年時に主将を務めたものの、冬の高校選手権予選では準決勝で敗退した。

日本ユース代表には1年時から選ばれ、1983年のAFCユース選手権予選に出場したが、3年時は年齢制限(1967年8月1日生まれ以降の選手を対象とした)のため代表には招集されていない[2]

JSL時代[編集]

高校卒業後の1986年に、静岡第一テレビ(NNN・NNS系列で、読売新聞東京本社日本テレビ放送網などの読売グループが株主)の子会社静岡第一ビデオ(現・SDTエンタープライズ)に入社。当時の中平公彦社長(当時、静岡第一テレビ副社長を兼任。故人)の取り計らいもあって社員として勤務する傍ら、静岡第一ビデオからSDT東京支社への出向社員という扱いで日本サッカーリーグ(JSL)1部の読売サッカークラブに入団した[3]。ちなみに、進学校として名高い清水東から高卒で実業団入りするのは当時としては異例であった。この頃は午前中に一般業務を行ってから、小田急線でよみうりランドまで通った[1]。入団初年度からポジションを獲得すると、1986-87シーズンに11得点を挙げる活躍で2シーズンぶりのリーグ優勝に貢献。この活躍により武田は新人王とベスト11[1]日本年間最優秀選手賞を受賞した。また1987年には日本代表にも選出され[1]ソウルオリンピック予選に出場、第1戦のインドネシア戦で代表デビューを飾ると、この試合で代表初得点を記録した。

これらの活躍で武田は、1987-88シーズンのJSLのPRポスターのモデルに選ばれるなど新たなスター選手として扱われるようになった。またルックスの良さやファッションセンスからサッカー以外の雑誌やテレビで紹介されるようになり、1988年1月15日の成人の日には日本テレビ系列で『サッカー青春賛歌「ストライカーへの道」武田修宏20歳からの挑戦』と題したドキュメンタリー番組が放送されるなど[4]、異例の扱いを受けた。

その後、選手として伸び悩み、代表からも外れたが、1989-90シーズンには13得点を挙げ復活を果たし、翌1990年に代表へ復帰。同年にブラジルから三浦知良が加入すると三浦とのコンビで1990-91、1991-92シーズンのリーグ連覇に貢献した。

Jリーグ発足後[編集]

日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)創設に伴い読売クラブがヴェルディ川崎と改組された後も、三浦、ラモス瑠偉北澤豪らと共に中心選手としてチームを支え黄金時代を築いた。当時の武田の年俸は1億2千万円と言われ[5]、JSL時代よりも多くの収入を手に入れると共に人気選手として注目を集めた。日本代表にも引き続き選出されたが、ハンス・オフト監督の下では高木琢也や中山雅史といった同年代の選手に比べ出場機会は少なく、控え選手としてベンチを温めることが多かった。後に「ドーハの悲劇」と呼ばれたW杯アメリカ大会のアジア最終予選・イラク戦では試合終盤の81分に中山と交代で出場するも、試合終了間際の致命的な判断ミスがロスタイムでの失点につながり非難を浴びた[1]。その後、1994年のパウロ・ロベルト・ファルカン体制での出場を最後に、日本代表に招集されなくなった。

1996年、武田は出身地の浜松に隣接する磐田市ジュビロ磐田に移籍したのを皮切りに、一旦ヴェルディに復帰後、京都パープルサンガジェフユナイテッド市原と移籍した。[1]。磐田ではDFの右サイドバックとして起用される事が多く(後述)、ラモスの存在が決断を促した京都移籍はシーズン途中にラモスがヴェルディに復帰したため武田が取り残される形となり、市原では2年間のリーグ戦で19ゴールと活躍したがチームはJ2降格の危機にさらされるなどの苦難も味わった[6]。ヴェルディで出番を与えられなかった2000年の途中にはパラグアイスポルティボ・ルケーニョに移籍して活動の場を求めたが、3か月後に監督が交代、退団した[1]

2001年、武田は川崎から本拠地を移転した東京ヴェルディ1969へ3度目の復帰を果たし[7]、チームでの活躍と日本代表復帰を目指したが、同年を最後に現役引退。引退は相談したホリプロの会長に勧められたという[1]。よみうりランドで行った引退会見[1]では涙ながらに心情を吐露し(「できれば、辞めたくなかったです」の台詞)、その場にいた記者から拍手が湧き上がり、チーム本拠地の東京スタジアムで行われた第81回天皇杯準々決勝の後で引退セレモニーが行われた。

引退後[編集]

引退後は日本テレビでサッカー解説者を務め、東京スポーツで『武田修宏の直言』と題するサッカー解説コラムを執筆している他、タレントとしてバラエティ番組や旅番組などに出演している[1]NHK教育テレビスペイン語会話』の生徒役(2004年度)としてもレギュラー出演していた経歴をもつ。

2004年からは日本サッカー協会が認定するJFAアンバサダーとしてサッカーの普及に貢献している。2005年日本サッカー協会公認S級ライセンスを取得した[1]

エピソード[編集]

サッカー選手・指導者[編集]

  • 幼少期から静岡県内で天才サッカー少年と呼ばれ、同じ歳の中山雅史をもってして「(対等の)ライバルとしては見られなかった」と言わしめるほどの存在だった。当時の静岡県選抜でも、FWには武田という絶対的な存在がいたため、中山は本来のポジションではないDFへとコンバートされたほどである。後に磐田でチームメイトになった際には、逆に中山がFWで武田がDF(サイドバック)という形になる事が多くなった。
  • 清水東高時代では、「武田が出場すると風が止む」と言われた。これは、武田のプレー見たさに女子学生が集まり、グラウンドの周りを囲むので風が遮られたためである[1][8]
  • パラグアイでは、「日本のマラドーナが来た」と騒がれた。その名付けは元パラグアイ代表GK・チラベルトであり、歓迎試合として所属クラブのルケーニョ対パラグアイ代表のゲームが行われた。当時は「一人部屋に戻ると、病気になると誰にも気づかれずに死んでしまうのではないか」と考えるほど孤独に耐えていたことを、後に明かしている[9]
  • 現役時代には三浦知良に顔が似ていることを度々指摘されており、現実に2005年2月(武田は既に現役を引退済)には、中国人記者が三浦と勘違いして武田に取材をして記事にしたという珍事もある。
  • S級ライセンス取得の過程は武田が当時レギュラー出演をしていた「スポーツうるぐす」の1コーナーとなり、長期密着取材によってその修習内容の一部が紹介された。

私生活・タレント活動[編集]

  • 武田の両親は、父が長距離トラック運転手、母が看護師と共に深夜勤務がある職業だったため、比較的夜遅くまで練習量を多くこなすことが可能だったことが、少年時代の活躍につながったともされる[10]
  • 実家は貧しく、父親は金遣いが荒く借金を作ったため、家には毎日のように借金取りが押しかけていた。また、家族に暴力を振るうこともあり、武田が中学生時代にいったん離婚。父親は郷里の鹿児島へ戻った。こういった経緯から「サッカーと出会っていなかったら、グレていた」とも述べている。しかし、全国高等学校サッカー選手権大会でプレーする武田の姿をテレビで見て更生することを決意し、母親にプロポーズ。それを母親は受け容れた。復縁後、程なくして父親は寝たきりとなってしまい、母親は仕事のかたわら父親の介護にあたったという[10]
  • 性格は几帳面な方で、朝起きたら必ず布団乾燥機にかけ、また次の日着ていく服と履いていく靴は全部前夜のうちに用意しておくほど。部屋も机の上も散らかっていると落ち着かないので常に掃除、整頓をしている。また、前夜どれだけ酒を飲んでも次の朝は必ず8時に起きるという規則正しい生活を送っていた[11]
  • 西川史子を口説いたことがあるという[12]
  • おしゃれカンケイ日本テレビの第1回放送のゲストだった。
  • ディスコクラブ)好きで、バブル景気の頃はマハラジャエムザ有明ジュリアナ東京などへ通い、毎晩をパーティのように過ごしていた[13]レースクイーンが大好きで、1995年の東京モーターショーでは、出演レースクイーン全員にグッチバンブーバックをプレゼントしていたという伝説もある(但し、この件については写真週刊誌FLASH2012年3月20日号で否定している)。
  • 現在も独身で、最近よく語る理想の結婚相手は、普通のOLのような、普通の一般女性である。理想の家庭も普通の暖かい家庭と述べている[14][15]
  • 森光子国民栄誉賞を記念して和田アキ子が記念パーティーを開き、その際にホリプロ所属タレントの後輩である武田に盛り上げ役を頼んだ。パーティの席上、武田は下ネタ話を連発し、見かねた和田に(制止の意味で)テーブルの下で足を蹴られても、下ネタ話を続けた[16]
  • 番組出演をきっかけにイタリア人の外国人タレントベリッシモ・フランチェスコと仲が良い。街で二人で遊ぶ姿が目撃される。[17]

人物[編集]

プレースタイル[編集]

  • スピード・フィジカル・テクニックなどには特筆すべき点はなかったが、ポジショニングの上手さやゴールへの嗅覚は非常に優れており、仲間からのパスをはじめ、仲間のシュートミスしたボール、敵のパスミスに素早く反応してゴールを奪った。このプレースタイルから「ごっつあんゴーラー」とも言われた。これについて武田は、「往年のイタリア代表FWであるパオロ・ロッシサルヴァトーレ・スキラッチのようなラッキーボーイ的な活躍をする選手とプレースタイルに通じるものがある」と自著で語っている[18]
  • ジュビロ磐田では、背番号2をつけ右サイドバックでプレーすることが多かった。当時の磐田監督はオフトで、自分が指揮した時の日本代表のBチーム(控え選手のチーム)でサイドバックをやっていた武田を評価して磐田へ招いたとされる[19]。ただし、後半に得意のセンターフォワードの位置に上がったり、先発時からセンターフォワードで出場した試合もあった。FWでの出場の多くは、同じチームにいたスキラッチとの交代だった。

ファッション[編集]

  • ファッションにおいては、イタリアに影響された面が大きく、頻繁に男性誌を切り抜いてはファイルしている。トレードマークは、襟の大きい白シャツに鮮やかなVネックニットに細身のジーンズや綿パンのコーディネート。革靴にいたっては、100足以上自宅に保管している上に、中にはイタリア製のフルオーダーで20万近くする物もある[20]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 JSL杯/ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
1986-87 読売 22 JSL1部 22 11 0 0 5 3 27 14
1987-88 21 5 1 0 4 0 26 5
1988-89 15 4 3 0 3 2 21 6
1989-90 12 22 13 4 1 4 1 30 15
1990-91 11 22 9 2 0 1 0 25 9
1991-92 9 20 6 5 5 5 5 30 16
1992 V川崎 - J - 11 4 5 1 16 5
1993 36 17 1 0 3 0 40 17
1994 40 23 3 1 0 0 43 24
1995 41 20 - 1 1 42 21
1996 磐田 24 4 14 2 1 0 39 6
1997 V川崎 21 4 0 6 1 - 10 1
京都 32 16 9 0 0 2 1 18 10
1998 市原 9 33 13 6 2 1 0 40 15
1999 J1 24 6 2 1 0 0 26 7
2000 V川崎 18 0 0 1 0 - 1 0
パラグアイ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
2000 S・ルケーニョ - プリメラ 2 0 - - 2 0
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
2001 東京V 9 J1 19 2 2 0 0 0 21 2
通算 日本 J1 237 94 46 11 13 3 296 108
日本 JSL1部 122 48 15 6 22 11 159 65
パラグアイ プリメラ 2 0 - - 2 0
総通算 361 142 61 17 35 14 457 173

その他の公式戦

個人タイトル[編集]

代表歴[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 18試合 1得点(1987年 - 1994年)


日本代表 国際Aマッチ
出場 得点
1987 4 1
1988 0 0
1989 0 0
1990 4 0
1991 2 0
1992 2 0
1993 4 0
1994 2 0
通算 18 1

得点数[編集]

# 年月日 開催地 対戦国 スコア 結果 試合概要
1 1987年4月8日 日本東京 インドネシアの旗 インドネシア 3-0 勝利 ソウル五輪予選

指導歴[編集]

  • 東京ヴェルディ特別コーチ(トレーニングキャンプ(2/8-17)の期間中)

出演[編集]

テレビ番組[編集]

他多数

CM[編集]

ゲーム[編集]

Jリーグ開幕当初、武田の名前を冠したサッカーゲームが発売された。

映画[編集]

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 週刊現代 2012年9月22日・29日合併号 88-90頁 「私の地図」
  2. ^ 同じ理由で清水商高江尻篤彦らも招集されなかった。
  3. ^ 『スタイル ─ 武田流ポジティブの貫き方』58-59頁
  4. ^ 『イレブン』1988年2月号72頁
  5. ^ 『スタイル ─ 武田流ポジティブの貫き方』130頁
  6. ^ J1参入決定戦ではアビスパ福岡との2回戦第1戦でゴールを決めた。
  7. ^ この時の基本給は年俸650万円(推定)で、全盛期の10分の1以下の「薄給」と報じられた。
  8. ^ 『ゼロからのキックオフ』32-33ページ
  9. ^ 『スタイル ─ 武田流ポジティブの貫き方』108-113頁
  10. ^ a b 『スタイル ─ 武田流ポジティブの貫き方』30-37ページ
  11. ^ 『スタイル ─ 武田流ポジティブの貫き方』42ページ
  12. ^ “【エンタがビタミン】武田修宏、初出演で女性陣を敵に?! 「キレイじゃなくなってきた」発言の真意とは?”. Techinsight. (2010年12月20日). http://japan.techinsight.jp/2010/12/kitashima201012191730.html 2014年3月19日閲覧。 
  13. ^ “出るわ出るわバブル話 武田修宏「トシちゃんと2トップだった」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン). (2012年10月29日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/10/29/kiji/K20121029004440180.html 2014年3月19日閲覧。 
  14. ^ 『ゼロからのキックオフ』40-41ページ
  15. ^ 『スタイル ─ 武田流ポジティブの貫き方』158-159ページ
  16. ^ “【Sports Watch】武田修宏が大物女優に下ネタ連発!?”. livedoor ニュース. (2011年5月6日). http://news.livedoor.com/article/detail/5536704/ 2014年3月19日閲覧。 
  17. ^ [1]
  18. ^ 『スタイル ─ 武田流ポジティブの貫き方』62-63頁
  19. ^ チケットぴあ/トークバトル
  20. ^ 元サッカー日本代表 武田修宏さん流 オーダーメイド術 - L-Cruise - 日経トレンディネット
  21. ^ 武田修宏、ボートレースの魅力お茶の間に伝える - sanspo.com・2012年4月24日

参考文献[編集]

  • 「DIGEST SCRAMBLE EYES パート5」『サッカーダイジェスト』1986年4月号
  • 「イレブン24時間密着マーク 第1回 武田修宏(読売クラブ)」『イレブン』1988年2月号
  • 『スタイル ─ 武田流ポジティブの貫き方』(アクアハウス、2002年6月)

外部リンク[編集]