神野卓哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
神野 卓哉 Football pictogram.svg
名前
愛称 ジン[1]
カタカナ ジンノ タクヤ
ラテン文字 JINNO Takuya
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1970-06-01) 1970年6月1日(46歳)
出身地 埼玉県草加市[2]
身長 180cm[3]
体重 75kg[3]
選手情報
ポジション FW[3]MF
利き足 左足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1989-1995 日産自動車/横浜マリノス 113 (12)
1996-1998 ヴィッセル神戸 87 (13)
1999 大分トリニータ 36 (19)
2000 FC東京 18 (04)
2001 大分トリニータ 9 (00)
2001-2003 横浜FC 75 (16)
代表歴
1988  日本ユース
1992 日本の旗 日本 0 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

神野 卓哉(じんの たくや、1970年6月1日 - )は、日本の元プロサッカー選手。選手時代のポジションは主にフォワード(FW)埼玉県草加市出身。

来歴[編集]

修徳高校在学時に頭角を現し、2年次には東京都選抜の一員として国体でベスト4[4]、3年次には高校総体でベスト8に進出した[5]

1989年に同校を卒業し、日本サッカーリーグ1部の日産自動車サッカー部(現横浜F・マリノス)に加入。当初は厚い選手層の中で出場機会を得られずにいたが、1990-91シーズンにオスカー監督の抜擢によりリーグデビュー。縦への鋭い突破で、第8節の読売サッカークラブ(現東京ヴェルディ)戦で初得点を決めるとその後も1990-91シーズン後期、1992年ナビスコカップ1993年天皇杯決勝など、読売クラブや後継のヴェルディ戦になると得点を重ねたことから読売キラーの異名で呼ばれ[6]スーパーサブとして活躍した[7]

1991年バルセロナ五輪予選代表に選ばれ、翌1992年のアジア最終予選に出場[4]。またハンス・オフト監督時代には日本代表にも選ばれたが、出場機会はなかった。

1996年ジャパンフットボールリーグヴィッセル神戸へ移籍。同年のリーグ戦で二桁得点を挙げ、翌年からのJリーグ昇格に貢献したが、Jリーグでは振るわず1998年限りで契約非更新となる。1999年よりJリーグは2部制(J2創設)となり、J2・大分トリニータに加入。MF崔大植という良きパートナーを得たことで[8]持ち前のスピード[4]も活き、経験で培ったポジショニングとアイデアで[7]ウィル真下佐登史ツゥットらとの得点王争いを制して初代J2得点王となった。

2000年、J1・FC東京へと移籍。ゴール前へ飛び込む勇気を評価されていたが[7]、負傷による出遅れの間に[9]FWにはアマラオとツゥットの2トップが定着。攻撃の活性化を図るための途中出場や、アマラオ負傷の間の穴埋めといった役割が主となり、1年限りで退団した[10]2001年には大分へ復帰。

2001年7月よりJ2・横浜FCへ移籍。合流直後のサガン鳥栖戦で早速得点を挙げ[11]、主力の一角として活躍した。2003年限りで現役を引退[12]2004年[12]から2009年まで同クラブで強化担当を務めた[13]

2010年より株式会社オンゼの代表取締役に就いている。2011年ガイナーレ鳥取強化部スタッフを務める。同年、A級コーチジェネラルライセンス取得[14]

2012年より、アビスパ福岡のチーム統括部長に就任[15]。同年S級ライセンス取得[16]。福岡のJ1復帰を果たせず、2014年限りで退任[17]

2015年よりAC長野パルセイロの強化部長に就任[18]2016年11月退任[19]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 JSL杯/ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
1989-90 日産 22 JSL1部 0 0 1 0
1990-91 15 4 0 0
1991-92 19 15 0 1 0
1992 横浜M - J - 9 3
1993 19 2 2 0 0 0 21 2
1994 25 3 2 0 0 0 27 3
1995 39 3 - 1 0 40 3
1996 神戸 11 旧JFL 30 10 - 3 2 33 12
1997 J 29 1 6 0 2 0 37 1
1998 28 2 3 0 2 1 33 3
1999 大分 28 J2 36 19 4 1 3 6 43 26
2000 FC東京 15 J1 18 4 2 0 0 0 20 4
2001 大分 28 J2 9 0 4 0 - 13 0
横浜FC 26 25 8 - 4 5 29 13
2002 16 40 8 0 0 2 0 42 8
2003 10 0 - 0 0 10 0
通算 日本 J1 158 15 24 3
日本 J2 120 35 8 1 9 11 137 47
日本 JSL1部 30 4 2 0
日本 旧JFL 30 10 - 3 2 33 12
総通算 338 64 34 4
その他の公式戦
出場歴
  • 1993年5月19日:Jリーグ初出場 - サントリーシリーズ第2節 vsガンバ大阪 (三ツ沢)[3]
  • 1993年7月03日:Jリーグ初得点 - サントリーシリーズ第15節 vs鹿島アントラーズ (カシマ)[3]

代表歴[編集]

指導歴・職歴[編集]

タイトル[編集]

  • 1999年 J2得点王 (初代J2得点王 / 大分トリニータ)

脚注[編集]

  1. ^ Player's Profile - FW (1998年版) - ウェイバックマシン(1999年1月27日アーカイブ分) ヴィッセル神戸
  2. ^ トップアスリートに聞く食事学 Vol.13 日本トップリーグ機構 (2010年6月29日)
  3. ^ a b c d e f g 登録選手一覧表 Jリーグ (2003年12月5日)
  4. ^ a b c players info (2000年版) - ウェイバックマシン(2000年12月7日アーカイブ分) FC東京
  5. ^ 修徳高校サッカー部 戦績
  6. ^ 『Jリーグ熱狂読本』 PHP研究所1993年、22頁。
  7. ^ a b c d 『FC東京ファンブック2000』 毎日新聞社2000年、46-47頁。
  8. ^ 金子達仁 (2003). 秋天の陽炎 (文庫). 文藝春秋. p. 39. 
  9. ^ 試合記録 J1 1st第9節 FC東京 (2000年4月29日)
  10. ^ 来季契約非継続選手について - ウェイバックマシン(2004年5月13日アーカイブ分) FC東京 (2000年12月1日)
  11. ^ 登録選手 神野卓哉 (2001年版) - ウェイバックマシン(2001年9月5日アーカイブ分) 横浜FC
  12. ^ a b c d 横浜FCからのお知らせ J's GOAL (2003年12月25日)
  13. ^ 横浜FC神野卓哉強化ディレクター退任のお知らせ J's GOAL (2009年12月4日)
  14. ^ 2010(平成22)年度 公認A級コーチジェネラル養成講習会 合格者 【84名】 (PDF) 日本サッカー協会 2011.04.14
  15. ^ 神野 卓哉 氏 チーム統括部長 就任内定 アビスパ福岡 2011.11.28
  16. ^ a b 2012年度第6回理事会 報告事項 (PDF) 日本サッカー協会 (2012年9月13日)
  17. ^ 神野 卓哉 チーム統括部長 退任のお知らせ アビスパ福岡 (2014年11月5日)
  18. ^ 強化部長就任のおしらせ AC長野パルセイロ 2014.12.08
  19. ^ 神野強化部長退任のお知らせ AC長野パルセイロ 2016.11.06

外部リンク[編集]