中村充孝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
中村 充孝 Football pictogram.svg
名前
愛称 アツ
カタカナ ナカムラ アツタカ
ラテン文字 NAKAMURA Atsutaka
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1990-09-13) 1990年9月13日(32歳)
出身地 大阪府堺市
身長 173cm
体重 67kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 いわてグルージャ盛岡
ポジション MF
背番号 46
利き足 右足[1]
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2009-2012 京都サンガF.C. 87 (18)
2013-2019 鹿島アントラーズ 100 (13)
2020-2021 モンテディオ山形 25 (3)
2022- いわてグルージャ盛岡
1. 国内リーグ戦に限る。2021年12月8日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

中村 充孝(なかむら あつたか、1990年9月13日 - )は、大阪府堺市出身のプロサッカー選手Jリーグいわてグルージャ盛岡所属。ポジションはミッドフィールダー(サイドハーフ/トップ下)。  

来歴[編集]

小学校3年生からサッカーを始めた。2009年市立船橋高校から京都サンガF.C.へ加入。

2010年序盤は出場機会に恵まれなかったが、秋田豊監督就任以降に途中出場を中心に出番が増え、18試合に出場した。 2012年は当初ボランチとしての起用が多かったがトップ下に抜擢され高い局面打開力・得点能力を発揮している。

2013年鹿島アントラーズへ完全移籍。以後はサイドハーフとしての起用が多い。

2019年9月25日、天皇杯4回戦の横浜F・マリノス戦でプロ入り初のハットトリックを決めた。[2]

2020年1月3日、モンテディオ山形へ完全移籍で加入した。[3]。2021年シーズン終了後、契約満了により山形を退団[4]

2021年12月30日、J2初参戦のいわてグルージャ盛岡へ完全移籍することが発表された。

プレースタイル[編集]

相手の意表を突くループパスなどイマジネーション溢れるプレーを得意とするが、出足の早いプレスや攻守の切り替えなど守備面でも貢献できる選手[5]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2009 京都 23 J1 3 0 1 0 0 0 4 0
2010 18 1 0 0 1 0 19 1
2011 J2 25 3 - 6 1 31 4
2012 41 14 - 2 1 43 15
2013 鹿島 13 J1 16 3 6 0 2 0 24 3
2014 14 2 1 0 1 0 16 2
2015 17 2 4 1 0 0 21 3
2016 17 3 3 0 2 0 22 3
2017 20 1 2 0 3 2 25 3
2018 11 1 1 0 1 0 13 1
2019 5 1 1 0 3 3 9 4
2020 山形 10 J2 18 2 - - 18 2
2021 7 1 - 0 0 7 1
2022 岩手 46 -
通算 日本 J1 128 15 19 1 13 5 160 21
日本 J2 84 19 - 8 2 92 21
総通算 212 34 19 1 21 7 252 42

その他の公式戦

国際大会個人成績 FIFA
年度 クラブ 背番号 出場 得点 出場 得点
AFCACLクラブW杯
2015 鹿島 13 3 0 -
2016 - 3 0
2017 4 0 -
2018 4 0 0 0
2019 1 0 -
通算 AFC 12 0 3 0

その他の国際公式戦

出場歴

タイトル[編集]

クラブ[編集]

鹿島アントラーズ

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Jリーグ選手名鑑2022(エルゴラッソ著)
  2. ^ 鹿島中村プロ初ハット、ピッチ上“作戦会議”で結果 日刊スポーツ(2019年9月25日)2019年9月28日閲覧。
  3. ^ 鹿島から4選手が完全退団…チョン・スンヒョンは蔚山、中村充孝は山形へ 超WORLDサッカー(2019年1月3日)2019年1月3日閲覧
  4. ^ “中村充孝選手 契約満了のお知らせ” (プレスリリース), モンテディオ山形, (2021年12月8日), https://www.montedioyamagata.jp/news/p/11288/ 2021年12月9日閲覧。 
  5. ^ 今日の注目プレーヤーは、中村充孝! FREAKS+

関連項目[編集]

外部リンク[編集]