ウィル・ロブソン・エミリオ・アンドラデ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィル Football pictogram.svg
名前
本名 ウィル・ロブソン・エミリオ・アンドラデ
Will Robson Emilio Andrade
愛称 俺王
カタカナ ウィル
ラテン文字 Will
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1973-12-15) 1973年12月15日(45歳)
出身地 サンパウロ州
身長 177cm
体重 76kg
選手情報
ポジション FW
利き足 左足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1992-1993 ブラジルの旗 アトレチコ・パラナエンセ
1994 ブラジルの旗 クルーベ・ド・レモ
1996-1998 ブラジルの旗 アトレチコ・パラナエンセ
1998-2003 日本の旗 大分FC/大分トリニータ 101 (51)
2001 日本の旗 コンサドーレ札幌 (loan) 26 (24)
2002 日本の旗 横浜F・マリノス (loan) 24 (14)
2003 日本の旗 コンサドーレ札幌 (loan) 4 (4)
2004-2005 中華人民共和国の旗 武漢黄鶴楼
2006 ブラジルの旗 アメリカ-RN
2006-2007 カタールの旗 アル・シリヤ英語版
2007 ブラジルの旗 CRACポルトガル語版
2008 ブラジルの旗 ASA
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ウィル・ロブソン・エミリオ・アンドラデ(Will Robson Emilio Andrade、1973年12月15日-)は、ブラジル出身の元プロサッカー選手。ポジションはFW。登録名はウィル (Will) 。

経歴[編集]

1998年に訪日、大分トリニータで活躍後、2001年コンサドーレ札幌期限付き移籍[1]。類まれな得点感覚の鋭さで得点王に輝き、チームのJ1残留に貢献した。

2002年横浜F・マリノスに期限付き移籍[2]し、エースストライカーとして活躍するも、ナビスコカップでのジェフユナイテッド市原戦で立石智紀中西永輔を故意に負傷させたり、練習法などを巡ってラザロニ監督と対立するなど、トラブルが絶えなかった。[要出典]10月26日のジュビロ磐田戦において、味方のMF奥大介が試合中に自分にパスを出さなかったことに腹を立て、奥を後ろから蹴るなど暴行を働いた。この一件が原因となり、横浜FMを解雇された[3]

その後、2003年には再び札幌に期限付き移籍[4]怪我に悩まされ、リハビリ中に飲食店で暴力事件を起こした。罰金などの処分にとどまったが処分が甘すぎると地元紙の北海道新聞がウィルと札幌フロントの処分内容を激しく糾弾するなど波紋が広がった。[要出典]シーズン中の6月に保有元の大分に復帰[5]するも2003年限りで退団[6]

以後、中国へとわたり武漢黄鶴楼中国スーパーリーグ)でプレーした後、カタールアル・シリヤSC英語版に選手として在籍した後、現役を引退した。

人物[編集]

エースストライカーとして活躍する一方で、気性の荒さ、体重をコントロールできない自己管理の甘さ、自己中心的なプレイなどもしばしば覗かせた。しかし、むしろそれらを愛すべき点として、また高所恐怖症やウクレレが趣味などといった人間くさい一面とのギャップ、また札幌時代には函館での試合後にスーパー北斗車内で偶然乗り合わせた札幌へ帰るサポーターの一団と交流するなどファン思いのキャラクターもあり、大分のサポーターが名付けた「俺王」(札幌ではその功績から「俺王様」とも呼ばれた)の異名で、様々なチームのサポーターに親しまれた。

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
1998 大分 10 旧JFL 26 9 - 3 0 29 9
1999 J2 30 18 4 0 1 1 35 19
2000 29 22 2 0 0 0 31 22
2001 札幌 9 J1 26 24 2 2 0 0 28 26
2002 横浜FM 24 14 6 2 - 30 16
2003 札幌 J2 4 4 - - 4 4
大分 11 J1 16 2 0 0
中国 リーグ戦 リーグ杯FA杯 期間通算
2004 武漢黄鶴楼
2005
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯オープン杯 期間通算
2006 アメリカ-RN
カタール リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
2006 アル・シリヤ
2007
通算 日本 J1 66 40 8 4
日本 J2 63 44 6 0 1 1 70 45
日本 旧JFL 26 9 - 3 0 29 9
中国
ブラジル
カタール
総通算

タイトル[編集]

個人[編集]

出典[編集]

  1. ^ “ウィル選手、契約期間満了を持って退団のお知らせ” (プレスリリース), コンサドーレ札幌, (2001年12月11日), オリジナルの2003年12月12日時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20031212035646/http://www.menkoi.net:80/consadole/news/tp240.html 2017年10月29日閲覧。 
  2. ^ “ウィル選手 期限付き移籍(大分トリニータ→横浜F・マリノス)について ” (プレスリリース), 大分トリニータ, (2001年12月11日), オリジナルの2003年8月23日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20030823112853/http://www.oita-trinita.co.jp:80/cgibin/information2/article.cgi?No=224 2018年9月19日閲覧。 
  3. ^ 増島みどり (2018年5月3日). “Jリーグ磐田ギレルメ横浜M戦で暴力行為「’あの時’のショックを思い出した。全てのサッカー関係者に申し訳ない」名波監督同カードでの過去も重なり沈痛謝罪”. スポーツライター増島みどりの「ザ・スタジアム」. 2018年9月19日閲覧。
  4. ^ “ウィル選手 期限付き移籍 決定のお知らせ” (プレスリリース), コンサドーレ札幌, (2003年1月18日), オリジナルの2003年12月23日時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20031223173231/http://www.menkoi.net:80/consadole/news/tp618.html 2017年10月29日閲覧。 
  5. ^ “ウィル 選手 大分トリニータに復帰のお知らせ” (プレスリリース), コンサドーレ札幌, (2003年6月23日), オリジナルの2003年10月11日時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20031011153734/http://www.menkoi.net:80/consadole/news/tp779.html 
  6. ^ “ウィル選手契約満了について” (プレスリリース), 大分トリニータ, (2004年2月4日), https://www.jleague.jp/jsgoal_archive/official/detail.php?press_code=00005109 2017年10月29日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]