コンテンツにスキップ

杉本健勇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
杉本 健勇
名前
愛称 ケン、ケンユウ
カタカナ スギモト ケンユウ
ラテン文字 SUGIMOTO Kenyu
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1992-11-18) 1992年11月18日(31歳)
出身地 大阪府大阪市生野区[1]
身長 187cm
体重 79kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 大宮アルディージャ
ポジション FW
背番号 23
利き足 右足
ユース
2001-2005 FCルイ・ラモス ヴェジット(大阪市立巽東小学校
2005-2007 セレッソ大阪U-15(大阪市立新生野中学校
2007-2010 セレッソ大阪U-18(興國高等学校
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2010-2014 セレッソ大阪 89 (11)
2012 東京ヴェルディ(loan) 18 (5)
2015 川崎フロンターレ 24 (6)
2016-2018 セレッソ大阪 105 (41)
2019-2022 浦和レッズ 70 (6)
2021 横浜F・マリノス(loan) 11 (3)
2022 ジュビロ磐田(loan) 30 (1)
2023- ジュビロ磐田 4 (0)
2023 →横浜F・マリノス(loan) 8 (1)
2024- 大宮アルディージャ(loan)
代表歴2
2007-2009  日本 U-17 11 (9)
2011-2012  日本 U-23 5 (2)
2017-2018 日本の旗 日本 8 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。2023年12月4日現在。
2. 2018年11月20日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

杉本 健勇(すぎもと けんゆう、1992年11月18日 - )は、大阪府大阪市生野区出身[1]プロサッカー選手Jリーグ大宮アルディージャ所属。ポジションはフォワード(FW)。元日本代表

来歴[編集]

プロ入り前[編集]

セレッソ大阪の下部組織出身。小学5年生でサッカーを始め、中学1年生のときに初めて呼ばれたジュニアユース代表合宿で宮市亮宇佐美貴史高木善朗といった周囲のレベルの高さに衝撃を受け、チームに帰ってからは練習に明け暮れ、足元の技術を徹底的に磨いた[2]

高校2年時のクラブユース選手権では扇原貴宏と共にセンターバックで出場した。空中戦の強さに加え、両足から繰り出される正確なフィードで、攻撃の起点としても機能していた。準々決勝では、スコアレスのまま迎えた延長戦でセンターバックからFWにポジションを移し、決勝点を決めた[3]。チームは決勝戦も制し、攻守にわたって活躍を見せた杉本は、大会MVPを獲得した[3]。その後の大会では扇原が怪我をしたためセンターバックの相方は本来はゴールキーパーのはずの一森純となった。

2010年6月1日にトップチームとプロ契約を締結し、同年7月1日付けでトップチームに加入することが決まった[4]

セレッソ大阪[編集]

2011年7月23日、第6節清水エスパルス戦でJリーグ初出場を果たし、8月24日、第23節横浜F・マリノス戦でプロ初ゴールを決めた。11月30日、ヴィッセル神戸戦でプロA締結条件である450分を達成し、プロA契約への移行を達成した[5]

東京ヴェルディ[編集]

2012年3月27日、出場機会を求めて東京ヴェルディ期限付き移籍。4月1日、デビュー戦のFC町田ゼルビア戦でJ2初ゴールを決めた。夏までのわずか4か月の移籍だったが、18試合に出場し5得点3アシストを記録するなど、東京Vが昇格争いを演じた原動力となる活躍を見せた[6]

ロンドン五輪の日本代表に、最年少かつ唯一J2から選出された[7][8]。第23節の松本山雅戦では、J2からただひとりの選出である事や、サンプロ アルウィンに登場した史上初のオリンピック日本代表選手である事から松本山雅のサポーターからエールが送られた[9]。7月15日の東京Vでの最後の試合では、決勝点を決めてチームは1-0で勝利[7]、試合後はロンドン五輪への壮行セレモニーが行われた[10][11]。本人は東京Vに残ることを希望していたが、セレッソ側の要請もあり、7月17日にレンタル移籍期間満了でセレッソ大阪へ復帰[12]。背番号は東京V在籍時に付けた41を背負う事になった[13]。 また、この時の杉本について日テレ・東京ヴェルディベレーザに在籍していた清水梨紗は「以前、ヴェルディにいらしたときに、しっかり目を見て挨拶をしてくれて、胸がキュンとしました。それ以来、取材で好きなJリーグ選手を聞かれたときは、杉本選手と言い続けています」と話した[14]

セレッソ大阪復帰[編集]

2013年7月26日マンチェスターユナイテッドとのプレシーズンマッチに先発出場。南野拓実のハイプレスからこぼれたボールを拾い、相手DFに体を寄せられながらも、左足を振り抜いて先制点を決め[15]、ユナイテッドのデイヴィッド・モイーズ監督から高い評価を得た[16]

川崎フロンターレ[編集]

2015年、川崎フロンターレへ完全移籍[17]

セレッソ大阪復帰[編集]

2016年、前年度に昇格を逃した当時J2のセレッソ大阪に完全移籍で1年で復帰[18]。同年8月26日、天皇杯の1回戦では5得点をあげる活躍を見せた。9月18日、第32節のギラヴァンツ北九州戦では怪我で離脱していた影響で途中出場となったが、自身初となるシーズン10得点を達成した。左サイドハーフ起用で、リーグ戦・14ゴール7アシストを記録した[19]

2017年、チームはJ1に昇格。7月22日に行われた第22節の浦和レッズ戦で2得点を記録しJ1では初となるシーズン10得点を達成[20] し、11月18日に行われた第32節の横浜F・マリノス戦での誕生日弾でプロ初のシーズン20得点を達成した[21]。最終的にJ1得点ランク2位の22得点まで伸ばした(1位は23得点の小林悠)。11月4日のルヴァンカップ決勝・川崎フロンターレ戦では先制点を決めて優勝に貢献し、同大会のMVPを受賞した[22]。12月4日、左足関節関節内遊離体嵌頓を発症し、12月21日に左足関節関節内遊離体を除去する手術を受けた[23] ため、天皇杯決勝を欠場した[24]スペインヘタフェCFから移籍のオファーが届いたものの熟慮の末、2018年1月11日にC大阪と契約更新に合意したと発表された[25]

2018年、手術後、復帰戦となったスーパーカップ山口蛍清武弘嗣ゴールアシストする活躍を見せたが[26][27] 体が思うように動かなくなり「復帰後もずっと違和感が残っている」と話した[28]。その後も、手術以前の感覚は戻っていない[28]。シーズンを通して、右足薬指を剥離骨折や右肩を脱臼するなど、ケガが度重なった[23]。前年のゴール前中央でプレーするストライカー役から変わってポストプレーヤーとして、味方の得点につなげる場面が増加し、敵陣での空中戦の回数と勝率はともに日本人選手ではトップクラスの数値を残した[29][30]。チームがカウンターからボールポゼッションを重視するサッカーに変わり、パスをつなぐようになり、前年の自身の得点パターンであった両サイドからのクロスが少なくなり[31]、得点が減少しリーグ戦30試合5得点で終えた。また、戦術が変わった事で杉本だけでなく、チームの他のフォワードも得点が少なくなりチーム内得点王はフリーキックで得点を重ねていた左サイドバックの丸橋祐介の6得点、チームのシーズン39得点はJ1全18チーム中、下から3番目だった[32][33]。シーズン終了後に浦和からオファーが届き、C大阪はクラブの社長やチーム統括部長の大熊清、強化部長の森島寛晃が深夜まで説得し浦和と同等の条件で引き留めを図ったが、最終的には高みを目指す思いで浦和への移籍を決意した[34]

浦和レッズ[編集]

2019年、浦和レッズへ完全移籍[35]。3月17日、第4節のセレッソ大阪戦では古巣相手にPKで移籍後初得点を記録した[36]。6月26日、ACLラウンド16、蔚山現代戦の第2試合目では後半アディショナルタイム3分間に相手のコーナーキックを3回浴びたが全て杉本が跳ね返した[37]。また2戦合計で1ゴール1アシストで勝利に貢献した[37][38][39]。2年前の得点量産のイメージによって得点源として期待された[40]。しかし、オズワルド・オリヴェイラ監督の指揮するスタイルに合わず、リーグ戦は途中出場が多く21試合の出場に留まり、得点はセレッソ大阪戦と第27節のサガン鳥栖戦でのPKでの得点[41] のみで不振のままでシーズンを終えた[40]。また、第10節時点で成績不振による監督交代や、最終節でJ1残留が決まるなどチーム全体が低迷し始めていた時期であり、チームの34試合で総得点34はJ1全18チーム中下から4番目であった[42]。「悩んで試合に出ても良い結果なんてついてこない、そのあと周りからいろいろ言われる。自分は、人に弱音を言えない性格ですし、逆にずっと強い自分を見せて、不安とかそういう感情は1ミリも出さなかったですね。だから、たぶん他の人からは見えていなかったと思うんですけど、自分のなかではとんでもないくらい苦しかったです」と話したが[43]、そんな精神状態とは対照的に、チームではいつもどおり明るく振舞っていた。クラブは2017年から毎年監督が変わり、強化方針が定まらない中、同期入団のエヴェルトン山中亮輔鈴木大輔といった新戦力と共にチームにフィットしなかった[44]

2020年7月8日、第3節ベガルタ仙台戦の出場で、J1リーグ通算200試合出場を達成した。先発出場は11試合だった。

2021年4月7日、リーグ戦第8節清水エスパルス戦で1-0で迎えた後半31分に途中出場し、同45分に伊藤敦樹のクロスからダイレクトボレーシュートで追加点を決めて勝利に貢献した[45]。また、これが自身のJ1通算50ゴール目となった。

得点を量産した2017シーズンは中央や左サイドの高い位置でパスを受けたが、浦和でのパス受け位置は中盤が最も多かった[46]。ゴール前でのプレーが減りストライカー役ではなく、中盤に下りての守備や組み立て役としてプレーした[46]

横浜F・マリノス[編集]

2021年7月、横浜F・マリノスへ期限付き移籍[47]。8月12日、第18節の名古屋グランパス戦で移籍後初先発で初ゴールを決めた[48]。第32節、0-1の劣勢の中74分に途中出場すると、チームは4-3-3から4-4-2へ布陣を変更[49]。杉本は巧みなキープを見せてマリノスが攻撃に転じる時間を確保し、サイドを駆け上がる味方にパスを供給するなど[50]ケヴィン・マスカット監督の「相手の中盤センターバックの間でボールを受けながらゴール前に入っていく」指示をこなし、84分にはエウベルのクロスからヘディングで同点弾を決めた[49][50]。「得点ランキングトップで走る大然を前に残らせて、なんとか点を取らそうと思って」いたと話したように、その流れの中で前田大然が逆転弾を奪い勝利、チームは優勝争いに踏みとどまった[49]。レギュラー陣に割って入るには至らなかったが、打点の高いヘディングとキープ力といったマリノスに不足していたセンターフォワードとしての役割を担い、先発出場2試合で11試合出場3得点を記録。途中加入ながらマリノスのテンポの速いサッカーの中で、ポストプレーヤーとして機能し、チームの優勝争いに貢献した[43][51]

目立った活躍をみせていたが、浦和との複数年契約は翌年も残っており、完全移籍で獲得するには莫大な移籍違約金が必要となることから、5か月の在籍で退団となった[52]

ジュビロ磐田[編集]

2022年、J1に昇格したジュビロ磐田へ期限付き移籍[53]。ルヴァンカップ第3節で献身的な守備でホーム初白星に貢献[54]。9月12日28節終了時点で、前線からの守備やポストプレーでの貢献は大きいが無得点が続いた[55]。第32節鹿島アントラーズ戦で前半50分(45+5分)にPKを沈め移籍後初得点を挙げた[56]。90分あたりの敵陣空中戦勝利数はリーグ3位の18回を記録した[57]

2023年シーズンより完全移籍で加入[58]

横浜F・マリノス復帰[編集]

2023年3月、横浜F・マリノスへ期限付き移籍[59]

大宮アルディージャ[編集]

2024年、 J3に降格した大宮アルディージャへ期限付き移籍[60]長澤徹監督の元で、ミッドフィルダーとフォワードの両方で起用された。開幕戦は2016年以来のミッドフィールダー起用で、トップ下で起用、攻守で躍動した。チームのエースとされたヤクブ・シュヴィルツォクを欠く中で、チームを牽引し、走行距離がチームトップの13kmを記録する事もあった。リーグ前半戦最後の試合では、後半アディショナルタイムに劇的な決勝点を決めた。チームは13勝4分1敗の勝ち点43でダントツの1位で折り返した[61][62]

日本代表[編集]

各年代別の日本代表に選出され、2009年にはFIFA U-17ワールドカップに出場を果たした。ブラジル戦では後方からのパスを右足アウトサイドでトラップし、スピードを落とさず冷静に同点ゴールを決めた[63]。U-18ではセンターバックもこなしていた。

2012年には、ロンドン五輪に臨むU23代表入りを目指すが、セレッソ大阪では出場がなく、東京ヴェルディ1969に期限付き移籍したところ、出場機会を得て活躍を見せた。U23にはセレッソで同僚の清武、扇原、山口が主力となっており、結果的に、『同一クラブから3選手まで』の規定により落選する事を回避することになった。本大会直前のテストマッチで、短い出場時間の中でアピールに成功、不調だった大迫勇也に変わって本大会メンバーに滑り込んだ。

2015年5月、国内組のみを対象にしたサッカー日本代表の合宿(試合はなく合宿のみ)メンバーに選ばれた。

2017年8月24日、2018 FIFAワールドカップ・アジア3次予選に向けたA代表に選出された[64]。9月5日、アジア3次予選の最終戦・サウジアラビア戦で途中交代から代表デビューを飾った。 10月10日、キリンチャレンジカップハイチ戦で代表初ゴールを挙げた。

2018年は、3月、8月、11月に日本代表に選出された[65][66][67]

プレースタイル[編集]

187cmの長身にフィジカルを持ち合わせており、攻撃のポジションであればどこでも起用可能。過去に得点を量産したことからメディアからはいまだに、"ストライカーとして期待"といった見出しが躍るが、最適性はトップ下やセカンドトップといった中央での繋ぎ役やおとり役である[68]

センターバックにも適性がある。クラブユース選手権大会では急造センターバックだったにもかかわらず、大会を通してセンターバックで先発出場、勝負所ではセンターフォワードにポジションを移す、センターバック兼センターフォワードという珍しいスタイルで活躍、本職センターバックを抑えて大会MVPを受賞した。その後も、U-18日本代表にセンターバックとして招集された[69]

得点力が低い事が玉に瑕だが、献身性に加えて、空中戦・地上戦でも相手に身体を当てつつ時間を作るポストプレーに長けており、敵陣空中戦の勝利数は日本人フォワードではトップクラスの数値を記録し続けている[57]

試合状況によっては、最終ラインまで下がってクロスを跳ね返すなど、キャリア初期に育てていたセンターバックとしての強さを活かした守備的なプレーもする[70]

2017年シーズン第11節では、自陣からドリブルで独走し、ゴールを決めた[71]。また、第29節サガン鳥栖戦のゴールは10月の月間ベストゴールに選ばれ、「相手に仕掛けて抜いていくドリブル突破は、長身の日本人FWには珍しく、まさに杉本選手らしいプレーといえる。」と選考委員会に評された[72][73]。日本代表監督を務めていたヴァイッド・ハリルホジッチは、「とてもクオリティが高い。さらに体格もある。珍しいタイプの選手」と高く評価している[74]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2010 C大阪 31 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
2011 15 2 0 0 5 2 20 4
2012 16 0 0 0 0 - 0 0
東京V 41 J2 18 5 - - 18 5
C大阪 J1 12 1 - 4 4 16 5
2013 20 30 3 6 0 3 4 39 7
2014 32 5 2 0 4 1 38 6
2015 川崎 9 24 6 6 1 2 1 32 8
2016 C大阪 J2 41 14 - 3 6 44 20
2017 J1 34 22 1 1 1 0 36 23
2018 30 5 0 0 2 0 32 5
2019 浦和 14 21 2 2 0 3 0 26 2
2020 33 2 2 2 - 35 4
2021 16 2 6 2 1 0 23 4
横浜FM 41 11 3 - - 11 3
2022 磐田 9 30 1 4 0 1 0 35 1
2023 J2 4 0 1 0 - 5 0
横浜FM 41 J1 8 1 - 2 0 10 1
2024 大宮 23 J3
通算 日本 J1 296 55 29 6 28 12 353 73
日本 J2 63 19 1 0 3 6 67 25
総通算 359 74 30 6 31 18 420 98
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFCACL
2011 C大阪 31 1 0
2014 20 7 0
2018 9 4 1
2019 浦和 14 7 1
通算 AFC 19 2

その他公式戦

出場歴

タイトル[編集]

クラブ[編集]

セレッソ大阪
大宮アルディージャ
  • 埼玉県サッカー選手権大会:1回 (2024年)

個人[編集]

代表歴[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 8試合 1得点(2017年 - 2018年)


日本代表国際Aマッチ
出場得点
2017 5 1
2018 3 0
通算 8 1

出場[編集]

No. 開催日 開催都市 スタジアム 対戦国 結果 監督 大会
1. 2017年9月5日 サウジアラビアの旗ブライダ キングアブドゥラースポーツシティスタジアム サウジアラビアの旗 サウジアラビア ●0-1 ハリルホジッチ 2018 FIFAワールドカップ・アジア最終予選
2. 2017年10月6日 日本の旗豊田 豊田スタジアム ニュージーランドの旗 ニュージーランド ○2-1 キリンチャレンジカップ2017
3. 2017年10月10日 日本の旗横浜 日産スタジアム ハイチの旗 ハイチ △3-3
4. 2017年11月10日 ベルギーの旗リール スタッド・ピエールモーロワ ブラジルの旗 ブラジル ●1-3 国際親善試合
5. 2017年11月14日 ベルギーの旗ブルッヘ ヤン・ブレイデルスタディオン ベルギーの旗 ベルギー ●0-1
6. 2018年3月27日 ベルギーの旗リエージュ スタッド・モーリス・デュフラン ウクライナの旗 ウクライナ ●1-2 キリンチャレンジカップ2018
7. 2018年11月16日 日本の旗大分 大分スポーツ公園総合競技場 ベネズエラの旗 ベネズエラ △1-1 森保一 キリンチャレンジカップ2018
8. 2018年11月20日 日本の旗豊田 豊田スタジアム キルギスの旗 キルギス ○4-0

ゴール[編集]

# 開催年月日 開催地 対戦国 勝敗 試合概要
1. 2017年10月10日 日本横浜 ハイチの旗 ハイチ △3-3 キリンチャレンジカップ2017

脚注[編集]

  1. ^ a b 杉本健勇は日本を救えるのか? Soccer Journal 2012年02月14日
  2. ^ Fスポットピックアッププレイヤー”. 川崎フロンターレ 公式サイト. 2021年7月7日閲覧。
  3. ^ a b ついに覚醒、杉本健勇の原点って? 最強のマルチロールが万能型FWに。”. Number web. 2021年6月14日閲覧。
  4. ^ U-18 杉本健勇選手 トップチーム加入決定のお知らせ セレッソ大阪 CEREZO OSAKA OFFICIAL SITE
  5. ^ 杉本健勇選手プロA契約に変更のお知らせ セレッソ大阪 CEREZO OSAKA OFFICIAL SITE 2011年12月01日
  6. ^ 期待される男”. 川崎フロンターレ公式サイト. 2021年6月16日閲覧。
  7. ^ a b 杉本、東京Vから旅立ちのゴール/J2”. 日刊スポーツ. 2022年2月22日閲覧。
  8. ^ ロンドン五輪に臨むU-23日本代表メンバー18人が決定”. ゲキサカ. 2021年6月29日閲覧。
  9. ^ 【小ネタ】松本山雅サポーターが東京VのFW杉本健勇にエール”. 2022年9月12日閲覧。
  10. ^ 7/15(日)鳥取戦で杉本健勇選手への応援メッセージを募集&壮行セレモニーを行います”. 東京ヴェルディ公式サイト. 2021年6月29日閲覧。
  11. ^ 2012/7/15 東京ヴェルディ杉本健勇 オリンピック壮行セレモニー”. 2021年6月29日閲覧。
  12. ^ 杉本健勇選手 東京ヴェルディより復帰のお知らせ セレッソ大阪 CEREZO OSAKA OFFICIAL SITE 2012年07月15日
  13. ^ 杉本健勇選手登録背番号のお知らせ セレッソ大阪 CEREZO OSAKA OFFICIAL SITE 2012年07月19日
  14. ^ なでしこ・長谷川唯と清水梨紗の本音「かわいいと言われるのは…」”. 2024年2月24日閲覧。
  15. ^ セレッソ大阪 マンチェスターユナイテッド 試合結果”. セレッソ大阪. 2021年4月25日閲覧。
  16. ^ マンUモイーズ監督「世界ツアーの中で最もいいパフォーマンス」”. soccerking. 2021年6月16日閲覧。
  17. ^ 杉本健勇選手加入のお知らせ 川崎フロンターレオフィシャルサイト
  18. ^ 川崎フロンターレ 杉本健勇選手 完全移籍加入のお知らせ セレッソ大阪オフィシャルサイト
  19. ^ 杉本健勇 2016 選手データ”. Football LAB. 2021年6月14日閲覧。
  20. ^ 【C大阪】器用なFWから真のストライカーへ。杉本健勇が覚醒したワケ サッカーダイジェスト(2017年7月23日)
  21. ^ C大阪 次節にもACL確定へ!健勇25歳誕生日に自ら祝砲 スポニチアネックス(2017年11月19日)
  22. ^ 杉本健勇、ルヴァン杯優勝&MVPで「最高!」の雄たけび。決勝点は「みんなの思い伝わった」 フットボールチャンネル(2017年11月4日)
  23. ^ a b 2018年選手別レビュー|杉本健勇編”. まいど!セレッソ セレッソ大阪公式ファンサイト. 2021年6月16日閲覧。
  24. ^ C大阪の杉本健勇、左足手術で全治6週間”. soccer king. 2021年4月27日閲覧。
  25. ^ 日本代表FW杉本健勇、C大阪残留 ヘタフェからのオファー断る スポニチ 2018年1月11日
  26. ^ 復帰戦で2アシスト…ロシアW杯へ力強い一歩を踏み出した杉本健勇”. soccerking. 2021年4月27日閲覧。
  27. ^ 選手コメント”. セレッソ大阪オフィシャルサイト. 2021年4月27日閲覧。
  28. ^ a b ポストプレーヤー・杉本健勇の「ブレない体」を支えるもの”. URAWA REDS NEWS. 2021年6月16日閲覧。
  29. ^ 2018年選手別レビュー|杉本健勇編”. まいど!セレッソ セレッソ大阪公式ファンサイト. 2021年6月16日閲覧。
  30. ^ 敵陣空中戦”. Football LAB. 2021年6月16日閲覧。
  31. ^ 2018年選手別レビュー|杉本健勇編”. まいど!セレッソ. 2021年8月9日閲覧。
  32. ^ 2018 順位表”. 2022年5月4日閲覧。
  33. ^ 2018年選手別レビュー|丸橋祐介編”. 2022年5月4日閲覧。
  34. ^ 杉本健勇が浦和移籍した真相 重圧かかる環境決め手 日刊スポーツ 2018年12月22日
  35. ^ 杉本健勇選手 浦和レッズへ完全移籍のお知らせ セレッソ大阪 2018年12月18日
  36. ^ 杉本が“恩返し”決勝弾!! 2枚替えで流れ呼び込んだ浦和、C大阪に逆転勝利で2連勝 ゲキサカ(2019年3月17日)
  37. ^ a b 【テキスト実況】ノックアウトステージラウンド16 第2戦『蔚山現代vs浦和レッズ』”. 2022年3月8日閲覧。
  38. ^ 【ACL】土砂降りのパーフェクトゲーム!浦和が3-0で8強進出”. 2022年3月8日閲覧。
  39. ^ 杉本健勇が先制弾も…浦和、蔚山現代にホームで痛恨の逆転負け喫する”. 2022年3月8日閲覧。
  40. ^ a b 浦和がJ2得点王獲り!! 今季成績不振のレッズに期待の新戦力、新潟FWレオナルドが完全移籍で加入! サッカーダイジェストWeb 2019年12月25日
  41. ^ 浦和、2点差を一時は逆転されるも…後半ATの杉本PK弾で残留争う鳥栖とドロー ゲキサカ 2019年9月8日
  42. ^ 2019 順位表”. 2022年5月4日閲覧。
  43. ^ a b 杉本健勇、苦悩の夏。「練習に行くのもイヤ。朝がくるのもイヤで逃げ出したかった」”. Sportiva. 2022年2月18日閲覧。
  44. ^ 浦和レッズ、クラブ史に残る低迷の原因は…。期待外れの大型補強、監督交代も効果なし【2019年Jリーグ通信簿】”. 2022年8月9日閲覧。
  45. ^ 【浦和】杉本健勇、右足スーパーボレーでダメ推し弾! J1通算50ゴールに到達「ただの通過点」”. スポーツ報知. 2022年2月15日閲覧。
  46. ^ a b 2021夏移籍J1→J1 注目選手のスタッツ(8/6時点)”. football lab. 2021年8月9日閲覧。
  47. ^ 杉本健勇選手 期限付き移籍加入のお知らせ”. 横浜F・マリノス. 2023年3月21日閲覧。
  48. ^ 【J1】横浜杉本健勇、初先発で移籍後初ゴール 名古屋ノーゴールで敗戦 日刊スポーツ(2021年8月12日)2021年8月13日閲覧。
  49. ^ a b c 横浜F・マリノス、札幌に逆転勝利!(1)ドラマを生んだ「3トップ→2トップ+ダイヤモンド」の布陣変更”. サッカー批評Web. 2022年2月15日閲覧。
  50. ^ a b 杉本健勇「マスカット監督の与えた役割で輝いた16分」”. サッカー批評Web. 2022年2月15日閲覧。
  51. ^ 【岩本輝雄】杉本健勇とマリノスの相性はバッチリ。まさに水を得た魚のような活躍ぶりだね”. サッカーダイジェスト. 2022年2月20日閲覧。
  52. ^ 能力に疑いの余地はない。 しかし、このタイミングではどうすることもできなかった [杉本健勇、期限付き移籍期間満了]”. 2022年9月3日閲覧。
  53. ^ 杉本 健勇選手が期限付き移籍加入”. ジュビロ磐田. 2021年12月30日閲覧。
  54. ^ ⚽Jルヴァン杯 ジュビロ磐田、主力奮起 福岡に1―0 ”. 2022年9月16日閲覧。
  55. ^ ⚽J1ジュビロ磐田 ゴンザレスか大津か杉本か… 苦戦の前半、1トップに注目”. 2022年9月16日閲覧。
  56. ^ 明治安田J1 第32節 vs. 鹿島アントラーズ | 試合日程・結果 | ジュビロ磐田 Jubilo IWATA”. www.jubilo-iwata.co.jp. 2022年11月7日閲覧。
  57. ^ a b 杉本 健勇”. 2022年9月16日閲覧。
  58. ^ 杉本 健勇選手が完全移籍加入” (2023年1月4日). 2023年1月4日閲覧。
  59. ^ 杉本 健勇選手 期限付き移籍加入のお知らせ | ニュース”. 横浜F・マリノス 公式サイト. 2023年3月21日閲覧。
  60. ^ 杉本健勇 選手 ジュビロ磐田より期限付き移籍加入のお知らせ”. 大宮アルディージャ (2024年1月9日). 2024年1月14日閲覧。
  61. ^ 大宮vs八戸の試合結果・データ(明治安田J3リーグ第1節:2024年2月24日)”. 2024年2月25日閲覧。
  62. ^ 杉本 健勇”. 2024年2月25日閲覧。
  63. ^ ネイマールがいたブラジル相手にもファインゴール。”. Number Web. 2021年6月14日閲覧。
  64. ^ ハリル監督、初招集の杉本健勇は「珍しいタイプ」。ポテンシャルを高く評価 フットボールチャンネル(2017年8月24日)
  65. ^ 山口蛍選手、杉本健勇選手 SAMURAI BLUE(日本代表) メンバーに選出のお知らせ”. セレッソ大阪公式. 2021年6月14日閲覧。
  66. ^ 山口 蛍選手、杉本健勇選手 SAMURAI BLUE(日本代表) メンバーに選出のお知らせ”. セレッソ大阪公式. 2021年6月14日閲覧。
  67. ^ 杉本健勇選手 SAMURAI BLUE(日本代表) メンバー追加選出のお知らせ”. セレッソ大阪公式. 2021年6月14日閲覧。
  68. ^ 横浜M 名古屋に快勝 杉本が移籍後初弾「継続していきたい」”. デイリースポーツ (2021年8月13日). 2021年8月13日閲覧。
  69. ^ [高校MOM_45]C大阪U-18DF杉本健勇_クラセンMVP”. ゲキサカ. 2021年6月27日閲覧。
  70. ^ 杉本健勇をハリルが称賛!! 代表監督が評価する進化のポイントは?”. サッカーダイジェスト. 2021年6月14日閲覧。
  71. ^ 杉本健勇、シュート上手すぎ…FWとして「お手本」のようなゴールを見る”. Qoly. 2021年6月14日閲覧。
  72. ^ 10月の月間ベストゴールは杉本健勇! また抜きから豪快左足弾”. soccer king. 2021年6月14日閲覧。
  73. ^ 【J1リーグ10月度月間ベストゴール】杉本選手のゴールが決定”. セレッソ大阪オフィシャルサイト. 2021年6月14日閲覧。
  74. ^ ハリル監督、初招集の杉本健勇は「珍しいタイプ」。ポテンシャルを高く評価”. FOOTBALL CHANNEL. 2021年6月14日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]