風間宏希

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
風間 宏希 Football pictogram.svg
名前
カタカナ カザマ コウキ
ラテン文字 KAZAMA Koki
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1991年6月19日(24歳)
出身地 広島県安芸郡府中町
身長 176cm
体重 64kg
選手情報
在籍チーム ギラヴァンツ北九州
ポジション MF
背番号 7
ユース
2007-2009 静岡市立清水商業高等学校
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2010-2011
2011-2012
2012-2013
2014-
ポルトガルの旗ロウレターノ
ドイツの旗TuSコブレンツ
日本の旗川崎フロンターレ
日本の旗ギラヴァンツ北九州
5 (0)
10 (0)
17 (0)
38 (6)
1. 国内リーグ戦に限る。2014年11月24日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

風間 宏希(かざま こうき、1991年6月19日 - )は、広島県出身のサッカー選手[1]Jリーグギラヴァンツ北九州所属。現在、川崎の監督を務める風間八宏の長男。

来歴[編集]

父の八宏が日本サッカーリーグ(JSL)のマツダSC(現サンフレッチェ広島)でプレーしていた時に広島で生まれる。

1996年から父の移籍に伴いドイツへ渡り、同年5歳の時にレムシャイドのSSファーグルンドでサッカーを始める。1997年日本に帰国。中学2年からは清水地区のエリート選手育成プログラム「清水スペシャル・トレーニング」に参加しており、当時からU-13、U-14日本選抜に選ばれるなど注目を浴びていた[2]

清水商業高校ではMFのポジションながら、2年時にJFAプリンスリーグU-18東海2部得点王と活躍し、3年時では上のカテゴリーでもある同リーグ1部で見事得点王に輝いた。チームとしては2年時にJFAプリンスリーグ東海2部で優勝。最終学年となる3年時は高校総体県大会で優勝し、チームを7年ぶりに全国大会出場へと導いた。

清水商業高校卒業後は海外でのプレーを希望。高校3年時には高木俊幸と共にスペインのRCDエスパニョールや、単独でドイツの1.FCケルンの練習に参加していた。卒業後の6月、オランダやベルギーの1部、2部のクラブからオファーが届いたが、7月にポルトガルの3部リーグにあたるセグンダ・ジヴィゾンロウレターノに加入が決まった[3]

2011年、ドイツ4部に相当するレギオナルリーガTuSコブレンツに移籍。

2012年7月1日、父が監督を務める川崎フロンターレに移籍[1]。同時に弟でVfLオスナブリュックに所属していた風間宏矢も入団している。 しかし、2013年12月5日付けで宏矢とともに契約満了で退団[4]

2014年から、ギラヴァンツ北九州へ移籍[5]、同年3月30日、J2第5節対カマタマーレ讃岐戦(北九州市立本城陸上競技場)で、決勝点となるゴールを決め、これが自身のJリーグ公式戦初ゴールとなった[6]。この年は一年を通じて攻守の要としてボランチで活躍し北九州の5位躍進に大きく貢献した[7]

所属クラブ[編集]

ユース経歴

プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
ポルトガル リーグ戦 リーグ杯 ポルトガル杯 期間通算
2010-11 ロウレターノ   セグンダ 5 0            
ドイツ リーグ戦 リーグ杯 DFBポカール 期間通算
2011-12 コブレンツ   レギオナル 10 0          
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
2012 川崎 31 J1 16 0 - 3 0 19 0
2013 1 0 1 0 1 0 3 0
2014 北九州 28 J2 38 6 - 4 0 42 6
2015 7 -
通算 ポルトガル セグンダ 5 0          
ドイツ レギオナル 10 0             
日本 J1 17 0 1 0 4 0 22 0
日本 J2 38 6 - 4 0 42 6
総通算 70 6            

代表歴[編集]

  • U-13、U-14日本選抜、U-15、U-16、U-17、U-18、U-19日本代表

出演[編集]

TV[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]