関塚隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
関塚 隆 Football pictogram.svg
名前
愛称 セッキー、関さん
カタカナ セキヅカ タカシ
ラテン文字 SEKIZUKA Takashi
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1960-10-26) 1960年10月26日(56歳)
出身地 千葉県船橋市
身長 176cm
体重 71kg
選手情報
ポジション FW
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1984-1991 本田技研工業 112 (36)
監督歴
1991-1992
1998
1999
2004-2008
2009
2010-2012
2013
2014-2016
早稲田大学
鹿島アントラーズ(代行)
鹿島アントラーズ(代行)
川崎フロンターレ
川崎フロンターレ
U-23日本代表
ジュビロ磐田
ジェフユナイテッド市原・千葉
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

関塚 隆(せきづか たかし、1960年10月26日 - )は、千葉県船橋市出身の元サッカー選手、指導者。JFA 公認S級コーチ。現役時代のポジションはフォワード

来歴[編集]

千葉県立八千代高等学校から1年の浪人期間を経て一般入試で早稲田大学教育学部に進学。当時の早大蹴球部には3学年先輩に原博実がおり、また吉田靖城福浩らともチームメイトだった。卒業後、日本サッカーリーグ1部に昇格したばかりの本田技研工業(現Honda FC)に進み、チーム隆盛の礎を築いた。自身は1年目の1984年シーズンに得点ランキング2位となり、新人王とベストイレブンのタイトルを獲得している。

1991年に現役を引退し、指導者へと転身。母校の早大ア式蹴球部監督を経て、1993年に鹿島アントラーズにコーチとして招かれ、そこで大学時代および本田技研時代の恩師である宮本征勝の薫陶を受けた。その後1995年に宮本の清水エスパルス監督就任に伴い清水に籍を移すが、翌年鹿島に復帰。ジーコジョアン・カルロスゼ・マリオトニーニョ・セレーゾといったブラジル人指導者の下で「勝者のメンタリティー」を学んだ。1998年、1999年には鹿島の監督代行も務めた。

2004年に当時Jリーグ2部 (J2) の川崎フロンターレ監督に就任した関塚は、前任者の石崎信弘が行っていたプレッシングサッカーカウンターの要素を加えてより現実的なスタイルに変更した[1]。また所属選手の意識変化についても影響を及ぼした。その一例として、2004年度シーズン序盤にスポーツライターの江藤高志が関塚に取材した際、当時の所属選手から聞かされた戦術に関する情報を伝えた上で対戦相手チームへの対策について尋ねたところ、関塚は激怒し、「そんなことを選手はしゃべっているんですか!そんなんじゃ(川崎は)常勝クラブになんかなれないですね!」[1] と言い放ったというエピソードが残っている[注 1]。この一件以降、選手たちは自らの言葉に配慮するようになったと江藤は述べている[1]。この年の川崎は、2位の大宮アルディージャとの差が18の勝ち点105 、得失点差+66という成績でJ2を優勝し、J1へと昇格した。

翌2005年も最終順位は8位であったもののシーズン終盤まで上位争いに食い込み、2006年にはワールドカップ中断時点で首位、年間でも2位になるなどJ1に定着し、上位争いを繰り広げるチームを構築した。

我那覇和樹日本代表にまで育て上げ、チョン・テセ北朝鮮代表のフォワードとしてワールドカップ出場権を獲得するまでに成長し、川崎はJ1リーグで屈指の攻撃力を持つチームとなった[注 2]。また攻撃的ミッドフィールダーだった中村憲剛や左サイドバックだった相馬直樹ボランチで起用するなどのコンバートも成功させ、中村は日本代表でも主力選手の一人として重用されるようになった。守備面では伝統的に3バックを採用していた川崎で鹿島と同じ4バックを導入し、センターバックの箕輪義信寺田周平も日本代表に選ばれた。

なお、川崎監督退任後のインタビューで、川崎での攻撃スタイルは、中村憲剛をアンドレア・ピルロと見立てるなど、ACミランを参考にしたとコメントしている[2]

2008年シーズン途中の4月、不整脈などの健康不安を理由に川崎監督を一旦辞任した[3]。その後、スカパー!のサッカー中継などで解説者を務めつつ静養と体調回復に努め、2009年に川崎の監督に復帰したが、タイトルを獲得できなかった(J1リーグ戦2位、ナビスコ杯準優勝、天皇杯ならびにACLベスト8)責任を取り、クラブからの契約延長の申し出を自ら断って、同年シーズン終了を以って退団した[4]

2010年は再びスカパー!のサッカー中継で解説者を務め、9月9日付で日本サッカー協会理事会にてサッカー日本代表コーチに選任された[5]。A代表コーチと2012年ロンドンオリンピックを目指すU-23サッカー日本代表監督を兼任することとなった。

2012年のロンドンオリンピックでは、日本代表を44年ぶりのベスト4に導くも、準決勝と3位決定戦を落とし、あと一歩でメダル獲得を逃した。大会終了後、契約満了により退任[6]

2013年5月19日、J2降格危機に陥っていたジュビロ磐田の監督に就任したが[7]、結果を残せずチームはJ2へ降格。複数の選手が戦術への不満を露わにするなど、求心力を及ぼすことができなかったことで[8][9]クラブ首脳からの慰留を固辞し、就任後半年余りでの退任となった。

2014年7月より、シーズン途中解任された鈴木淳に代わってジェフユナイテッド市原・千葉の監督に就任。千葉は2012年のオフにも関塚に監督就任のオファーをしたものの合意に至らず破談しており[10]、2年越しでのオファー成就となった。2015年はJリーグにおけるクラブ史上最低成績を記録[11][12]

2016年、開幕から第8節まで、第2節終了時に一旦10位となったのを除き1桁順位をキープ、第8節終了時でもプレーオフ圏内の6位だったが、第9節レノファ山口戦で敗れ10位に転落して以降、プレーオフ圏内の6位以上に戻す事が出来ず、第11節から第19節まで9試合負けなし(3勝6分)だったものの順位は8位から12位の間を推移、第20節から3連敗、その後1勝1分で迎えた7月24日、第25節対清水戦で、前半27分までに0-2とされた所から84分までに3ゴールを挙げ逆転したものの、試合終了直前からアディショナルタイムの5分間に2ゴールを与え再逆転を許し敗戦、翌7月25日、成績不振のため解任された[13]。清水戦で決勝ゴールを決めたのはかつての愛弟子である鄭大世だったため、鄭大世は自身のTwitterで「関塚監督の解任に目を疑いました。 皮肉にも僕のゴールで引導を渡す形になってしまい胸が痛いです」と率直な心境を明かし、決勝ゴールについては「それなら昨日じゃなくてもよかったけど勝負の世界なので相手を気遣う余裕はなくそれは関塚監督が一番わかってくれてると思います」と語った[14]

エピソード[編集]

  • 試合後の記者会見では、まずサポーターに対する感謝の言葉を述べるのが恒例。また対戦相手を「(チーム名)さん」と呼び、相手チームに敬意を払うことを忘れない。
  • 普段は冷静だが、ひとたび試合が始まるとタッチライン際まで飛び出し大声でコーチングを行う熱血漢である。
  • 激高しやすい性格であり、判定に対して不満がある場合はピッチ内に入り込まんばかりの勢いで審判に対し抗議する事で有名。2005年の浦和レッドダイヤモンズ戦後の記者会見では「我々を勝たせない何かが働いた」と審判を批判するコメントを残した[15]。また、2006年のアウェー大分トリニータ戦では、判定に対しベンチを蹴り上げる等の行為を働いたとして、退席処分を命じられた。この2試合の主審はともに家本政明である。また、2007年もアウェー大分トリニータ戦で退席処分を命じられ、2年連続で九州石油ドームで退席という珍記録を作ってしまった。
  • 2006年に行われたワールドカップドイツ大会、2014年に行われたワールドカップブラジル大会では、NHKの解説者として起用された。

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 JSL杯 天皇杯 期間通算
1984 本田 JSL1部 11
1985 10
1986-87
1987-88
1988-89
1989-90 10 21 8 0 0
1990-91 15 1 0 0
通算 日本 JSL1部 112 36
総通算 112 36

その他の公式戦

指導歴[編集]

監督成績[編集]

年度 クラブ 所属 リーグ戦 カップ戦
順位 勝点 試合 ナビスコ杯 天皇杯
1998 鹿島 J - 12 6 4 - 2 - -
1999 J1 - 0 1 0 0 1 - -
2004 川崎 J2 優勝 105 44 34 3 7 - 5回戦敗退
2005 J1 8位 50 34 15 5 14 予選リーグ敗退 ベスト8
2006 2位 67 34 20 7 7 ベスト4 5回戦敗退
2007 5位 54 34 14 12 8 準優勝 ベスト4
2008 - 7 5 2 1 2 - -
2009 2位 64 34 19 7 8 準優勝 ベスト8
2013 磐田 17位 16 21 3 7 11 - 3回戦敗退
2014 千葉 J2 3位 38 21 10 8 3 - ベスト4
2015 9位 57 42 15 12 15 - 3回戦敗退
2016 9位 33 25 8 9 8 - -
通算 日本 J1 - - 169 77 39 53 - -
日本 J2 - - 132 67 32 33 - -
総通算 - - 301 144 71 86 - -
  • 1998年、1999年はヘッドコーチとして指揮。
  • 2008年は第5節終了後、療養のため退任。
  • 2013年は第14節から。
  • 2014年は第22節から。
  • 2016年は第25節終了後、成績不振のため解任。

脚注[編集]

注釈
  1. ^ なお江藤によると、2003年以前の麻生グラウンド(川崎フロンターレの練習場)を取材で訪れるメディア関係者は少なく、選手がメディア関係者に秘匿すべき戦術に関する内容まで気軽に話す状況であったという。
  2. ^ J1リーグでは2006年、2008年、2009年にそれぞれリーグ最多、2007年にはガンバ大阪に次ぐ2位のチーム総得点数を記録している。
出典
  1. ^ a b c 江藤高志「関塚体制、勝利にこだわり続けた6年間」、『エル・ゴラッソ関西版』第778号、スクワッド、2009年9月、 p. 2。( )内追記は引用者による
  2. ^ 解説者の素顔「関塚隆編」
  3. ^ J1川崎の関塚監督辞任 スポーツナビ 2008年4月24日閲覧
  4. ^ 関塚隆監督の契約について (2009年12月16日)
  5. ^ 日本代表ナショナルコーチングスタッフが決定 JFAトピックス 2010年9月9日付
  6. ^ 関塚監督「自分がやれることはやり尽くした」 (1/2)U-23日本代表監督退任会見 スポーツナビ 2012年8月30日付
  7. ^ 関塚隆監督就任について ジュビロ磐田 公式サイト 2013年5月19日付
  8. ^ 「初めての苦い経験」退任の関塚監督総括 静岡新聞 (2013年11月27日)
  9. ^ 検証 関塚ジュビロ <下> 結果出ず、求心力低下 静岡新聞
  10. ^ 低迷するJ2千葉の新監督に関塚隆氏が就任 12年12月に1度は破談 スポーツニッポン 2014年7月1日閲覧
  11. ^ 降格後最低の9位 連係不足し波乗れず ジェフ千葉 千葉日報 (2015年12月1日)
  12. ^ 千葉ワースト9位「根本的に見直さないと」 日刊スポーツ (2015年11月24日)
  13. ^ 監督交代のお知らせ ジェフユナイテッド市原・千葉オフィシャルサイト (2016年7月25日 閲覧)
  14. ^ “清水FW鄭大世、恩師・関塚監督退任に複雑「僕のゴールで引導を渡す形に」”. SponichiAnnex (スポーツニッポン新聞社). (2016年7月25日). http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2016/07/25/kiji/K20160725013033580.html 2016年8月9日閲覧。 
  15. ^ 【J1:第29節】浦和 vs 川崎F:関塚隆監督(川崎F)記者会見コメント J's GOAL (2005年10月29日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]