小林慶行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小林 慶行 Football pictogram.svg
名前
カタカナ コバヤシ ヨシユキ
ラテン文字 KOBAYASHI Yoshiyuki
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1978-01-27) 1978年1月27日(38歳)
出身地 埼玉県与野市(現・さいたま市中央区
身長 178cm
体重 71kg
選手情報
ポジション MF
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1999-2005 東京ヴェルディ1969 156 (10)
2006-2009 大宮アルディージャ 91 (10)
2009 柏レイソル (loan) 10 (0)
2010-2012 アルビレックス新潟 53 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2012年12月5日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

小林 慶行(こばやし よしゆき、1978年1月27日 - )は、埼玉県与野市(現・さいたま市中央区)出身の元プロサッカー選手ポジション守備的ミッドフィールダー。元プロサッカー選手の小林亮は実弟。

経歴[編集]

1999年駒澤大学からヴェルディ川崎に入団。2004年には第84回天皇杯優勝を経験したが、2005年にチームはJ2降格が決定。当初は残留する決意を固めていたが、チームの若返りを図るフロントが林健太郎米山篤志を解雇した一方で、彼らよりも年長の永井秀樹を獲得するとその対応に不信感を抱き移籍を決断。地元でのプレーを希望し、同様の理由でヴェルディを退団した小林大悟と共に大宮アルディージャに移籍した。

大宮では小林(大)と共にチームの主軸として活躍。2008年からは主将を務めていたが、2009年は古傷の右脹脛を痛めたためリーグ開幕に間に合わず、第5節(ガンバ大阪戦)で戦列に復帰した。しかし、第6節(川崎フロンターレ戦)から4連敗を喫して失速するチームの中で、「走るサッカー」を標榜し縦への早い攻撃を志向する張外龍監督に対して、主将の立場から戦術の行き詰まりを示唆するコメントを発した[1]

張監督との対立や若手の起用を図る張の方針により出場機会を失い、2009年6月に柏レイソルへ期限付き移籍[2]。J1残留争いをしている当該チーム間、それも主将の移籍はきわめて異例であり、大宮の渡邉誠吾代表はクラブ公式サイトに小林の希望を優先した旨を述べサポーターに理解を求める文章[3]を公開した。結局同年のチーム成績は大宮のJ1残留、柏のJ2降格に終わり、自身は12月23日付で大宮との契約非更新が発表された。

2010年、大宮からアルビレックス新潟へ完全移籍。2011年7月10日にはJ1通算300試合出場を達成したが、2012年は出場機会が少なく、シーズン終了をもって新潟との契約が満了することが発表された[4]

2013年2月20日、現役引退が発表された[5]。引退後はスカパー!等でサッカー解説者として活動、2014年5月にはJFA公認A級ライセンスを取得[6]。6月、ベガルタ仙台のコーチに就任[7]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
1996 駒大 - - - 2 0 2 0
1997 10 - - - 3 1 3 1
1998 - - - 2 2 2 2
1999 V川崎 17 J1 30 2 3 0 4 0 37 2
2000 7 11 0 2 0 0 0 13 0
2001 東京V 19 0 0 0 2 0 21 0
2002 32 23 1 0 0 1 0 24 1
2003 18 1 4 1 0 0 22 2
2004 29 4 8 2 5 2 42 8
2005 26 2 6 2 1 0 33 4
2006 大宮 28 4 5 0 2 0 35 4
2007 33 3 6 1 0 0 39 4
2008 25 3 6 0 2 0 33 3
2009 5 0 1 0 - 6 0
40 10 0 1 0 1 0 12 0
2010 新潟 32 28 0 5 0 2 0 35 0
2011 24 0 2 0 0 0 26 0
2012 1 0 3 0 0 0 4 0
通算 日本 J1 310 20 52 6 27 2 389 28
日本 - - 7 3 7 3
総通算 310 20 52 6 34 5 396 31

その他の公式戦

代表歴[編集]

  • 1999年 - U-22日本代表候補

タイトル[編集]

指導歴[編集]

脚注[編集]


関連項目[編集]