山本康裕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山本 康裕 Football pictogram.svg
名前
愛称 コースケ
カタカナ ヤマモト コウスケ
ラテン文字 YAMAMOTO Kosuke 
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1989-10-29) 1989年10月29日(27歳)
出身地 静岡県浜松市
身長 179cm
体重 76kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 ジュビロ磐田
ポジション MF
背番号 23
利き足 右足
ユース
2005-2007 ジュビロ磐田
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2006- 日本の旗 ジュビロ磐田 172 (11)
2014-2015 日本の旗 アルビレックス新潟(loan) 53 (9)
代表歴
2007-2009 日本の旗 日本 U-19 6 (2)
2010 日本の旗 日本 U-22 3 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年12月3日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

山本 康裕(やまもと こうすけ、1989年10月29日 - )は静岡県浜松市出身のサッカー選手。ポジションはMFJリーグジュビロ磐田所属。

来歴[編集]

ジュビロ磐田[編集]

父親は野球をしていたが、Jリーグが開幕した頃だったことから身近だったサッカーを始める。中学時からジュビロ磐田の育成部門に所属し、高校2年生時でトップチームにデビュー。16歳と11ヶ月24日でのトップチーム出場は磐田史上最年少の出場記録である。プロ初出場の大分戦、2試合目となったFC東京戦はどちらも一人少ない状況での途中出場であったが、トップの選手たちに劣らない落ち着いたプレーを披露するなど、強心臓ぶりを遺憾なく発揮した。その際は松下幸平愛媛FCにレンタル移籍していたため空き番になっていた24番をつけていたが、2007年はキャンプの時点で背番号32が与えられ、シーズン当初からトップチームの一員となった。

2007シーズンの時点で、トップチームでも既に戦力として、また同年よりFC東京へ移籍した福西崇史や、自身の不祥事により解雇された菊地直哉の後継者として期待されていたが、本人は新3年生となる2007年の目標はあくまでもユース選手権での優勝と語り(彼はユースチームではキャプテンだった)実際プリンスリーグではユースチームに合流した。

2008年からはトップチームでプレー。本来のポジションであるボランチのほか、2008年には主に左の、2011年には右のサイドハーフとして起用され、2010年には駒野友一の負傷に伴うサイドバックでの出場もあった。

アルビレックス新潟[編集]

磐田がJ2へ降格した2014年、ペリクレス・シャムスカ体制下で出場機会が激減。同年6月16日、アルビレックス新潟へ期限付き移籍が決定し、発表翌日の17日にチームへ合流した[1]。背番号は磐田時代と同じ23番。報知新聞は磐田との契約を1年延長した上での期限付き移籍と報じている[2]。新潟では主に左右のサイドハーフとして起用され、W杯による中断再開後のJ1リーグ戦全20試合に先発出場、2得点を記録した[3]

当初の期限付き移籍期間は2015年1月31日までだったが、シーズン終了後に移籍期間を1年延長した[4][5]。2015年2月のスポーツニッポン紙上インタビューによれば、山本は2014年シーズン終了前の11月から新潟残留を望む旨を磐田へ伝えており、名波浩監督の後押しもあって移籍期間延長が実現したという[6]。当初磐田側は戦力として復帰を望んでおり、新潟退団を覚悟した山本はリーグ最終戦で涙を流していた[6][7]

ジュビロ磐田復帰[編集]

2015年12月19日に、ジュビロ磐田へ復帰することが発表された[8]

エピソード[編集]

憧れの選手はかつて磐田の中心選手であった福西崇史と語り、福西が磐田時代につけていた背番号23は、ユースチームでは2006年から彼がつけ、2008年のトップ昇格時に受け継いだ。

所属クラブ[編集]

アマ経歴
  • -2001年 聖隷JFC
  • 2002年 - 2004年 ヤマハジュビロサッカースクール浜北Jrユース
  • 2005年 - 2007年 ジュビロ磐田ユース
    • 2006年 - 2007年 ジュビロ磐田 (2種登録選手)
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
2006 磐田 24 J1 1 0 0 0 0 0 1 0
2007 32 3 0 3 0 0 0 6 0
2008 23 9 0 1 0 0 0 10 0
2009 26 0 3 0 2 0 31 0
2010 30 1 10 0 3 1 43 2
2011 23 2 3 0 2 0 28 2
2012 23 7 6 0 2 1 31 8
2013 27 1 4 1 2 3 33 5
2014 J2 1 0 - - 1 0
新潟 J1 20 2 0 0 0 0 20 2
2015 33 7 8 3 0 0 41 10
2016 磐田 29 0 3 0 3 0 35 0
2017
通算 日本 J1 224 20 41 4 14 5 279 29
日本 J2 1 0 - - 1 0
総通算 225 20 41 4 14 5 280 29

代表歴[編集]

出場大会[編集]

  • U-16日本代表 モンテギュー国際大会 (フランス)
  • U-16日本代表 豊田国際ユースサッカー大会
  • U-18日本代表 オーストラリアオリンピックフェスティバル SBSカップ国際ユースサッカー大会
  • U-19日本代表 カタールU-19国際親善トーナメント        
  • U-22日本代表 ロンドン五輪アジア最終予選
  • U-23日本代表

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 山本康裕選手が合流”. アルビレックス新潟 (2014年6月7日). 2015年2月12日閲覧。
  2. ^ “【磐田】“プリンス”山本、来季復帰へ 新潟に期限付き移籍”. 報知新聞. (2014年11月24日). オリジナル2015年2月11日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20150211222656/http://www.hochi.co.jp/soccer/national/20141123-OHT1T50198.html 2015年2月12日閲覧。 
  3. ^ 「FW山崎加入、MF山本期間延長」『新潟日報』2015年1月8日。
  4. ^ ジュビロ磐田から山本 康裕選手 期限付き移籍加入のお知らせ アルビレックス新潟公式サイト 2014.6.16付ニュースリリース
  5. ^ 山本 康裕選手 期限付き移籍延長のお知らせ アルビレックス新潟公式サイト 2015.1.7付ニュースリリース
  6. ^ a b 「新潟フレッシュ便」山本康裕<中>『スポーツニッポン 新潟版』2015年2月12日。
  7. ^ 「新潟フレッシュ便」山本康裕<上>『スポーツニッポン 新潟版』2015年2月11日。
  8. ^ 山本 康裕選手がジュビロ磐田へ復帰”. ジュビロ磐田 (2015年12月19日). 2015年12月19日閲覧。