當間建文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
當間 建文 Football pictogram.svg
名前
愛称 トーマ
カタカナ トウマ タケフミ
ラテン文字 TOMA Takefumi
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1989-03-21) 1989年3月21日(30歳)
出身地 沖縄県那覇市
身長 178cm
体重 72kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 FC岐阜
ポジション DF
背番号 50
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2007-2011 鹿島アントラーズ 3 (0)
2012-2013 栃木SC 59 (3)
2014-2015 モンテディオ山形 49 (3)
2016- 松本山雅FC 55 (3)
2019- FC岐阜(loan)
1. 国内リーグ戦に限る。2019年8月14日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

當間 建文(とうま たけふみ、1989年3月21日 - )は、沖縄県那覇市出身のプロサッカー選手JリーグFC岐阜所属。ポジションはディフェンダー(左右サイドバックおよびセンターバック)。 ビーチサッカー日本代表當間正人は兄[1][2]

来歴[編集]

小学2年次、2人の兄の影響でサッカーを始める[2]。宇栄原フットボールクラブを経て、通学先の那覇市立小禄中学校サッカー部でプレーした。

2004年、中学校卒業後福岡県に渡り東海大学付属第五高等学校に進学してサッカー部に入部した。2年次よりレギュラーとしてプレーするようになり、3年次となった2006年に高校総体に出場、8得点を挙げて大会ベスト8を経験した他、大会優秀選手に選出された[2]。その後仙台カップ国際ユースサッカー大会に出場するU-18日本代表チームに選出されて[3]3試合に出場した。仙台カップ出場がきっかけでスカウトの目にとまり、ジェフユナイテッド市原・千葉との競合の末[1]「サッカーのスタイルが自分がしたいスタイルと合っている」[1][2]ことから2007年、鹿島アントラーズに入団。2012年に栃木SCへ完全移籍した。

2014年モンテディオ山形へ完全移籍[4]

2016年松本山雅FCへ完全移籍[5]、2019年8月にFC岐阜へ期限付き移籍[6]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2007 鹿島 24 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
2008 0 0 0 0 0 0 0 0
2009 0 0 0 0 0 0 0 0
2010 1 0 0 0 3 0 4 0
2011 2 0 0 0 1 0 3 0
2012 栃木 6 J2 29 2 - 1 0 30 2
2013 30 1 - 0 0 30 1
2014 山形 17 27 3 - 5 0 32 3
2015 J1 22 0 2 2 2 0 26 2
2016 松本 18 J2 25 1 - 2 0 27 1
2017 20 1 - 1 0 21 1
2018 5 0 - 2 0 7 0
2019 J1 5 1 5 0 1 0 11 0
岐阜 50 J2 -
通算 日本 J1 30 1 5 2 1 0 44 3
日本 J2 136 8 - 11 0 145 8
総通算 161 8 72 2 17 0 178 10

その他の公式戦

国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFCACL
2008 鹿島 24 0 0
2009 0 0
2010 0 0
2011 0 0
通算 AFC 0 0

タイトル[編集]

鹿島アントラーズ
松本山雅FC

代表歴[編集]

  • U-18日本代表
2006年、2007年

脚注[編集]

  1. ^ a b c 「當間(東海大五高)鹿島と仮契約」 琉球新報 2006年11月19日付記事[要出典]
  2. ^ a b c d 「當間『ベスト尽くす』」 沖縄タイムズ 2006年11月19日付記事[要出典]
  3. ^ 財団法人 日本サッカー協会 平成18年度 第5回理事会報告事項 JFA公式サイト 2010.1.20 05:09 (UTC) 閲覧
  4. ^ 當間建文選手 栃木SCより完全移籍加入のお知らせ”. モンテディオ山形 (2013年12月19日). 2013年12月19日閲覧。
  5. ^ 當間建文選手 モンテディオ山形から完全移籍加入のお知らせ
  6. ^ 當間建文選手 FC岐阜へ期限付き移籍のお知らせ

関連項目[編集]