鎌田翔雅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鎌田 翔雅 Football pictogram.svg
名前
愛称 ショーマ
カタカナ カマタ ショウマ
ラテン文字 KAMATA Shoma
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1989-06-15) 1989年6月15日(30歳)[1]
出身地 神奈川県[1]
身長 172cm
体重 66kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 清水エスパルス
ポジション DF
背番号 5
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2008-2014 湘南ベルマーレ 90 (0)
2010 ジェフ千葉 (loan) 15 (0)
2014 ファジアーノ岡山 (loan) 15 (0)
2015- 清水エスパルス 48 (2)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年12月1日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

鎌田 翔雅(かまた しょうま、1989年6月15日[1] - )は、神奈川県出身のサッカー選手[1]Jリーグ清水エスパルス所属。ポジションはDF

来歴[編集]

2007年7月6日、2種登録選手として湘南ベルマーレに追加される[2]

2010年1月5日、ジェフユナイテッド千葉期限付き移籍[3]。9月22日、アジア競技大会に臨むU-21日本代表に選出され[4]、初戦のU-21中国代表との試合で先発フル出場する[5]など、4試合に出場した。

2011年シーズンより湘南に復帰[6]。J2第21節・ジェフ千葉戦の前半17分、鎌田のアーリークロスを相手GKファンブルし、前線に残っていた大井健太郎が先制点を奪った。大井はこの試合4日前に第一子が誕生しており、また湘南も7試合ぶりに勝利した[7][8]

2012年シーズンは、J2リーグに40試合出場し、湘南の自動昇格に貢献。鎌田の出場時間はクラブ内第1位(3,447分)[9]

2013年シーズンは、自身初のJ1リーグでプレー。J1第16節・ヴァンフォーレ甲府戦の後半32分、鎌田がゴール前に上げたクロスから岩上祐三の得点が決勝点となった[10]。湘南はこの試合の勝利でJ1通算100勝を達成[11]

2014年1月7日、ファジアーノ岡山に期限付き移籍[12]

2015年1月7日、清水エスパルスへ完全移籍[13]。5月15日、「左ひざ内側側副靭帯損傷」で全治まで約4週間と診断されたことが発表された[14]。J1-1stステージでは出場機会に恵まれなかった[15]が、2ndステージ第7節・アルビレックス新潟戦でフル出場すると、最終節まで11試合に出場。その内、第9節・FC東京戦を除いた10試合にフル出場した[16]。しかし、クラブは年間総合順位で17位となり、オリジナル10としてJリーグ創設以来24年間戦ったJ1リーグから初めて降格[17]

2016年シーズンは、J2開幕戦から第7節・セレッソ大阪戦まで先発出場を続けていたが、同節で負傷退場[18]。4月12日、「左膝前十字靭帯損傷」で全治約6か月と診断されたことが発表された[19]

2017年シーズンは、怪我から復帰し第2節・サンフレッチェ広島戦から出場を重ね、第8節・川崎フロンターレ戦では前半14分に鎌田のパスカットが起点となり、鄭大世からのグラウンダーのボールに合わせた金子翔太が先制点を挙げた。金子のゴールはJ1リーグ通算20,000得点目であり、チームメートと共に喜びを爆発させた[20]。J1第18節・ガンバ大阪戦で、プロ入り10年目・公式戦170試合目にして初得点を挙げる[21]など、主力として出場を重ねた。J1第33節・新潟戦の後半20分、北川航也と交代で途中出場したが、後半24分に足を負傷。ピッチ外で処置を受けた後にピッチに戻るが、後半30分に長谷川悠と途中交代[22]。12月9日、「右膝前十字靭帯損傷」で全治約7か月と診断されたことが発表された[23]。昨シーズンに続き、2年連続で長期離脱となった[24]

2018年シーズンは、怪我の影響もあり公式戦の出場は無かった。12月29日、清水との契約を更新[25]

人物・エピソード[編集]

  • 172cmと小柄ながらもヘディングが得意であり、プロ初ゴールもヘディングで決めている[26]
  • 2010年9月5日に第一子(長男)[27]、2014年9月18日に第二子(次男)[28]、2019年2月10日に第三子(長女)[29]が誕生している。

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2008 湘南 32 J2 2 0 - 0 0 2 0
2009 18 7 0 - 1 0 8 0
2010 千葉 25 15 0 - 1 0 16 0
2011 湘南 2 20 0 - 4 0 24 0
2012 40 0 - 1 0 41 0
2013 J1 21 0 2 0 1 0 24 0
2014 岡山 15 J2 15 0 - 0 0 15 0
2015 清水 26 J1 11 0 1 0 0 0 12 0
2016 4 J2 8 0 - 1 0 9 0
2017 5 J1 29 2 1 0 3 0 33 2
2018 0 0 0 0 0 0 0 0
2019
通算 日本 J1 61 2 4 0 4 0 69 2
日本 J2 107 0 - 8 0 115 0
総通算 168 2 4 0 12 0 184 2
出場歴

代表歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 鎌田 翔雅”. J. League Data Site. 2019年2月22日閲覧。
  2. ^ “登録選手 追加・変更・抹消のお知らせ” (プレスリリース), J.LEAGUE.jp, (2007年7月6日), https://www.jleague.jp/release/article-00001819/ 2019年2月19日閲覧。 
  3. ^ “鎌田翔雅選手の加入について” (プレスリリース), ジェフユナイテッド市原・千葉, (2010年1月5日), https://jefunited.co.jp/news/2010/01/top/12626784005828.html 2019年2月19日閲覧。 
  4. ^ 12年ロンドン五輪へ関塚ジャパン誕生!初陣アジア大会メンバーに永井、山村ら!”. ゲキサカ (2010年9月22日). 2019年2月19日閲覧。
  5. ^ アジア大会 日本-中国 試合記録”. ゲキサカ (2010年11月9日). 2019年2月19日閲覧。
  6. ^ “鎌田翔雅 選手 湘南ベルマーレに復帰のお知らせ” (プレスリリース), 湘南ベルマーレ, (2010年12月8日), http://www.bellmare.co.jp/23954 2019年2月19日閲覧。 
  7. ^ 大井の“パパ第1号”などで湘南が7戦ぶり勝利、千葉は首位陥落”. ゲキサカ (2011年7月17日). 2019年2月19日閲覧。
  8. ^ 7月17日(日曜日) 第21節 VS ジェフユナイテッド千葉”. 湘南ベルマーレ. 2019年2月19日閲覧。
  9. ^ 選手出場記録>湘南ベルマーレ>2012Jリーグ ディビジョン2【3頁】”. J.LEAGUE Data Site. 2019年2月19日閲覧。
  10. ^ 7月13日(土) 第16節 vs ヴァンフォーレ甲府”. 湘南ベルマーレ. 2019年2月19日閲覧。
  11. ^ 湘南がJ1通算100勝達成、甲府は悪夢の6連敗…”. ゲキサカ (2013年7月13日). 2019年2月19日閲覧。
  12. ^ “鎌田 翔雅選手 期限付き移籍加入のお知らせ” (プレスリリース), ファジアーノ岡山FC, (2014年1月7日), https://www.fagiano-okayama.com/news/p1389068665.html 2019年2月19日閲覧。 
  13. ^ “鎌田翔雅選手 清水エスパルスへ移籍のお知らせ” (プレスリリース), 湘南ベルマーレ, (2015年1月7日), http://www.bellmare.co.jp/115777 2019年2月19日閲覧。 
  14. ^ “鎌田 翔雅選手のケガについて” (プレスリリース), 清水エスパルス, (2015年5月15日), https://www.s-pulse.co.jp/news/detail/29265/%E3%80%80%E9%8E%8C%E7%94%B0%E6%80%AA%E6%88%91%E5%85%A8%E6%B2%BB%EF%BC%94%E9%80%B1%E9%96%93 2019年2月19日閲覧。 
  15. ^ 出場記録 2015明治安田生命J1リーグ 1stステージ 清水エスパルス”. J.LEAGUE Data Site. 2019年2月19日閲覧。
  16. ^ 出場記録 2015明治安田生命J1リーグ 2ndステージ 清水エスパルス”. J.LEAGUE Data Site. 2019年2月19日閲覧。
  17. ^ 【静岡回顧2015】清水エスパルスJ2降格 24年目で初の事態”. 産経ニュース (2015年12月30日). 2019年2月19日閲覧。
  18. ^ 「いい流れが続いている」山村の1G1AでC大阪が無敗&首位キープ”. ゲキサカ (2016年4月9日). 2019年2月19日閲覧。
  19. ^ “鎌田翔雅選手のケガについて” (プレスリリース), 清水エスパルス, (2016年4月12日), https://www.s-pulse.co.jp/news/detail/32814/ 2019年2月19日閲覧。 
  20. ^ J1通算2万ゴール目の起点にも…組織力で戦う清水に欠かせない鎌田翔雅の“献身性””. SOCCER KING (2017年4月24日). 2019年2月19日閲覧。
  21. ^ 恩師との出会いで変わった運命。清水・鎌田翔雅、プロ10年目・170試合目の初ゴール”. FOOTBALL CHANNEL (2017年7月15日). 2019年2月19日閲覧。
  22. ^ 試合情報 明治安田生命J1リーグ 第33節 2017.11.26 Sun 13:03 IAIスタジアム日本平”. 清水エスパルス. 2019年2月19日閲覧。
  23. ^ “鎌田翔雅選手のケガについて” (プレスリリース), 清水エスパルス, (2017年12月9日), https://www.s-pulse.co.jp/news/detail/38628/ 2019年2月19日閲覧。 
  24. ^ 清水鎌田が2年連続で大ケガ、右ひざ前十字靱帯損傷”. 日刊スポーツ (2017年11月28日). 2019年2月19日閲覧。
  25. ^ “契約更新選手のお知らせ(12月29日)” (プレスリリース), 清水エスパルス, (2018年12月29日), https://www.s-pulse.co.jp/news/detail/41740/ 2019年2月19日閲覧。 
  26. ^ 清水DF鎌田10年目の初得点「自分らしいゴール」”. 日刊スポーツ (2017年7月9日). 2019年2月19日閲覧。
  27. ^ “鎌田 翔雅選手 第1子(長男)誕生のお知らせ” (プレスリリース), ジェフユナイテッド市原・千葉, (2010年9月7日), https://jefunited.co.jp/news/2010/09/top/12837708004968.html 2019年2月19日閲覧。 
  28. ^ “鎌田翔雅選手 第二子(次男)誕生のお知らせ” (プレスリリース), ファジアーノ岡山FC, (2014年9月26日), http://www.fagiano-okayama.com/news/p1411714108.html 2019年2月19日閲覧。 
  29. ^ “鎌田 翔雅選手 第三子誕生のお知らせ” (プレスリリース), 清水エスパルス, (2019年2月14日), https://www.s-pulse.co.jp/news/detail/42029/ 2019年2月19日閲覧。 
  30. ^ 茅ヶ崎市特別表彰”. 茅ヶ崎市. 2019年2月22日閲覧。
  31. ^ 鎌田 翔雅”. フットステージ. 2019年2月22日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]