青木拓矢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
青木 拓矢 Football pictogram.svg
名前
カタカナ アオキ タクヤ
ラテン文字 AOKI Takuya
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1989-09-16) 1989年9月16日(27歳)
出身地 群馬県高崎市
身長 179cm
体重 77kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 浦和レッズ
ポジション MF
背番号 16
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2008-2013 大宮アルディージャ 127 (11)
2014- 浦和レッズ 67 (4)
代表歴2
2010 日本の旗 日本 0 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年11月6日現在。
2. 2009年12月21日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

青木 拓矢(あおき たくや、1989年9月16日 - )は、群馬県出身のプロサッカー選手Jリーグ浦和レッズ所属。ポジションはCH。元日本代表。

来歴[ソースを編集]

小学校時代からサッカーに傾倒し、高崎西FC、FCホリコシ、FC前橋に所属。本格派ボランチとして注目を集めた。前橋育英高等学校に進学後、山田耕介監督に抜擢されレギュラーを奪取。2年次から2年連続して全国高校選手権出場に導いた。それらの活躍が認められ、2008年大宮アルディージャに入団した。U-19及び、U-20日本代表では中核を担っていた。U-20ジャパンズエイトでは、BEST MFに選ばれている。

2009年には2011 AFCアジアカップ予備登録メンバーに選出され、同年12月21日にはアジアカップ最終予選イエメン代表戦に向けたA代表に初招集された。

2011年6月18日名古屋グランパス戦において、プロ初ゴールを決めた。

2014年シーズン、大宮と同じさいたま市を本拠地とするJクラブである浦和レッドダイヤモンズへ完全移籍。大宮から浦和へ移籍した史上初の選手となった[1][2][3]。 キャンプから攻守の要として主力として期待されていたが、練習試合のFCソウル戦で相手選手と接触し病院で左腎損傷と診断され、離脱を余儀なくされた。怪我から復帰後、奇しくも去年まで在籍した大宮アルディージャ戦で途中出場し、後半87分に勝敗を決める決勝ゴール決めた。また、Jリーグ第13節大宮アルディージャ戦で移籍後初スタメンを飾ると攻守に活躍し勝利に貢献した。

所属クラブ[ソースを編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[ソースを編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
2008 大宮 34 J1 1 0 1 0 0 0 2 0
2009 26 4 0 1 0 1 0 6 0
2010 6 26 0 6 0 2 0 34 0
2011 34 3 1 0 1 0 36 3
2012 34 4 4 1 4 0 42 5
2013 28 4 6 0 2 0 36 4
2014 浦和 16 21 0 4 1 2 0 27 1
2015 22 1 2 0 4 0 28 1
2016 24 0 4 0 1 1 29 1
2017
通算 日本 J1 194 12 29 2 17 1 240 15
総通算 194 12 29 2 17 1 240 15

その他の公式戦

国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFC ACL
2015 浦和 16 4 0
2016 6 0
通算 AFC 10 0

タイトル[ソースを編集]

チーム[ソースを編集]

浦和レッズ

代表歴[ソースを編集]

  • 2009年 日本代表 

出典[ソースを編集]

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]