大井健太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大井 健太郎 Football pictogram.svg
名前
愛称 ケンタロー
カタカナ オオイ ケンタロウ
ラテン文字 OHI Kentaro  
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1984-05-14) 1984年5月14日(33歳)
出身地 静岡県藤枝市
身長 180cm
体重 75kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 ジュビロ磐田
ポジション DF
背番号 3
利き足 右足
ユース
1991-1996 高洲南スポーツ少年団
1997-1999 ACMブルックスジュニアユース
2000-2002 静岡県立藤枝東高等学校
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2003-2011 ジュビロ磐田 84 (2)
2011 湘南ベルマーレ (Loan) 36 (2)
2012-2015 アルビレックス新潟 107 (5)
2016- ジュビロ磐田 62 (6)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年12月3日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

大井 健太郎(おおい けんたろう、1984年5月14日 - )は、静岡県藤枝市出身のプロサッカー選手Jリーグジュビロ磐田所属。ポジションはDF

来歴[編集]

静岡県の強豪、藤枝東高校で中心選手として活躍。高校在学中から各年代の日本代表に選出された。藤枝東高の同期には磐田時代のチームメイトであった成岡翔岡田隆(成岡とはアルビレックス新潟でもチームメイトとなる)、1学年先輩には長谷部誠岡田佑樹、2年後輩に赤星貴文がいる。

2003年にジュビロ磐田へ入団。同期入団の成岡、菊地直哉とともに将来のジュビロを担う選手と期待されたが、2011年は出場機会を求めて湘南ベルマーレ期限付き移籍[1]。湘南ではレギュラーに定着し、シーズン途中からキャプテンを任された。

2012年1月7日、湘南への期限付き移籍の満了、及び磐田からアルビレックス新潟への完全移籍が発表された[2]2014年よりチームキャプテンに就任[3]

2015年12月23日、2016年シーズンより6年ぶりにジュビロ磐田へ復帰する事が決定した[4]。開幕戦からスタメンで出場し、ディフェンスリーダーとして活躍し、シーズン終了後に名波浩監督がチームMVPに挙げた[5]。また、ゲームキャプテンの上田康太が試合に出場していない場合はキャプテンとして試合に出場した。

2017年シーズンからは、チームのゲームキャプテンとなり[6]、今年もディフェンスリーダーとしてレギュラーとして活躍。16年ぶりのリーグ最少失点を更新を達成[7]。また、FKの名手である中村俊輔が加入した事もあり、中村のセットプレーからシーズン5得点を挙げ、攻撃面でもチームに貢献した。その活躍が認められ、Jリーグ優秀選手賞を受賞した[8]

エピソード[編集]

非常に明るい性格で新潟ではムードメーカーとしても活躍していた[9]

所属クラブ[編集]

ユース経歴

プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
2003 磐田 20 J1 0 0 1 0 0 0 1 0
2004 3 0 0 0 0 0 3 0
2005 4 0 1 0 1 0 6 0
2006 4 8 0 5 0 3 0 16 0
2007 26 1 4 0 0 0 30 1
2008 11 1 0 0 2 0 13 1
2009 17 0 4 0 0 0 21 0
2010 15 0 4 1 2 0 21 1
2011 湘南 3 J2 36 2 - 1 1 37 3
2012 新潟 J1 14 0 4 0 2 0 20 0
2013 33 2 1 0 1 0 35 2
2014 33 1 4 0 2 0 39 1
2015 27 2 9 0 0 0 36 2
2016 磐田 30 1 2 0 0 0 32 1
2017 32 5 0 0 0 0 32 5
通算 日本 J1 253 13 39 1 13 0 305 12
日本 J2 36 2 - 1 1 37 3
総通算 289 15 39 1 14 1 342 15

その他の公式戦

国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFC ACL
2004 磐田 20 2 0
2005 2 0
通算 AFC 4 0

代表歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
出典

関連項目[編集]