服部年宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
服部 年宏 Football pictogram.svg
名前
愛称 ハット
カタカナ ハットリ トシヒロ
ラテン文字 HATTORI Toshihiro
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1973-09-23) 1973年9月23日(44歳)
出身地 静岡県静岡市清水区
身長 178cm[1]
体重 73kg[1]
選手情報
ポジション MF[1] / DF
利き足 左足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1994-2006 ジュビロ磐田 350 (19)
2007-2009 東京ヴェルディ 104 (0)
2010-2011 ガイナーレ鳥取 68 (3)
2012-2013 FC岐阜 77 (1)
代表歴2
1992 日本の旗 日本U-19
1993 日本の旗 日本ユニバーシアード
1996-2003[2] 日本の旗 日本 44 (2)
1. 国内リーグ戦に限る。2013年12月4日現在。
2. 2003年6月8日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

服部 年宏(はっとり としひろ、1973年9月23日 - )は、静岡県清水市(現静岡市清水区)出身の元プロサッカー選手。現役時代のポジションディフェンダーミッドフィールダー

来歴[編集]

東海大学第一高校卒業後、東海大学2年修了時にジュビロ磐田に練習生として参加、そのままプロ契約。1年目から左のサイドバック・ウイングバックとしてレギュラーとして活躍。アトランタオリンピック時、ブラジル代表ジュニーニョ・パウリスタのマンマーク役として中盤の底でプレー。磐田でも1999年名波浩ヴェネツィアに移籍し、中盤構成に苦しむ中、同ポジションを務める、左サイドバックの他、中盤の底やストッパーを務めることができるポリバレントな選手。

10代から日本代表に選出しており、1998年ワールドカップ2002年ワールドカップに出場[2]トルシエ政権下では左ストッパーとしてレギュラーに定着していた時期もあったが、2001年にフランスに大敗後、守備強化を掲げたトルシエは服部を左サイドの守備固め要員に回し、左ストッパーにはユースや五輪で頭角を示していた中田浩二が起用されたため、本大会では控えになった。監督がジーコに変わってからは左サイドバックとして起用されたが、世代交代やシステム変更もあり代表から外れた。

ジュビロ黄金時代、攻撃面でも豊富な運動量で、ロングパスを放ったり攻撃参加をしてラストパスを出したり、守備に攻撃へとピッチ内では幅広く活躍。2002年シーズン前に腹膜炎を患って以降パスの精度は下降した。

2006年12月に磐田退団、東京ヴェルディ1969への移籍が決定。2007年出場停止1試合を除く47試合でスタメンフル出場。本人にとって初めての移籍であったが、早々にチームにフィット、セットプレイのキッカーも務めシーズン最多の15アシストを記録、J1昇格に貢献。主将MF大野不在の場合にゲームキャプテンを務めた。

2008年キャプテン就任。主力として起用されが、クラブ経営悪化の影響で退団が発表されていたが、ラモス瑠偉常務や高木琢也新監督の意向により、東京Vと再契約を結んだ。2009年変わらず主力として起用されたが、親会社の交代による経営規模縮小の影響を受け退団した。

2010年ガイナーレ鳥取へ移籍。主将としてチームを率いJFL初優勝、Jリーグ加盟に貢献、リーグ年間MVPを獲得した[3]

2011年引き続きガイナーレ鳥取の中心選手として活躍、同年12月19日にFC岐阜への完全移籍発表[4]

2012年、移籍1年目にしてキャプテンを務める。主に中盤の底でプレー、全42試合にフル出場した。

2013年限りで現役を引退[1]。同年12月16日、古巣磐田の強化部長に就任[5]。2014年末、Jリーグ功労選手賞を受賞[6]

2016年6月、静岡県サッカー協会理事に就任[7]

人物[編集]

磐田時代ドゥンガのプレーを間近に見てきており、ゲームキャプテンを2005年まで務め、ドゥンガのように味方を叱咤する存在であった。 体のケアを大事にしており、練習後のマッサージにはかなり時間をかける。

2003年、以前ジュビロ磐田応援テレビ番組を担当していたSBSの元アナウンサー、朋子夫人(旧姓上田)と結婚。2008年に長女誕生。

エピソード[編集]

  • 高校時代、同じクラスのサッカー部員に岩下潤がいた。授業中他に比べ居眠りの多い両名に、熱血派でフェンシングの国体選手でもあった担任教員の大きな理解があった。高校卒業とともに清水に入団した岩下、東海大学体育学部に進学し、体育会サッカー部に入部した服部と道は一度は分かれたが、その後在学2年で服部も磐田へ入団し日本代表の中心的な選手となる。
  • 服部の派手さのないルックスをしばしば話題にされるが、2000年3月の対横浜FM戦で、突然金髪にして登場しファンを驚かせた。その金髪で臨んだ同年のアジアクラブ選手権で、対戦相手の監督から名指しで「あの金髪は強かった」と対人プレーの強さを絶賛された。
  • 東京Vに移籍後、長年親しんだ6番は菅原智が着けており、心機一転の意味を込めて空いていた22番を選ぶ。
  • 2007年水戸に敗れ7連敗となった試合後のサポーターへの挨拶時、ガックリ肩を落とし暫く動けなかった。
  • 朋子夫人と2010年に加入したガイナーレ鳥取の塚野真樹代表取締役社長は米子東高校時代の同期生。

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
1994 磐田 - J 25 0 4 0 1 0 30 0
1995 40 3 - 2 1 42 4
1996 15 3 11 1 1 0 27 4
1997 6 18 2 4 0 4 0 26 2
1998 32 1 2 0 3 0 37 1
1999 J1 29 0 4 0 3 0 36 0
2000 25 2 1 1 3 1 29 4
2001 27 5 9 0 1 0 37 5
2002 26 2 1 0 0 0 27 2
2003 26 1 8 0 4 0 38 1
2004 29 0 5 1 5 0 39 1
2005 28 0 2 0 2 0 32 0
2006 30 0 7 0 2 0 39 0
2007 東京V 22 J2 47 0 - 0 0 47 0
2008 J1 31 0 4 0 1 0 36 0
2009 J2 26 0 - 1 0 27 0
2010 鳥取 6 JFL 33 3 - 1 0 34 3
2011 J2 35 0 - 2 0 37 0
2012 岐阜 42 1 - 0 0 42 1
2013 35 0 - 1 0 36 0
通算 日本 J1 381 19 62 3 32 2 475 24
日本 J2 185 1 - 3 0 153 1
日本 JFL 33 3 - 1 0 34 3
総通算 564 23 62 3 36 2 662 28

その他の公式戦

  • 1997年
  • 1998年
  • 1999年
    • Jリーグチャンピオンシップ 2試合1得点
  • 2000年
    • スーパーカップ 1試合0得点
  • 2001年
    • Jリーグチャンピオンシップ 2試合1得点
  • 2003年
    • スーパーカップ 1試合0得点
  • 2004年
    • スーパーカップ 1試合0得点
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFC ACL
2004 磐田 6 4 1
2005 3 0
通算 AFC 7 1

その他の国際公式戦

代表歴[編集]

出場大会など[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 44試合 2得点 (1996-2003)[2]


日本代表 国際Aマッチ
出場 得点
1996 1 0
1997 1 0
1998 5 0
1999 5 0
2000 12 1
2001 11 1
2002 5 0
2003 4 0
通算 44 2

タイトル[編集]

チーム[編集]

ジュビロ磐田
  • 1998年、1999年、2001年、2002年 J1 1stステージ優勝
  • 1997年、2002年 J1 2ndステージ優勝
  • 1997年、1999年、2002年 J1年間優勝
  • 1998年、ナビスコ杯優勝
  • 1998-1999年 アジアクラブ選手権優勝
ガイナーレ鳥取
  • 2010年 日本フットボールリーグ優勝

個人[編集]

ジュビロ磐田
ガイナーレ鳥取
  • 2010年 日本フットボールリーグ MVP・ベストイレブン

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 服部年宏選手、現役引退のお知らせ FC岐阜 (2013年11月12日)
  2. ^ a b c “服部 年宏”. サッカー日本代表データベース. http://www.japannationalfootballteam.com/players_ha/toshihiro_hattori.html 
  3. ^ JFL、鳥取の服部がMVP 讃岐、長野入会も承認”. 47NEWS (2010年12月8日). 2013年9月6日閲覧。
  4. ^ 服部 年宏選手 FC岐阜へ移籍決定のお知らせ ガイナーレ鳥取ニュースリリース 2011年12月19日付
  5. ^ 服部年宏氏「ジュビロ磐田強化部長」就任のお知らせ ジュビロ磐田 (2013年12月16日)
  6. ^ “功労選手賞について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2014年10月22日), オリジナル2014年10月21日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20141021094646/http://www.j-league.or.jp/release/000/00006114.html 2014年10月23日閲覧。 
  7. ^ 山本昌邦氏が静岡県サッカー協会副会長に就任

外部リンク[編集]