2004年のJリーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Jリーグ > 2004年のJリーグ
2004年のJリーグ
J1
期間 2004年3月13日 - 11月28日
年間優勝 横浜F・マリノス
1st 優勝 横浜F・マリノス
2nd 優勝 浦和レッドダイヤモンズ
J2
期間 2004年3月13日 - 11月27日
昇格 川崎フロンターレ
大宮アルディージャ
ヤマザキナビスコカップ
2003
2005

本項は2004年Jリーグについて記す。チャンピオンシップにより決定された年間総合優勝は横浜F・マリノス。J2リーグの優勝クラブは川崎フロンターレ

J1[編集]

2004年シーズンのJ1のクラブは、前年のJ2上位となったアルビレックス新潟サンフレッチェ広島を加えた16チームにより争われた。

チーム
出場権または降格
1 横浜F・マリノス (C) 30 17 8 5 47 30 +17 59 ACL2005の出場権を獲得 
2 浦和レッズ 30 19 5 6 70 39 +31 62
3 ガンバ大阪 30 15 6 9 69 48 +21 51
4 ジェフユナイテッド市原 30 13 11 6 55 45 +10 50
5 ジュビロ磐田 30 14 6 10 54 44 +10 48
6 鹿島アントラーズ 30 14 6 10 41 31 +10 48
7 名古屋グランパスエイト 29 12 8 9 49 43 +6 44
8 FC東京 30 10 11 9 40 41 −1 41
9 東京ヴェルディ1969 30 11 6 13 43 46 −3 39
10 アルビレックス新潟 30 10 7 13 47 58 −11 37
11 ヴィッセル神戸 30 9 9 12 50 55 −5 36
12 サンフレッチェ広島 30 6 13 11 36 42 −6 31
13 大分トリニータ 30 8 6 16 35 56 −21 30
14 清水エスパルス 30 7 8 15 37 53 −16 29
15 セレッソ大阪 30 6 8 16 42 64 −22 26
16 柏レイソル (O) 30 5 10 15 29 49 −20 25 J1・J2入れ替え戦 2004出場

最終更新は2004年11月28日の試合終了時
出典: J.League Data Site
順位の決定基準: 1. 勝点; 2. 得失点差; 3. 得点数.

Jリーグチャンピオンシップ[編集]

合計スコアが1-1となったため、第2戦終了後にVゴール方式の延長戦を行ったが決着がつかず、そのままPK戦を行い、4-2で横浜F・マリノスが年間王者に決定。

翌年から1ステージ制に移行したためチャンピオンシップはこの年が最後の開催となった。

J2[編集]

2004年シーズンのJ2は、前年のJ1下位となったベガルタ仙台京都パープルサンガを加えた12クラブにより争われた。

チーム
出場権または降格
1 川崎フロンターレ (C) (P) 44 34 3 7 104 38 +66 105 J1 2005へ昇格 
2 大宮アルディージャ (P) 44 26 9 9 63 38 +25 87
3 アビスパ福岡 44 23 7 14 56 41 +15 76 J1・J2入れ替え戦 2004
4 モンテディオ山形 44 19 14 11 58 51 +7 71
5 京都パープルサンガ 44 19 12 13 65 53 +12 69
6 ベガルタ仙台 44 15 14 15 62 66 −4 59
7 ヴァンフォーレ甲府 44 15 13 16 51 46 +5 58
8 横浜FC 44 10 22 12 42 50 −8 52
9 水戸ホーリーホック 44 6 19 19 33 60 −27 37
10 湘南ベルマーレ 44 7 15 22 39 64 −25 36
11 サガン鳥栖 44 8 11 25 32 66 −34 35
12 コンサドーレ札幌 44 5 15 24 30 62 −32 30

最終更新は2004年11月27日の試合終了時
出典: J.League Data Site
順位の決定基準: 1. 勝点; 2. 得失点差; 3. 得点数.

入れ替え[編集]

J1→J2[編集]

翌シーズンからJ1クラブが16から18へ2増えるため、この年はJ2への自動降格はなかった。

J2→J1[編集]

J2リーグ優勝の川崎フロンターレ、同リーグ2位の大宮アルディージャがJ1へ自動昇格した。

入れ替え戦[編集]

J1リーグ16位の柏レイソルとJ2リーグ3位のアビスパ福岡がJ1・J2入れ替え戦に臨んだ。

合計スコアが4-0となり、柏レイソルのJ1残留、アビスパ福岡のJ2残留が決定した。

表彰[編集]

受賞者
最優秀選手賞 日本の旗 中澤佑二横浜F・マリノス
得点王 ブラジルの旗 エメルソン浦和レッドダイヤモンズ
新人王 日本の旗 森本貴幸東京ヴェルディ1969
最優秀監督賞 日本の旗 岡田武史(横浜F・マリノス)
優秀主審賞 日本の旗 吉田寿光
優秀副審賞 日本の旗 柴田正利
J1ベストピッチ賞 日本平スタジアム
Join賞
(チェアマン特別賞)
浦和レッズ
アルビレックス新潟

ベストイレブン[編集]

ポジション 選手名 受賞回数 所属クラブ
GK 日本の旗 土肥洋一 FC東京
DF 日本の旗 闘莉王 浦和レッドダイヤモンズ
DF ブラジルの旗 ドゥトラ 2 横浜F・マリノス
DF 日本の旗 中澤佑二 3 横浜F・マリノス
MF 日本の旗 小笠原満男 4 鹿島アントラーズ
MF 日本の旗 長谷部誠 浦和レッドダイヤモンズ
MF 日本の旗 奥大介 3 横浜F・マリノス
MF 日本の旗 遠藤保仁 2 ガンバ大阪
FW ブラジルの旗 エメルソン 3 浦和レッドダイヤモンズ
FW ブラジルの旗 マルケス 名古屋グランパスエイト
FW 日本の旗 大黒将志 ガンバ大阪

記録[編集]

  • Jリーグ通算9,000ゴール
斎藤大輔(ジェフ市原 2004年3月13日 - 1stステージ第1節vsヴィッセル神戸・神戸ウイングスタジアム
  • J2リーグ年間最多勝点数
105(川崎フロンターレ、34勝3分7敗)
  • J1リーグ年間最多引き分け
13(サンフレッチェ広島)
  • Jリーグ最年少出場記録
森本貴幸(15歳10ヶ月6日・東京ヴェルディ1969 2004年3月13日 - 1stステージ第1節vsジュビロ磐田・ヤマハスタジアム
  • Jリーグ最年少得点
森本貴幸(15歳11カ月28日・東京ヴェルディ1969 2004年5月5日 - 1stステージ第8節vsジェフユナイテッド市原・味の素スタジアム

その他[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]