2009年のJリーグ ディビジョン2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本プロサッカーリーグ  > Jリーグ ディビジョン1  > 2009年のJリーグ ディビジョン2
2009年のスポーツ  > 2009年のサッカー  > 2009年のJリーグ  > 2009年のJリーグ ディビジョン2
Jリーグ ディビジョン2
シーズン 2009
優勝 ベガルタ仙台
昇格 ベガルタ仙台
セレッソ大阪
湘南ベルマーレ
試合数 459
ゴール数 1164 (1試合平均2.54)
得点王 香川真司 (27)
最大差勝利ホーム試合
甲府 6-0 福岡(第23節・6月24日)
徳島 6-0 愛媛(第31節・8月1日)
徳島 6-0 熊本(第40節・9月20日)
最大差勝利アウェー試合
草津 0-6 熊本(第38節・9月6日)
最多得点試合
C大阪 5-3 水戸(第15節・5月17日)
最多観客動員
22,707人 - 札幌 vs 水戸(第25節・7月4日)
最少観客動員
615人 - 岡山 vs 栃木(第44節・10月7日)
平均観客動員 6,326人
2008
2010

この項目では、2009年シーズンのJリーグ ディビジョン2(J2)について述べる。

2009年シーズンのJ2のクラブ[編集]

2009年シーズンのJ2のクラブは以下の18クラブである。このうち東京ヴェルディコンサドーレ札幌が前シーズンのJ1からの降格クラブである。また、前シーズンの日本フットボールリーグ(JFL)で好成績をおさめた栃木SCカターレ富山ファジアーノ岡山がJリーグに加盟し、新たにJ2リーグへと加わった。

レギュレーションの変更点[編集]

  • リーグ編成が前シーズンの15クラブから18クラブに増えたことにより、3回戦総当たりは維持されるものの各チームの試合数が9試合増の51試合へと変更になる。[1]
  • J1・J2入れ替え戦が廃止され、年間成績1位・2位・3位がJ1へ昇格となる。
  • クラブ数が偶数となったため、毎節全チームが試合を行う。2006年から2008年まではクラブ数が奇数であったため、毎節試合を行わないチームがあった。
  • 従来の外国籍選手枠とは別に、AFC加盟国・地域の選手を1人出場できる「アジア枠」を導入した。

スケジュール[編集]

J1リーグと同様、3月7日に開幕、12月5日に閉幕、J1リーグとは違い中断期間を設けず、全51節が行われた。

リーグ戦概要[編集]

リーグ序盤戦は、C大阪湘南が首位争いを展開。それを甲府が追う展開となり、開幕ダッシュに失敗した仙台もクラブ新記録の7連勝を挙げるなど、追い上げを見せた。昇格争いは、C大阪・湘南・仙台・甲府がひしめく混戦、4強状態のまま中盤戦に突入した。

中盤戦以降では東京V・水戸等のクラブが追い上げを見せるも終盤まで続かず、失速。一方、開幕ダッシュに失敗した鳥栖が、ハーフナー・マイクや山瀬幸宏などをシーズン途中に補強し、4強を射程内に捕らえるほどの追い上げを見せた。4強ではC大阪が頭ひとつ抜け出し、仙台が安定した結果を残す一方、勝ちきれない試合が増えてきた甲府と湘南が3位争いを展開した。

第48節でC大阪と仙台が3試合を残して昇格を決めると、最後の1枠を甲府・湘南が争う展開となった。最終節まで残り1つの昇格枠と優勝決定は持ち越された。

最終節では3位につけていた湘南が水戸に2失点を喫するも逆転し、熊本に勝利した甲府を振り切って3位を確保。逆転勝利で11年ぶりのJ1復帰を果たした。仙台は愛媛戦で引き分けに終わったが、C大阪が鳥栖戦で後半アディショナルタイムに同点・逆転弾を喫して敗退したため、仙台がJ2初優勝を果たした。なお、J2降格組の札幌東京Vは6位、7位に終わり、1年でのJ1再昇格はならなかった。Jリーグ2部制に移行してからは2004年シーズン以来5年ぶりに、降格1年目のチームの昇格が無いシーズンとなった。

一方、下位では、J2昇格1年目の栃木岡山が苦戦し、栃木は17位、岡山は最下位の18位に終わった。富山は、一時は9位につけていたが、第3クールに入ると失速し、13位に終わった。横浜FCは、序盤は最下位に沈んでいたが、栃木と岡山を引き離し、16位に終わった。また、福岡は、クラブ史上最低順位となる11位に終わった。徳島は、3年連続最下位だったが、善戦して9位と中位に上昇した。

順位表[編集]

順位 クラブ名 勝点 得点 失点 備考
1 ベガルタ仙台 106 32 10 9 87 39 +48 J1自動昇格
2 セレッソ大阪 104 31 11 9 100 53 +47
3 湘南ベルマーレ 98 29 11 11 84 52 +32
4 ヴァンフォーレ甲府 97 28 13 10 76 46 +30
5 サガン鳥栖 88 25 13 13 71 51 +20
6 コンサドーレ札幌 79 21 16 14 74 61 +13
7 東京ヴェルディ 74 21 11 19 68 61 +7
8 水戸ホーリーホック 73 21 10 20 70 79 -9
9 徳島ヴォルティス 72 19 15 17 67 52 +15
10 ザスパ草津 65 18 11 22 64 76 -12
11 アビスパ福岡 65 17 14 20 52 71 -19
12 FC岐阜 62 16 14 21 62 72 -10
13 カターレ富山 61 15 16 20 48 58 -10
14 ロアッソ熊本 58 16 10 25 66 82 -16
15 愛媛FC 47 12 11 28 54 80 -26
16 横浜FC 44 11 11 29 43 70 -27
17 栃木SC 37 8 13 30 38 77 -39
18 ファジアーノ岡山 36 8 12 31 40 84 -44

得点ランキング[編集]

順位 選手(所属) 得点
1 香川真司(C大阪) 27
2 都倉賢(草津) 23
3 大黒将志(東京V) 21
4 乾貴士(C大阪) 20
5 キリノ(札幌) 19
高崎寛之(水戸)
マラニョン(甲府)

関連項目[編集]

出典・脚注[編集]

  1. ^ これはJ2としての歴代最多試合数である。J1を含めた全体の総試合数の最多は1995年(当時1部のみ)の14チーム・年間4回総当りで52試合(各ステージ2回総当り・26試合ずつ)である。