札幌厚別公園競技場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
札幌厚別公園競技場
Sapporo Atsubetsu Park Stadium
札幌厚別公園競技場
札幌厚別公園競技場の位置(札幌市内)
札幌厚別公園競技場
施設情報
所在地 札幌市厚別区上野幌3条1丁目2-1
位置 北緯43度1分8.48秒
東経141度27分50.83秒
開場 1986年
所有者 札幌市
運用者 札幌市公園緑化協会
グラウンド 天然芝(105m × 70m)
(ケンタッキーブルーグラス・
トールフェスク・
ペレニアルライグラスの3種混合)
ピッチサイズ 105m × 68m
照明 4基
常設ではなく移動照明車使用による
大型映像装置 あり(2015年設置)
第3コーナー付近に球技用の電光掲示板1基(1998年設置)がある
使用チーム、大会
北海道コンサドーレ札幌(Jリーグ)
※2015年より公式には本拠地登録されず
収容能力
20,861人
内訳:(メインスタンド 6,412人収容、バックスタンド 4,823人収容、右サイドスタンド 4,842人収容、左サイドスタンド 4,784人収容)
Jリーグ公式戦開催時は20,005人

札幌厚別公園競技場(さっぽろあつべつこうえんきょうぎじょう)は、北海道札幌市厚別区厚別公園内にある陸上競技場。施設は札幌市が所有し、札幌市公園緑化協会が指定管理者として運営管理を行っている。

各種陸上競技大会、サッカーの主要大会、アメリカンフットボールなどが開催される。

歴史[編集]

1989年に開催された「はまなす国体」秋季大会の主会場として1986年11月に完成[1]1987年全国高校総合体育大会(インターハイ)が開催された。

1996年、当時ジャパンフットボールリーグ(旧JFL)に在籍していた東芝サッカー部を母体にコンサドーレ札幌(現・北海道コンサドーレ札幌)が結成されると、そのホームスタジアムとなった。旧JFLに所属していた1996年から1997年の2年間のリーグ戦では、この競技場で21勝0敗という驚異的な成績を残し[2]「厚別不敗神話」とよばれた[3]。2001年に札幌ドームと併用となった後もなお「聖地・厚別」と呼ばれ[4]、このスタジアムを讃えるチャントが当地での試合に限定で歌われる[5]

なお、コンサドーレ発足前も、ヴェルディ川崎などが公式戦で使用していた。厚別および北海道での初のJリーグの公式戦は、1993年6月12日に行われたサントリーシリーズ第9節のジェフ市原名古屋グランパスエイトの試合である。

2015年の全日本中学校陸上競技選手権大会に向けて、2014年度に主競技場・補助競技場ともに改修が行われた[6]。この改修においては、補助競技場の全天候走路化が実施され、第3種公認競技場認定を受けた[7][8]

施設概要[編集]

主競技場[編集]

  • 日本陸上競技連盟第1種公認
    • 北海道内の第1種競技場はこの厚別だけである。
  • 収容人員 : 20,861人
    • 開場時はメイン以外は芝生席だったが、1996年バックスタンド、1998年ゴール裏スタンドを座席化。
    • なお、Jリーグの本拠地登録に際してはJリーグクラブライセンス制度に基づき、競技場の観客席の3分の1相当に屋根を敷設することと、一定数のトイレを設置することが「B等級」の案件(ライセンスは交付するが、それを満たしていない場合は制裁を科すとしている事実上条件付きライセンスに当たる)として定められており、厚別競技場はメインスタンドの一部しか屋根がないため、コンサドーレに対し書面提出を求める「制裁」を科していたが、後述の通り2015年から本拠地の指定を解除したため、同年度のライセンスにおいては制裁対象から除外されている。
  • ナイター照明設備 : 常設の物はないが、ナイター開催時に備えて照明をクレーン車に搭載したものが4台用意されており、1,500ルクスを確保出来る。
    • ナイター設備が常設ではないのは札幌ドーム完成後、コンサドーレはドームをメインに使用することなどによるコスト削減・抑制が検討されたこと、災害時に救護活動用に活用することを目的として、災害対策費から予算を捻出したためと考えられる[9]。実際、ドーム完成後の当スタジアムでの開催の大半は夏季を中心にした週末のデーゲームが中心で、平日ナイターの試合数は減少しつつある。ただ、現在ドームは北海道日本ハムファイターズとの共用であるため日程の関係上ドームが使用できない場合も多く、今後も年間数試合はナイターで行われるものと思われる。
    • 2007年J2リーグ第8節(平日ナイトゲーム、アビスパ福岡戦)において、厚別・札幌ドームともに利用ができなかったことから、コンサドーレが移動照明車を借り上げ、室蘭市入江運動公園陸上競技場ないし、宮の沢白い恋人サッカー場(コンサドーレ札幌の練習場)でのナイター開催が検討されたことがあった(最終的には実現せず、開催地は北海道外の国立西が丘サッカー場になった)[10]。厚別の移動照明設備は、災害時などにも対応する必要があるため、1つのスポーツイベントなどのために、札幌市外に持ち出すことができない[9]とされていることもネックとされている。
  • 2014年から2015年にかけての改修時に大型ビジョンが設置された[11]。もとは第3コーナー付近に得点と1行の簡易フリーボードを備えた掲示盤があった。(1998年設置 カシマサッカースタジアム日立柏サッカー場<過去>と同じモデル)
  • 陸上用トラック9レーン、天然芝ピッチ
    • 今回の改修において、直線100mトラックレーンをメインスタンド側に加え、バックスタンド側(出典記事の空撮で向かって右から左に走るコース)にも「逆走コース」として設置した[12]。これは、メインスタンド側が強風により向かい風の状況でレースが行われる場合には記録(走破時計)がかかるなどの支障をきたすことがたびたびあったためである[12]
    • またこの改修により、日本で9つ目[注 1]となる国際陸上競技連盟(IAAF)の国際大会基準競技場(厚別競技場はクラス2相当)へ認定を申請するとしており[12]、2014年12月18日より認定を受けている[13]

補助競技場[編集]

前述の通り、2014年から2015年にかけての改修時に補助競技場も改修され、トラックが全天候化された。これは主競技場の第1種公認認定に際しては、補助競技場も全天候型舗装を施し、かつ第3種公認以上の認定を受けることが義務化されたことによる[12]。また2015年4月1日より補助競技場が有料施設となった。[11]

2015年改修前の諸元[編集]

補助競技場
  • 収容人員 : 4,000人(全席芝生席)
  • 主競技場の第3コーナーから第4コーナーの裏にあたる所にある。
  • フィールドは天然芝。サイズは100m x 70mで、サッカーの国際規格にはやや足りない。
  • トラックはクレー舗装で一周400m6レーン。ウレタン舗装の直線走路3レーンを併設。
  • スタンドと周囲を遮る柵やゲートなどはなく、また、スタンドとトラックの間にも、遮るものは一切ない。公式大会などでの占有使用がない限り、競技場全体を誰でも自由に使用することが出来、多くの市民が利用している。

モニュメント[編集]

厚別公園にあるモニュメント「捷」

使用期間の制限[編集]

  • 積雪がある関係で、平年4月20日から10月31日までの利用となっている。
  • 但し、コンサドーレがホームスタジアムとして使うようになった1996年から2000年はコンサドーレ主管試合(ホームゲーム)開催日に限り11月(年度により12月[注 2]も使用していた。2001年札幌ドームが完成してからは原則この期間に準じて使うようになっており、5月から10月の週末のデーゲームを中心に行っているが、2014年以後は縮小されている(次項にて詳述)。

北海道コンサドーレ札幌のホームスタジアムとしての利用状況[編集]

  • 2001年にホームスタジアムを札幌ドームと併用するようになってから2013年までの間、当競技場でのホームゲーム開催数は、年度別では2002年の3試合が最少、次いで少ないのが2005年2012年の7試合、それ以外の年は原則として9-12試合程度開催しており、全体の主管試合数では年度により当競技場での試合が多い年もある。年間試合数の変動の詳細は北海道コンサドーレ札幌の年度別成績一覧#入場者数・主催試合数(年度別・会場別)参照。
  • なお2014年度のJ2リーグでは先述のクラブライセンス基準を満たしていないという理由[14]により、基準に適合する札幌ドームでの試合を強化する方針から、コンサドーレ主催試合の当競技場での開催は4試合と大幅に減らされた。コンサドーレのウェブサイトの日程表[15]には「施設基準が満たないため、Jリーグの承認を受けての開催となります」と、特例処置としての開催であることを強調している。また「ぴあJリーグ観戦ガイド<ファンズガイドの後継公認誌>」では2013年は札幌ドームともども本拠地として記載されているが、2014年は記載が省略されており、2015年からはJリーグの公式届出の本拠地登録も抹消されている[16]
  • 以上の理由により、2015年も当競技場での開催は4試合のみ組まれた。しかし、第24節の讃岐戦および第39節の千葉戦の会場が、それぞれ札幌ドームに変更されたため、2015年シーズンの当競技場での開催は過去最少の2試合にとどまった。2016年度は開幕時の段階では3試合[17]のみの開催が予定されていたが、第39節の讃岐戦が札幌ドームに会場変更となり、前年と同じ2試合開催にとどまった。
  • J1リーグに復帰する2017年度は、当初の日程発表ではリーグ戦・ルヴァンカップとも1試合ずつの2試合のみの開催が予定されている。(他会場未定2試合があり、そこに割り当てられる場合がある)

交通アクセス[編集]

※北海道コンサドーレ札幌の試合開催日には、大谷地駅・新さっぽろ駅からシャトルバスが運行される[18]

大谷地駅から競技場までの徒歩ルート[編集]

北海道コンサドーレ札幌の公式サイト[18]では、地下鉄大谷地駅からの徒歩ルートとして、以下の2つを案内している。

  1. 大谷地駅から大谷地駅前通を南下、札幌新道手前で左折し歩行者専用路(はまなすロード)に入る。そのまま歩道を進み続けると、途中で厚別滝野公園通(北海道道341号真駒内御料札幌線国道274号の道路)の高架をくぐり、第1ゲート(第4コーナー)側に到着する。
  2. 厚別滝野公園通手前で左折するまでは上記と同様で、はまなすロードを直進すると右手に厚別滝野公園通が見えるため、厚別滝野公園通の歩道に入る。直進して次の交差点で右折し直進すると、第4ゲート(第3コーナー)側に到着する。

脚注[編集]

  1. ^ ただし、クラス1認定の国立競技場2020年東京オリンピック・パラリンピックへ向けた新スタジアムへの建て替え工事のため2014年に閉鎖されているため、現存施設では8か所目である
  2. ^ 但し、2003年2009年2011年は11月にも札幌ドームが野球の試合(前者・アジア野球選手権、後者2つ・日本選手権シリーズ)を優先したためにそれぞれ11月に1試合ずつを施行した。なお2011年は当初10月29日から日本シリーズを開始する予定が、東日本大震災による開幕延期に伴い11月12日開始予定に変更となったため、札幌ドーム開催を前提に会場未定としていた同日の大分トリニータ戦が厚別での開催に充てられた

出典[編集]

  1. ^ 施設概要 - 厚別公園競技場
  2. ^ 21日 厚別競技場でJリーグ100試合目 新たな「不敗神話」を - 北海道新聞、2007-07-19
  3. ^ ドーレくん 一問一答 - 厚別区役所、2008-09-25
  4. ^ 聖地厚別は本当に聖地なのか - 北海道雑学百科ぷっちがいど、2008-03-31
  5. ^ J2:第34節 札幌 vs 仙台 - J's GOAL、2006-08-19
  6. ^ 陸連時報 2014年1月号”. 日本陸上競技連盟. 2014年10月31日閲覧。(180ページを参照)
  7. ^ 札幌陸協情報 第1号(2013年第2号)”. 札幌陸上競技協会 (2013年11月17日). 2014年10月31日閲覧。
  8. ^ [1]
  9. ^ a b 第2回サポーター集会議事録
  10. ^ 東京でのホームゲーム”. コンサ社長日記 (2007年2月2日). 2012年4月26日閲覧。
  11. ^ a b 競技場一般開放について”. 札幌市公園緑化協会 (2015年4月5日). 2015年4月19日閲覧。
  12. ^ a b c d 厚別公園競技場(改修工事)が完成しました!-IAAFのCLASS2に公認申請中です(札幌市陸上競技連盟)
  13. ^ 公認陸上競技場・競走路・競歩路”. 日本陸上競技連盟 (2016年2月3日). 2016年11月21日閲覧。
  14. ^ 【道スポ】札幌ドーム開催確保へ コンサ来季日程“特例”を要望 3連続ホームなど土日開催死守(道新スポーツ2013年12月27日 2014年1月14日閲覧)
  15. ^ トップチーム試合日程・結果(2014年2月1日閲覧)
  16. ^ クラブガイド:コンサドーレ札幌”. 日本プロサッカーリーグ. 2015年1月24日閲覧。
  17. ^ クラブコンサドーレ(同クラブの公式後援会)・シーズンシート対象試合
  18. ^ a b c 札幌厚別公園競技場”. コンサドーレ札幌公式サイト. 2011年11月14日閲覧。

外部リンク[編集]

先代:
西京極陸上競技場
京都市
国民体育大会
主競技場

はまなす国体
次代:
博多の森陸上競技場
福岡市