三上大勝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
三上大勝
Mikami Hirokatsu 20140525.jpeg
生誕 17 9月 1971
室蘭市
国籍 日本
出身校 北海道大谷室蘭高等学校, 札幌大学
職業 サッカー選手, ゼネラルマネージャー

三上 大勝(みかみ ひろかつ、1971年9月17日[1] - )は、日本ゼネラルマネージャー

生い立ち[編集]

北海道室蘭市出身[2]室蘭大谷高校および札幌大学において、サッカー選手として活躍[3]。1994年から1995年までJFLNEC山形サッカー部ディフェンダーの選手として所属[2]。加入当時は「北の氷壁」[4] の愛称で期待を受けたが、公式戦出場は0試合であった[4]

選手引退後はクラブ職員として、モンテディオ山形の設立に尽力[3]。1996年から1997年までモンテディオ山形法人設立準備室[2]、1998年から1999年3月まで山形県スポーツ振興21世紀協会に所属[2]。三上は現場とフロントのパイプ役を担った[4]。当初はNEC山形の従業員から山形県スポーツ振興21世紀協会の職員となることを希望していたが、県職員の出向者により定員となったため実現しなかった。三上はサッカー関連の仕事を希望し、NEC山形を退職した。

コンサドーレ札幌[編集]

1999年7月、コンサドーレ札幌を運営する北海道フットボールクラブ (HFC) に参加[1]。HFC事業部を経て[2]、翌2000年から2003年までHFC強化部スカウト担当を務めた[2]。三上はスカウト活動に重点を置きつつ、当時の岡田武史監督らのサポートも行った[5]。2004年から2006年までHFC強化部強化担当[2]、2007年から2012年までHFC強化部長[2]。2014年より一般社団法人コンサドーレ北海道スポーツクラブ代表理事[6]

プレースタイル[編集]

積極的に海外を訪問し、自身の目で選手獲得の判断を行う[5]。日本サッカー協会認定選手エージェントの仁科佳子は三上について、「Jリーグの中で最も先鋭的な強化担当者の一人」と評した[5]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 JSL杯/ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
1994 NEC山形 20 JFL 0 0 0 0 0 0 0 0
1995 NEC山形 20 JFL 0 0 0 0 0 0 0 0
通算 日本 JFL 0 0 0 0 0 0 0 0
総通算 0 0 0 0 0 0 0 0

出典[編集]

  1. ^ a b “株式会社 北海道フットボールクラブ 三上大勝強化部長がゼネラルマネージャー(GM)就任のお知らせ” (日本語) (プレスリリース), 北海道フットボールクラブ, (2013年1月16日), http://www.consadole-sapporo.jp/news/2013/01/013755.html 2014年11月16日閲覧。 
  2. ^ a b c d e f g h “札幌、三上強化部長がGMに就任” (日本語). ゲキサカ (講談社). (2013年1月16日). http://web.gekisaka.jp/news/detail/?109993-112792-fl 2014年11月16日閲覧。 
  3. ^ a b “「I LOVE HOKKAIDO」の精神で、強化に取り組む” (日本語). 日刊スポーツ (北海道日刊スポーツ新聞社): p. 17. (2012年3月12日) 
  4. ^ a b c モンテディオ山形大辞典”. 2005年3月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年11月17日閲覧。
  5. ^ a b c 斉藤宏則 (2014-10-24). “北海道の未来を片手に誰にもできぬチャレンジを”. Jリーグサッカーキング 2014年12月号 (東京都中央区八丁堀4-9-4: 株式会社フロムワン) 8 (16): 60-63. JAN 4910151851245. 
  6. ^ “「一般社団法人コンサドーレ北海道スポーツクラブ」設立のお知らせ~コンサドーレ札幌と協業し、スポーツ・文化事業を道内展開~” (プレスリリース), 株式会社明光ネットワークジャパン, (2014年2月14日), https://www.meikonet.co.jp/news/detail/year/2014/id/394 2017年6月26日閲覧。