松山光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
松山光 Football pictogram.svg
名前
愛称 北海の荒鷲
カタカナ マツヤマ ヒカル
ラテン文字 MATSUYAMA Hikaru
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 6月21日
出身地 北海道・ふらの市
身長 176cm
体重 66kg
選手情報
在籍チーム コンサドーレ札幌
ポジション MF/DF
背番号 36
利き足
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

松山 光(まつやま ひかる)は、高橋陽一漫画キャプテン翼』に登場する架空のサッカー選手である。血液型はB型。Jリーグコンサドーレ札幌に所属。

人物[編集]

プロフィール[編集]

ポジションはMF兼DF。北海道・ふらの市出身。「北海の荒鷲(ワイルドイーグル)」の異名を持つド根性プレイヤー。目立った選手はいないがチームワークに優れるふらのイレブンを率いて大会では好成績を残した。大空翼日向小次郎らが不在時の全日本チームをリーダー的存在として率いる事が多く、翼自身にも「おれはきみこそがキャプテンに相応しいと思ってるんだ」と信頼されている。抜群のキープ力を持ち、一度ボールを持ったら相手に渡さない。「おれは翼や日向のような天性のサッカーの才能はない!だから練習するんだ!才能のないやつは努力するしかないんだ!!」と、常に努力し続けるのが彼の信条である。ポジションはふらの時代は攻撃的MFながら、全日本ではスイーパーボランチなどディフェンシブな役割を担う事が多い。

主な背番号は12。ふらの時代は10。名前の由来は、作者がファンである松山千春から。

経歴[編集]

ふらの小学校サッカー部(ふらのSC) - ふらの中学校サッカー部 - ふらの高校サッカー部 - コンサドーレ札幌

小学生編[編集]

ふらの小を牽引し、全国ベスト4にまで導いた。決勝トーナメント前夜、宿舎の食堂で余所見をしてた所日向小次郎に衝突後、殴り倒される[# 1]。準決勝でその日向を擁する明和FCと対決。試合終了間際、決まれば勝ち越しが決まるPKを獲得するも、突如現れたキーパー・若島津健に阻まれ、そのまま日向に勝ち越しゴールを許し敗北する。

中学生編[編集]

ふらの中を率いて全国大会に出場。それまでのFWの得点力不足を補うべく、努力の末に独自の「地を這うロングシュート」を編み出す。のちに自ら「日向がタイガーショットなら俺のはイーグルショットだな」と発言したことから「イーグルショット」と名付けられるが、それまでは「荒鷲シュート」「北国シュート」とも呼ばれていた。準決勝で大空翼率いる南葛中学と対決。このときは松山を含めチーム全員が頭に鉢巻を巻いていた。空中でもつれ地面に激突しそうになる翼を助けるなど、フェアプレーと不屈の精神で善戦するも、試合終了間際に放たれた翼のドライブシュートの前に敗北を喫する。敗れた直後マネージャー藤沢美子の気持ちを知り、空港まで追いかけ、ついに想いを受け取ることができた。数か月後に帰国した美子と共にふらの高校に進学。

ジュニアユース編[編集]

テストの段階ではMFを務めていたが、全日本のコーチとして参加した三杉淳の提案でDFにコンバートし、スイーパーとして守備に貢献。オーバーラップからのロングシュート、粘り強いボールキープなど攻守両面で活躍した。大会前の遠征試合の当初は翼の代表参加に反対していたが[# 2]、後に考えを改め翼の代表入りを認めた。しばらく日向の代わりにキャプテンを務めていたが、チームの雰囲気を作っているのは自分ではなく翼だと感じ、大会初日、その座を自ら翼に譲る。なお、フランスJr.ユース戦のPK戦では北海道の仲間への想いとして再び鉢巻を巻いていた。

ワールドユース編[編集]

リアル・ジャパン・7に敗北したことで主力選手が一時離脱を命じられた中、一人残っていた日向に対し、「お前のいないチームは俺が守る」と言って鉄拳制裁を加え説得した。偶然にも、【小学生編】とは逆の立場になった[# 3]。賀茂監督が課した地獄の猛特訓に耐え抜いていくにつれ、賀茂からもチームの要として認識されるようになった。R・J・7の立場にいち早く疑問を感じ、賀茂に「正体を教えてください」と申し入れ、彼らの目的がコーチであることを知った上でチームメンバーを叱咤激励した。大会では守備的MFであるボランチのポジションに付き守りの要となったが、ここぞという時には果敢に攻め込みイーグルショットでゴールを決める活躍も見せた。ワールドユース本戦では美子が交通事故による重傷を負い、看病のためスウェーデンユース戦のスタメンを自ら外れるアクシデントもあったが、美子が奇跡的に回復したこと、代わりに出場した赤井止也が奮闘しながらも負傷したこと等を受け、会場に駆けつけ途中出場。チームへの詫びの気持ちをこめて全力でゲームメイクをし、勝利に貢献した。

ROAD TO 2002[編集]

コンサドーレ札幌に入団。シュート力やディフェンス力にさらなる磨きをかけ、FC東京の三杉と激闘を繰り広げ、結果引き分けた。

GOLDEN23[編集]

大空翼や日向小次郎に続き海外に挑戦したいという野心を抱き、そのためにオリンピックで自分をアピールしたいと考えている様子。翼のいないチームの代表キャプテン。いつしか、岬太郎・三杉淳と共に3Mと呼ばれる。3人を生かした縦並びの布陣と横並びの布陣の2種類がある。

戦歴[編集]

  • 小学6年生
    • 全国少年サッカー選手権大会ベスト4
    • ヨーロッパ遠征でのヨーロッパ少年サッカー大会優勝(テレビ昭和版)
    • ヨーロッパ遠征での親善試合でヨーロッパ選抜チームに勝利(劇場版)
  • 中学1年生
    • 全国中学サッカー選手権大会出場
  • 中学2年生
    • 全国中学サッカー選手権大会出場
  • 中学3年生
    • 全国中学サッカー選手権大会ベスト4
    • ワールドカップジュニアユース選手権大会優勝
  • 高校1年生
    • インターハイ出場
    • 全国高校サッカー選手権大会出場
  • 高校2年生
    • インターハイ出場
    • 全国高校サッカー選手権大会出場
  • 高校3年生
    • インターハイ出場
    • 全国高校サッカー選手権大会ベスト8
  • 19歳
    • ワールドユース選手権大会優勝

得意技[編集]

原作に登場する技[編集]

イーグルショット
地面スレスレの低い弾道で飛ぶシュート。初出の中学生編では単に「ロングシュート」と呼ばれていた。ジュニアユース編当初は「北国シュート」「荒鷲ショット」と呼ばれていたが、日向のタイガーショットに対抗して自らが「イーグルシュート」と命名した。イタリア戦で初めて「イーグルショット」と呼ばれ、以降はほぼこの名称で固定される。三杉によると年々威力が増している。
なお、劇場版『危うし!全日本jr』では日向も同名の必殺シュートを使用しているが、松山のそれとは異なる独自のものである。
イーグルパス
イーグルショットでパスを行う技。ジュニアユース編・アルゼンチン戦ではそのパスを起点として翼と共に日向のタイガーダイビングヘッドに繋げ、ゴールをアシストした。
フェイントタックル
中学時代に使用したタックル。一発目のタックルで仕掛け、避けられると同時に反転して二発目のタックルを打ち込む。
鉄砲水タックル
激しい勢いで繰り出すタックル。FC東京戦で三杉に使用した。
ツインシュート
二人で同時に蹴ることで、ボールが不規則に揺れ動くシュート。ライジングサンのアルゼンチン戦で岬と共に放った。

劇場版に登場する技[編集]

トリプルコンビ
劇場版『ヨーロッパ大決戦』と『危うし!全日本jr』に登場。翼と岬のゴールデンコンビ、日向と沢田の明和コンビ、松山と小田のふらのコンビの6人でパス回しをするという技。『危うし!全日本jr』では岬の代わりを三杉が務めた。
名称は作中の実況によるフレーズより。

テクモ版[編集]

「III」以降はイングランドのプレミアリーグで活躍し「IV」では翼の所属するサンパウロと、「V」では岬が所属するパリと対決した。「V」では大会後にイタリアリーグへの移籍が決まっている。

全ての能力値に秀でたオールラウンドプレイヤーとなっている。「III」から必殺タックル「イーグルタックル」を覚えた。松山のみが使える特殊チームコマンドに「雪崩攻撃」があり、「みんな上がれ!雪崩攻撃だ!」のセリフと共に味方全員がゴール前までオーバーラップしてなだれ込み、敵陣への数的優位をつくりあげることができる。三杉のファストブレイクと似た作戦でもある。ただし、テクモ版「IV」まではオフサイドが無いため、雪崩攻撃をオフサイドトラップとして使う事は出来ない。また「メガCD版」ではチームコマンドではなく必殺ドリブルとして扱われる。

ほとんどの作品に頭に鉢巻を巻いておらず、実際に巻いているシーンは「V」の立ち絵のみ。髪色は「I」と「II」ではグレー、「メガCD版」では青緑色。

経歴[編集]

ふらの高校(II) - ヨークシャー(III) - マンチェスター(IV、V)

テクモ版での技[編集]

オーバーヘッドキック
「I」より使用可能。原作では一度も披露していない。
イーグルタックル
「III」より登場する必殺タックル。また、「メガCD版」でも使用可能。
ヒールリフト
「メガCD版」に登場するフェイント。

ゲームに登場する技[編集]

バンダイ版[編集]

ゴールデンイーグルショット
PS版「J」に登場。元々はカルロス・サンターナの技。

コナミ版[編集]

執念のキープ
原作通りのキープ力を再現したドリブル。
ブリザードショット
ふらの中が全国優勝を目指すオリジナルストーリーで披露したシュート。北国で鍛えた強力なシュート。全国大会決勝東邦学園中戦で決勝ゴールとなった。

KLab版[編集]

ロングイーグルショット
ロングシュートを応用したイーグルショット。

松山光プロジェクト[編集]

2014年1月19日、現実世界のコンサドーレ札幌が松山光の入団を発表した[1][2]。また松山光プロジェクトとして、1口1万円でプロジェクトパートナーを募集し、集めた支援金を育成費、強化費に使用しユース年代の強化にあてる[3]

これによりコンサドーレ札幌から正式に背番号「36」が与えられた[4]

担当声優[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ この時の「食堂での借り」は中学生編、ワールドユース編でも言及されることとなる程の二人の因縁のシーンとなる。
  2. ^ 代表選考合宿に参加していない翼が代表入りするのは合宿で代表落ちした石田らが浮かばれないという理由。また、平成版のアニメにおいて、「この先ベストメンバーで戦えるとは限らない」と計算したことから。
  3. ^ かつての出来事は日向に「食堂での借りを返されたな」と言われるまですっかり忘れていた。

出典[編集]