深井一希

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
深井 一希 Football pictogram.svg
名前
カタカナ フカイ カズキ
ラテン文字 FUKAI Kazuki
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1995-03-11) 1995年3月11日(24歳)
出身地 北海道札幌市
身長 177cm
体重 72kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 北海道コンサドーレ札幌
ポジション MF
背番号 8
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2013- コンサドーレ札幌 95 (2)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年12月1日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

深井 一希(ふかい かずき、1995年3月11日 - )は、北海道札幌市出身のサッカー選手。ポジションはMF

来歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学校1年生でサッカーを始め、地元コンサドーレ札幌ユースU-12に入団。札幌U-15昇格後は2008年にJFAエリートプログラムU-13トレーニングキャンプメンバーに選ばれるなど早くから頭角を現し、2009年には高円宮杯U-15選手権大会で準優勝を収める原動力となった。 2010年、U-16日本代表にコンスタントに招集されるようになるとAFC U-16選手権2010にも全試合に先発出場するなど世代別代表でも主力として活躍した。

2011年プレミアリーグイーストでは優勝に貢献。U-17日本代表にも選出され2011 FIFA U-17ワールドカップでは主力メンバーとしてベスト8入りに貢献した。また、U-18日本代表にも飛び級で招集され2011SBSカップ国際ユースサッカーAFC U-19選手権2012予選などに出場した。

2012年はプレミアリーグイーストで2位の成績を収め、第20回Jリーグユース選手権大会で優勝を果たしたが、自身は負傷の為多くの試合を欠場した。

コンサドーレ札幌[編集]

2012年11月18日中原彰吾永坂勇人堀米悠斗神田夢実阿波加俊太と共に2013年以降のトップチームへの昇格が発表された[1]2013年、前年で引退した芳賀博信から背番号18を引き継いだ。ユース時代の実績もあってボランチの主軸を担える選手として期待も大きく、前年からの負傷の影響で開幕戦の出場こそ逃したものの3月20日J2第4節松本戦で公式戦初先発初出場を果たす。以降は河合竜二上里一将宮澤裕樹、堀米悠斗とポジションを争いながらプロ1年目にして19試合に出場。9月にはAFC U-19選手権2014予選メンバーとしてU-18日本代表に選出された。11月15日の練習中に左膝前十字靭帯断裂の重傷を負い、全治8ヶ月と診断された。

2014年、復帰から僅か1ヶ月後に逆足の右膝前十字靭帯断裂の大怪我を負う。

2017年、自身初のJ1となった開幕からボランチの定位置を確保するが、第5節ヴァンフォーレ甲府戦の前半14分に負傷し負傷交代を余儀なくされ、左膝前十字靭帯断裂と半月板損傷の診断を下されてしまい、シーズンを棒に振る。

2018年、1月の沖縄キャンプで復帰すると ミハイロ・ペトロヴィッチ新監督の下、開幕からスタメンの座を掴み、一年を通して離脱することなくチーム最高のJ1リーグ4位に貢献した。

トップ昇格から5年半の間に三回も前十字靭帯断裂する大怪我を負うものの、何度も復活することから札幌サポーターからは不屈の男と呼ばれる[2]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2013 札幌 18 J2 19 0 - 0 0 19 0
2014 3 0 - 1 0 4 0
2015 15 0 - 1 0 16 0
2016 8 25 0 - 0 0 25 0
2017 J1 5 0 0 0 0 0 5 0
2018 28 2 0 0 0 0 28 2
2019
通算 日本 J1 33 2 0 0 0 0 33 2
日本 J2 62 0 - 2 0 64 0
総通算 95 2 0 0 2 0 97 2

タイトル[編集]

チーム[編集]

北海道コンサドーレ札幌

代表歴[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]