高木駿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
高木 駿 Football pictogram.svg
名前
カタカナ タカギ シュン
ラテン文字 TAKAGI Shun
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1989-05-22) 1989年5月22日(29歳)
出身地 神奈川県藤沢市[1][2] / 川崎市[3]
身長 181cm
体重 76kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 大分トリニータ
ポジション GK
背番号 1
利き足 左足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2012-2016 川崎フロンターレ 2 (0)
2014-2015 ジェフユナイテッド千葉(loan) 40 (0)
2017- 大分トリニータ 46 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年11月17日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

高木 駿(たかぎ しゅん、1989年5月22日 - )は、神奈川県藤沢市川崎市出身のプロサッカー選手Jリーグ大分トリニータ所属。登録ポジションはゴールキーパー

来歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学5年生次から東京ヴェルディの下部組織に入団。東京Vユース卒業後は明治大学に進学し、体育会サッカー部に入部(同期に宮阪政樹丸山祐市田中恵太など)。1年次のリーグ戦からレギュラーポジションをつかみ、2年次にはインカレ優勝を果たし最優秀ゴールキーパーに選出される。3年時には関東大学リーグ制覇、ベストイレブンにも2年連続で選出された。4年次の2011年には田中恵太と共に副主将を務めた[4]。また、全日本大学選抜にも安定して招集され、第26回ユニバーシアード競技大会では3試合に出場し優勝に貢献した。

プロ入り後[編集]

2012年、前年に練習参加を経験した[5]J1川崎フロンターレに入団[3]。プロ入り後、2年間は公式戦出場機会は無かった。

プロ3年目の2014年J2ジェフユナイテッド千葉期限付き移籍。同年8月20日の天皇杯3回戦・戦で公式戦初出場を果たすと、9月28日の東京V戦では先発でJリーグ初出場を記録した。その後は出場機会を確保し、リーグ戦初出場から4試合連続で無失点を記録するなど好調を維持。岡本昌弘からポジションを奪い、天皇杯準決勝とJ1昇格プレーオフ決勝でも先発フル出場を果たすが、共に山形に敗れ天皇杯決勝進出とJ1昇格を逃す形となった。翌2015年シーズンも期限付き移籍を継続し、第1ゴールキーパーとしてリーグ戦31試合に出場した。

2016年、川崎に復帰。9月25日の横浜F・マリノス戦(等々力陸上競技場)の後半開始早々に、先発出場していたGK新井章太が顔面を強打、脳震盪を起こしプレー続行が不可能となった[6]。これにより高木が交代出場しJ1初出場を記録した。翌節・神戸戦では先発出場も果たしたが、3失点で敗戦し、残りの公式戦は出場機会が無かった。シーズン終了前に、当時J3所属で翌シーズンJ2に昇格する大分トリニータからオファーが届いた[7]。川崎に残留したい気持ちもあったが、最終的には出場機会を求め移籍を決断した[7]

2017年、大分に完全移籍[8]。加入当初はGKを起点とするビルドアップスタイルへの戸惑いを見せながらも[7]、開幕節・福岡戦と第2節・東京V戦と2試合連続で先発出場を果たした。翌第3節・山口戦からは大学時代にユニバー代表の座を争った上福元直人がGKのスタメンとなり、以降第41節・徳島戦まで出場機会無く計4試合の出場に留まった。ただ、試合に出られなかった期間にピッチの外から試合を観て気付いた課題を練習で試す事をルーティンとして繰り返したことで「パスを受けて、どこを見て、どこが空いているのかが分かるようになった。初めは自分と近いポジションの選手しか見えなかったが、今では最前線の選手からサイドの選手まで見ることができるようになった」と語っている[9]

2018年、上福元の移籍もあり開幕から先発に定着し、リーグ戦全42試合にフルタイム出場。積極性が裏目に出て失点に絡んだシーンもあったが、好セーブにより数多くの試合でチームを勝利に導き、J1自動昇格に貢献した[10]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
シニア経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2009 明治大 1 - - - 0 0 0 0
2012 川崎 29 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
2013 0 0 0 0 0 0 0 0
2014 千葉 24 J2 9 0 - 4 0 13 0
2015 21 31 0 - 0 0 31 0
2016 川崎 29 J1 2 0 0 0 0 0 2 0
2017 大分 31 J2 4 0 - 0 0 4 0
2018 42 0 - 0 0 42 0
2019 1 J1
通算 日本 J1 2 0 0 0 0 0 2 0
日本 J2 86 0 - 4 0 90 0
日本 - - 0 0 0 0
総通算 88 0 0 0 4 0 92 0

その他の公式戦

出場記録

タイトル[編集]

クラブ[編集]

東京ヴェルディ1969ユース
明治大学体育会サッカー部

代表[編集]

ユニバーシアード日本代表

個人[編集]

  • 関東大学サッカーリーグ戦 ベストイレブン:2回(2010年、2011年
  • 全日本大学サッカー選手権大会 ベストGK:1回(2009年)

代表・選抜歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “川崎:明大GK高木の来季加入が内定”. 神奈川新聞. (2011年11月1日). http://www.kanaloco.jp/article/41855 2018年9月30日閲覧。 
  2. ^ 本人Facebookページプロフィール”. Facebook. 2018年9月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年9月30日閲覧。
  3. ^ a b 高木駿選手加入内定のお知らせ, , 川崎フロンターレ, (2011年10月31日), http://www.frontale.co.jp/info/2011/1031_9.html 2018年9月30日閲覧。 
  4. ^ 明治大の新シーズン主将は宮阪に決定!! ゲキサカ、2011年1月20日
  5. ^ GK高木駿(明治大)「明治の代表として誇りを背負ってきている」 ゲキサカ、2011年8月8日
  6. ^ 【THE REAL】川崎フロンターレを救った27歳の苦労人…GK高木駿がJ1初陣で花咲かせた努力の跡”. CYCLE (2016年9月30日). 2018年8月7日閲覧。
  7. ^ a b c J2大分GK高木駿 目標の西川周作が育ったチームで再起を誓う”. エンタメウイーク (2017年3月1日). 2018年8月7日閲覧。
  8. ^ 高木駿選手 川崎フロンターレより完全移籍加入のお知らせ 大分トリニータ公式サイト、2017年1月4日
  9. ^ 高木駿 攻めのGK、積み上げた自信は揺るがない(1ページ目)”. オー!エス!. テレビ大分大分合同新聞 (2018年11月10日). 2018年11月17日閲覧。
  10. ^ 高木駿 攻めのGK、積み上げた自信は揺るがない(2ページ目)”. オー!エス!. テレビ大分大分合同新聞 (2018年11月10日). 2018年11月17日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]