馬場賢治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
馬場 賢治 Football pictogram.svg
名前
愛称 漢(おとこ)・馬場賢治[1]
カタカナ ババ ケンジ
ラテン文字 BABA Kenji
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1985-07-07) 1985年7月7日(34歳)
出身地 神奈川県平塚市
身長 177cm
体重 70kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 FC岐阜
ポジション MF / FW
背番号 39
利き足 右足
ユース
1993-1997 ベルマーレ平塚ジュニア
1998-1999 ベルマーレ平塚ジュニアユース
2000 金旭中学校
2001-2003 桐光学園高校
2004-2007 近畿大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2008-2011 ヴィッセル神戸 30 (1)
2010 湘南ベルマーレ(loan) 16 (1)
2012-2014 湘南ベルマーレ 35 (10)
2014 水戸ホーリーホック(loan) 30 (7)
2015 水戸ホーリーホック 40 (9)
2016-2017 カマタマーレ讃岐 81 (10)
2018- 大分トリニータ 33 (12)
2019- FC岐阜 (loan)
1. 国内リーグ戦に限る。2019年7月18日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

馬場 賢治(ばば けんじ、1985年7月7日 - )は、神奈川県平塚市出身のプロサッカー選手JリーグFC岐阜所属。登録ポジションはミッドフィールダー。マネジメント会社はアスリートプラス[2]

来歴[編集]

プロ入り前[編集]

ジュニア、ジュニアユースとベルマーレ平塚(現:湘南ベルマーレ)の下部組織に所属したが、中学3年次に平塚市立金旭中学校サッカー部に籍を移す[3]。高校・大学時代は主にボランチ又はプレイメーカーを任され[3]桐光学園高時代の3年次には背番号10を背負った[3]近畿大学では4年時の春季関西学生リーグで得点王を獲得[3]。卒業後はヴィッセル神戸大分トリニータ等からオファーを受けた中[4]、神戸への入団を選択。

プロ入り後[編集]

ルーキーシーズンの2008年は、前線からプレスを掛ける汗かき役としてフォワードでプレーをすることになると、同ポジションの栗原圭介吉田孝行のプレースタイルを見て学ぶことで[5]出場機会を得ていった。同年はリーグ戦16試合に出場、神戸に加入した大卒選手では史上3人目となるA契約移行選手となった。翌2009年にはプロ初得点もマークしたが、大久保嘉人ボッティ金南一らの存在もありレギュラーポジションを確保することはできなかった[3]

2010年、ジュニア・ジュニアユース時代に在籍し、馬場が特別なチームと公言する[6]湘南ベルマーレ期限付き移籍2011年は神戸に復帰したが、2節のジュビロ磐田戦に途中出場した以外は出番を得られず、シーズン後に戦力外通告を受けた。翌2012年、前年の神戸退団決定後、真っ先にオファーを受けた湘南[6]に完全移籍で2年振りに復帰。序盤戦はボランチを務めていたが、その後は3トップの一角を務め[6]チーム最多となる9得点をマーク。チームのJ1復帰に貢献した。2013年はリーグ戦7試合の出場にとどまった。

「全く知らない所で再びチャレンジしたい」という思いから[7]2014年水戸ホーリーホックへ期限付き移籍[8]。翌15年に完全移籍に移行した[9]。同年は自己最多タイのリーグ戦9得点をマークした。

2016年、高校の先輩である中島健太がスタッフを務めるカマタマーレ讃岐に完全移籍[10]。同年はリーグ戦全試合出場を果たすなど、翌2017年までの2年間でリーグ戦81試合に出場した。

讃岐より来季の更新オファーも受けていたが、もう1度J1を目指す気持ちが高まった中で、早くJ1を目指せる可能性のあるクラブと判断した[4]大分トリニータ2018年より完全移籍[11]。過去に大分からは前述した大学時代に加え、神戸時代にも獲得オファーを受けていたという[4]4月28日、J2第11節・FC町田ゼルビア戦にてプロ入り後初のハットトリックを達成[1]。シーズン途中の8月17日からは、シーズン開幕時からキャプテンを務めていた竹内彬が讃岐に期限付き移籍したことに伴い[12]、後任のキャプテンを務めた[13]。シーズントータルで12得点とプロ入り後初の2ケタ得点を達成。藤本憲明と並びチーム得点王となる活躍で大分のJ1昇格に貢献した。

2019年にはキャプテンの座を鈴木義宜に譲りつつも副キャプテンを務めたが、新加入のオナイウ阿道らの台頭などもあって出場機会を失い、7月18日に讃岐時代の恩師である北野誠が監督に就任したFC岐阜に期限付き移籍することが発表された[14]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2008 神戸 22 J1 16 0 4 1 0 0 20 1
2009 13 1 5 0 1 0 19 1
2010 湘南 17 16 1 3 0 1 0 20 1
2011 神戸 22 1 0 0 0 1 0 2 0
2012 湘南 17 J2 28 9 - 1 0 29 9
2013 J1 7 1 3 0 0 0 10 1
2014 水戸 32 J2 30 7 - 1 0 31 7
2015 39 40 9 - 3 0 43 9
2016 讃岐 11 42 5 - 1 0 43 5
2017 39 5 - 0 0 39 5
2018 大分 38 31 12 - 0 0 31 12
2019 11 J1 2 0 3 0 0 0 5 0
岐阜 39 J2 - -
通算 日本 J1 55 3 18 1 3 0 76 4
日本 J2 210 47 - 6 0 216 47
総通算 265 50 18 1 9 0 292 51

タイトル[編集]

  • 関西学生サッカーリーグ 優秀選手賞(2006年、2007年)[15][16]
  • 関西学生サッカーリーグ 年間最優秀選手賞(2007年)[16]
  • 関西学生サッカーリーグ アシスト王(2006年)[15]
  • 関西学生サッカー春季リーグ 得点王(2007年)[17]

代表・選抜歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 漢・馬場賢治が初ハット!! “雪辱戦”の首位大分、9人町田に辛勝…指揮官「こんなの首位のチームじゃない」”. ゲキサカ (2018年4月28日). 2018年4月28日閲覧。
  2. ^ 契約アスリート・指導者”. 株式会社アスリートプラス. 2018年9月13日閲覧。
  3. ^ a b c d e 好調、湘南を牽引する平塚の男・馬場賢治〔1/2〕livedoor news、2012年5月7日
  4. ^ a b c 感謝の想いと全てをかける決意 馬場賢治公式ブログ、2017年12月22日
  5. ^ 好調、湘南を牽引する平塚の男・馬場賢治〔2/2〕livedoor news、2012年5月7日
  6. ^ a b c 馬場賢治選手の声湘南ベルマーレ、2012年8月25日
  7. ^ 感謝の気持ち。馬場賢治選手が水戸へ期限付き移籍。湘南ベルマーレ、2014年1月12日
  8. ^ 馬場 賢治選手 湘南ベルマーレより期限付き移籍加入のお知らせ”. 水戸ホーリーホック (2014年1月10日). 2014年1月20日閲覧。
  9. ^ 馬場 賢治選手 湘南ベルマーレより完全移籍加入のお知らせ”. 水戸ホーリーホック (2014年12月15日). 2015年8月22日閲覧。
  10. ^ 馬場 賢治選手 水戸ホーリーホックより完全移籍加入のお知らせ”. カマタマーレ讃岐 (2015年12月25日). 2015年12月27日閲覧。
  11. ^ 馬場 賢治選手 カマタマーレ讃岐より完全移籍加入のお知らせ”. 大分トリニータ (2017年12月22日). 2017年12月22日閲覧。
  12. ^ “【新加入】竹内彬選手 大分トリニータより期限付き移籍加入のお知らせ” (プレスリリース), カマタマーレ讃岐, (2018年8月15日), https://www.kamatamare.jp/news/?id=137&item=TEAM 2018年8月17日閲覧。 
  13. ^ “2018シーズン 新キャプテン決定のお知らせ” (プレスリリース), 大分トリニータ, (2018年8月17日), https://www.oita-trinita.co.jp/news/20180845681/ 2018年8月17日閲覧。 
  14. ^ 昨季大分J1昇格の立役者、馬場賢治がJ2最下位の岐阜に期限付き移籍「笑ってシーズンを終えれるように」”. ゲキサカ (2019年7月18日). 2019年7月18日閲覧。
  15. ^ a b 2006年度 関西学生サッカーリーグ 表彰一覧(1部) - 関西学生サッカー連盟
  16. ^ a b 2007年度 関西学生サッカーリーグ 表彰一覧(1部) - 関西学生サッカー連盟
  17. ^ 2007年度 第17回 関西学生サッカー春季リーグ 表彰一覧(1部) - 関西学生サッカー連盟]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]