山岸智

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山岸 智 Football pictogram.svg
名前
愛称 ヤマ
カタカナ ヤマギシ サトル
ラテン文字 YAMAGISHI Satoru
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1983-05-03) 1983年5月3日(34歳)
出身地 千葉県千葉市
身長 181cm
体重 80kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 大分トリニータ
ポジション MF
背番号 16
利き足 右足
ユース
海浜イレブン (稲毛第二小)
1996-1998 ジェフユナイテッド市原jr.ユース (稲毛中)
1999-2001 ジェフユナイテッド市原ユース (浦安高)
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2002-2007 ジェフ市原 / ジェフ千葉 130 (20)
2008-2009 川崎フロンターレ 45 (0)
2010-2015 サンフレッチェ広島 115 (9)
2016- 大分トリニータ 18 (0)
代表歴2
2003  日本 U-20
2006-2008 日本の旗 日本 11 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年12月15日現在。
2. 2008年3月26日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

山岸 智(やまぎし さとる、1983年5月3日 - )は、日本プロサッカー選手ポジションミッドフィールダーJリーグ大分トリニータ所属。千葉県千葉市出身。東京学館浦安高等学校卒業。元日本代表。

人物[編集]

左右やサイドバック・ウイングバックの差を問わず、アウトサイドならばどこでもこなせる選手[1][2]。過去にはセンターフォワードやトップ下も経験している[2]。運動量が豊富で、オフ・ザ・ボールの動きからゴール前に飛び込むプレーが持ち味[3][4]

来歴[編集]

ジェフユナイテッド市原ジュニアユース及びユース出身。ジュニアユース時代はセンターフォワード、ユース時代はフォワードの他、ボランチやウイングなど複数のポジションを経験した[2]。中学3年次にクラブユース選手権優勝、高校3年次2001年のJユースカップで大会得点王に輝く。[4]

2002年、トップチームに昇格。2003年、イビチャ・オシムによって評価され[4]、同シーズンの開幕戦・対東京ヴェルディ1969戦で、右ウイングの位置でプロ初先発出場。その後は坂本將貴と右サイドのスタメンを争う存在となった。2005年、左サイドを務めていた村井慎二の移籍に伴い、左サイドとしても出場機会を増やしていく。

2006年、先発メンバーに定着。リーグ戦は全試合に出場。自己最多の6得点を挙げ、ナビスコカップにおいても5試合出場で4得点とゴールを量産、カップ戦連覇に大きく貢献した。リーグ戦ではイエローカードを1枚も貰わなかったことから、フェアプレー個人賞を受賞した。10月に日本代表監督に就任したオシムによってA代表に初めて選出され[5]、2006年10月4日のガーナ戦で代表初出場を飾った。2007年、アジアカップに出場。2007年末、川崎フロンターレからオファーが届き、千葉からは残留要請されるも、千葉フロントに対する不信感から移籍を決意する[6]

2008年より、川崎フロンターレへ完全移籍。移籍金2億5千万円(推定)[6]。サイドバックとして起用される[7] も機能せず[8]、リーグ29試合に出場しながらも先発から外れることが増えた。2009年、サイドアタッカーへのコンバートを志願するも[4]、この時既にサイドのスタメンにはレナチーニョがおり、さらにはルーキーの登里享平の台頭もあってわずか16試合の出場に留まり[9]、無得点に終わった。また、この頃オシムが日本代表監督を退任し、自身も代表から遠ざかった。

2010年、出場機会を求めてサンフレッチェ広島へ期限付き移籍[7]。広島では負傷欠場の時期を除いてレギュラーに定着し、3年ぶりの得点も記録。2011年より完全移籍を果たした[10]。2012年、レギュラーで試合に出ていたものの、5月から体調不良により欠場し、7月に右下肢血流障害と診断され離脱した[11]。以降、清水航平朴亨鎮柏好文らと左サイドのレギュラーを争いターンオーバーで起用されたものの、広島時代晩年は怪我が続き出場機会が激減した[12]。2015年には千葉時代から続く、リーグ戦でゴールした試合29戦連続負けなし(21勝8分)の記録を作っている[13]。2015年末に契約満了[12]

2016年、大分トリニータに完全移籍。このシーズンから大分監督に就任した片野坂知宏は広島コーチ時代に山岸を見ており、その片野坂からのオファーにより大分移籍を決断した[14]。プロ15年目にして初めてJ1以外のディビジョンのクラブに所属する事となった。同年大分のキャプテンに就任。

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
2002 市原/千葉 26 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
2003 20 2 3 0 0 0 23 2
2004 16 12 4 3 0 0 0 15 4
2005 30 2 7 0 1 0 38 2
2006 34 6 10 5 1 0 45 11
2007 34 6 5 1 1 0 40 7
2008 川崎 8 29 0 3 0 0 0 32 0
2009 16 0 2 0 0 0 18 0
2010 広島 16 24 3 2 2 1 0 27 5
2011 30 1 1 0 2 0 33 1
2012 16 2 0 0 0 0 16 2
2013 26 0 1 0 1 0 28 0
2014 15 2 4 0 1 0 20 2
2015 4 1 0 0 3 0 7 1
2016 大分 J3 18 0 - 1 0 19 0
2017 J2 26 0 - 1 0 27 0
通算 日本 J1 290 29 41 8 12 0 342 37
日本 J2 26 0 - 1 0 27 0
日本 J3 18 0 - 1 0 19 0
総通算 334 29 41 8 14 0 388 37

その他の公式戦

国際大会個人成績 FIFA
年度 クラブ 背番号 出場 得点 出場 得点
AFC ACL クラブW杯
2009 川崎 8 4 0 -
2010 広島 16 6 0 -
2012 - 3 1
2013 4 0 -
2014 5 1 -
2015 - 0 0
通算 AFC 19 1 3 1
その他の国際公式戦

タイトル[編集]

クラブ[編集]

ジェフユナイテッド千葉
サンフレッチェ広島
大分トリニータ

個人[編集]

  • Jユースカップ得点王:1回(2001年)
  • Jリーグ フェアプレー個人賞:1回(2006年)

代表歴[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ: 11試合 0得点 (2006 - )


日本代表 国際Aマッチ
出場 得点
2006 3 0
2007 5 0
2008 3 0
通算 11 0

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 元日本代表の川崎・山岸獲得へ 両サイドこなすMF”. 中国新聞 (2009年12月3日). 2010年1月1日閲覧。
  2. ^ a b c 山岸選手のインタビュー”. J's GOAL. 2010年1月1日閲覧。
  3. ^ AFCアジアカップ2007 グループリーグ 日本-ベトナム”. ストライカーDX (2007年7月18日). 2010年1月1日閲覧。
  4. ^ a b c d 途切れない向上心 山岸智”. サンフレッチェ広島公式. 2011年1月6日閲覧。
  5. ^ 播戸、山岸智らを初選出 サッカー日本代表”. 47NEWS (2006-10 -01). 2010年1月1日閲覧。
  6. ^ a b 千葉に不信感…山岸 川崎F決定的”. スポーツニッポン (2008-01 -05). 2008年2月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年1月8日閲覧。
  7. ^ a b MF山岸がJ1広島へ、1年間の期限付き移籍”. 神奈川新聞社 (2009-12 -06). 2011年6月9日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年1月1日閲覧。
  8. ^ 【後藤健生コラム】前半の問題点を見事に修正”. J SPORTS (2009年4月6日). 2010年1月1日閲覧。
  9. ^ 2010サンフレ新戦力 MF山岸智”. 中国新聞 (2010年1月26日). 2010年1月26日閲覧。
  10. ^ 山岸が完全移籍 必要不可欠な戦力”. 中国新聞 (2010-12 -12). 2011年1月18日閲覧。
  11. ^ 元日本代表山岸が血流障害=J1広島”. 時事通信 (2012年7月2日). 2012年7月6日閲覧。
  12. ^ a b 退団のサンフレ山岸が涙「うれしかった」”. デイリースポーツ (2015年12月24日). 2016年1月15日閲覧。
  13. ^ 出場1分弾、広島山岸は不敗神話を持つ男”. ニッカンスポーツ (2015年10月20日). 2016年1月15日閲覧。
  14. ^ 【今日の○○】今日の山岸智。心を突き動かしたのは「片野坂監督のために」”. タグマ (2016年1月29日). 2016年1月30日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]