伊野波雅彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
伊野波 雅彦 Football pictogram.svg
名前
愛称 イノ[1]
カタカナ イノハ マサヒコ
ラテン文字 INOHA Masahiko
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1985年8月28日(30歳)
出身地 宮崎県宮崎市
身長 179cm
体重 73kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 ヴィッセル神戸
ポジション DF[2] / MF[3]
背番号 39
利き足 右足[3][4]
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2006-2007 日本の旗 FC東京 48 (1)
2008-2011 日本の旗 鹿島アントラーズ 89 (2)
2011-2012 クロアチアの旗 ハイドゥク・スプリト 15 (1)
2012 日本の旗 ヴィッセル神戸 29 (0)
2013-2015 日本の旗 ジュビロ磐田 82 (3)
2016- 日本の旗 ヴィッセル神戸
代表歴2
2005  日本 U-20
2006-2008  日本 U-21/22/23
2011-2014[5] 日本の旗 日本 21 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年2月9日現在。
2. 2014年5月27日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

伊野波 雅彦(いのは まさひこ、1985年8月28日 - )は、宮崎県出身のプロサッカー選手。ポジションはディフェンダーCBSB)、ミッドフィールダーボランチ)。Jリーグヴィッセル神戸所属。元日本代表。

来歴[編集]

プロ入り以前[編集]

実家は豆腐屋[6][4]。幼少時は水泳や器械体操を習っていたが[7][8] 9歳の時に全てを辞め[8]、サッカーを始める[1][7]。生目台中学では同期の上田常幸と共に宮崎県選抜に選ばれていた[8]。この頃、同郷の増田誓志を伴いブラジルリオデジャネイロに2度の短期留学を経験[7][9]。また、当時から鹿島アントラーズのファンで、鹿島ユース入りを図って直談判を申し出たが、遠方のクラブに入る負担などを理由に断られた。スカウト担当の平野勝哉は当時の伊野波について「まだ小柄でどんなタイプの選手かも分からなかった」と述懐している[10]、鹿島がキャンプで伊野波の地元である宮崎を訪れた際には練習を見学に行き、小笠原満男と一緒に写真を撮っている。

2001年鹿児島実業高等学校に進学。高校卒業後のJリーグ入りを目指して数チームに練習参加するが叶わず[8][9]2004年阪南大学に進学。1年生の時にユニバーシアード候補に選出されて名を上げると、負傷した吉弘充志の代役として[11]大熊清率いるU-20日本代表に抜擢され[8]2005年のワールドユースにも参加。しかし、本大会では出場機会を得られず、この悔しさと[9][12]、元々大学で4年間を過ごすつもりも無かったことから[8]大学を休学してのプロ入りを決断[13]

FC東京[編集]

J1の6クラブからオファーを受け[1]、特に鹿島では既にプロ入りしていた増田からも誘いを受けていたが、増田との対戦を希望し[9]、2006年1月にFC東京への加入が発表された[14]ガーロ監督は開幕戦から新人の伊野波をスタメンに抜擢しボランチで起用。相手キーマンへのマンマークを担った[12][1]。その後も故障者の多かった守備陣の穴を埋める形で、SBやボランチ、CBと複数のポジションで出番を与えられた[3][1]。第19節アビスパ福岡戦ではヘディングでプロ初得点を決めた[15]

2007年はポジションをSBに絞って臨むことを宣言していたが[16]、4月に出場機会を失うと[17] ボランチへの転向を志願[18]。しかし、シーズン中盤以降今野泰幸がボランチに復帰[19] してからは再び控えに戻った[20]

鹿島アントラーズ[編集]

2008年鹿島アントラーズに完全移籍[21][22]。同年開催の北京オリンピック代表メンバー入りに向け、シーズン通してレギュラーでプレーすることを目標としていたが[23]、序盤はバックアッパーに甘んじ、オリンピック出場を逃した。シーズン終盤にかけてCBの定位置を奪取。リーグ優勝に貢献し、プロ入り後初のタイトルを獲得した。

2010年序盤はDF李正秀の加入により出場機会が激減するも[注 1]、同年7月に李が退団して以降はレギュラーに復帰した。

2011年はリーグ戦とACLが併行していた序盤こそ先発出場を続けていたが[25][26]、ACL敗退後は中田浩二がCBに配されたことで[26] 出場機会を減らし[25]、「日本代表で結果を残すため」シーズン途中で退団した[27]

ハイドゥク・スプリト[編集]

2011年7月、クロアチア1部プルヴァHNLハイドゥク・スプリトへ完全移籍[27][28]。クロアチアを足掛かりに上位リーグへの移籍を目指していたが[29]、給与未払いを理由に2012年1月に退団した[30]

ヴィッセル神戸[編集]

2012年2月、ヴィッセル神戸へ完全移籍[31]。序盤は主にボランチで起用され、自身もこのポジションでのプレーを切望していたが[32]、シーズン途中に就任した西野朗監督は、伊野波の守備力こそ評価したものの、前線の選手への配球力に欠けており[33] ボランチとしての適性には疑問があると判断し[34] ポジションをCBへ移した。

神戸を常勝クラブに変えたいと意気込んでいたものの[32]J2降格を喫し、残留を望まない選手は引き留めないというクラブ方針もあって[35]、1年限りで退団。

ジュビロ磐田[編集]

2013年、ジュビロ磐田へ完全移籍[36][2]。開幕から3バックの一角を務めた[37] が、チームのサッカーに順応できず、代表活動の負担も重なりチームはJ1第31節サガン鳥栖戦の敗北より降格。神戸在籍時に続く2年連続のJ2降格となってしまった。2014年はディフェンスリーダーとして奮戦するも[4]、調子の波が大きく安定を欠き[38] J1復帰を逃した。

2015年シーズンは途中ケガがあったものの[39]、ジュビロの守備の要として32試合に出場[40]。J1昇格が懸かったJ2最終節大分トリニータ戦(11月23日)では、シーズン初ゴールとなる先制ゴールを決めて、11月12日に亡くなった名波浩監督の父を思いユニホームの袖下から喪章を外し、スタンドへ掲げた[41]。そのゴールもあり、ジュビロのJ1復帰に貢献。しかし、条件面が折り合わず2015年シーズンで磐田を退団[42]になったと報道されたが、シーズン終了後に磐田側から戦力外通告を受けたと神戸入団時にコメント[43]。11月27日には、自身のフェイスブックで「このたびジュビロ磐田より、契約満了の通知を受け退団することとなりました(中略)やっと馴染んできたサックスブルーのユニフォームを着て、来季はプレーすることはできませんが、これからは陰ながら皆さんと一緒に、ジュビロ磐田を応援していきたいと思っております」とコメントを発表した[44]

ヴィッセル神戸復帰[編集]

2016年2月9日、ヴィッセル神戸へ4年ぶりに復帰する事が発表された[45]。タイ[46]など海外の国内外チームと交渉した事や引退する事も考えたが、2012年にJ2降格したタイミングで神戸から移籍し、神戸では何も成し遂げられなかった、神戸でやり残した事があるという所が移籍の理由となった[47]

日本代表[編集]

2006年8月31日イビチャ・オシム監督の選考するAFCアジアカップ2007予選大会の日本代表メンバーに選出された[48](試合出場なし)。2007年のアジアカップにも直前で播戸竜二が負傷離脱したため[49] A代表に緊急招集された[50]。また、U-22代表では北京五輪アジア二次予選までキャプテンを務め[注 2]、3バックの中央でDFラインを統率した[1][9]

2010年、アルベルト・ザッケローニ監督の初采配となるアルゼンチンとのキリンチャレンジカップおよび韓国との国際親善試合の日本代表メンバーに選出。 2011年のアジアカップサウジアラビア戦に後半から内田篤人と交代で日本代表初出場を果たし、直後に前田遼一へのアシストを決めた。内田の出場停止により初の先発出場となった準々決勝のカタール戦ではオフサイドをかけ損なって失点につなげるなど[52] 終始低調なパフォーマンスだったが終盤に値千金の決勝点を決めた。

2014年5月12日、2014 FIFAワールドカップ日本代表メンバーに選出された。所属するジュビロ磐田は2013年にJ2に降格しているため、J2クラブ所属でワールドカップ日本代表に選出された史上3人目の選手となった[注 3]。しかし、本大会での出場機会はなくチームもグループリーグで敗退した。

人物・エピソード[編集]

  • 季節に関係なく1日2個は必ず食べるというほどアイスクリームが大好物である[12][7]
  • 2008年開幕前に入籍。相手は2歳上で阪南大学時代の友人の紹介で出会った。
  • 2009年より森永製菓ウイダーサポート選手に選出された。

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 ルヴァン杯 天皇杯 期間通算
2006 FC東京 19 J1 28 1 5 0 2 0 35 1
2007 20 0 4 0 0 0 24 0
2008 鹿島 23 0 1 0 2 0 26 0
2009 30 1 2 0 4 0 36 1
2010 26 0 2 0 5 0 33 0
2011 10 1 - - 10 1
クロアチア リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
2011-12 ハイドゥク 19 1.HNL 15 1 3 0 - 18 1
日本 リーグ戦 ルヴァン杯 天皇杯 期間通算
2012 神戸 19 J1 29 0 1 0 0 0 30 0
2013 磐田 25 1 4 0 0 0 29 1
2014 J2 25 1 - 1 0 26 1
2015 32 1 - 0 0 32 1
2016 神戸 39 J1
通算 日本 J1 191 4 19 0 13 0 223 4
日本 J2 57 2 - 1 0 58 2
クロアチア 1.HNL 15 1 3 0 - 18 1
総通算 263 7 22 0 14 0 299 7

その他の公式戦

国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFC ACL
2008 鹿島 19 2 0
2009 6 0
2010 5 0
2011 3 0
通算 AFC 16 0

その他の国際公式戦

獲得タイトル[編集]

代表歴[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 21試合 1得点 (2011年 - 2014年)[5]


日本代表 国際Aマッチ
出場 得点
2011 9 1
2012 7 0
2013 4 0
2014 1 0
通算 21 1

ゴール[編集]

# 開催年月日 開催地 対戦国 勝敗 試合概要
1. 2011年1月21日 カタールドーハ カタールの旗 カタール ○3-2 AFCアジアカップ2011

脚注[編集]

[ヘルプ]
注釈
  1. ^ オリヴェイラ監督は、2010年J1第4節 対モンテディオ山形戦において「(伊野波との)格の違い」により李を先発に選んだとコメントしている[24]
  2. ^ 同最終予選以降は水本裕貴がキャプテンを務めた。水本は最終予選終了後「伊野波が色々な形で支えてくれたことが大きかった。」と語っている[51]
  3. ^ 2002年大会にセレッソ大阪から選出された西澤明訓森島寛晃以来。日本以外も含めると、2006年大会サガン鳥栖から選出された韓国代表尹晶煥もいるため4人目。
出典
  1. ^ a b c d e f 『FC東京ファンブック 2007』 毎日新聞社2007年、24頁。
  2. ^ a b 伊野波雅彦選手ヴィッセル神戸より完全移籍加入”. ジュビロ磐田 (2013年1月9日). 2013年1月9日閲覧。
  3. ^ a b c 選手データベース 伊野波雅彦 - ウェイバックマシン(2009年12月14日アーカイブ分) WEBサッカーマガジン (2008年2月21日)
  4. ^ a b c 『ELGOLAZO Jリーグプレーヤーズガイド2015』 スクワッド、2015年、167頁。
  5. ^ a b “伊野波 雅彦”. サッカー日本代表データベース. http://www.japannationalfootballteam.com/players_a/masahiko_inoha.html 
  6. ^ 鹿島伊野波の実家が連日豆腐差し入れ - 日刊スポーツ (2011年2月18日)
  7. ^ a b c d 「SWITCH」- 伊野波雅彦(FC東京)「二十歳の決意」 - ウェイバックマシン(2006年6月25日アーカイブ分) WEBサッカーマガジン (2006年5月2日)
  8. ^ a b c d e f g h PLAYER'S HISTORY FILE022 - ウェイバックマシン(2010年6月26日アーカイブ分) Jリーグ選手協会 (2007年8月3日)
  9. ^ a b c d e f g 宮崎市出身U-22日本代表 増田(鹿島)伊野波(FC東京) - ウェイバックマシン(2008年5月22日アーカイブ分) 宮崎日日新聞 (2007年2月25日)
  10. ^ 平野勝哉 『サッカースカウトマン』 出版芸術社、2012年、172-173頁。ISBN 9784882934288
  11. ^ 《ワールドユース2005》レポート メンバー決定! 伊野波、梶山がメンバー入り! (cache) J's GOAL (2005年5月29日)
  12. ^ a b c Tokyo Mania Vol.17 182ch (2006年7月11日)
  13. ^ 伊野波 電撃入団 - ウェイバックマシン(2006年3月3日アーカイブ分) 東京中日スポーツ (2006年1月11日)
  14. ^ a b c d 伊野波雅彦選手(阪南大学)来季新加入のお知らせ - ウェイバックマシン(2006年9月1日アーカイブ分) FC東京 (2006年1月10日)
  15. ^ 【J1:第19節 F東京 vs 福岡 レポート】 J's GOAL (2006年8月24日)
  16. ^ 伊野波 今季はサイドバックで勝負 反町監督“御前試合”攻守で存在感 東京中日スポーツ (2007年2月6日)
  17. ^ 選手出場記録 Jリーグ (2007年12月1日)
  18. ^ 梶山だ!伊野波だ!平山だ! 五輪トリオで危機脱出 - ウェイバックマシン(2007年5月14日アーカイブ分) 東京中日スポーツ (2007年5月9日)
  19. ^ 【J1:第23節 広島 vs F東京 レポート】 (cache) J's GOAL (2007年8月30日)
  20. ^ 伊野波が鹿島に完全移籍 - ウェイバックマシン(2008年1月12日アーカイブ分) 東京中日スポーツ (2008年1月11日)
  21. ^ 伊野波雅彦選手 鹿島アントラーズへ完全移籍決定のお知らせ - ウェイバックマシン(2008年1月16日アーカイブ分) FC東京 (2008年1月15日)
  22. ^ 伊野波雅彦選手が完全移籍で加入 鹿島アントラーズ (2008年1月15日)
  23. ^ 鹿島が伊野波獲り - ウェイバックマシン(2007年12月3日アーカイブ分) 東京中日スポーツ (2007年12月2日)
  24. ^ 【J1:第4節 鹿島 vs 山形】オズワルドオリヴェイラ監督(鹿島)記者会見コメント (cache) J's GOAL (2010年3月27日)
  25. ^ a b 選手出場記録 Jリーグ (2011年12月3日)
  26. ^ a b 【AFCチャンピオンズリーグ2011 ソウル vs 鹿島】プレビュー (cache) J's GOAL (2011年5月25日)
  27. ^ a b 伊野波 雅彦選手の移籍に基本合意 鹿島アントラーズ (2011年7月5日)
  28. ^ 伊野波がクロアチア移籍で会見 「早く次のレベルに」”. 共同通信 (2011年7月7日). 2011年7月15日閲覧。
  29. ^ -伊野波の挑戦-クロアチアから目指せ、ブラジルW杯!-by-伊野波雅彦 ゲキサカ (2011年8月23日)
  30. ^ 代理人が伊野波のハイデュク退団を主張 goal.com (2012年1月20日)
  31. ^ 元クロアチア ハイデュク・スプリト DF伊野波雅彦選手 移籍加入決定 ヴィッセル神戸 (2012年2月2日)
  32. ^ a b 【ニューカマー・レコメンド】トップレベルの“物差し”を残したサムライ:伊野波雅彦 (神戸→磐田) (cache) J's GOAL (2013年2月6日)
  33. ^ 【J1:第13節 神戸 vs 鹿島】西野朗監督(神戸)記者会見コメント (cache) J's GOAL (2012年5月26日)
  34. ^ 西野監督 ボランチ探しに奮闘…新戦力の発掘なるか スポーツニッポン (2012年5月28日)
  35. ^ 降格に責任感じない選手は不要 安達監督「去就は自分で決めてくれ」…神戸 - ウェイバックマシン(2012年12月6日アーカイブ分) スポーツ報知 (2012年12月3日)
  36. ^ DF伊野波雅彦選手 ジュビロ磐田へ完全移籍のお知らせ ヴィッセル神戸 (2013年1月9日)
  37. ^ 磐田“開幕男”伊野波「結果にこだわる」 日刊スポーツ (2013年3月2日)
  38. ^ 月刊J2マガジン 2015年1月号』 ベースボール・マガジン社2014年、55頁。
  39. ^ 磐田DF伊野波、左長母趾屈筋損傷で離脱…復帰まで約4週間の見込み 日刊スポーツ 2015年8月18日
  40. ^ 磐田退団伊野波「たくさんの思い出。陰ながら応援」 日刊スポーツ 2015年11月27日
  41. ^ 磐田伊野波、12日死去の名波監督父に捧げる先制弾 日刊スポーツ 2015年11月24日
  42. ^ 【磐田】伊野波、契約更新せず J1昇格も条件面折り合わず スポーツ報知 2015年11月26日
  43. ^ 伊野波雅彦選手 2016シーズン加入のお知らせ Js GOAL 2016年2月9日
  44. ^ 伊野波、無念さにじませ磐田退団をFBで発表 日刊スポーツ 2015年11月28日
  45. ^ DF伊野波雅彦選手 加入決定のお知らせ ヴィッセル神戸 2016年2月9日
  46. ^ 【磐田】伊野波と契約満了を発表!移籍先はタイ!? スポーツ報知 2015年11月30日
  47. ^ 「サッカーを辞めることも考えた」…DF伊野波、神戸に4年ぶり復帰 サッカーキング 2016年2月9日
  48. ^ 日本代表メンバーに伊野波雅彦選手選出のお知らせ - ウェイバックマシン(2007年1月12日アーカイブ分) FC東京 (2006年8月31日)
  49. ^ 播戸離脱で伊野波招集 ゲキサカ (2007年7月4日)
  50. ^ AFCアジアカップ2007 日本代表 メンバーに 伊野波雅彦選手追加招集のお知らせ - ウェイバックマシン(2007年7月6日アーカイブ分) FC東京 (2007年7月4日)
  51. ^ 【北京五輪出場決定! U-22日本代表 vs U-22サウジアラビア代表】試合終了後の水本裕貴選手(千葉)コメント (cache) J's GOAL (2007年11月21日)
  52. ^ 勇気がもたらした逆転劇 日々是亜洲杯2011 宇都宮徹壱 スポーツナビ (2011年1月22日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]