秋元陽太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
秋元 陽太 Football pictogram.svg
名前
愛称 アキ[1]
カタカナ アキモト ヨウタ
ラテン文字 AKIMOTO Yota
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1987年7月11日(28歳)
出身地 東京都町田市
身長 183cm
体重 84kg
選手情報
在籍チーム FC東京
ポジション GK
背番号 47
利き足 右足[2]
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2006-2011 横浜F・マリノス 5 (0)
2012-2013 愛媛FC 83 (0)
2014-2015 湘南ベルマーレ 76 (0)
2016- FC東京
代表歴
2002-2004  日本 U-15/16/17
2005-2006  日本 U-18/19
1. 国内リーグ戦に限る。2016年2月5日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

秋元 陽太(あきもと ようた、1987年7月11日 - )は、東京都町田市出身の[3]サッカー選手JリーグFC東京所属。ポジションはゴールキーパー(GK)

来歴[編集]

横浜F・マリノスの下部組織出身。2005年には関東プリンスリーグ優勝及びクラブユース選手権準優勝の好成績を挙げ、2006年にトップチームへ昇格した[4]。しかし同年10月のJサテライトリーグ甲府戦で前十字靭帯及び内側側副靱帯断裂[5][1][2]。長期離脱を強いられ、翌2007年開催のU-20ワールドカップメンバー入りも逃した。2008年7月、J1第16節新潟戦において榎本哲也に代わるGKとしてJリーグ初出場の機会を得たが[1]、チームの連敗を止めることができず[6]先発定着を果たせなかった。その後も榎本や1期先輩の飯倉大樹に阻まれ[7]、在籍6年間での公式戦出場は7試合に留まった。

2012年J2愛媛FCへ移籍[8][9]。俊敏性と的確な状況判断、高いキック精度を武器に[7]川北裕介萩原達郎を抑えてポジションを獲得。低迷するチームにあって闘志溢れるプレーで[10]奮戦した[11]

2014年、2年連続でのオファーを受けて[12]湘南ベルマーレへ完全移籍[13][14]。同年はリーグ戦42試合中23試合を無失点に抑える堅守でチームの快進撃を支え[11]、J2優勝及びJ1昇格を果たした。2015年、一時は初めて正GKとして迎えるJ1の舞台に苦しむも、徐々に安定[15]。気迫の守備で相手の決定機を阻んで勝ち点を呼び込み[16]、クラブ改称以来初となるJ1残留の立役者になった[17][18]

湘南からの契約延長[19]及び複数クラブからの獲得オファーにより争奪となる中[17]、GK権田修一の穴埋めを図るFC東京の求めに応じ[18]、同クラブへ完全移籍[20][3]

エピソード[編集]

  • 横浜フリューゲルスジュニアユースの流れを汲む横浜F・マリノスジュニアユース菅田は2002年を最後に消滅しているため、最初で最後のトップ昇格選手となった。
  • 太田宏介は幼馴染[21]
  • 2012年に入籍[22]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
2006 横浜FM 36 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
2007 0 0 0 0 0 0 0 0
2008 3 0 0 0 0 0 3 0
2009 31 1 0 0 0 1 0 2 0
2010 0 0 0 0 1 0 1 0
2011 1 0 0 0 0 0 1 0
2012 愛媛 37 J2 42 0 - 1 0 43 0
2013 41 0 - 0 0 41 0
2014 湘南 42 0 - 1 0 43 0
2015 1 J1 34 0 2 0 0 0 36 0
2016 FC東京 47
通算 日本 J1 39 0 2 0 2 0 43 0
日本 J2 125 0 - 2 0 127 0
総通算 164 0 2 0 4 0 170 0
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFC ACL
2016 F東京 47 0 0
通算 AFC 0 0
その他の国際大会

2016年

代表歴[編集]

タイトル[編集]

クラブ
代表

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 秋元陽太(愛媛FC)後編「“目立たない”キーパーに」 SPORTS COMMUNICATIONS (2012年6月25日)
  2. ^ a b PLAYER'S DATABASE - ウェイバックマシン(2007年10月26日アーカイブ分) WEBサッカーマガジン (2007年2月13日)
  3. ^ a b 秋元陽太選手 完全移籍加入のお知らせ FC東京 (2015年12月30日)
  4. ^ a b c d 2006年度、新加入選手のお知らせ - ウェイバックマシン(2006年2月6日アーカイブ分) 横浜F・マリノス (2005年10月17日)
  5. ^ 秋元陽太選手の検査結果について - ウェイバックマシン(2007年11月24日アーカイブ分) 横浜F・マリノス (2006年10月11日)
  6. ^ 選手出場記録 (1/2) Jリーグ (2008年12月6日)
  7. ^ a b 秋元陽太(愛媛FC)前編「J1レベルの守護神」 SPORTS COMMUNICATIONS (2012年6月18日)
  8. ^ 秋元陽太選手 愛媛FCへ完全移籍のお知らせ 横浜F・マリノス (2012年1月5日)
  9. ^ 秋元陽太選手 加入のお知らせ 愛媛FC (2012年1月5日)
  10. ^ 連敗中の秋元の苦言。「戦う姿勢が伝わるプレーができていない。プロとしての責任を感じる」 blogola (2013年4月13日)
  11. ^ a b 湘南:クラブ新 開幕6連勝へ、愛媛から移籍のGK秋元が好調支え - ウェイバックマシン(2014年4月6日アーカイブ分)
  12. ^ 【THE REAL】27歳の遅咲きゴールキーパー・秋元陽太…湘南ベルマーレの赤丸急上昇 (2/3) CYCLE (2015年6月2日)
  13. ^ 秋元 陽太選手 湘南ベルマーレに完全移籍のお知らせ 愛媛FC (2013年12月23日)
  14. ^ 愛媛FC 秋元陽太選手 移籍加入のお知らせ 湘南ベルマーレ公式 2013.12.23
  15. ^ 【THE REAL】27歳の遅咲きゴールキーパー・秋元陽太…湘南ベルマーレの赤丸急上昇 (3/3) CYCLE (2015年6月2日)
  16. ^ サッカーダイジェスト 2015Jリーグ総集編 (No.1347)』 日本スポーツ企画出版社2015年、37頁。
  17. ^ a b 4チーム争奪戦に終止符! FC東京 湘南GK秋元獲得が決定的に スポーツニッポン (2015年12月16日)
  18. ^ a b 東京、守護神の権田離脱で湘南GK秋元獲得に動く 日刊スポーツ (2015年12月2日)
  19. ^ 湘南GK秋元 FC東京移籍が濃厚…退団アブラモフの後釜に スポーツニッポン (2015年12月13日)
  20. ^ 秋元陽太選手 FC東京へ移籍のお知らせ 湘南ベルマーレ (2015年12月30日)
  21. ^ 優勝決定から4日。「優勝の実感はない」と秋元陽太 blogola (2014年10月15日)
  22. ^ 秋元 陽太選手 入籍のお知らせ 愛媛FC (2012年5月18日)
  23. ^ U-16日本代表(豊田国際ユースU-17サッカー大会)について - ウェイバックマシン(2005年3月6日アーカイブ分) 日本サッカー協会 (2003年7月25日)
  24. ^ U-16日本代表チーム オーストリア遠征(8/22-9/1)について - ウェイバックマシン(2005年3月11日アーカイブ分)日本サッカー協会 (2003年8月19日)
  25. ^ U-17日本代表チーム オランダ遠征 (5/25-6/1) メンバーについて - ウェイバックマシン(2005年4月11日アーカイブ分)日本サッカー協会 (2004年5月11日)
  26. ^ U-18日本代表チーム(第9回国際ユースサッカーIN新潟)メンバー - ウェイバックマシン(2006年5月7日アーカイブ分)日本サッカー協会 (2005年7月4日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]