水本裕貴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
水本 裕貴 Football pictogram.svg
名前
愛称 ミズ、モンちゃん
カタカナ ミズモト ヒロキ
ラテン文字 MIZUMOTO Hiroki
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1985-09-12) 1985年9月12日(33歳)
出身地 三重県伊勢市
(旧度会郡御薗村
身長 183cm
体重 74kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 サンフレッチェ広島
ポジション DF (CB)
背番号 4
利き足 右足
ユース
御薗SSS(御薗小
1998-2000 伊勢SCジュニア(御薗中
2001-2003 三重高等学校
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2004-2007 ジェフユナイテッド市原・千葉 76 (2)
2008 ガンバ大阪 7 (0)
2008-2010 京都サンガF.C. 85 (3)
2011- サンフレッチェ広島 204 (11)
代表歴2
2006-2015 日本の旗 日本 7 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年1月14日現在。
2. 2016年3月31日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

水本 裕貴(みずもと ひろき、1985年9月12日 - )は、日本プロサッカー選手三重県伊勢市出身。ポジションはディフェンダーJリーグサンフレッチェ広島所属。元日本代表

来歴[編集]

プロ入り前[編集]

御薗小学校の少年団である御薗SSSでサッカーを始める[1]。小学校6年次に伊勢市の選抜チームに選出されている。この選抜チームには他に森下俊も参加していた[2]。小学校卒業後御薗中学校へ進学したが同校にはサッカー部がなかったため、サッカー部がない中学校に通う選手たちのためのクラブチーム、伊勢SCジュニアに入団。練習試合への出場で経験を積んだ[2]が全国的には無名な存在だった[3]

注目されるようになったのは三重高等学校に進学後、林一章らから指導を受けてからである。1年先輩に野崎陽介がいる。県予選を突破してインターハイに出場。また、県選抜メンバーとして高知国体にも出場したほか、2003年にはU-18日本代表にも選出された。高校卒業時には名古屋グランパスエイトジェフユナイテッド市原を含めた5クラブからオファーがあった[3]

ジェフ千葉[編集]

2004年、ジェフユナイテッド市原とプロ契約。同期入団は水野晃樹市原充喜。1年目からイビチャ・オシム監督の薫陶を受け[4]オシムチルドレンの一人となる[5]。同年7月29日プレシーズンマッチ対レアル・マドリード戦において、ルイス・フィーゴを相手に対応したことにより名が知られるようになる[3][5]。2005年にはU-20日本代表としてFIFAワールドユース選手権に出場[5][6]。2006年シーズンから千葉の主力に定着し、さらに同2006年に日本代表監督に就任したオシムによってA代表メンバーに初選出され、同年10月4日、ガーナ戦でA代表初出場を果たした[5][7]。2007年末、名古屋、京都サンガF.C.FC東京ガンバ大阪の4チームからオファーが届き、千葉からは残留要請されるも、移籍を決意する[8][9]

ガンバ大阪[編集]

2008年、ガンバ大阪へ移籍。移籍金は3億円(推定)[8]。補強の目玉として注目を集めた[9] が、千葉時代のようなパフォーマンスを発揮できず、定位置を中澤聡太に奪われ、出場機会を減らしていった[4]6月19日北京オリンピック出場に向けて出場機会を確保するため、本人からの申し出によってわずか6ヶ月でのG大阪退団が決定した[10][11][12]

京都サンガ[編集]

6月22日、京都サンガF.C.へ完全移籍。移籍金は4億円(推定)[13]加藤久秋田豊森岡隆三の元日本代表DFから指導を受け[14] 不動のレギュラーに定着し守備の中心として活躍[4]李正秀[15] らとDFラインを構築した。同年北京オリンピックの代表メンバーにも選出され、キャプテンとして[16] グループリーグ3試合に出場した。 2010年には公式戦全試合に出場している[4]

サンフレッチェ広島[編集]

2011年より、京都のJ2降格に伴いサンフレッチェ広島に完全移籍[4]。主力としてチームの好調を支える[10][17] も、5月7日ヴァンフォーレ甲府戦にて相手DFダニエルとセットプレーでの競り合いにおける接触により頭蓋骨骨折および急性硬膜外血腫を負い緊急手術した[18]5月20日に退院[19]7月12日からヘッドギア着用のもと軽い練習に復帰し[20]8月7日から実戦に復帰した[17]。なお、医師の了解もあり翌2012年からヘッドギアを外してプレーしている。

2012年、アルベルト・ザッケローニ率いるA代表に選ばれ、4年ぶりに代表に復帰した[21]。この年、クラブでは広島のリーグ初優勝に貢献し、自身初のJリーグベストイレブンに選出された。

2015年5月16日のJ1ファーストステージ第12節・鹿島戦にて、フィールドプレーヤーではJ1新記録となる127試合連続フルタイム出場を樹立。また、CSでも途中出場を果たす。

2017年5月20日、J1第12節・ヴァンフォーレ甲府戦で、史上47人目となるJ1通算350試合出場を達成した[22]

2018年10月6日、J1第29節・柏レイソル戦で史上40人目となるJ1通算400試合出場を達成した[23]

プレースタイル[編集]

1対1の局面で激しさと強さを誇るセンターバックで、マンマークに長ける。時には左右のサイドバックもこなすなど、戦術的な柔軟性を持ち合わせる[3][4][15][16]

所属クラブ[編集]

ユース時代
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2004 市原/千葉 27 J1 5 0 1 0 1 0 7 0
2005 15 0 3 0 2 0 20 0
2006 4 25 1 11 0 1 0 37 1
2007 31 1 5 0 1 0 37 1
2008 G大阪 7 0 - - 7 0
京都 8 18 1 0 0 1 0 19 1
2009 4 33 2 5 0 2 0 40 2
2010 34 0 6 1 2 1 42 2
2011 広島 18 1 0 0 2 1 20 2
2012 34 2 6 0 0 0 40 2
2013 34 3 2 0 5 0 41 3
2014 34 1 1 0 2 0 37 1
2015 33 1 1 0 1 0 35 1
2016 17 0 2 0 2 0 21 0
2017 34 3 2 0 1 0 37 3
2018
通算 日本 J1 372 16 46 1 23 2 440 19
総通算 372 16 46 1 23 2 440 19

その他の公式戦

国際大会個人成績 FIFA
年度 クラブ 背番号 出場 得点 出場 得点
AFCACLクラブW杯
2008 G大阪 4 4 0 -
2012 広島 - 3 0
2013 6 0 -
2014 7 0 -
2016 5 0 -
通算 AFC 22 0 3 0

その他の国際公式戦

経歴

タイトル[編集]

クラブ[編集]

ジェフユナイテッド市原・千葉
サンフレッチェ広島

個人[編集]

  • Jリーグベストイレブン:1回(2012年)
  • Jリーグフェアプレー個人賞:2回(2014年、2017年)
  • Jリーグ・優秀選手賞:1回(2015年)

代表歴[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 7試合 0得点 (2006-)


日本代表国際Aマッチ
出場得点
2006 2 0
2008 1 0
2012 2 0
2014 1 0
2015 1 0
通算 7 0

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ソシエタ御薗”. ソシエタ御薗公式. 2011年1月6日閲覧。
  2. ^ a b 雨堤俊祐「INTERVIEW DF4 水本裕貴 京都での自分、サッカー選手としての今」エル・ゴラッソ No.857(2010.5.5)p. 2-3
  3. ^ a b c d 川端暁彦の「Uの世代」Jリーグ1年生をチェック”. スポーツナビ (2004年8月13日). 2011年1月6日閲覧。
  4. ^ a b c d e f DF水本が広島に完全移籍 京都サンガ”. 京都新聞 (2011年1月5日). 2011年1月6日閲覧。
  5. ^ a b c d サッカーキングその1、2011年10月2日閲覧。
  6. ^ 《ワールドユース2005》★水本裕貴選手(千葉)インタビュー”. J's GOAL (2005年6月11日). 2011年1月6日閲覧。
  7. ^ 走れ!新戦力<3>DF水本裕貴(25)=京都”. 中国新聞 (2011年2月4日). 2011年2月5日閲覧。
  8. ^ a b DF最高3億円!G大阪が水本獲り”. スポーツニッポン (2007年12月10日). 2011年1月6日閲覧。
  9. ^ a b 千葉・水本がG大阪に完全移籍”. 報知新聞 (2008年1月11日). 2011年1月6日閲覧。
  10. ^ a b サッカーキングその2、2011年10月2日閲覧。
  11. ^ DF水本裕貴選手 ガンバ大阪退団へ”. J's GOAL (2008年6月19日). 2011年1月6日閲覧。
  12. ^ 再移籍で自信 迷いなし”. 読売新聞 (2008年7月20日). 2011年1月6日閲覧。
  13. ^ 水本の京都入り内定、28日にもデビュー”. ニッカンスポーツ (2008年6月20日). 2011年1月6日閲覧。
  14. ^ 【Jリーグ】加藤久、秋田豊、森岡隆三が演出する京都の堅守”. J SPORTSコラム (2009年4月18日). 2011年1月6日閲覧。
  15. ^ a b 京都サンガF.C. イ・ジョンスインタビュー” (日本語). 大韓サッカー協会. 2011年1月6日閲覧。
  16. ^ a b 選手情報”. number. 2011年1月6日閲覧。
  17. ^ a b 水本、実戦復帰 回復に手応え”. 中国新聞 (2011年8月8日). 2011年8月8日閲覧。
  18. ^ 水本裕貴選手の負傷について”. J's GOAL (2011年5月7日). 2011年8月7日閲覧。
  19. ^ 水本がリハビリ開始”. 中国新聞 (2011年6月5日). 2011年8月7日閲覧。
  20. ^ 全体練習に水本加わる 骨折後初めて”. 中国新聞 (2011年7月13日). 2011年8月7日閲覧。
  21. ^ 日本代表ザッケローニ監督「DFラインの入れ替えはイラク戦を見据えたもの」”. ゲキサカ (2012年8月9日). 2012年8月9日閲覧。
  22. ^ 2017明治安田生命J1リーグ 第12節 水本 裕貴 選手(広島)J1通算350試合出場達成”. Jリーグ.jp (2017年5月20日). 2018年8月17日閲覧。
  23. ^ “2018明治安田生命J1リーグ 第29節 水本 裕貴 選手(広島)J1通算400試合出場達成” (プレスリリース), J.LEAGUE.jp, (2018年10月6日), https://www.jleague.jp/release/post-56162/ 2018年11月4日閲覧。 

参考資料[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]