EAFF東アジアカップ2015

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
東アジアカップ2015から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
EAFF東アジアカップ2015
大会概要
開催国 中華人民共和国の旗 中国
日程 2015年8月2日 - 8月9日
(決勝大会)
チーム数(1連盟)
大会結果
優勝  韓国 (3回目)
準優勝  中国
3位  北朝鮮
4位  日本
大会統計
試合数 6試合
ゴール数 11点
(1試合平均 1.83点)
得点王 日本の旗 武藤雄樹(2点)
最優秀選手 大韓民国の旗 張賢秀
 < 20132017
EAFF女子東アジアカップ2015
大会概要
開催国 中華人民共和国の旗 中国
日程 2015年8月1日 - 8月8日
(決勝大会)
チーム数(1連盟)
大会結果
優勝  北朝鮮 (2回目)
準優勝  韓国
3位  日本
4位  中国
大会統計
試合数 6試合
ゴール数 19点
(1試合平均 3.17点)
得点王 朝鮮民主主義人民共和国の旗 羅恩心(3点)
最優秀選手 朝鮮民主主義人民共和国の旗 衛鍾心
 < 20132017

EAFF東アジアカップ2015[1]: EAFF East Asian Cup 2015)は、第6回目の東アジアカップ(旧:東アジアサッカー選手権)であり、東アジアサッカー連盟(EAFF)所属のナショナルチームが出場した。

本大会は2015年8月1日から8月9日にかけて、中国で開催された。

参加国[編集]

ラウンド 男子 女子
予選第1ラウンド
予選第2ラウンド
決勝ラウンド

* = 下位のラウンドからの勝ち上がりチーム

男子結果[編集]

予選1次ラウンド[編集]

2014年7月20日から7月25日にかけてグアムで開催された。

全試合レオパレスリゾート・グアムで開催。

チーム
1  グアム 3 2 1 0 7 0 +7 7
2  マカオ 3 1 1 1 4 4 0 4
3  モンゴル 3 1 0 2 6 5 +1 3
4  北マリアナ諸島 3 1 0 2 2 10 −8 3

出典: EAFF.com



表彰[編集]

得点王 MVP
グアムの旗 Ryan Guy グアムの旗 Ryan Guy

予選2次ラウンド[編集]

2014年11月11日から11月18日にかけて台湾で開催された。

チーム
1  北朝鮮 3 2 1 0 7 2 +5 7
2  香港 3 1 1 1 2 2 0 4
3  グアム 3 1 1 1 3 6 −3 4
4  チャイニーズタイペイ 3 0 1 2 1 3 −2 1

出典: EAFF.com

2014年11月13日 (2014-11-13)
16:00 UTC+8
北朝鮮  2–1  香港
李哲敏 59分にゴール 59分
O Hyok-chol 80分にゴール 80分
レポート McKee 83分にゴール 83分

2014年11月13日 (2014-11-13)
19:00 UTC+8
チャイニーズタイペイ  1–2  グアム
Chen Hao-wei 56分にゴール 56分 レポート カンリフ 14分にゴール 14分 (pen.)
Malcolm 42分にゴール 42分

2014年11月16日 (2014-11-16)
16:00 UTC+8
グアム  1–5  北朝鮮
カンリフ 61分にゴール 61分 レポート Jong Il-gwan 14分にゴール 14分72分
Ri Sang-chol 85分にゴール 85分89分
Kye Song-hyok 90分にゴール 90分
台北陸上競技場, 台北
観客数: 657
主審: 譚海 (中国)

2014年11月16日 (2014-11-16)
19:00 UTC+8
チャイニーズタイペイ  0–1  香港
レポート Lam Ka Wai 54分にゴール 54分 (pen.)

2014年11月19日 (2014-11-19)
16:00 UTC+8
香港  0–0  グアム
レポート

表彰[編集]

得点王 MVP
グアムの旗 ジェイソン・カンリフ
朝鮮民主主義人民共和国の旗 Jong Il-gwan
朝鮮民主主義人民共和国の旗 Ri Sang-chol
朝鮮民主主義人民共和国の旗 Jong Il-gwan

決勝大会[編集]

2015年8月1日から8月9日にかけて中国武漢市で開催された。

チーム
1  韓国 3 1 2 0 3 1 +2 5
2  中国 3 1 1 1 3 3 0 4
3  北朝鮮 3 1 1 1 2 3 −1 4
4  日本 3 0 2 1 3 4 −1 2

出典: EAFF.com

開催日時はすべて現地時間(UTC+8












優勝国[編集]

 EAFF東アジアカップ2015優勝国 

韓国
3大会ぶり3回目

表彰[編集]

受賞選手・チーム 備考
大会MVP 大韓民国の旗 張賢秀 優勝
得点王 日本の旗 武藤雄樹 2得点
最優秀GK 朝鮮民主主義人民共和国の旗 李明國
最優秀DF 大韓民国の旗 金英権

得点ランキング[編集]

順位 選手名 得点数
1 日本の旗 武藤雄樹 2
2 中華人民共和国の旗 于大宝 1
中華人民共和国の旗 王永珀
中華人民共和国の旗 武磊
日本の旗 山口蛍
朝鮮民主主義人民共和国の旗 李赫哲
朝鮮民主主義人民共和国の旗 朴賢日
大韓民国の旗 金承大
大韓民国の旗 李宗浩
大韓民国の旗 張賢秀

女子結果[編集]

予選1次ラウンド[編集]

2014年7月20日から7月25日にかけてグアムで開催された。

チーム
1  グアム 2 2 0 0 18 0 +18 6
2  北マリアナ諸島 2 1 0 1 7 7 0 3
3  マカオ 2 0 0 2 0 18 −18 0

出典: EAFF.com

2014年7月20日 (2014-07-20)
17:30
グアム  7−0  北マリアナ諸島
Surber 7分にゴール 7分90分
Valla 8分にゴール 8分
Zavala 30分にゴール 30分
Amezola 50分にゴール 50分
Kobinsky 51分にゴール 51分
Kaufman 85分にゴール 85分
レポート

2014年7月22日 (2014-07-22)
17:30
グアム  11−0  マカオ
? ?分にゴール ?分 (o.g.)
Kobinsky ?分にゴール ?分
Surber ?分にゴール ?分?分?分?分
Kaufman ?分にゴール ?分?分?分
Perez ?分にゴール ?分
Willter ?分にゴール ?分
レポート

2014年7月24日 (2014-07-24)
17:30
北マリアナ諸島  7−0  マカオ
Vergara 19分にゴール 19分
Maxberry 28分にゴール 28分65分
Race 45分にゴール 45分
Silberburger 73分にゴール 73分
Castillo 81分にゴール 81分
Schuler 90+3分にゴール 90+3分
レポート

表彰[編集]

得点王 MVP
グアムの旗 Paige Surber グアムの旗 Samantha Kaufman

予選2次ラウンド[編集]

2014年11月11日から11月18日にかけて台湾で開催された。

チーム
1 大韓民国の旗 韓国 3 3 0 0 26 0 +26 9
2 チャイニーズタイペイの旗 チャイニーズタイペイ 3 2 0 1 6 2 +4 6
3  香港 3 1 0 2 3 11 −8 3
4  グアム 3 0 0 3 0 22 −22 0

出典: EAFF.com

2014年11月12日 (2014-11-12)
10:30 UTC+8
韓国  15−0  グアム
池笑然 26分にゴール 26分66分
Yoo Young-a 30分にゴール 30分
Kim Hye-yeong 36分にゴール 36分
Jeon Ga-eul 39分にゴール 39分56分70分90+1分
Kim Hye-ri 43分にゴール 43分
Park Hee-young 49分にゴール 49分
Yeo Min-ji 73分にゴール 73分
Lee Jung-eun 76分にゴール 76分79分83分90+2分
レポート

2014年11月12日 (2014-11-12)
14:30 UTC+8
チャイニーズタイペイ  2–0  香港
Tan Wen-lin 64分にゴール 64分72分 レポート

2014年11月15日 (2014-11-15)
10:30 UTC+8
香港  0–9  韓国
レポート 池笑然 16分にゴール 16分 (pen.)
Jeon Ga-eul 18分にゴール 18分
Lee Jung-eun 25分にゴール 25分42分
Yeo Min-ji 26分にゴール 26分36分45+2分77分
Kim Do-yeon 58分にゴール 58分

2014年11月15日 (2014-11-15)
14:30 UTC+8
チャイニーズタイペイ  4–0  グアム
Lin Ya-han 6分にゴール 6分
Yu Hsiu-chin 43分にゴール 43分77分
Lai Li-chin 49分にゴール 49分
レポート

2014年11月18日 (2014-11-18)
16:00 UTC+8
グアム  0–3  香港
レポート Fung Nga Kei Kay 8分にゴール 8分38分
Wong Shuk Fan 65分にゴール 65分

2014年11月18日 (2014-11-18)
19:00 UTC+8
チャイニーズタイペイ  0–2  韓国
レポート Kwon Hah-nul 32分にゴール 32分
Jeon Ga-eul 53分にゴール 53分

表彰[編集]

得点王 MVP
大韓民国の旗 Jeon Ga-eul
大韓民国の旗 Lee Jung-eun
大韓民国の旗 Kwon Hah-nul

得点ランキング[編集]

6ゴール

5ゴール

3ゴール

2ゴール

1ゴール

決勝大会[編集]

2015年8月1日から8月9日にかけて中国で開催された。

チーム
1  北朝鮮 3 3 0 0 9 4 +5 9
2  韓国 3 2 0 1 3 3 0 6
3  日本 3 1 0 2 5 6 −1 3
4  中国 3 0 0 3 2 6 −4 0

出典: EAFF.com

開催日時はすべて現地時間(UTC+8






日本  1 - 2  韓国
中島依美 29分にゴール 29分 レポート 趙昭賢 54分にゴール 54分
全ガウル 90+2分にゴール 90+2分
武漢体育中心武漢
主審: ミャンマーの旗 Thein Aye

中国  2 - 3  北朝鮮
李冬娜 33分にゴール 33分 (PK)
王珊珊 52分にゴール 52分
レポート 金潤美 5分にゴール 5分
魏鍾心 64分にゴール 64分69分
武漢体育中心武漢
主審: ベトナムの旗 マイ・ホアン・トラン



中国  0 - 2  日本
レポート 横山久美 86分にゴール 86分
杉田亜未 90+3分にゴール 90+3分
武漢体育中心武漢
主審: ベトナムの旗 マイ・ホアン・トラン


優勝国[編集]

 EAFF女子東アジアカップ2015優勝国 

北朝鮮
2大会連続2回目

表彰[編集]

受賞選手・チーム 備考
大会MVP 朝鮮民主主義人民共和国の旗 衛鍾心 優勝
得点王 朝鮮民主主義人民共和国の旗 羅恩心 3得点
最優秀GK 大韓民国の旗 金正美 準優勝
最優秀DF 朝鮮民主主義人民共和国の旗 金南嬉 優勝

得点ランキング[編集]

順位 選手名 得点数
1 朝鮮民主主義人民共和国の旗 羅恩心 3
2 日本の旗 杉田亜未 2
朝鮮民主主義人民共和国の旗 李藝景
朝鮮民主主義人民共和国の旗 衛鍾心
5 中華人民共和国の旗 李冬娜 1
中華人民共和国の旗 王珊珊
日本の旗 増矢理花
日本の旗 中島依美
日本の旗 横山久美
朝鮮民主主義人民共和国の旗 金潤美
朝鮮民主主義人民共和国の旗 尹松美
大韓民国の旗 鄭楔檳
大韓民国の旗 趙昭賢
大韓民国の旗 全ガウル

出典[編集]

外部リンク[編集]