台北陸上競技場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
台北陸上競技場
施設情報
所在地 中華民国の旗 台北市松山区敦化北路3号
位置 北緯25度2分58秒 東経121度33分4秒 / 北緯25.04944度 東経121.55111度 / 25.04944; 121.55111座標: 北緯25度2分58秒 東経121度33分4秒 / 北緯25.04944度 東経121.55111度 / 25.04944; 121.55111
開場 1956年
修繕 2009年
所有者 台北市
運用者 台北市体育処
グラウンド 天然芝
大型映像装置 2基
旧称
台北市立体育場
使用チーム、大会
インターシティフットボールリーグ 2010年 -
2009年夏季デフリンピック台北大会
収容能力
改修前16,000人、改修後20,000人
アクセス
台北捷運木柵線南京東路駅より徒歩15分

台北陸上競技場(たいほくりくじょうきょうぎじょう、中国語: 臺北田徑場)は、台湾台北市松山区にある陸上競技場球技場としても使用される。施設は台北市が所有し、台北市体育処が運営管理を行っている。

概要[編集]

当競技場は400mトラックと300mサブレーンを持つ総合陸上競技場である。以前当地には1956年完成し、16,000人収容の台北市立体育場があり、主に陸上競技サッカー大会に使用されていた。2009年夏季デフリンピック開催のため競技場の建替えを決定、新競技場は観衆20,000人収容可能となり、デフリンピックの開会、閉会式、陸上競技及びサッカー競技が開催された。補助競技場が敦化北路と八徳路の交差点脇にあり、標準的な陸上練習場で、サッカーの練習場としての使用も可能である。建替え後の台北陸上競技場はIAAF(国際陸上競技連盟)のクラス1認定を受けた競技場で、2009年6月15日竣工、2009年7月23日供用開始。また、2010年からインターシティフットボールリーグの開催地の一つとなっている。[1]

当競技場と附近の松山スポーツセンター、台北小ドーム、台北体育館をあわせて「台北体育園区」(英語: Taipei City Sports Park)と呼んでいる。

主な大会[編集]

  • 2009年夏季デフリンピック
    • 陸上競技、サッカー
  • インターシティフットボールリーグ

脚注[編集]

  1. ^ 林瑞益台北田徑場啟用 郝龍斌盼成金牌培育基地 中央通訊社 2009年7月24日閲覧

外部リンク[編集]