デフリンピック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
デフリンピック
開始年 夏季大会 1924年パリ
冬季大会 1949年ゼーフェルト
主催 国際ろう者スポーツ委員会
サイト http://www.deaflympics.com/
テンプレートを表示

デフリンピック英語: Deaflympics)は、4年に1度、世界規模で行われる聴覚障害者のための総合スポーツ競技大会であり、国際ろう者スポーツ委員会(ICSD、CISS)が主催する障害者スポーツにおける最初の国際競技大会である。夏季大会と冬季大会があり、夏季大会は1924年フランスで、冬季大会は1949年オーストリアにおいて始まった。

設立当初は国際ろう者競技大会という名称であったが、1967年世界ろう者競技大会英語: World Games of the Deaf)に名称変更、さらに国際オリンピック委員会(IOC)の承認を得て、2001年より現名称となった。これは、「ろう者(Deaf)+オリンピック(Olympics)」の造語で「ろう者のオリンピック」という意味を持つ。なお、国際オリンピック委員会が「オリンピック」という名称の使用を許可しているのは、デフリンピック(Deaflympics)のほかに、パラリンピック(Paralympics)と、スペシャルオリンピックス(Special Olympics)がある。 厚生労働省社会・援護局障害福祉部企画課自立支援振興室によると、日本では、厚生労働省が所管官庁だったが、2014年4月から文部科学省へ移管される。

開催地一覧[編集]

全日本ろうあ連盟デフリンピック啓発ウェブサイトより[1]

夏季大会[編集]

開催年 開催都市 開催国 参加国数 参加人数
第1回
1924年 パリ フランスフランス 9カ国 145人
第2回
1928年 アムステルダム オランダオランダ 10カ国 210人
第3回
1931年 ニュルンベルク ドイツドイツ 14カ国 316人
第4回
1935年 ロンドン イギリスイギリス 12カ国 293人
第5回
1939年 ストックホルム スウェーデンスウェーデン 13カ国 264人
第6回
1949年 コペンハーゲン デンマークデンマーク 14カ国 405人
第7回
1953年 ブリュッセル ベルギーベルギー 16カ国 524人
第8回
1957年 ミラノ イタリアイタリア 25カ国 625人
第9回
1961年 ヘルシンキ フィンランドフィンランド 24カ国 595人
第10回
1965年 ワシントン アメリカ合衆国アメリカ 27カ国 697人
第11回
1969年 ベオグラード ユーゴスラビアユーゴスラビア 33カ国 1,183人
第12回
1973年 マルメ スウェーデンスウェーデン 32カ国 1,061人
第13回
1977年 ブカレスト ルーマニアルーマニア 1,118人
第14回
1981年 ケルン 西ドイツ西ドイツ 1,213人
第15回
1985年 ロサンゼルス アメリカ合衆国アメリカ 29カ国 1,053人
第16回
1989年 クライストチャーチ ニュージーランドニュージーランド 30カ国 959人
第17回
1993年 ソフィア ブルガリアブルガリア 51カ国 1,705人
第18回
1997年 コペンハーゲン デンマークデンマーク 62カ国 2,068人
第19回
2001年 ローマ イタリアイタリア 71カ国 2,405人
第20回
2005年 メルボルン オーストラリアオーストラリア 75カ国 3,500人
第21回
2009年 台北  チャイニーズタイペイ[2] 77カ国 2,493人
第22回
2013年 ソフィア ブルガリアブルガリア 70カ国[3] 2,879人
第23回
2017年 サムスン トルコトルコ 100カ国[4] 3,148人

冬季大会[編集]

開催年 開催都市 開催国 参加国数 参加人数
第1回
1949年 ゼーフェルト オーストリアオーストリア 5カ国 33人
第2回
1953年 オスロ ノルウェーノルウェー 6カ国 53人
第3回
1955年 オーバーアマガウ 西ドイツ西ドイツ 7カ国 61人
第4回
1959年 モンタナ スイススイス 8カ国 42人
第5回
1963年 オーレ スウェーデンスウェーデン 58人
第6回
1967年 ベルヒテスガーデン 西ドイツ西ドイツ 12カ国 86人
第7回
1971年 アデルボーデン スイススイス 13カ国 92人
第8回
1975年 レークプラシッド アメリカ合衆国アメリカ 15カ国 268人
第9回
1979年 メリベル フランスフランス 14カ国 180人
第10回
1983年 マドンナ・ディ・カンピリオ イタリアイタリア 16カ国 191人
第11回
1987年 オスロ ノルウェーノルウェー 15カ国 136人
第12回
1991年 バンフ カナダカナダ 16カ国 294人
第13回
1995年 ウッラス フィンランドフィンランド 20カ国 312人
第14回
1999年 ダボス スイススイス 18カ国 273人
第15回
2003年 スンツバル スウェーデンスウェーデン 22カ国 253人
第16回
2007年 ソルトレイクシティ アメリカ合衆国アメリカ 24カ国 310人
第17回
2011年 ハイタトラス スロバキアスロバキア 開催中止
第18回
2015年 ハンティ・マンシースク ロシアロシア 27カ国 340人
第19回
2019年 トリノ イタリアイタリア

競技一覧[編集]

夏季公式競技[編集]

※全20公式競技

冬季公式競技[編集]

※全5公式競技

2011年スロバキア冬季大会中止問題[編集]

2011年にスロバキアのハイタトラスで開催される予定だった第17回冬季大会は、開幕直前、スロバキア・デフリンビック組織委員会の運営資金不足や、準備不足などを理由に突然中止される事態に陥った。2011年は2月18日から10日間にわたって開催される予定になっていた[5][6]

日本からも2月11日までにスタッフ含めて計23名の選手団が日本を出発、更に2月15日には29名の選手・スタッフが日本を発つ予定だったが、開催中止を受けて、まず2月15日出発予定だった選手及びスタッフを同日のうちに成田空港周辺に急遽集めてミーティングを開き、開催中止に至る経緯などを説明。既に日本を発って現地入りしていた選手及びスタッフに対しても2月18日に帰国した上で同様のミーティングを実施した。ミーティングで開催中止に至る経緯の説明が為されている間、涙ぐむ選手の姿もあったという[7][8]

国際ろう者スポーツ委員会(ICSD)はスロバキア組織委員会及び同委員会委員長ヤロミール・ルーダを刑事告訴、その後、ルーダは組織委員会の公金を横領した容疑でハンガリーとの国境のところで逮捕され、2011年6月1日、懲役13年の刑を言い渡された[9][10][11]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ デフリンピックの開催年次”. 全日本ろうあ連盟デフリンピック啓発ウェブサイト. 2013年6月27日閲覧。
  2. ^ CHINESE TAIPEI - Deaflympics
  3. ^ ソフィアデフリンピック、ついに開幕”. 日本ろうあ連盟 スポーツ委員会 (2013年7月27日). 2013年7月27日閲覧。
  4. ^ 第 23 回夏季デフリンピック競技大会(概要)”. 神奈川県 スポーツ局スポーツ課 (2013年8月5日). 2017年11月28日閲覧。
  5. ^ 第17回冬季デフリンピック(ハイタトラス2011)の中止に伴う日本選手団派遣の中止について”. 財団法人全日本ろうあ連盟 デフリンピック派遣委員会 (2011年2月14日). 2013年8月8日閲覧。
  6. ^ それはないだろう!! 冬期デフリンピックが開催目前で中止”. 障がい者の働く場ニュース (2011年2月16日). 2013年8月8日閲覧。
  7. ^ “第17回冬季デフリンピックの中止について:報告とお礼” (プレスリリース), 山根昭治(第17回冬季デフリンピック日本選手団長、全日本ろうあ連盟スポーツ委員会委員長), (2011年2月21日), https://www.jfd.or.jp/sports/17wd/news-20110221a.html 2017年10月31日閲覧。 
  8. ^ “日本選手団を対象に中止にかかる経緯説明会を実施” (プレスリリース), 第17回冬季デフリンピック 2011 日本選手団, (2011年2月25日), https://www.jfd.or.jp/sports/17wd/news-20110225a.html 2017年10月31日閲覧。 
  9. ^ “第17回冬季デフリンピック(ハイタトラス2011)の中止について経過報告” (プレスリリース), 石野富志三郎(第17回冬季デフリンピック派遣委員会委員長、全日本ろうあ連盟理事長), (2011年3月2日), https://www.jfd.or.jp/sports/17wd/news-20110302a.html 2017年10月31日閲覧。 
  10. ^ John Boyd (2011年6月2日). “Deaflympics Fraudster Ruda Gets 13 Years; Notary Furda Gets 14”. The Daily Slovak News. http://www.thedaily.sk/deaflympics-fraudster-ruda-gets-13-years-notary-furda-gets-14/ 2017年10月31日閲覧。 
  11. ^ John Boyd (2011年8月17日). “Deaflympics Fraudster Ruda Guilty of 11 More Crimes”. The Daily Slovak News. http://www.thedaily.sk/deaflympics-fraudster-ruda-guilty-of-11-more-crimes/ 2017年10月31日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]