国際ろう者スポーツ委員会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

国際ろう者スポーツ委員会(英語: International Committee of Sports for the Deaf, フランス語: Comité International des Sports des Sourds)は、デフリンピックや世界ろう者選手権大会など、聴覚障害者スポーツとその競技大会を統括、運営する団体。略称はICSD、仏語名称の略称であるCISSも同様に用いられる。

事務局はアメリカメリーランド州フレデリックにおかれている。96の国と地域が加盟、モットーは、PER LUDOS AEQUALITAS「スポーツを通して平等を」。GAISF加盟団体。

歴史[編集]

1924年8月24日フランスパリにベルギー、チェコスロバキア、フランス、イギリス、オランダ、ハンガリー、イタリア、ポーランド、ルーマニアから聴覚障害者スポーツの指導者らが集まり、障害者スポーツの関連団体としては最初期に発足した。[1]1989年国際パラリンピック委員会の発足に際して参加する[2]。しかし1995年パラリンピックの方向性をめぐり、国際手話によるコミュニケーションとオリンピックと同じルールによる大会運営を主張し、結果として国際パラリンピック委員会を脱退、他方、国際オリンピック委員会には2001年にデフリンピックの呼称を正式承認されるなど、良好な関係を保っている。

歴代会長一覧[編集]

  1. ウジェーヌ・ルーバン=アルケ(Eugène Rubens-Alcais)フランス、1924年 - 1953年在任(以下同)
  2. オスカー・ライデン(Oscar Ryden)スウェーデン、1953年 - 1955年
  3. イェンス・ペーター・ニールセン(Jens Peter Nielsen)デンマーク、1955年 - 1961年
  4. ピエール・ベルナール(Pierre Bernhard)フランス、1961年 - 1971年
  5. ジェラルド・M・ジョーダン(Jerald M. Jordan)アメリカ、1971年 - 1996年
  6. ジョン・M・ラヴェット(John M. Lovett)オーストラリア、1995年 - 2003年
  7. ドナルダ・ケイ・アモンズ(Donalda Kay Ammons)アメリカ、2003年 -

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ International Committee of Sports for the Deaf. “Constitution” (英語). 2009年1月23日閲覧。
  2. ^ 河野 正一郎、聴覚障がいアスリートがパラリンピックに参加しない「複雑な事情」、2018-01-12、講談社。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]