張賢秀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(ハングル)が含まれています詳細
張 賢秀 Football pictogram.svg
Jang Hyun-soo (cropped).jpg
韓国代表での張賢秀(2018年)
名前
カタカナ チャン・ヒョンス
ラテン文字 Jang Hyun-Soo
ハングル表記 장현수
基本情報
国籍 大韓民国の旗 大韓民国
生年月日 (1991-09-28) 1991年9月28日(27歳)
出身地 ソウル特別市
身長 187cm
体重 77kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 FC東京
ポジション DF[1] / MF[2]
背番号 20
利き足 右足[3]
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2012-2013 日本の旗 FC東京 40 (4)
2014-2017 中華人民共和国の旗 広州富力 64 (3)
2017- 日本の旗 FC東京 35 (4)
代表歴2
2009-2011  韓国 U-18/19/20 25 (4)
2011-2014  韓国 U-22/23 15 (3)
2013-2018 大韓民国の旗 韓国 58 (3)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年12月2日現在。
2. 2018年11月1日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

張 賢秀(チャン・ヒョンス、장현수1991年9月28日 - ) は、韓国出身のサッカー選手JリーグFC東京所属。元韓国代表の副キャプテン。ポジションは主にディフェンダーセンターバック)。

来歴[編集]

クラブ[編集]

2007年慶熙高等学校へ進学。同年の金錫杯全国学生大会で優勝し、1年生ながら最優秀選手賞に選出された[4]。3年生時にはフォワードも務め、マルチプレイヤーとして力を磨いた[4]

2010年延世大学校へ進学。センターバックへポジションを戻すと[4]、落ち着いたプレーで守備陣をリード[5]。堅守を築き同年のUリーグで優勝を果たした。同期には白星東朴台洪など。

パスワークやビルドアップを高めたいという考えから[6]Jリーグ入りを熱望し[7][8]2012年よりFC東京に加入[9]。DF加賀健一の負傷退場を機に出場機会を掴んだ[8][10]。本職はCBだが、スピードに優れる一方で[11]DFラインを高く保つことに不慣れであることなどから[12]、SBでも起用された[11]。10月27日のJ1第30節札幌戦でプロ入り後初得点を挙げた[13]2013年はCB森重真人のパートナーとして[14] レギュラーを確保。持ち前の強さに上手さをプラスする2年間となった[15]

2014年中国スーパーリーグ広州富力足球倶楽部へ完全移籍[16][17]。当初広州は同年開催のアジア競技大会出場を許していなかったが、スヴェン・ゴラン・エリクソン監督からチームでの活躍を認められ「張の未来のために」と出場を後押しされた[18]。2015年7月には2019年までの長期契約を締結[19]。2016年にはリオデジャネイロオリンピックに出場すべくドラガン・ストイコビッチ監督に直談判して[20] リーグ戦から離脱。復帰後は、長短ともに正確なパスで後方から攻撃の起点となった[21]。2017年は外国籍選手出場枠の削減により[22] 欠場が続いた[注 1]

2017年7月12日、FC東京に完全移籍で加入し、4季ぶりの復帰を果たした[23]。2017年9月16日対ベガルタ仙台戦で太田宏介のCKからヘディングで復帰後初ゴールを挙げた。

2018年はFC東京のキャプテンを務めた。

代表[編集]

2009年、高校生ながら飛び級で洪明甫率いるU-20代表に招集されたが、本領を発揮できず[5]同年のFIFA U-20ワールドカップの代表メンバーには残れなかった。 しかし、この経験から2010年より李光鍾 (Lee Kwang-jong率いるU-19代表で主将を任されるようになる[5]同年のAFC U-19選手権では準々決勝で日本を下し[24] ベスト4入り。2011年のFIFA U-20ワールドカップでもU-20代表の主将を務め[7]リーダーシップを発揮[25]黄渡然 (Hwang Do-yeonとCBを組み[注 2]、同チームのベスト16入りに貢献した[注 3]

大会後、U-22代表となった洪明甫のチームに再合流し、ロンドンオリンピックを目指す。洪正好金英權に続く第3CBという立場ではあったが[28][29] 洪の負傷も重なって、オリンピック本大会のU-23代表メンバーに選出された[30]。主力として期待されるも[31]、代表合流後に仁川コレイルとの練習試合で負傷し[32][33]登録から外れた。

2013年1月、A代表に初招集された[34]。同年6月のFIFAワールドカップアジア最終予選イラン戦で国際Aマッチ初出場。崔康熙代表監督からは、守備力に加えてテクニックやパス精度にも優れていると評価されて[33]守備的MFに配され、イランのエースである[33]ジャバド・ネクナムのマークを担った[35]。同年7月、東アジアカップ2013に出場。

2014年のFIFAワールドカップでは予備登録に留まったが[2]同年9月開催のアジア競技大会ではオーバーエイジ3名が加わった中でも李光鍾によって再び主将を任された[36]。同大会では日本戦でのPKを含む[37][31]2得点を挙げ、守備陣のリーダーとしても[31] 全7試合無失点という粘り強さで[38] チームを28年ぶりの優勝に導いた[注 4]

2015年は、AFCアジアカップ2015でCB・ボランチのバックアッパーとして守備固め及び奇誠庸を前線に上げるための攻撃の一手として重宝がられたのに始まり[39][40]東アジアカップ2015では日本代表戦での国際Aマッチ初得点を含む活躍で優勝とMVPの2タイトルを獲得[41]。さらに車ドゥリ引退後の右SBにも抜擢された[42]。自身を「地味」「ゲームで言えば平均能力値50」と評しつつも、複数のポジションを柔軟にこなしウリ・シュティーリケ監督から絶大な信頼を寄せられて出場時間を大きく伸ばした[43]

前述の通りロンドンオリンピックには出場できなかったが、2016年6月、リオデジャネイロオリンピックの韓国代表にオーバーエイジ枠で選出された。申台龍監督は主将候補に張と孫興民を挙げていたが[44]、張に選手の支持が集まったため[45] 同大会の主将を務めた。ユーティリティー性を活かし味方選手の負傷にも柔軟に対応[46][44]、選手間のミーティングを主導し[47] 若いチームを支えた[46]

2017年9月に韓国代表の副キャプテンに就任し、キャプテンの奇誠庸が不在の時は、主将としてチームをまとめた。12月に開催されたE-1選手権 2017では主将として、チームを優勝に導き、自身も大会最優秀ディフェンダー賞を獲得した。

2018年10月、兵役免除の際の社会奉仕活動について、義務時間より短い活動時間だったにもかかわらず、本来と変わらない時間活動したと虚偽の申告をしていたことが発覚。翌月、代表からの永久追放と罰金300万円がKFAにより確定したと報じられた[48]

エピソード[編集]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
韓国 リーグ戦 リーグ杯FA杯 期間通算
2011 延世大 4 - - - 1 1
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2012 FC東京 30 J1 14 2 0 0 0 0 14 2
2013 26 2 2 0 3 0 31 2
中国 リーグ戦 リーグ杯FA杯 期間通算
2014 広州富力 15 超級 23 1 - 1 0 24 1
2015 16 1 - 1 0 17 1
2016 22 24 1 - 4 0 28 1
2017 1 0 - 1 0 2 0
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2017 FC東京 14 J1 11 2 0 0 - 11 2
2018 48 24 2 1 0 1 0 26 2
2019 20
通算 韓国 - - 1 1
日本 J1 75 8 3 0 4 0 82 8
中国 超級 63 3 - 7 0 70 3
総通算 138 11 3 0 11 1 150 12
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFCACL
2012 FC東京 30 5 0
2015 広州富力 15 5 1
通算 AFC 10 1
その他の公式戦出場
出場歴

代表歴[編集]

出場大会など[編集]

試合数[編集]


韓国代表国際Aマッチ
出場得点
2013 4 0
2014 3 0
2015 17 3
2016 9 0
2017 12 0
通算 45 3

得点[編集]

# 開催年月日 開催地 対戦国 勝敗 試合概要
1. 2015年08月05日 中華人民共和国の旗 中国,武漢市 日本の旗 日本 △1-1 東アジアカップ2015
2. 2015年09月08日 レバノンの旗 レバノン,サイダ レバノンの旗 レバノン ○3-0 2018 FIFAワールドカップ・アジア2次予選
3. 2015年11月12日 大韓民国の旗 韓国,水原市 ミャンマーの旗 ミャンマー ○4-0 2018 FIFAワールドカップ・アジア2次予選

脚注[編集]

注釈
  1. ^ エラン・ザハヴィジュニオール・ウルソレナチーニョが出場3枠を占めていた。
  2. ^ 張によれば、冷静な自分と激しい黄で良いコンビなのだという[26]
  3. ^ 同大会出場選手の中では、オスカル(ブラジル)、ハメス・ロドリゲス(コロンビア)を強く印象に残った選手として挙げている[6]。コロンビアとはグループリーグで対戦[27]
  4. ^ これによって兵役を免除された[38]
出典
  1. ^ a b c d e 登録選手一覧表 Jリーグ (2013年12月8日)
  2. ^ a b c Release List of Players (PDF) (英語)国際サッカー連盟 (2014年5月16日)
  3. ^ 2012年 J1選手名鑑 FC東京 チャン・ヒョンス”. 2012年8月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月27日閲覧。 スポーツニッポン
  4. ^ a b c 슈틸리케가‘찜’한 기성용 짝‘장현수’…미래의 괴물될까?(朝鮮語)ハンギョレ (2014年10月15日)
  5. ^ a b c [U리그 스타]연세대 장현수, 타고난 체격조건에 영리함 겸비한 수비수(朝鮮語)大韓サッカー協会 (2010年8月25日)
  6. ^ a b [키워드 인터뷰]다시 뛰는 장현수 "'제2 홍명보' 아직 포기 못한다"(朝鮮語)footballist (2013年10月31日)
  7. ^ a b 東京 U-22韓国代表チャン獲得 東京中日スポーツ、2011.12.13
  8. ^ a b FC東京のチャン・ヒョンス「Jリーグでのプレーを夢みてきた」 スポーツナビ 2012.04.08
  9. ^ チャン ヒョンス選手 来季新加入決定のお知らせ”. 2012年7月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年11月27日閲覧。 FC東京 (2011年12月26日)
  10. ^ 加賀の穴はチャンが埋める!! 待ってました、リーグ戦デビュー 東京中日スポーツ (2012年4月7日)
  11. ^ a b チャン 右SBでテスト 東京中日スポーツ 2012.05.15
  12. ^ ランコポポヴィッチ監督(FC東京)記者会見コメント Jリーグ:J's GOALアーカイブ (2012年5月20日)
  13. ^ FC東京5発大勝!! チャンがJ初ゴ~ルで点火!! vs.札幌 東京中日スポーツ (2012年10月28日)
  14. ^ 장현수, 中 상하이서 입단제의…김영권 뒤따르나?(朝鮮語)FOOTBALLIST (2013年12月4日)
  15. ^ 【第93回天皇杯 準決勝 F東京 vs 広島】試合終了後の各選手コメント Jリーグ:J's GOALアーカイブ (2013年12月29日)
  16. ^ チャン ヒョンス選手 広州富力(中国)へ完全移籍のお知らせ FC東京 (2014年2月5日)
  17. ^ 关于张贤秀正式加盟广州富力足球俱乐部的公告(中国語)広州富力足球倶楽部 (2014年2月5日)
  18. ^ a b 김연경·장현수 이구동성“AG 金, 최고의 순간”(朝鮮語)韓国日報 (2014年10月6日)
  19. ^ 关于俱乐部与张贤秀续约的公告(中国語)広州富力足球倶楽部 (2015年7月21日)
  20. ^ 장현수, 올림픽 와일드카드 불확실…합류시점이 문제(朝鮮語)アジア経済 (2016年6月2日)
  21. ^ 详解富力阵容巨变:控制力下滑,扎哈维需挺身而出(中国語)懂球帝 (2017年4月7日)
  22. ^ サッカー:中国リーグでも「冷や飯」食わされる韓国 朝鮮日報 (2017年4月15日)
  23. ^ チャン ヒョンス選手 完全移籍加入のお知らせ FC東京 (2017年7月12日)
  24. ^ AFC U19 Championship 2010 Final Round 27 準々決勝 日本サッカー協会
  25. ^ [U-20 대표팀 귀국]장현수-김경중-이기제-김영욱-백성동 인터뷰(朝鮮語)大韓サッカー協会 (2011年8月13日)
  26. ^ '이광종호 캡틴'장현수"인천AG 누구보다 절실하다"(朝鮮語)スポーツ朝鮮 (2014年6月4日)
  27. ^ MATCH Report Colombia - Korea Republic(英語)FIFA
  28. ^ [올림픽대표팀 오만전]데뷔 장현수, "10점 만점에 7점 정도 주고 싶어"(朝鮮語)大韓サッカー協会 (2011年9月22日)
  29. ^ 장현수, “홍정호 빈자리 메우겠다”(朝鮮語)ダウム 2012.06.04
  30. ^ [韓国オリンピック代表]最終メンバー発表!”. 2013年11月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年11月12日閲覧。 大韓サッカー協会 (2012年6月30日)
  31. ^ a b c '생일' 장현수의 '넘사벽' 눈물, 일본은 없었다(朝鮮語) スポーツ朝鮮 (2014年9月28日)
  32. ^ [五輪代表]チャン・ヒョンス、ケガで最終メンバーから離脱”. 2013年11月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年11月12日閲覧。 大韓サッカー協会 (2012年7月13日)
  33. ^ a b c 장현수 특명 “네쿠남 묶어라”(朝鮮語)東亜日報 (2013年6月17日)
  34. ^ ヒョンスが韓国A代表 東京中日スポーツ (2013年1月22日)
  35. ^ 이명주-장현수, “기회 주어진다면 최선 다 할 것”(朝鮮語)大韓サッカー協会 (2013年6月13日)
  36. ^ '주장 발탁' 장현수 "특별한 부담은 없다"(朝鮮語) XPORTSNEWS (2014年9月1日)
  37. ^ 【アジア大会】張賢秀が冷静にPK サッカー男子 産経ニュース (2014年9月28日)
  38. ^ a b <アジア大会>イム・チャンウが決勝ゴール「1分の奇跡」…サッカーは南男北女”. 2014年10月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年10月4日閲覧。 中央日報 (2014年10月3日)
  39. ^ 한국영-장현수, 무실점 행진 '언성 히어로'(朝鮮語)SPORTSQ (2015年1月28日)
  40. ^ ‘언성히어로’ 장현수·한국영…무실점 전승 이끈 클로저(朝鮮語) kr:데일리안 (2015年1月31日)
  41. ^ EAFF EAST ASIAN CUP 2015 Competition titles and prizes were announced(英語) 東アジアサッカー連盟 (2015年8月13日)
  42. ^ 홍철-장현수 재발견, 요동치는 좌우 풀백 구도(朝鮮語) kr:데일리안 (2015年9月4日)
  43. ^ 장현수 인터뷰② 제‘포지션’찾은 걸까요?(朝鮮語) MKスポーツ (2015年10月20日)
  44. ^ a b '준비된 주장' 장현수, 신태용 감독 어떻게 활용할까(朝鮮語)スポーツ朝鮮 (2016年7月26日)
  45. ^ 리우올림픽 신태용호 주장은 장현수(朝鮮語)スポーツ京郷 (2016年7月26日)
  46. ^ a b 손흥민-석현준-장현수, 멕시코전 열쇠는 와일드카드(朝鮮語)スポーツ朝鮮 (2016年8月9日)
  47. ^ 흐느낀 '캡틴' 장현수, 희생-헌신에도 웃지 못했다(朝鮮語)スポーツ朝鮮 (2016年8月14日)
  48. ^ FC東京DFチャン・ヒョンス、韓国代表から永久追放…兵役免除の奉仕活動で虚偽報告ゲキサカ 2018年11月1日
  49. ^ Video by jhsoo15 Instagram
  50. ^ 土砂災害被災地出身の森重「復旧が進めば」浦和戦で募金箱設置 サンケイスポーツ (2014年8月22日)
  51. ^ 'AG팀 주장' 장현수, 그가 팔뚝에 새긴 글귀는?(朝鮮語) ISPLUS (2014年9月3日)
  52. ^ Tianjin Teda vs. Guangzhou R&F 1 - 1(英語)SOCCERWAY
  53. ^ Shandong Luneng vs. Guangzhou R&F 3 - 3(英語)SOCCERWAY

関連項目[編集]

外部リンク[編集]