東アジアカップ2013

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
東アジアカップ2013
大会概要
開催国 大韓民国の旗 韓国
日程 2013年7月20日 - 7月28日
(決勝大会)
チーム数(1連盟)
開催地数(2都市)
大会結果
優勝  日本 (1回目)
準優勝  中国
3位  韓国
4位  オーストラリア
大会統計
試合数 6試合
ゴール数 21点
(1試合平均 3.5点)
得点王 日本の旗 柿谷曜一朗(3点)
最優秀選手 日本の旗 山口螢
 < 20102015
女子東アジアカップ2013
大会概要
開催国 大韓民国の旗 韓国
日程 2013年7月20日 - 7月27日
(決勝大会)
チーム数(1連盟)
開催地数(2都市)
大会結果
優勝  北朝鮮 (1回目)
準優勝  日本
3位  韓国
4位  中国
大会統計
試合数 6試合
ゴール数 12点
(1試合平均 2点)
得点王 朝鮮民主主義人民共和国の旗 許恩別
大韓民国の旗 池笑然(2点)
最優秀選手 朝鮮民主主義人民共和国の旗 金恩珠
 < 20102015

EAFF東アジアカップ2013: EAFF East Asian Cup 2013[1][2]は、第5回目の東アジアカップ(旧:東アジアサッカー選手権)であり、東アジアサッカー連盟(EAFF)所属のナショナルチームが出場した。

本大会は2013年7月20日から7月28日にかけて、韓国で開催された[3][4]

参加国[編集]

前回(2010年)大会における「予選大会」「準決勝大会」という呼称を改め、「予選第1ラウンド」「予選第2ラウンド」と呼称する[1][2]。また前回大会と異なり、女子の予選ラウンドが2ラウンドに分かれている。

モンゴルは、モンゴル国サッカー連盟がEAFFから資格停止処分を受けている[5]ため、今大会には参加しない。またオーストラリアサッカー連盟が参加に関心を見せており、EAFFが同国の参加について検討していた[1][2]。2012年8月に、オーストラリアは男女とも予選第2ラウンドからゲスト参加すること(東アジアサッカー連盟に加盟せず、大会だけ参加)が決定した[3][6]オーストラリア男子代表は予選第2ラウンドを突破し、本大会に出場。一方、オーストラリア女子代表は予選第2ラウンドで敗退した。

ラウンド 男子 女子
予選第1ラウンド
予選第2ラウンド
決勝ラウンド

* = 下位のラウンドからの勝ち上がりチーム

結果[編集]

男子[編集]

予選1次ラウンド[編集]

2012年7月18日から7月22日にかけてグアムで開催された。

全試合レオパレスリゾート・グアムで開催。

チーム
1  グアム 2 2 0 0 6 1 +5 6
2  マカオ 2 1 0 1 5 4 +1 3
3  北マリアナ諸島 2 0 0 2 2 8 −6 0

開催日時はすべて現地時間(UTC+10


北マリアナ諸島  1 - 3  グアム
レポート (PDF)

北マリアナ諸島  1 - 5  マカオ
レポート (PDF)

グアム  3 - 0  マカオ
レポート (PDF)

予選2次ラウンド[編集]

2012年12月1日から12月9日にかけて香港で開催された[3][7]

チーム
1  オーストラリア 4 3 1 0 19 1 +18 10
2  北朝鮮 4 3 1 0 16 2 +14 10
3  香港 4 2 0 2 4 6 −2 6
4  チャイニーズタイペイ 4 0 1 3 2 17 −15 1
4  グアム 4 0 1 3 2 17 −15 1

開催日時はすべて現地時間(UTC+8



グアム  1 - 2  香港

チャイニーズタイペイ  1 - 6  北朝鮮


北朝鮮  5 - 0  グアム

香港  0 - 1  オーストラリア



北朝鮮  1 - 1  オーストラリア


グアム  0 - 9  オーストラリア



香港  0 - 4  北朝鮮



決勝ラウンド[編集]

2013年7月20日から7月28日にかけて韓国で開催された。

チーム
1  日本 3 2 1 0 8 6 +2 7
2  中国 3 1 2 0 7 6 +1 5
3  韓国 3 0 2 1 1 2 −1 2
4  オーストラリア 3 0 1 2 5 7 −2 1

開催日時はすべて現地時間(UTC+9









オーストラリア  3 - 4  中国
ムーイ 30分にゴール 30分
タガート 89分にゴール 89分
デューク 90+3分にゴール 90+3分
レポート 于大宝 5分にゴール 5分
孫可 56分にゴール 56分
楊旭 86分にゴール 86分
武磊 87分にゴール 87分
蚕室総合運動場ソウル
観客数: 10,526人
主審: 大韓民国の旗 金東進



優勝国[編集]

 東アジアカップ2013優勝国 

日本
初優勝

表彰[編集]

受賞選手・チーム 備考
大会MVP 日本の旗 山口螢 優勝
得点王 日本の旗 柿谷曜一朗 3得点

女子[編集]

予選1次ラウンド[編集]

2012年7月17日から7月21日にかけてグアムで開催された。

全試合レオパレスリゾート・グアムで開催[8]

チーム
1  香港 2 2 0 0 15 3 +12 6
2  グアム 2 1 0 1 9 4 +5 3
3  北マリアナ諸島 2 0 0 2 0 17 −17 0

開催日時はすべて現地時間(UTC+10


北マリアナ諸島  0 - 6  グアム
レポート(EAFF) (PDF)



予選2次ラウンド[編集]

2012年11月20日から11月24日にかけて中国深圳で開催された[3]

チーム
1  中国 3 3 0 0 10 1 +9 9
2  オーストラリア 3 2 0 1 12 2 +10 6
3  チャイニーズタイペイ 3 1 0 2 2 10 −8 3
4  香港 3 0 0 3 1 12 −11 0

開催日時はすべて現地時間(UTC+8




中国  6 - 0  香港
レポート(CFA)








決勝ラウンド[編集]

2013年7月20日から7月27日にかけて韓国で開催された。

チーム
1  北朝鮮 3 2 1 0 3 1 +2 7
2  日本 3 1 1 1 3 2 +1 4
3  韓国 3 1 0 2 4 5 −1 3
4  中国 3 1 0 2 2 4 −2 3

開催日時はすべて現地時間(UTC+9



日本  2 - 0  中国
安藤梢 36分にゴール 36分
中島依美 58分にゴール 58分
レポート(JFA)
ソウルワールドカップ競技場ソウル
観客数: 8,500人
主審: 大韓民国の旗 チョン・ジヨン



韓国  1 - 2  中国
金ナレ 9分にゴール 9分 レポート(EAFF) 王麗思 1分にゴール 1分
李影 67分にゴール 67分
華城総合運動場華城
観客数: 2,850人
主審: 日本の旗 山岸佐知子

日本  0 - 0  北朝鮮
レポート(JFA)
華城総合運動場華城
観客数: 1,013人
主審: 中華人民共和国の旗 リー・ルアン


北朝鮮  1 - 0  中国
李銀香 2分にゴール 2分 レポート(EAFF)
蚕室総合運動場ソウル
観客数: 935人
主審: ベトナムの旗 マイ・ホアン・トラン



優勝国[編集]

 女子東アジアカップ2013優勝国 

北朝鮮
初優勝

表彰[編集]

受賞選手・チーム 備考
大会MVP 朝鮮民主主義人民共和国の旗 金恩珠 優勝
得点王 朝鮮民主主義人民共和国の旗 許恩別 2得点
大韓民国の旗 池笑然

試合会場における政治的メッセージ掲揚問題[編集]

7月28日、最終試合となる韓国対日本戦の会場において、韓国側応援団が「歴史を忘れた民族に未来はない」(역사를 잊은 민족에게 미래는 없다)とハングルで大書された横断幕を掲げた[9]。また試合開始直前には、1909年に初代韓国統監であった伊藤博文首相を暗殺した安重根、および16世紀の文禄・慶長の役豊臣秀吉軍を破った李舜臣両名の巨大な肖像画を描いた幕を観客席に広げた[10]。これに先立つ7月21日に行われた女子の韓国対北朝鮮戦では、観客が「祖国は一つ」と書かれたプラカードや過去の国際競技で南北が統一チームを構成した際に用いた「統一旗」を掲げ、主催者側はこれを下ろさせていたが[11]、28日の日韓戦では前半終了まで横断幕は掲げられたままになっていた[11]。これらの行為は応援時の政治的な主張を禁じた国際サッカー連盟規定に抵触する可能性があると見られている[9]。同応援団は7月27日の女子最終戦韓国対日本戦では、海外流出文化財の返還問題を訴えるため東京国立博物館が所蔵する朝鮮王朝の鎧や兜の写真を印刷した懸垂幕を作り会場に持ち込むことを計画し、韓国サッカー協会に禁じられている[9]

7月24日の韓国対中国戦では、ロンドン五輪の日本戦直後に竹島(韓国名・独島)の領有権を主張するメッセージを掲げ、国際サッカー連盟(FIFA)から国際Aマッチ2試合の出場停止と3500スイスフランの罰金処分を受けていた朴鍾佑に対して、場内アナウンサーが「独立闘士」と紹介していたことが判明した[12]

これらの行為に対して日本政府は7月29日、菅義偉内閣官房長官が「極めて遺憾だ」と述べ、国際サッカー連盟(FIFA)は応援時に政治的主張を行うことを禁じていると主張、その翌日には下村博文文部科学大臣も、横断幕の掲示について韓国の「民度が問われる」とさらに強い言葉を述べた。これに対し韓国外務省は、下村大臣の「無礼な発言」を遺憾に思うと声明を発表し[13]、KFA側も「日本のファンはキックオフ後に巨大な旭日旗を振り、韓国のファンを強く刺激した。これが事態の引き金になった」という声明を発表した[13]。なお、日本のサポーターの男1人が試合の冒頭で3分程度旭日旗を掲げ運営側に撤去されたが、撤去された後もサッカー韓国代表のサポーター「レッドデビルス」は大型横断幕を前半終了まで掲げ続けた。加えて、運営側が韓国側の横断幕を強制撤去すると強く反発し、後半の応援をボイコットした[14]

「レッドデビルズ」は、「(日本のサポーターは)私たちより扇情的な『横断幕』を掲げていた」と主張した(なお、「歴史を忘れた民族に未来はない」と書かれた韓国側の大型横断幕は主催側によって前半終了後に強制撤去されている)。また、韓国側の横断幕はその大きさから判断して事前に準備されていたとみられており[13]、これに対し韓国側は横断幕は以前から使用していた事実を認めた[15]

出典[編集]

  1. ^ a b c 第35回東アジアサッカー連盟(EAFF)理事会”. 東アジアサッカー連盟 (2012年4月20日). 2012年7月9日閲覧。
  2. ^ a b c 35th East Asian Football Federation Executive Committee Meeting”. 東アジアサッカー連盟 (2012年4月20日). 2012年5月3日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年7月9日閲覧。
  3. ^ a b c d Australia to enter EAFF East Asia Cup 2013”. オーストラリアサッカー連盟 (2012年8月30日). 2012年10月29日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年9月3日閲覧。
  4. ^ W杯前年の13年に東アジア選手権開催へ”. nikkansports.com (2010年8月19日). 2012年7月9日閲覧。
  5. ^ 第6回総会および第33、34回理事会における協議事項/決定事項について”. 東アジアサッカー連盟 (2011年3月19日). 2012年7月9日閲覧。
  6. ^ EAFF東アジアカップ2013にゲスト参加 ― オーストラリアサッカーに世界が注目-東アジアサッカー連盟公式HP日本語版2012年11月
  7. ^ 2013東亞盃外圍賽第二圈賽程”. 香港サッカー協会. 2012年11月9日閲覧。
  8. ^ Guam Women's Soccer Team Named the "‘Masakåda"”. Pacific News Center (2012年7月8日). 2012年7月11日閲覧。
  9. ^ a b c “日本非難の巨大横断幕「歴史忘れた民族」 FIFA規定違反の疑い”. 産経新聞. (2013年7月28日). http://sankei.jp.msn.com/sports/news/130728/scr13072821330010-n1.htm 2013年7月29日閲覧。 
  10. ^ “안중근·이순신 현수막 논란…붉은 악마는 '응원 보이콧' [安重根、李舜臣 バナー論争…赤い悪魔が「応援ボイコット」]” (韓国語). 韓国SBS. (2013年7月29日). http://news.sbs.co.kr/section_news/news_read.jsp?news_id=N1001906800 2013年7月29日閲覧。 
  11. ^ a b “「歴史忘れた民族に未来ない」日韓戦で横断幕”. 読売新聞. (2013年7月29日). http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20130728-OYT1T00687.htm 2013年7月29日閲覧。 
  12. ^ “東アジア杯で場内アナウンサー、竹島騒動選手を「独立闘士」と紹介”. サーチナ. (2013年7月29日). http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=0729&f=national_0729_044.shtml 2013年7月29日閲覧。 
  13. ^ a b c “韓国サッカー協会、横断幕掲示は「日本が原因」”. AFPBB. (2013年7月31日). http://www.afpbb.com/article/sports/soccer/soccer-others/2959061/11112495 2013年7月31日閲覧。 
  14. ^ “韓国応援団が後半の応援をボイコット、日本側はまた旭日旗=韓国”. (2013年7月28日). http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=0729&f=national_0729_007.shtml 2013年7月31日閲覧。 
  15. ^ “<サッカー>韓国サポーター「応援ボイコットは遺憾、政治性はなかった」”. 中央日報日本語版. (2013年7月31日). http://japanese.joins.com/article/525/174525.html 2013年7月29日閲覧。 

外部リンク[編集]