華城総合運動場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
華城総合運動場
施設情報
所在地 韓国の旗 韓国 京畿道華城市
位置 北緯37度8分15.3秒
東経126度55分29.4秒
座標: 北緯37度8分15.3秒 東経126度55分29.4秒
起工 2009年2011年
開場 2011年10月1日
グラウンド 天然芝
ピッチサイズ 105m×68m
大型映像装置 ビデオ電光表示式
建設費 2,369億ウォン
使用チーム、大会
華城FC
東アジアカップ2013
仁川アジア大会
収容能力
35,270名

華城総合運動場(韓国語:화성종합운동장)は、大韓民国京畿道華城市にある総合競技場

概要[編集]

当スタジアムは華城市の総合スポーツ施設整備の一環により、2009年から2011年まで2年間をかけて建設・整備されたスタジアムである。大韓民国チャレンジャースリーグ(アマチュアサッカーリーグ)の華城FC韓国語版がホームスタジアムとして使用している。サッカーの国際試合として最初に開催されたのは、U-23サッカー大韓民国代表 - U-23サッカーシリア代表戦(2012年6月7日)である。サッカー国際Aマッチでは、2012年11月14日にサッカー大韓民国代表 - サッカーオーストラリア代表戦が開催されている。

2013年7月、大韓民国で開催されるサッカー東アジアカップ2013の会場の一つとして利用された[1]

2014年9月の仁川アジア大会の試合会場として利用された。

脚注[編集]

外部リンク[編集]