東アジアサッカー選手権2003

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東アジアサッカー選手権2003
大会概要
開催国 日本の旗 日本
日程 2003年12月4日 - 12月10日
(決勝大会)
チーム数 (1連盟)
大会結果
優勝  韓国 (1回目)
準優勝  日本
3位  中国
4位  香港
大会統計
得点王 日本の旗 久保竜彦(2点)
最優秀選手 韓国の旗 柳想鐵
 < 19982005

東アジアサッカー選手権2003は、2003年12月4日から12月10日にかけて、日本横浜国際総合競技場などで開催された第1回目の東アジアサッカー選手権である。当初は5月28日から6月3日まで横浜国際総合競技場で開催する予定だったが、SARSの影響を受けて12月に延期された。

概要[編集]

参加4か国のうち、FIFAワールドカップ日韓大会出場を果たした日本韓国中国の3か国はシード国としての出場。また、香港は2月から3月にかけて実施され、東アジアサッカー連盟所属の5か国(北朝鮮は不参加)で戦われた予選大会で優勝しての参加であった。なお、決勝大会には賞金がかかっていて、優勝チームには50万USドル、以下それぞれ準優勝チームに30万ドル、3位チームに20万ドル、4位チームにも15万ドルがそれぞれ与えられた。

また日本では、大会の模様はフジテレビ系列で放送された。

開催方式[編集]

予選大会
2003年2月22日から3月2日の日程で香港スタジアムで開催する。
チャイニーズタイペイグアム香港マカオモンゴルの5カ国・地域による総当りリーグ戦を実施し、1位のチームが決勝大会に出場する。
決勝大会
予選大会をシードされた日本、韓国、中国と予選大会を勝ちあがった1チームによる総当りリーグ戦を実施する。

結果[編集]

予選大会[編集]

チーム
1  香港 4 4 0 0 26 0 +26 12
2  チャイニーズタイペイ 4 3 0 1 13 3 +10 9
3  マカオ 4 2 0 2 5 5 0 6
4  モンゴル 4 1 0 3 2 16 −14 3
5  グアム 4 0 0 4 0 22 −22 0


マカオ  2 - 0  モンゴル

香港  2 - 0  チャイニーズタイペイ


モンゴル  2 - 0  グアム

香港  3 - 0  マカオ


グアム  0 - 2  マカオ

チャイニーズタイペイ  4 - 0  モンゴル


グアム  0 - 7  チャイニーズタイペイ

香港  10 - 0  モンゴル


マカオ  1 - 2  チャイニーズタイペイ

香港  11 - 0  グアム


決勝大会[編集]

チーム
1  韓国 3 2 1 0 4 1 +3 7
2  日本 3 2 1 0 3 0 +3 7
3  中国 3 1 0 2 3 4 −1 3
4  香港 3 0 0 3 2 7 −5 0


香港  1 - 3  韓国
レポート
国立霞ヶ丘競技場東京
観客数: 14,895人

日本  2 - 0  中国
レポート
国立霞ヶ丘競技場東京
観客数: 41,742人


韓国  1 - 0  中国
レポート
埼玉スタジアム2002さいたま
観客数: 27,715人

日本  1 - 0  香港
レポート
埼玉スタジアム2002さいたま
観客数: 45,145人


中国  3 - 1  香港
レポート
横浜国際総合競技場横浜
観客数: 17,400人

日本  0 - 0  韓国
レポート
横浜国際総合競技場横浜
観客数: 62,633人


優勝国[編集]

 東アジアサッカー選手権2003優勝国 

韓国
初優勝

表彰[編集]

受賞選手・チーム 備考
大会MVP 韓国の旗 柳想鐵 優勝
得点王 日本の旗 久保竜彦 2得点
最優秀GK 日本の旗 楢崎正剛
最優秀DF 韓国の旗 崔真喆
フェアプレー賞  香港 1回目

備考[編集]

  • 本来本大会を開催する予定だった時期の同年5月31日(日韓W杯1周年の日に当たる)には日韓戦が国立霞ヶ丘陸上競技場で行われた。この試合もフジテレビが中継した。

外部リンク[編集]