松村和彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

松村 和彦(まつむら かずひこ、1963年7月17日 - )は、広島県出身のサッカー審判員サッカー指導者。

筑波大学卒業。1995年12月に1級審判登録され、主にJリーグDivision 1で主審を務めている。また、2008年までは国際主審でもあった。

少々の接触プレーではほとんどファウルを取らない、Jリーグでも屈指の「流す主審」として知られる。時に明らかなファウルすら流して物議をかもすことはあるが、頻繁にプレーを止めて試合を壊すことのない、その判定姿勢は評価が高い。

1999年にはアメリカ・メジャーリーグサッカー(MLS)で主審を務めた。(日本人では上川徹に次いで2人目)。

正職は広島県広島県立広島工業高等学校の体育教師で、同校サッカー部監督も務める。 2017年現在

外部リンク[編集]