飯田淳平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
飯田 淳平
個人情報
誕生日 (1981-08-14) 1981年8月14日(36歳)
出身地 日本の旗 日本神奈川県小田原市
他職業 なし
国内
リーグ 役割
2007 - Jリーグ 主審
国際
リーグ 役割
2011 - FIFA選出 主審

飯田 淳平(いいだ じゅんぺい、1981年8月14日 - )は、神奈川県小田原市出身のサッカー審判員

2011年から、国際審判員として活躍している。

来歴[編集]

明法中学・高等学校から東京学芸大学・同大学院卒業。2011年3月まで東京都内の中高一貫校で非常勤講師をしていた。

2004年日本サッカー協会(JFA)が開設した審判員養成機関「レフェリーカレッジ」の1期生であり、2005年12月に1級審判員に登録された。

2007年8月からはJ2リーグの主審に、2009年3月からはJ1リーグの主審に登録。2011年1月から国際主審に登録された。

2011年4月からは日本サッカー協会とプロフェッショナルレフェリー契約を結び、以降プロの審判員として活動中である。

話題となった判定[編集]

  • 2009年4月15日J2第8節・東京ヴェルディサガン鳥栖戦(味の素スタジアム)で、東京Vのキックオフからのバックパスに反応して抜け出した鳥栖のFW池田圭を東京VのMF菅原智が倒したため、「決定的な場面における意図的に手を使っての得点機会阻止」として菅原にレッドカードを出し退場処分の判定。「開始9秒での退場」は世界最速の退場記録となった[1]
  • 2016年2月20日の、FUJI XEROX SUPER CUP2016サンフレッチェ広島ガンバ大阪戦の後半12分、広島MF柏好文の左からのクロスをG大阪DF丹羽大輝がペナルティエリア内でブロックした際、丹羽は顔面ブロックで防いだようにも見えたが、これを飯田は丹羽の左腕に当たったと判断しPKの判定を与える。このジャッジについて、丹羽は終了直後に飯田にあいさつをした際に飯田が誤審を認めたと証言したが、飯田はこの発言を否定している[2]。その後、審判委員長の上川徹は2016年2月24日に「映像で見ると顔に当たっているように見える」と、この判定が誤審であったことを認めている[3]。上川は飯田のポジショニングがややハーフウェーライン寄りでボールから離れていた点、スライディングをした丹羽が高く手を上げていたため意図的に手でクロスを防いだと誤認しやすかった点などを指摘した上で「ああいう判定を繰り返すのなら、われわれも飯田君を外すことを考えないといけない」と、連続して判定にミスが出た場合に処遇を考えるとした。
  • 2017年8月26日J1リーグ第24節・ジュビロ磐田ヴィッセル神戸戦(ヤマハスタジアム)の前半24分、磐田MFアダイウトンのゴールマウスに飛んだシュートに対して懸命に戻った神戸DF渡部博文が右手で掻き出してクリアしたが、飯田淳平主審はCKを指示。磐田側はハンドを主張して主審(飯田淳平)、副審(五十嵐泰之岩田浩義)、第4の審判員(勝又弘樹)に選手・スタッフが猛抗議したが判定は覆らなかった。試合後、渡部は「判定は自分が決めることじゃない。ジャッジに任せた」とコメント[4]し批判を浴びた。試合を中継したDAZNの映像では、渡部が明らかに右手でクリアする姿が映っており何度もリプレイされ、中継解説者の清水範久は「1人バレーボール選手が混じっている」とコメントするなど国内外で大きな話題となった。スペイン紙「ラ・バングアルディア」は「主審が目撃していない史上最も露骨なハンド」と報じた[5]。その後、2017年9月21日にJFAハウスで開催された第5回レフェリーブリーフィングで、JFA審判委員会副委員長の上川徹は「映像で見ると明らかだった。ここでは、主審の技術的な問題がある。」と誤審を説明した[6]

関連項目[編集]

脚注[編集]