荒木友輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
荒木 友輔
個人情報
誕生日 (1986-05-02) 1986年5月2日(34歳)
出身地 日本の旗 日本
東京都青梅市[1]
他職業プロフェッショナルレフェリー
国内
リーグ 役割
2012-2013 JFL 審判員
2013- Jリーグ 審判員
国際
リーグ 役割
2017- FIFA選出 審判員

荒木 友輔(あらき ゆうすけ、1986年5月2日 - )は東京都青梅市出身のサッカー審判員プロフェッショナルレフェリー国際主審VARおよびAVAR担当審判員。

来歴[編集]

都立北多摩高校サッカー部在籍中から審判員資格の取得をはじめ、法政大学文学部在学中に2級審判員の資格を取得[1]。2010年に大学卒業後、オフィススポデュケイションに勤務しながら福生市のジュニアサッカークラブ「GONA」にてコーチとして活動する傍ら、日本サッカー協会 (JFA) の審判養成学校であるJFAレフェリーカレッジに7期生として入学し、2011年に1級審判員の資格を取得[1]

2012年から日本フットボールリーグ (JFL) の主審を務め、翌年からは日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)の主審も担当。2017年には前年限りで国際主審を引退した家本政明(當麻政明)に代わって国際主審に登録され[2]、翌2018年2月1日からプロフェッショナルレフェリーとして活動している[1]。FC東京戦で笛を吹くとFC東京の勝率が異常に高くなる審判として有名。

議論を呼んだ判定[編集]

2021年4月7日に行われたJ1リーグFC東京対北海道コンサドーレ札幌の一戦で札幌DFキム・ミンテがFC東京FWディエゴ・オリヴェイラをタッチライン際でファールで倒したさいに、当初はイエローカードを提示。その後FC東京DF森重真人が執拗に抗議し、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)を実施。キム・ミンテにレッドカードを出した。選手によるVAR要求を認めたのと、ゴールから程遠い場所でのファールにレッドカードを出し、ネット上ではさまざまな意見が噴出した。[3]

出場記録[編集]

国内公式戦
J1 J2 J3 リーグカップ
主審 副審 主審 副審 主審 副審 主審 副審
2013 0 0 8 0 - - 0 0
2014 0 0 0 0 12 12 0 0
2015 0 0 19 0 0 0 0 0
2016 10 0 11 0 0 0 4 0
2017 12 0 5 0 0 0 3 0
2018 20 0 3 0 0 0 4 0
2019 18 0 3 0 0 0 5 0
2020 22 0 8 0 0 0 1 0
2021
通算 82 0 57 0 12 12 17 0
  • その他の国内公式戦
    • 全国高等学校総合体育サッカー競技大会 (2010)
    • 関東大学サッカーリーグ (2011、2012、2014)
    • 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ (2011、2012、2014)
    • 総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント (2011)
    • 関西学生サッカーリーグ (2011)
    • 天皇杯 JFA 全日本サッカー選手権 (2012〜)
    • 日本フットボールリーグ(JEL) (2012、2013)
    • 全国高等学校サッカー選手権 (2012〜2017)
    • 日本クラブユースサッカー選手権 (2012、2013)
    • 全日本大学サッカー選手権 (2012〜2014)
    • 全国地域サッカーチャンピオンズリーグ (2012)
    • 富士ゼロックススーパーカップ (2021)

関連項目[編集]

注記[編集]

出典[編集]