深野悦子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
深野 悦子
個人情報
フルネーム FUKANO Etsuko
誕生日 (1972-02-09) 1972年2月9日(47歳)
出身地 日本の旗 日本
大分県
国内
リーグ 役割
2003年 - 2012年 日本女子サッカーリーグ 審判員
国際
リーグ 役割
2006年 - 2012年 FIFA選出 審判員

深野 悦子(ふかの えつこ、1972年2月9日 - )は、日本の元サッカー審判員である。

概要[編集]

早稲田大学ア式蹴球部女子に所属していた1992年に4級審判員の資格を取得。2003年に女子1級審判員の資格を取得し日本女子サッカーリーグで主審を務める。

2006年FIFAのライセンスを取得し、国際主審として活躍[1]AFC U-19女子選手権20072008 FIFA U-17女子ワールドカップ2010 FIFA U-20女子ワールドカップで主審を務めた後、2011年FIFA女子ワールドカップの審判団に選ばれ[2]2011 FIFA女子ワールドカップにおいて2試合で主審を務めた。

2012年シーズン限りで第一線を退いた[3]

担当した主な国際大会[編集]

脚注[編集]

  1. ^ FIFA女子ワールドカップ ドイツ2011(6/26~7/17)に日本人レフェリーが選出 日本サッカー協会、2011年4月15日掲載、2012年9月14日閲覧。
  2. ^ 【FIFA女子ワールドカップ】深野悦子主審と高橋早織副審にも注目! 日本サッカー協会、2011年6月20日掲載、2012年9月14日閲覧。
  3. ^ サッカー1級審判員・女子1級審判員今季勇退者 日本サッカー協会プレスリリース 2013年1月7日付

外部リンク[編集]