2011 FIFA女子ワールドカップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
2011 FIFA女子ワールドカップ
Fußball-Weltmeisterschaft Der Frauen 2011
開会式の様子
大会概要
開催国 ドイツの旗 ドイツ
日程 2011年6月26日 - 7月17日
チーム数 16
開催地数  (9都市)
大会結果
優勝  日本 (1回目)
準優勝  アメリカ合衆国
3位  スウェーデン
4位  フランス
大会統計
試合数 32試合
ゴール数 86点
(1試合平均 2.69点)
総入場者数 845,751人
(1試合平均 26,430人)
得点王 日本の旗 澤穂希 (5得点)
最優秀選手 日本の旗 澤穂希
2007
2015

2011 FIFA女子ワールドカップ: 2011 FIFA Women's World Cup)は、2011年6月26日から7月17日にかけて、ドイツで開催された第6回目のFIFA女子ワールドカップ。また、本大会はサッカーの世界選手権では男女を通じて史上初めてアジアのチームが優勝した大会である。

開催までの経緯[編集]

女子ワールドカップは1991年から4年に一度、男子大会の翌年(夏季オリンピックの前年、冬季オリンピックの翌年)に開催されてきたが、第6回大会については一時、男子大会と同じ年に開催することも検討された。しかし最終的にはそれまでと同様、4年後の開催となった。

開催地にはドイツカナダフランススイスペルーオーストラリアが立候補を表明したが、1995年スウェーデン大会以来となる2度目のヨーロッパ開催を実現させるために、2007年夏にフランスとスイスが立候補を辞退。2007年中国大会終了後の10月にはオーストラリア、ペルーが相次いで立候補を取り下げ。最終的にカナダとドイツの2ヶ国から10月30日に行われたFIFA理事会で、開催地がドイツに決定された。 参加国数については、第5回大会の16ヶ国から20ないし24へ拡大する案があったが、大会の質が低下する懸念から却下された[1]

出場国[編集]

2008年10月24日に大陸連盟別の出場枠が以下の通り決定された[2]。なおFIFAは、所属する国・地域の3分の1未満しか大陸予選に出場しない大陸連盟がある場合、その連盟の出場枠を見直すとしている[2][注 1]

出場選手は2011 FIFA女子ワールドカップ参加チームを参照。

大陸連盟 出場
枠数
予選大会
予選順位
出場国・地域 出場回数 備考
UEFA 1+4.5 開催国  ドイツ 6大会連続6回目
ヨーロッパ予選 1組 1位  フランス 2大会ぶり2回目
2組 1位  ノルウェー 6大会連続6回目
5組 1位  イングランド 2大会連続3回目
8組 1位  スウェーデン 6大会連続6回目
AFC 3 女子アジアカップ 優勝  オーストラリア 5大会連続5回目
準優勝  北朝鮮 4大会連続4回目
3位  日本 6大会連続6回目
CAF 2 アフリカ女子選手権 優勝  ナイジェリア 6大会連続6回目
準優勝  赤道ギニア 初出場
CONCACAF 2.5 女子ゴールドカップ 優勝  カナダ 5大会連続5回目
準優勝 メキシコの旗 メキシコ 3大会ぶり2回目
3位  アメリカ合衆国 6大会連続6回目
CONMEBOL 2 スダメリカーノ・フェメニーノ 優勝  ブラジル 6大会連続6回目
準優勝  コロンビア 初出場
OFC 1 OFC女子ネイションズカップ 優勝  ニュージーランド 2大会連続3回目
  • 備考欄の「☆」は欧州予選プレーオフ、「○」は大陸間プレーオフに勝利の上、出場が決定したチーム。

本大会[編集]

賞金[編集]

FIFAからの賞金は、以下の通り[3]

成績 金額 備考
優勝 1,000,000.USドル 約8000万円
準優勝 800,000.USドル 約6300万円
3位 650,000.USドル
4位 550,000.USドル
ベスト8 350,000.USドル
グループリーグ敗退 250,000.USドル

会場一覧[編集]

*印は、命名権の関係で大会期間中のみ名称を変更している会場を示す。(訳注:本記事ではこれらの会場名について、英語「FIFA Women's World Cup Stadium」およびドイツ語「FIFA Frauen-WM-Stadion」を「FIFA女子ワールドカップスタジアム」と訳する。)

ベルリン フランクフルト メンヒェングラートバッハ
ベルリン・オリンピアシュタディオン FIFA女子ワールドカップスタジアム・フランクフルト シュタディオン・イム・ボルシア・パルク
収容人数: 74,244人 収容人数: 49,240人 収容人数: 46,297人
Olympicstadium2.jpg Borussia Park Mönchengladbach.jpg
ドレスデン レバークーゼン ジンスハイム
ルドルフ・ハルビッヒ・シュタディオン FIFA女子ワールドカップスタジアム・レバークーゼン ライン・ネッカー・アレーナ
収容人数: 32,085人 収容人数: 30,200人 収容人数: 25,641人
Germany vs Canada in Dresden (pic23).JPG BayArena neu 2009.jpg
アウクスブルク ヴォルフスブルク ボーフム
FIFA女子ワールドカップスタジアム・アウクスブルク アレーナ・イム・アラーパルク FIFA女子ワールドカップスタジアム・ボーフム
収容人数: 25,579人 収容人数: 25,361人 収容人数: 23,000人
Impuls arena 06-2009.JPG Wolfsburg stadion.jpg Rewirpowerstadion Ruhrstadion Bochum sp1010714.jpg

組み合わせ抽選[編集]

本大会の組み合わせ抽選は、2010年11月29日ドイツフランクフルトで行われた[4]。組み合わせ抽選の方法は以下の通り[5]

  • まず、出場16チームを4チームずつ4つの"ポット"に分ける。
    • この際、開催国のドイツおよび、UEFA以外の各地区連盟で世界ランク最上位チームのうち上位3チーム[6]をシードチームとしてポット1に割り当てる。それ以外のチームを地域別にポット2・3・4に割り当てる。
  • 1グループに、各ポットから1チームを割り当てる。ただしUEFA以外については、同一の地区連盟に所属するチームは同じグループには割り当てられないようにする(例えばポット2の抽選でオーストラリアおよび北朝鮮は、ポット1で日本が入った組には入らないよう割り振る)。
ポット1
(シード国)
 ドイツ /  アメリカ合衆国 /  ブラジル /  日本
ポット2
AFC/CONCACAF
 オーストラリア /  北朝鮮 /  メキシコ /  カナダ
ポット3
CAF/CONMEBOL/OFC
 ナイジェリア /  赤道ギニア /  コロンビア /  ニュージーランド
ポット4
UEFA
 フランス /  ノルウェー /  イングランド /  スウェーデン

試合[編集]

結果の概要[編集]

決勝戦では日本アメリカ合衆国PK戦の末勝利し、FIFA女子ワールドカップにおける4ヶ国目の優勝国となっただけでなく、サッカーの世界選手権では男女を通じて、初めてアジアの国が優勝国となった。(それまでのアジアの最高成績は男女を通じても1999年の女子W杯の中国の準優勝である。)[7]

ヨーロッパUEFA)のチームにとっては、この大会がロンドンオリンピック女子サッカー競技の予選(ヨーロッパの出場枠は、開催国のイギリスイングランドスコットランドの2カ国統一チーム)を除いて2)を兼ねており[8]、準決勝に進出したフランススウェーデンが出場権を獲得[7]した。なお、3連覇を狙っていた開催国ドイツは準々決勝で日本に0-1で敗れベスト8に終わり、オリンピックにおいて女子サッカー競技が始まった1996年以来史上初めて出場を逃した。

前回はグループリーグを1位で通過したチーム(ドイツ、ブラジル、アメリカ合衆国、ノルウェー)が全て準決勝に進出したものの、今回の大会では1位通過のドイツ・ブラジル・イングランドが準々決勝で姿を消し、準決勝に残ったのはスウェーデン1カ国のみとなった。

一方、決勝に進出した日本とアメリカはともにグループリーグ2位通過からの勝ち上がりであったが、両チームともそれぞれの大陸予選では最後の1枠の順位であり、しかもアメリカについてはイタリアとの大陸間予選プレーオフによる出場権獲得であった。

ドーピング問題[編集]

6月28日、コロンビアジネト・バロンドーピング規定に違反したとして、出場停止処分を科された[9]。後日FIFAは同選手に対し、2年間の出場資格停止処分を科した[10]

7月6日には、北朝鮮の選手2人がドーピング規定に違反したとして、同日のコロンビア戦の出場停止処分を科された[11]。その後北朝鮮の全選手が検査を受けた結果、さらに3人の違反が判明した[12]。後日FIFAは北朝鮮に対し、これら5選手に1年2ヶ月〜1年6ヶ月の出場資格停止処分を科したほか、北朝鮮の次回(2015年)大会の出場資格を予選(=アジアカップ2014)を含め剥奪した[10]

グループリーグ[編集]

グループ A[編集]


チーム







1  ドイツ 9 3 3 0 0 7 3 +4
2  フランス 6 3 2 0 1 7 4 +3
3  ナイジェリア 3 3 1 0 2 1 2 -1
4  カナダ 0 3 0 0 3 1 7 -6







グループ B[編集]


チーム







1  イングランド 7 3 2 1 0 5 2 +3
2  日本 6 3 2 0 1 6 3 +3
3  メキシコ 2 3 0 2 1 3 7 -4
4  ニュージーランド 1 3 0 1 2 4 6 -2







グループ C[編集]


チーム







1  スウェーデン 9 3 3 0 0 4 1 +3
2  アメリカ合衆国 6 3 2 0 1 6 2 +4
3  北朝鮮 1 3 0 1 2 0 3 -3
4  コロンビア 1 3 0 1 2 0 4 -4







グループ D[編集]


チーム







1  ブラジル 9 3 3 0 0 7 0 +7
2  オーストラリア 6 3 2 0 1 5 4 +1
3  ノルウェー 3 3 1 0 2 2 5 -3
4  赤道ギニア 0 3 0 0 3 2 7 -5







決勝トーナメント[編集]

準々決勝 準決勝 決勝
                   
7月9日 ヴォルフスブルク        
  ドイツ 0
7月13日 フランクフルト
  日本 (aet) 1  
  日本 3
7月10日 アウクスブルク
    スウェーデン 1  
  スウェーデン 3
7月17日 フランクフルト
  オーストラリア 1  
  日本 (PK) 2 (3)
7月9日 レバークーゼン
    アメリカ合衆国 2 (1)
  イングランド 1 (3)
7月13日 メンヒェングラートバッハ
  フランス (PK) 1 (4)  
  フランス 1 3位決定戦
7月10日 ドレスデン
    アメリカ合衆国 3  
  ブラジル 2 (3)   スウェーデン 2
  アメリカ合衆国 (PK) 2 (5)     フランス 1
7月16日 ジンスハイム

準々決勝[編集]






準決勝[編集]




3位決定戦[編集]



決勝[編集]



最終結果[編集]

優勝国[編集]

 2011 FIFA女子ワールドカップ優勝国 

日本
初優勝

総合順位[編集]


国・地域名 成績



PK
PK




1 日本の旗 日本 優勝 6 4 0 1 1 0 13 12 6 +6
2 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 準優勝 6 3 0 1 1 1 11 13 7 +6
3 スウェーデンの旗 スウェーデン 3位 6 5 0 1 0 0 15 10 6 +4
4 フランスの旗 フランス 4位 6 2 0 3 1 0 7 10 10 0
5 ブラジルの旗 ブラジル ベスト8 4 3 0 0 0 1 10 9 2 +7
6 ドイツの旗 ドイツ ベスト8 4 3 0 1 0 0 9 7 4 +3
7 イングランドの旗 イングランド ベスト8 4 2 1 0 0 1 8 6 3 +3
8 オーストラリアの旗 オーストラリア ベスト8 4 2 0 2 0 0 6 6 7 -1
9 ナイジェリアの旗 ナイジェリア グループリーグ敗退 3 1 0 2 0 0 3 1 2 -1
10 ノルウェーの旗 ノルウェー グループリーグ敗退 3 1 0 2 0 0 3 2 5 -3
11 メキシコの旗 メキシコ グループリーグ敗退 3 0 2 1 0 0 2 3 7 -4
12 ニュージーランドの旗 ニュージーランド グループリーグ敗退 3 0 1 2 0 0 1 4 6 -2
13 朝鮮民主主義人民共和国の旗 北朝鮮 グループリーグ敗退 3 0 1 2 0 0 1 0 3 -3
14 コロンビアの旗 コロンビア グループリーグ敗退 3 0 1 2 0 0 1 0 4 -4
15 赤道ギニアの旗 赤道ギニア グループリーグ敗退 3 0 0 3 0 0 0 2 7 -5
16 カナダの旗 カナダ グループリーグ敗退 3 0 0 3 0 0 0 1 7 -6

得点ランキング[編集]

順位 選手名 得点数
1 日本の旗 澤穂希 5
2 ブラジルの旗 マルタ 4
アメリカ合衆国の旗 アビー・ワンバック
4 スウェーデンの旗 リサ・ダールクヴィスト 3

表彰[編集]

受賞者、受賞国は以下の通り[13][14]

大会最優秀選手[編集]

ゴールデンボール シルバーボール ブロンズボール
日本の旗 澤穂希 アメリカ合衆国の旗 アビー・ワンバック アメリカ合衆国の旗 ホープ・ソロ

得点王[編集]

ゴールデンブーツ シルバーブーツ ブロンズブーツ
日本の旗 澤穂希 ブラジルの旗 マルタ アメリカ合衆国の旗 アビー・ワンバック
5得点 4得点 4得点

その他の賞[編集]

ゴールデングローブ 最優秀若手選手 フェアプレー賞
アメリカ合衆国の旗 ホープ・ソロ オーストラリアの旗 ケイトリン・フォード 日本の旗 日本

オールスターチーム[編集]

GK DF MF FW

日本の旗 海堀あゆみ
アメリカ合衆国の旗 ホープ・ソロ

オーストラリアの旗 エリーズ・ケロンド=ナイト
ブラジルの旗 エリカ
イングランドの旗 アレックス・スコット
フランスの旗 ソニア・ボンパストル
フランスの旗 ローラ・ジョルジュ
ドイツの旗 ザスキア・バルトゥジアク

イングランドの旗 ジル・スコット
赤道ギニアの旗 ヘノベバ・アニョンマ
フランスの旗 ルイザ・ネシブ
日本の旗 宮間あや
日本の旗 大野忍
日本の旗 澤穂希
ドイツの旗 ケルシュティン・ガーレフレケス
スウェーデンの旗 カロリーネ・セゲル
アメリカ合衆国の旗 シャノン・ボックス
アメリカ合衆国の旗 ローレン・チェニー

ブラジルの旗 マルタ
スウェーデンの旗 ロッタ・シェリン
アメリカ合衆国の旗 アビー・ワンバック

テレビ中継[編集]

ドイツでは公共放送局であるARDZDFが全32試合を生中継した。アメリカではESPNESPN2が全32試合を生中継した。ヨーロッパではユーロスポーツが全32試合を放送しヨーロッパの34の国と地域で放映された[15]イギリスではイングランド戦をBBC Red Buttonで生中継し[16]、決勝戦はBBC Threeで生中継した。またこの大会はカナダやオーストラリアといった国のほか、アルジャジーラなどでも放送された[17]

日本ではNHKおよびフジテレビが放映権を獲得し[18][19]、NHKはNHK BS1にて決勝トーナメント全試合およびグループリーグ戦にて合計15試合前後放送予定[18]、フジテレビはCSチャンネルであるフジテレビNEXTにて日本代表の試合を中心に放送予定であると発表した[19]。決勝トーナメントのうち、準決勝・決勝戦のみがフジテレビにて地上波放送された[20]

その他[編集]

大会マスコットのカーラ・キック
  • 大会のマスコットキャラクターをモチーフにした「カーラ・キック(Karla Kick)」
  • 前年の2010 FIFAワールドカップで全予想を的中させたタコパウル(2010年のW杯後に死亡)の後継者を決めるべくこの大会では8匹のタコによる予想が行われたが、パウル程の高い的中率を達成したタコがいなかったため結局後継者は決まらなかった[21]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ なお、今大会における各大陸連盟の「予選出場チーム数÷所属チーム数」は以下の通り。
    大陸連盟 予選出場
    チーム数(*)
    所属する
    国・地域数(**)
    割合
    AFC 18 46 39.1%
    CAF 24 53 45.3%
    OFC 8 11 72.7%
    CONCACAF 26 35 74.3%
    UEFA 42 53 79.2%
    CONMEBOL 10 10 100.0%

    (*)UEFAは予選免除のドイツを含んだ数 (**)大陸連盟に所属しているもののFIFA未加盟であるチームは除く

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ FIFA keeps 16 teams for 2011 Women's World Cup, rejects attempt to increase to 24”. ESPN (2008年3月14日). 2011年4月26日閲覧。(日本語:「FIFA、2011年女子W杯は16チームのままとし、24チームへの拡大は行わず」)
  2. ^ a b FIFA Women's World Cup 2011”. 国際サッカー連盟 (2008年11月14日). 2012年5月27日閲覧。
  3. ^ 参照:Statistical Kit: History and Numbers 6ページ Prize Money [1]
  4. ^ Germany 2011 takes shape”. 国際サッカー連盟 (2010年11月29日). 2011年4月18日閲覧。
  5. ^ Germany 2011: Draw procedure”. 国際サッカー連盟 (2010年11月28日). 2011年4月18日閲覧。
  6. ^ Jack Bell (2010年11月29日). “Women’s World Cup Draw; U.S. Opens Against North Korea”. ニューヨーク・タイムズ. 2011年4月18日閲覧。
  7. ^ a b Japan claim maiden title”. 国際サッカー連盟 (2011年7月20日). 2011年7月30日閲覧。
  8. ^ FIFA.com - Women's Olympic Football Tournament: Qualifiers
  9. ^ Colombian player Yineth Varon provisionally suspended following anti-doping test”. 国際サッカー連盟 (2011年6月28日). 2016年8月2日閲覧。
  10. ^ a b FIFA Disciplinary Committee decisions for Germany 2011”. 国際サッカー連盟 (2011年8月25日). 2016年8月2日閲覧。
  11. ^ Two players from Korea DPR provisionally suspended following anti-doping tests”. 国際サッカー連盟 (2011年7月7日). 2016年8月2日閲覧。
  12. ^ Adverse analytical findings recorded for three additional players from Korea DPR”. 国際サッカー連盟 (2011年7月16日). 2016年8月2日閲覧。
  13. ^ Double delight for Sawa (英語) FIFA公式サイト 2011.7.18付ニュースリリース
  14. ^ Hyundai driving support for young talent (英語) FIFA公式サイト 2011.7.15付ニュースリリース
  15. ^ 2011 FIFA Women’s World Cup Schedule on ESPN. ESPNMediaZone. 23 March 2011. Accessed 16 June 2011.
  16. ^ BBC follows England in 2011 FIFA Women's World Cup. BBC Online. 20 May 2011. Accessed 16 June 2011.
  17. ^ FIFA. “Unprecedented TV coverage of FIFA Women’s World Cup 2011”. FIFA.com. 2011年6月14日閲覧。
  18. ^ a b サッカー 2011FIFA女子ワールドカップ ドイツ大会 の放送について (PDF) NHKオンライン 2011.4.20付リリース
  19. ^ a b SPORTS FIFA 女子ワールドカップ ドイツ 2011 フジテレビONE TWO NEXT 2011.10.2 04:54 (UTC) 閲覧
  20. ^ SPORTS EVENTS 放送カレンダー 2011年7月 フジテレビジョン 2011.10.2 05:05 (UTC) 閲覧
  21. ^ ベルリンのタコ「オフィラ君」が優勝 女子W杯“予言”競争で産経新聞 2011年7月19日 2011年10月23日閲覧)

外部リンク[編集]