サッカーカナダ女子代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Football pictogram.svg サッカーカナダ女子代表
国または地域 カナダの旗 カナダ
協会 カナダサッカー協会(CSA)
愛称 Big red
監督 イングランドの旗 ジョン・ハードマン
最多出場選手 アンドレア・ニール(132試合)
最多得点選手 クリスティン・シンクレア(145得点)
ホームカラー
アウェイカラー
初の国際試合
1986年7月7日
カナダの旗 カナダ 1 - 0  アメリカ合衆国
(アメリカ合衆国ミネソタ州)
最大差勝利試合
1998年8月28日
カナダの旗 カナダ 21 - 0  プエルトリコ
(カナダエトビコ)
最大差敗戦試合
1995年5月19日2000年6月2日
カナダの旗 カナダ 1 - 9  アメリカ合衆国
(1995年:アメリカ合衆国テキサス州
2000年:オーストラリアシドニー)
2001年6月19日
カナダの旗 カナダ 1 - 9  ノルウェー
(ノルウェー、ホネフォス)
女子W杯
出場回数 5回 (初出場は1995
最高成績 4位(2003)
オリンピック
出場回数 2回
最高成績 3位(2012)
CONCACAF女子ゴールドカップ
出場回数 8回
最高成績 優勝(1998, 2010)
パンアメリカン競技大会
出場回数 4回
最高成績 優勝(2011)

サッカーカナダ女子代表(―カナダじょしだいひょう)は、カナダサッカー協会 (CSA)によって構成される女子サッカーナショナルチームである。

概要[編集]

2003 FIFA女子ワールドカップでベスト4に輝いた経験があり、実力は世界の中では高い方に入るが、CONCACAF内にアメリカ合衆国がいる事もあり、出場枠がこれまで少なかったオリンピックへの出場経験は、2008年を待たなければならなかった。

カナダ代表にとって、よくも悪くも隣国アメリカの存在は大きい。代表選手の中には、アメリカの大学サッカー経験者・アメリカのクラブチーム(WPSの各クラブを含む)でプレーする選手がかなりの割合を占める。また同国と頻繁に親善試合・練習試合を行う機会もあるという。

国内各州ごとのトレセン(トレーニングセンター)制度が非常に整備された事もあってか、ここ最近は年代別代表も好成績をあげる機会が増加した。2002年開催のFIFA U-19女子選手権では、クリスティン・シンクレア (Christine Sinclair)が大会MVPと得点王をダブル受賞、2004年大会においても、ブリタニー・ティムコ (Brittany Timko)が得点王となった。シンクレア・ティムコのいずれも、現在フル代表に昇格済である。

2009年、元イタリア代表選手であり、祖国で代表監督の経験も持つカロリーナ・モラーチェが監督に就任した。

成績[編集]

ワールドカップ[編集]

  • 1991 - 予選敗退
  • 1995 - グループリーグ敗退
  • 1999 - グループリーグ敗退
  • 2003 - 4位
  • 2007 - グループリーグ敗退
  • 2011 - グループリーグ敗退
  • 2015 - (開催国)

オリンピック[編集]

キプロス・カップ[編集]

  • 2008 - 優勝
  • 2009 - 準優勝
  • 2010 - 優勝
  • 2011 - 優勝
  • 2012 - 準優勝
  • 2013 - 準優勝

CONCACAF女子ゴールドカップ[編集]

  • CONCACAF女子選手権
    • 1991 - 準優勝
    • 1993 - 3位
    • 1994 - 準優勝
    • 1998 - 優勝アメリカは大会不参加)
  • CONCACAF女子ゴールドカップ
    • 2000 - 4位
    • 2002 - 準優勝
    • 2006 - 準優勝
    • 2010 - 優勝

パンアメリカン競技大会[編集]

  • 1999 - 4位
  • 2003 - 準優勝(アメリカは大会不参加)
  • 2007 - 3位
  • 2011 - 優勝アメリカは大会不参加)

ピースクイーンカップ[編集]

  • 2006 - 準優勝
  • 2008 - 準優勝

FIFAランキング[編集]

  • 2003年から公表。現在は原則として3ヶ月ごとに発表される

(参考:FIFA女子ランキング

発表年月日 順位 変動 地域
ランク
変動
2003年7月16日 12位 -- 2位 --
2003年8月29日 12位 2位
2003年10月24日 11位 2位
2003年12月15日 11位 2位
2004年3月15日 11位 2位
2004年6月7日 11位 2位
2004年8月30日 12位 2位
2004年12月20日 11位 2位
2005年3月25日 11位 2位
2005年6月24日 12位 2位
2005年9月16日 12位 2位
2005年12月21日 13位 2位
2006年3月17日 12位 2位
2006年5月19日 11位 2位
2006年9月15日 10位 2位
2006年12月22日 11位 2位
2007年3月16日 10位 2位
2007年6月15日 9位 2位
2007年10月5日 9位 2位
2007年12月21日 9位 2位
2008年3月21日 9位 2位
2008年6月6日 9位 2位
2008年9月5日 10位 2位
2008年12月19日 11位 2位
2009年3月27日 11位 2位
2009年6月26日 11位 2位
2009年9月25日 13位 2位
2009年12月18日 12位 2位

選手[編集]

国際親善試合(対戦相手:アメリカ2009年7月19日22日)時 招集メンバー

GK

  • エリン・マクロード (Erin McLeod)
  • ステファニー・ラッブ (Stephanie Labbe)
  • カリーナ・ルブラン (Karina LeBlanc)

DF

  • シャノン・ウォーラー (Shannon Woeller)
  • ロビン・ゲイル (Robin Gayle)
  • バハール・サンサー (Bahar Sansar)
  • エミリー・ズーラー (Emily Zurrer)
  • チェルシー・ステュワート (Chelsea Stewart)
  • キャンディス・チャップマン (Candace Chapman)
  • ブリタニー・ティムコ (Brittany Timko)
  • マリー・イヴ・ノール (Marie Eve Naults)
  • ケリー・パーカー (Kelly Parker)
  • カーメリーナ・モスカート (Carmelina Moscato)
  • カーラ・ラング (Kara Lang)

MF

  • リアン・ウィルキンソン (Rhian Wilkinson)
  • ケイリン・カイル (Kaylyn Kyle)
  • ジーナ・パチェコ (Gina Pacheko)
  • ダイアナ・マシスン (Diana Matheson)
  • アリッサ・ラゴニア (Allysa Lagonia)
  • ジョディ=アン・ロビンソン (Jodi-Ann Robinson)

FW

  • クリスティナ・ジュリアン (Christina Julien)
  • クリスティン・シンクレア (Christine Sinclair)
  • メリッサ・タンクレディ (Melissa Tancredi)
  • ジョネーユ・フィリーニョ (Jonelle Filigno)

招集歴のある選手[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]