家本政明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
家本 政明
Masaaki Toma.jpg
個人情報
誕生日 (1973-06-02) 1973年6月2日(44歳)
出身地 日本の旗 日本
広島県福山市
他職業 なし
国内
リーグ 役割
2002 - Jリーグ 主審
国際
リーグ 役割
2005 - 2016 FIFA選出 主審

家本 政明(いえもと まさあき、1973年6月2日 - )は、広島県福山市出身のサッカー審判員プロフェッショナルレフェリー)。

元国際審判員で、国際審判員としては當麻 政明(とうま まさあき、TOMA Masaaki)の名義を用いていた[1]

来歴[編集]

福山市立瀬戸小学校および福山市立済美中学校時代の1年後輩に上村健一がいる。福山葦陽高校時代はDFとしてプレイし、広島県選抜にも選出された。だが、同志社大学入学後に病気のためサッカー選手を断念。一転して審判員を目指す。

同志社大学経済学部卒業後の1996年Jリーグ・京都パープルサンガ(現:京都サンガF.C.)を運営する株式会社京都パープルサンガに入社。同年に1級審判員を全国最年少で取得。

2002年からはJ2リーグで主審、2004年以降はJ1リーグでも主審を務める。但し、京都パープルサンガの職員であったため、京都サンガが関連する試合で審判を務めることは出来ない。2005年には国際主審に登録され、同年からは日本サッカー協会(JFA)のスペシャルレフェリー (SR) として活動している。

しかし、判定やピッチ上での行動に対して批判が相次ぎ「一貫性を持ったレフェリングが出来ていない」という理由でJFAから2006年9月12日付けで異例の1ヶ月間の研修(出場停止)を命じられた[2]。研修ののち、1ヶ月間香港で審判を務めた。結局、この年は再び国内で笛を吹くことはなかった。

2006年10月23日、JFA審判委員会が国際サッカー連盟(FIFA)に申請した2007年国際審判員の候補者28名のうち、7名いる国際主審に名を連ねた[3]

2007年1月2日全国高等学校サッカー選手権大会2回戦の野洲 - 真岡戦において主審を務め、国内での審判業に復帰した。2007年シーズンはJ1・J2ともに主審として復帰している。平均カード提示数はJリーグ全主審より多いものの、前年よりは減少している。「主審記録」を参照)

2008年3月、FUJI XEROX SUPER CUPでの判定を巡る騒動(後述)により、Jリーグ公式戦の無期限担当割り当て停止(2度目の出場停止処分)を受けた。その間も国際主審としての活動はこれまで通り行っており[4]AFCチャンピオンズリーグAFCカップで笛を吹いた。また国内ではJサテライトリーグや各クラブの練習試合を担当していたが、6月15日のJ2第20節、愛媛FC-水戸ホーリーホック戦でJリーグ公式戦の主審に復帰している。さらに、7月12日のJ1第16節、大宮アルディージャ - ジュビロ磐田戦からはJ1リーグ戦の主審も再び担当している。

2010年5月24日、サッカーの聖地とも称されるウェンブリー・スタジアムにおいて、国際親善試合イングランド代表 - メキシコ代表戦で日本人初の主審を務める(副審に大塚晴弘名木利幸)。

また、2011年1月1日の天皇杯決勝戦や、同年12月3日のJ1第34節(清水-G大阪[5])においても主審を務めるなど、徐々に大舞台での大役も任されるようになっている。また、同年10月30日から審判員交流研修プログラムの一環としてイングランドへ派遣され、FAカップ1回戦のブレントフォードFCベイシンストーク・タウンFC戦の主審を務めた。FAカップでイングランドサッカー協会に登録していない審判が主審を務めるのは初めて[6]

2016年に国際審判員を引退し、現在は国内のJリーグなどでプロフェッショナルレフェリーとして活動している。

経歴[編集]

選手歴[編集]

  • 福山市立瀬戸小学校
  • 福山市立済美中学校
  • 福山葦陽高校
  • 同志社大学

審判員歴[編集]

なお、当時は全国最年少の1級審判資格取得者でもあった。

人物[編集]

  • 試合のない日は自作のトレーニングメニューにより毎日個人トレーニングを実施し、担当カードが決まると対戦する両チームの直近の3試合を見て、両チームの雰囲気や状況の把握に努めているという[7]
  • 妻とは2007年末にプロポーズし2008年末に結婚。2008年のFUJI XEROX SUPER CUPのレフェリングが問題になり(後述)「半永久追放」状態になったときに精神的に支えてくれたのが妻であったといい、玉乃淳との対談では「あのとき彼女がいなかったら僕は今確実に審判を続けていないでしょう」と語っている[7]
  • また、玉乃との対談では、かつての自分のレフェリング(に批判が集まっていたこと)について「昔は血気盛んなただの世間知らずな鼻垂れ小僧でしたので、自分の考えや感情をうまくコントロールできなくて対応がうまくいかないこともあった」と述懐したうえで、「もちろん自分が未熟だからそうなっただけなので当然の報いです」と振り返っている[7]
  • 自身のFacebookアカウントを有していたが、2016年のJリーグチャンピオンシップ決勝第1戦の判定に疑問の声が上がった際、「これまで多々我慢してきましたが、今回のJCS決勝でのあまりにも理不尽な、受け入れがたい記事が多く、また、影響を与えてはならない特定の選手や関係者、ファン・サポーターの方々まで悪影響を与える可能性が多分に出てきた」としてアカウントを閉鎖している[8]

問題となった主な試合・判定[編集]

2008年[編集]

FUJI XEROX SUPER CUP3月1日)、鹿島アントラーズ - サンフレッチェ広島
前半12分に鹿島DF岩政大樹が相手GKの持つボールに左ひざを出し、2枚目のイエローカードで退場。その後、広島MF李漢宰も前半38分に退場になる。鹿島が2点リードした後半33分に、広島FW久保竜彦が鹿島MF中後雅喜と競り合って倒れた際、鹿島DF青木剛のファウルと判定してPK。広島が同点に追いついて行われたPK戦では、副審の武田進が「キッカーが蹴るより先に前に動いた」と判定したのを受けて、鹿島GK曽ヶ端準の3度のPKセーブのうち2度をやり直させた。広島の勝利に終わった試合後に家本に詰め寄って猛抗議した曽ヶ端と中後にイエローカード、手を叩く仕草をしたとされた大岩剛にレッドカードを出した[9]。結局、両チーム合計でイエローカード11枚、レッドカード3枚が提示されたこの試合の判定は、その年最初のJリーグ公式戦であり、注目度の高いスーパーカップでのものだったこともあり、マスメディアでも家本の名前と共に大きく取り上げられた。
松崎康弘日本サッカー協会(JFA)審判委員長は「判定ひとつひとつは大きく間違っていないが、十分に試合をコントロールできなかった。選手の信頼を得られなかった」と指摘し[10]、鹿島MF小笠原満男からも「一番冷静であるべきレフェリーが感情的だった[9]」と批判されるなど、家本が選手からの信頼を未だに得られていないことが浮き彫りとなった。この件について鬼武健二Jリーグチェアマンからは「審判は反省しているはず」[11]川淵三郎JFAキャプテンからも「問題があったといわざるを得ない」[12]と苦言を呈された。
その後、3月6日にはJFA審判委員会より、ゲームコントロールが悪かったとしてJリーグ試合の無期限担当割り当て停止の措置が下された。記者会見で松崎康弘審判委員長は、この措置は処分ではなく冷却期間を置くためであるとし、また判定については、一つ一つの判定自体は正しいとした上で、岩政への2回目の警告は危険なタックルとは言えず不適当なものであったこと、PKの際のGKの動作違反の厳格化については周知していなかったことを認めた[13]
記者会見に同席した家本は岩政への2回目の警告について、「早い時間に中心選手が欠けると試合に影響すると考え、警告を出すまでにちゅうちょしたことは反省している」[14]と述べた。また、選手とのコミュニケーションの取り方については、「人間味があるというか、柔らかく接することも必要」[15]などとした。

2009年[編集]

ナビスコ杯7月29日)、ガンバ大阪 - 横浜F・マリノス
ピッチのほぼ中央で横浜FMDF中澤佑二がG大阪FWルーカスのひじ打ちを受け負傷。主審の家本はそのファウルを見落としただけでなく、中澤が患部を押さえて倒れていたにもかかわらず、試合を続行した。このプレーにより中澤は右眼窩(がんか)底を骨折(全治2週間)。横浜の木村浩吉監督も「すごい音がした。すぐ止めるべき」と選手生命にも影響しかねない家本の対応に激怒した。この家本の判定を問題視した横浜F・マリノスは試合後に意見書を提出。その際に「見えていなかった」との見解を示され、クラブ側はさらに不信感を募らせた[16]。日本サッカー協会の犬飼会長は、中澤が骨折した件を踏まえ、家本ら審判に対して出場停止処分を科すことを検討したいと述べた。

2015年[編集]

J1 2nd第2節(7月15日)、ヴァンフォーレ甲府 - ベガルタ仙台
この試合で、第4の審判員の佐藤貴之は前半のアディショナルタイムを1分と掲示したが、主審の家本はアディショナルタイム突入後約20秒で前半を終了させた。掲示より早く前半が終了したため、両チームの選手やスタッフが抗議、さらにはスタジアムに訪れた観衆からも大きなブーイングを浴びる事態に発展した。その後家本はドロップボールで試合を再開させたが、約20秒後に再び前半終了の笛を吹いたため、結局アディショナルタイムはやり直しを含めても1分に満たなかった。なお、実行委員の海野一幸により、家本は佐藤にアディショナルタイムを0分と伝えていたことが証言されている[17][18]

2016年[編集]

2016Jリーグチャンピオンシップ 決勝1stレグ(11月29日)、鹿島アントラーズ - 浦和レッズ
0-0で迎えた後半11分、浦和MF柏木陽介のクロスボールに反応した浦和FW興梠慎三がペナルティーエリア内で鹿島DF西大伍と接触し、転倒。この場面で西は興梠に対して足をかけたようにも、手で押さえたようにも見えなかったが、家本は西のファウルを取り、PKの判定を与える。このPKが決勝点となり、この試合浦和が勝利する。このジャッジに対し、実況中継の解説を務めた金田喜稔が「PKになるような接触ではない」と述べたこと[19]、さらにはこのジャッジや試合を通じての判定に対して西をはじめとする鹿島の各選手が口々に不満の意を唱え[20]、当事者である興梠も「そんなに激しいタックルでは、もちろんなかった」と述べた[21]ことから物議を醸すこととなった[22]。中には、過去の誤審を引き合いに出す記事もあった[23]
もっとも、サッカーライターの石井紘人はこの判定に対して「(サッカー競技規則に照らせば)ポイントはボールにプレーできているかどうかと腰でのチャージ」として、ボールに関与せず西が腰で興梠を倒したことによるファウルの判定だとして、ジャッジが妥当なものであったと自身のコラムで述べている[19]

2017年[編集]

明治安田生命J2リーグ 第28節(8月16日)、FC町田ゼルビア - 名古屋グランパスエイト
3-3で迎えた後半42分、相手ゴール前に抜け出そうとした名古屋MF青木亮太が町田DF深津康太奥山政幸に挟まれる形で倒されると、家本はレッドカードを提示した。約5分間にわたる押し問答の末に退場を命じられたのは、プレーと全く関係ないところにいた平戸太貴だった。平戸は開始5分に先制点を決めていたが、思わぬ形でピッチを後にすることになり、不満を露骨に表しながらロッカールームへと戻っていった。平戸は、「自分がやったと言われたので、自分ではないことだけを主張し続けていたんですけど、それが覆らなかったので。どのくらい距離が離れていたかは覚えてないですけど、自分は全く関係していなかった」と述べた。また、町田の相馬直樹監督も、「(前略)非常に後味の悪い形になってしまった。今日のピッチコンディションであれば、決して決定機ではなかったと思いますが、これはレフェリーが判断すること。これ以上言っても変わりませんが、あの一つでだいぶ印象が変わってしまったのは残念です」と振り返った。一発退場による選手の取り違えはJリーグ史上二度目である[24]。なお、試合は名古屋が4-3で勝利を収めている。

著書[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Referees by Association / Japan”. 2016年4月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月8日閲覧。
  2. ^ “家本主審にレッドカード…1か月“出場停止””. スポーツ報知 (報知新聞社). (2006年9月13日) 
  3. ^ 2007年国際審判員候補者を発表”. 日本サッカー協会 (2006年10月23日). 2012年1月27日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年8月11日閲覧。
  4. ^ “家本主審に無期限割り当て停止 サッカー協会審判委”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2008年3月6日). オリジナル2009年8月27日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090827004457/http://sankei.jp.msn.com/sports/soccer/080306/scr0803061937003-n1.htm 2008年3月6日閲覧。 
  5. ^ G大阪にリーグ戦優勝の可能性が残された試合だった
  6. ^ 審判交流プログラム イングランド派遣審判員の担当試合決定”. 日本サッカー協会 (2011年11月9日). 2011年11月9日閲覧。
  7. ^ a b c 家本政明氏「審判も生活をかけている」半永久追放の1戦から、サッカー国際主審になるまで”. logmi (2016年9月22日). 2017年1月2日閲覧。
  8. ^ “CS決勝の判定で物議…家本政明主審がSNS閉鎖「これまで多々我慢してきましたが…」”. ゲキサカ (講談社). (2016年12月3日). http://web.gekisaka.jp/news/detail/?204567-204567-fl 2017年1月2日閲覧。 
  9. ^ a b “鹿島、審判にやられた!疑惑判定続発で岩政&大岩開幕戦欠場”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2008年3月2日). オリジナル2008年3月2日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080302143658/http://www.sanspo.com/soccer/top/st200803/st2008030211.html 2008年3月7日閲覧。 
  10. ^ “判定はほぼ妥当 松崎審判委員長”. スポーツナビ (Yahoo Japan). (2008年3月1日). オリジナル2008年3月5日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080305191841/http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/jleague/headlines/20080301-00000074-kyodo_sp-spo.html 2008年3月7日閲覧。 
  11. ^ “警告続出、審判の笛で波紋=ゼロックス杯サッカー”. スポーツナビ (Yahoo Japan). (2008年3月1日). オリジナル2008年3月5日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080305022005/http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/jleague/headlines/20080301-00000089-jij-spo.html 2008年3月7日閲覧。 
  12. ^ “1日ゼロックス・スーパー杯の警告乱発に川淵C「問題あった」”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2008年3月5日). オリジナル2008年3月8日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080308201056/http://www.sanspo.com/soccer/top/st200803/st2008030505.html 2008年3月7日閲覧。 
  13. ^ “ゼロックス杯で不可解判定の家本主審に“無期限出場停止””. SANSPO.COM (産経デジタル). (2008年3月7日). オリジナル2008年3月9日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080309234718/http://www.sanspo.com/soccer/top/st200803/st2008030705.html 2008年3月7日閲覧。 
  14. ^ “サッカー:家本主審問題…当面、試合から外す 日本協会”. 毎日jp (毎日新聞社). (2008年3月6日). オリジナル2008年3月9日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080309101406/http://mainichi.jp/enta/sports/soccer/news/20080307k0000m050097000c.html 2008年3月7日閲覧。 
  15. ^ “スーパー杯の家本主審、期限定めずJから外れる”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2008年3月6日). http://www.sanspo.com/sokuho/080306/sokuho054.html 2008年3月7日閲覧。 [リンク切れ]
  16. ^ “中沢、右眼窩底骨折!G大阪戦でひじ直撃…横浜M”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2009年7月31日). オリジナル2009年8月1日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090801151930/http://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/jleague/news/20090730-OHT1T00281.htm 
  17. ^ “真夏の夜の珍事! 前半終了笛鳴ったのに5分後再開”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2015年7月16日). http://www.nikkansports.com/soccer/news/1507818.html 2016年10月7日閲覧。 
  18. ^ 前代未聞のロスタイムやり直し珍事 選手呼び戻しドロップボールで再開” (2015年7月15日). 2015年7月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月7日閲覧。
  19. ^ a b 石井紘人 (2016年11月29日). “【無料/コラム:どこよりも早い家本政明審判批評採点】チャンピオンシップ浦和レッズ×鹿島アントラーズ:妥当な興梠へのPK、誤審と誤解を招く解説”. 石井紘人のFootball Referee Journal. 2017年1月2日閲覧。
  20. ^ “PK判定に不服の鹿島DF西「足もかかってないし、手も使ってない」”. ゲキサカ (講談社). (2016年11月29日). http://web.gekisaka.jp/news/detail/?204348-204348-fl 2017年1月2日閲覧。 
  21. ^ ““駆け引き”制した興梠、PK献上の元同僚DF西に掛けた言葉とは!?”. ゲキサカ (講談社). (2016年11月29日). http://web.gekisaka.jp/news/detail/?204354-204354-fl 2017年1月2日閲覧。 
  22. ^ 藤江直人 (2016年11月29日). “鹿島のVシナリオを崩した不可解ジャッジ”. THE PAGE. https://thepage.jp/detail/20161129-00000002-wordleafs 2017年1月2日閲覧。 
  23. ^ “くすぶる家本主審の微妙PK判定 大舞台でなぜ…身内からも疑問の声 2度の“出場停止処分””. 夕刊フジ. (2016年12月17日). http://www.zakzak.co.jp/sports/soccer/news/20161202/soc1612021700001-n1.htm 2017年1月2日閲覧。 
  24. ^ 2006年 J2リーグ 第6節、ヴァンフォーレ甲府対セレッソ大阪の56分に西村雄一主審からレッドカードを提示された池端陽介が退場となったが、後のJリーグ規律委員会にて人違いであったと判断され、本来退場処分を受けるべきだった桜井繁に退場処分が付け替えられた。