第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会
開催国 日本の旗 日本
開催期間 2017年4月22日-2018年1月1日
参加チーム数 88
優勝 セレッソ大阪
準優勝 横浜F・マリノス
ACL2018出場 セレッソ大阪[注 1]
試合総数 87
ゴール数 292 (1試合平均 3.36 点)
得点王 ウーゴ・ヴィエイラ
中野誠也
(5得点)
2018
テンプレートを表示

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 (だい97かい てんのうはいぜんにほんサッカーせんしゅけんたいかい)は、2017年4月22日から2018年1月1日まで開催された天皇杯全日本サッカー選手権大会

セレッソ大阪が前身のヤンマーディーゼルサッカー部時代の第54回大会(1974年)以来、43年ぶり4度目の優勝を果たした。

概要[編集]

2015年6月12日、日本サッカー協会 (JFA) はJFA/Jリーグ将来構想委員会において検討を進めているカレンダー改革の一環として、2017年以降の天皇杯について以下のような開催日程や大会フォーマットの基本指針を発表した[1]

  • 開幕を8月下旬頃から4月に移行し、準決勝は年末に、決勝は元日に開催する。
  • 試合は原則として平日に開催し、国際マッチデーには開催しない。
    • その後発表された日程では、1回戦については土日の開催となった (後述)。
  • 参加チーム数は従来通り88チームとし、前年のJ1リーグJ2リーグに所属していた40チーム+都道府県代表47チーム+ベストアマ (アマチュアシード)1チームとする。
    • その後、予選免除チームは「前年の」J1リーグ・J2リーグ所属チームではなく、「当年の」J1リーグ・J2リーグ所属チームとするものと発表された[2]
  • 大会は7回戦制で実施する (従前通り)が、AFCチャンピオンズリーグ (ACL) 出場チームのシード権を廃止し、J1・J2のクラブはすべて2回戦から出場する。

これを受けて、JFA競技運営部の天皇杯実施委員会より各都道府県のサッカー協会に対して「第97回大会から4月中旬開幕となる[3]」「第97回大会の都道府県代表の決定期限を2017年4月9日とする[4]」事の通達が行われている事が明らかになっている。これに伴い、各都道府県の代表を決めるための大会も従来より半年近く早める必要が生じ、また (選手登録の切り替わり時期である)年度途中にまたがって予選を実施する必要がある都道府県が大半であることから、半年前倒して実施する山形県[4]や、「天皇杯新日程への移行対応大会」として特殊なレギュレーションで実施する北海道[注 2]や石川県[注 3]など、各県で対応が求められている。

2017年2月16日に行われたJFA理事会で、以下の開催規程変更が承認されている[5]

  • 外国人枠の変更 (Jリーグクラブに限り、Jリーグ提携国の選手を外国人枠に数えない)
  • 警告累積規定の変更 (準々決勝までの警告累積は、準決勝以降に持ち越さない)
  • 強化費・経費等の変更 (5位への強化費を廃止し勝利チームへの強化費を増額、大会参加諸経費の廃止、旅費・宿泊費基準額の増額)

また、この理事会で、決勝戦を埼玉スタジアム2002 (埼玉県さいたま市緑区)で行うことが承認された[5]。天皇杯の決勝戦が埼玉県で行われるのは、第36回大会 (1956年)が県営陸上競技場 (大宮市=現・さいたま市大宮区)で行われて以来61大会振り[6]

2017年6月19日、競技普及の観点から、本大会の3回戦から準々決勝までの会場選定にあたっては、原則として「対戦カードの下位カテゴリーチームが所属する都道府県の会場を優先して開催する」ことをJFAが明らかにした[7]。同カテゴリの場合は対戦カードの左側(トーナメントポジションの上位)の会場にて開催するが、会場の都合(スケジュールやスタジアムのスペックなど)、さらにはAFCチャンピオンズリーグ2017のスケジュールを考慮した場合などの例外が設けられている。

日程[編集]

日程と出場枠については2016年12月8日に日本サッカー協会から発表された[2]。1回戦については「様々な課題を解決する必要が出てきたため」との理由から土日開催となったが、2回戦から準々決勝まではすべて平日 (水曜日)に開催される[8]

試合 開催日 参加チーム数変動 備考
1回戦 4月22、23日 48 (1+47) → 24 アマチュアシード、都道府県代表の参加
2回戦 6月21日 64 (24+18+22) → 32 J1・J2チームの参加
3回戦 7月12日 32 → 16
4回戦 9月20日 16 → 8
準々決勝 10月25日 8 → 4
準決勝 12月23日 4 → 2
決勝 1月1日 2 → 1

出場チーム[編集]

以下の「出場回数」についてはJFAの公式記録に基づくが、基本的には「前身となるチーム (クラブ化前の実業団チーム、など)からの通算回数」としている。ただし、一部に例外もある。

J1リーグ[編集]

2017年のJ1リーグ所属の全18チーム[2]

チーム 出場回数
北海道コンサドーレ札幌 37回目
ベガルタ仙台 24回目
鹿島アントラーズ 34回目
浦和レッズ 53回目
大宮アルディージャ 23回目
柏レイソル 50回目
FC東京 24回目
川崎フロンターレ 34回目
横浜F・マリノス 40回目[備考 1]
チーム 出場回数
ヴァンフォーレ甲府 26回目
アルビレックス新潟 26回目
清水エスパルス 26回目
ジュビロ磐田 41回目
ガンバ大阪 37回目
セレッソ大阪 49回目
ヴィッセル神戸 31回目
サンフレッチェ広島 66回目
サガン鳥栖 26回目[備考 2]

J2リーグ[編集]

2017年のJ2リーグ所属の全22チーム[2]

チーム 出場回数
モンテディオ山形 26回目
水戸ホーリーホック 22回目
ザスパクサツ群馬 15回目
ジェフユナイテッド千葉 53回目
東京ヴェルディ 43回目
FC町田ゼルビア 06回目
横浜FC 19回目
湘南ベルマーレ 46回目
松本山雅FC 12回目
ツエーゲン金沢 14回目
名古屋グランパス 41回目
チーム 出場回数
FC岐阜 12回目
京都サンガF.C. 35回目
ファジアーノ岡山 10回目
レノファ山口FC 14回目
カマタマーレ讃岐 19回目
徳島ヴォルティス 29回目
愛媛FC 19回目
アビスパ福岡 26回目
大分トリニータ 22回目
V・ファーレン長崎 11回目
ロアッソ熊本 18回目

アマチュアシードチーム[編集]

日本フットボールリーグ (JFL) からの推薦チーム[2]

チーム 所属リーグ 出場回数
Honda FC JFL 2年連続37回目

都道府県代表[編集]

山梨県代表は1月29日[9]に、香川県代表は3月4日[10]に、北海道・群馬・徳島・愛媛・高知・長崎・熊本の1道6県代表はは4月2日[11]に、京都府代表は4月7日[12]、埼玉・東京・長野・愛知の1都3県代表は4月8日[13]に、それ以外の33府県代表は4月9日[14]にそれぞれ決定した。

都道府県 チーム 所属リーグ 出場回数
北海道 ノルブリッツ北海道FC 北海道 03年ぶり06回目
青森県 ヴァンラーレ八戸 JFL 06年連続07回目
岩手県 グルージャ盛岡 J3 10年連続11回目
宮城県 ソニー仙台FC JFL 02年連続19回目
秋田県 ブラウブリッツ秋田 J3 16年連続24回目
山形県 FCパラフレンチ米沢 東北2部南 08年ぶり02回目
福島県 いわきFC 福島県1部 初出場
茨城県 筑波大学 関東大学1部 02年連続30回目[備考 3]
栃木県 栃木ウーヴァFC JFL 05年連続09回目
群馬県 tonan前橋 関東2部 03年ぶり04回目
埼玉県 東京国際大学 関東大学1部 03年連続05回目
千葉県 ブリオベッカ浦安 JFL 03年ぶり03回目
東京都 国士舘大学 関東大学2部 09年ぶり15回目
神奈川県 Y.S.C.C.横浜 J3 03年ぶり07回目
山梨県 韮崎アストロス 山梨県SPL 02年ぶり14回目
長野県 AC長野パルセイロ J3 06年連続07回目
新潟県 新潟医療福祉大学 北信越大学1部 02年連続02回目
富山県 カターレ富山 J3 02年連続09回目
石川県 北陸大学 北信越大学1部 03年連続03回目
福井県 サウルコス福井 北信越1部 06年連続09回目
静岡県 アスルクラロ沼津 J3 初出場
愛知県 FCマルヤス岡崎 JFL 02年ぶり03回目
三重県 鈴鹿アンリミテッドFC 東海1部 02年連続04回目
岐阜県 岐阜経済大学 東海学生1部 03年ぶり02回目
都道府県 チーム 所属リーグ 出場回数
滋賀県 びわこ成蹊スポーツ大学 関西学生1部 03年ぶり05回目
京都府 アミティエSC京都 関西1部 05年ぶり02回目[備考 4]
大阪府 FC大阪 JFL 02年ぶり03回目
兵庫県 バンディオンセ加古川 関西1部 02年連続08回目
奈良県 奈良クラブ JFL 09年連続09回目
和歌山県 アルテリーヴォ和歌山 関西1部 09年連続09回目
鳥取県 ガイナーレ鳥取 J3 18年連続20回目
島根県 松江シティFC 中国 03年連続04回目
岡山県 三菱水島FC 中国 08年ぶり11回目
広島県 SRC広島 中国 02年連続04回目
山口県 徳山大学 中国大学1部 02年連続09回目
香川県 アルヴェリオ高松 四国 02年連続02回目
徳島県 FC徳島セレステ 四国 02年連続02回目
愛媛県 FC今治 JFL 09年連続09回目
高知県 高知ユナイテッドSC 四国 02年連続02回目[備考 5]
福岡県 ギラヴァンツ北九州 J3 10年連続10回目[備考 6]
佐賀県 佐賀大学 九州大学1部 03年ぶり08回目
長崎県 MD長崎 長崎県1部 02年連続02回目
熊本県 熊本教員蹴友団 九州 03年ぶり03回目
大分県 ヴェルスパ大分 JFL 02年ぶり07回目
宮崎県 宮崎産業経営大学 九州大学1部 04年ぶり05回目
鹿児島県 鹿児島ユナイテッドFC J3 04年連続04回目[備考 7]
沖縄県 FC琉球 J3 08年連続11回目

出場回数に関する備考

  1. ^ 日産自動車サッカー部→横浜マリノスからの出場回数を含む。なお、横浜フリューゲルス (1999年に統合)の出場回数 (13回)は含まない。
  2. ^ 鳥栖フューチャーズの出場回数 (5回)を含む (なお、鳥栖と鳥栖Fには組織としての連続性はない。当該項参照)。
  3. ^ 茗友クラブ (3回出場)の出場回数は含まない。
  4. ^ 前身の教育研究社およびFC KYOKEN京都の出場回数 (3回)を含まない。
  5. ^ 前身のアイゴッソ高知 (「南国高知FC」として3回出場)の出場回数は含まない。
  6. ^ 前身の三菱化成黒崎サッカー部の出場回数 (4回)を含まない。
  7. ^ 前身のヴォルカ鹿児島 (6回出場)およびFC KAGOSHIMA (1回出場、別に前身の鹿屋体育大学クラブで1回出場)の出場回数は含まない。

試合結果[編集]

1回戦から3回戦の組み合わせは、2017年2月16日に発表された。

1回戦[編集]

2回戦[編集]

3回戦[編集]

試合会場と開始時刻は2017年6月22日に発表された。

注釈
  1. ^ 雷雨のため65分(後半20分)で中断し、そのまま中止となった[15](中断時点では0 - 1で名古屋リードであった)。試合再開方法等について、JFAと主管協会である愛知県サッカー協会が協議した結果、試合を中断した時点(65分)からの再開とし、試合記録も引き継がれることに決定した。また、交代人数も中断時点での残りの人数を適用し、出場選手も怪我等の理由がない限り中断時と同じメンバーで行うことになった。再開試合は2017年8月2日の19:00から同会場で開催[16]。観客動員数は7月12日(2,210人)と8月2日(1,703人)の合計。

ラウンド16 (4回戦)[編集]

ラウンド16 (4回戦)の抽選は、2017年8月7日日本サッカー協会ビル (JFAハウス) 内にある日本サッカーミュージアム ヴァーチャルスタジアムにて行われた[17][18][19]前回大会のラウンド16抽選と同様、ポットを2つ用いる方法で行われた。ただし、決勝会場である埼玉スタジアム2002をホームスタジアムとする浦和が含まれていること、さらにはAFCチャンピオンズリーグ2017 (ACL) に勝ち残っている浦和と川崎の日程調整を最優先させる関係から、以下の方法で実施された。

  1. No.73ホーム→No.73アウェー→No.74ホーム→…の順にトーナメントポジションに1から16の番号を割り当てる。
  2. 3回戦勝者の12チーム+シード4チームの計16チームのうち、浦和と川崎を除いた14チームの名前の書かれたポット (B) を用意する。
  3. 最初に、1・3・5・7の番号の入ったポット (A)を抽選し、浦和のトーナメントポジションを決定する (これにより、浦和はラウンド16及び決勝進出時には必ずホーム側となる)。
  4. Aのポットにトーナメントポジション9・11・13・15の番号を追加する (この時点でAのポットには7つのボールが入っている)。
  5. ポット (A)を抽選し、川崎のトーナメントポジションを決定する (これにより、川崎はラウンド16で必ずホーム側となる)。
  6. Aのポットにトーナメントポジション2・4・6・8・10・12・14・16の番号を追加する。
  7. Aのポットを抽選し、続いてBのポットを抽選して、その時点でチーム名とトーナメントポジションを紐付ける。
  8. これを14回繰り返し、トーナメントの組み合わせを決定する。試合日時は、組み合わせ時点で決定となる。

ドロワーは日本サッカー協会 (JFA) 会長の田嶋幸三と、スルガ銀行代表取締役社長兼CEOの岡野光喜、ゲストドロワーとして元日本代表で天皇杯優勝経験のある三浦淳宏とJリーグ女子マネージャーの佐藤美希、立会人としてJFA常務理事/天皇杯実施委員会委員長の松崎康弘[20]。今回の抽選会の模様は前回と同様にテレビ中継ではなく、JFAのYouTubeチャンネル「JFATV」でのライブ配信が行われた[20][21]

準々決勝[編集]

準決勝[編集]

決勝[編集]

元日の決勝に駒を進めたのは、準決勝の後半45分に神戸に先制されるも、その直後にMF水沼宏太のゴールで追いつき、延長戦でFW柿谷曜一朗の勝ち越し点とMFソウザのだめ押しゴールで第83回大会以来14大会ぶりの決勝進出を果たしたC大阪[22]と、こちらも準決勝で柏に先制される展開も後半途中出場のFW伊藤翔の同点ゴールで追いつき、その後の押し込まれる展開をGK飯倉大樹のビッグセーブ連発でしのぎ、延長終了間際のFWウーゴ・ヴィエイラの決勝ゴールで逆転勝利を挙げ第93回大会以来4年ぶりの優勝を目指す横浜FM[23]の2チーム。C大阪はJリーグ発足後初(前身のヤンマー時代から数えると第54回大会以来43大会ぶり)となる天皇杯制覇と、2017YBCルヴァンカップとの2冠を目指す戦いとなり、横浜FMはAFCチャンピオンズリーグ2018への出場権をかけ、今シーズン終了後の退任が発表されていたエリク・モンバエルツの最後の試合に臨むことになった。

C大阪のチーム得点王・FW杉本健勇と、横浜FMの守備の要・MF扇原貴宏がともに負傷欠場した試合は立ち上がり早々の8分、クリアボールを拾った横浜FMのDF下平匠が左サイドミドルレンジからゴール前に向かってクロスボールを上げると、これに反応したFW伊藤翔がC大阪のディフェンスラインの間を抜けて胸トラップ、C大阪GKキム・ジンヒョンとの1対1で一足早くボールに触って2試合連続となるゴールを決め、横浜FMが先制点を挙げる[24][25]。その後はC大阪がボールを持つ時間が長くなるが、中央をしっかりと固め高い位置からのショートカウンターを狙う横浜FMが決定的な場面を作らせず、前半は1-0で終える[24]

C大阪監督の尹晶煥は後半に向け「より攻撃的にいく」と攻勢を強め、後半20分にゴール前の攻防の中からC大阪MF水沼宏太がゴール正面右からミドルシュートを放つと、横浜FMのGK飯倉大樹がいったんはこれをはじくが、DFのクリアボールを拾ったC大阪FW山村和也がエリア内右からゴール左に蹴り込み同点に追いつく[25]。その後横浜FMはFWウーゴ・ヴィエイラ、C大阪はFWリカルド・サントスを投入して決勝点をもぎ取りに行くが、両チームともに決め手を欠き、そのまま1-1で90分を終え、試合は延長戦に突入する。迎えた延長前半5分、C大阪のクロスボールを横浜FMの守備陣が必死にはじく展開が続く中、左サイドに開いていたC大阪FW山村がやや山なりのクロスボールをゴール前に送ると、そのボールは途中出場のC大阪FWリカルド・サントスを警戒していた横浜FMのGK飯倉やDF陣の頭上を越えてファーサイドへ。すると大外からこれに回り込んだMF水沼がヘディングでゴールへと流し込み、C大阪が勝ち越しに成功する[24][25]。C大阪監督の尹はその直後、FW山村を最終ラインに下げて5バックで守り切る作戦に転じ、その後の横浜FMの猛攻をしのぎ切り、43年ぶりの天皇杯を獲得した[25]

2018年1月1日
14:42
No.87
セレッソ大阪 2 - 1
(延長)
横浜F・マリノス
山村和也 65分にゴール 65分
水沼宏太 95分にゴール 95分
公式記録 (PDF) 伊藤翔 8分にゴール 8分
埼玉スタジアム2002
観客数: 42,029人
主審: 東城穣
セレッソ大阪
GK 21 大韓民国の旗 キム・ジンヒョン
DF 02 日本の旗 松田陸 74分に警告 74分
DF 15 日本の旗 木本恭生
DF 22 クロアチアの旗 マテイ・ヨニッチ
DF 14 日本の旗 丸橋祐介 77分に交代退場 77分
MF 06 ブラジルの旗 ソウザ 48分に警告 48分 119分に交代退場 119分
MF 10 日本の旗 山口蛍
MF 16 日本の旗 水沼宏太
MF 46 日本の旗 清武弘嗣
FW 08 日本の旗 柿谷曜一朗 キャプテン 80分に交代退場 80分
FW 24 日本の旗 山村和也
控え:
GK 27 日本の旗 丹野研太
DF 05 日本の旗 田中裕介 77分に交代出場 77分
DF 23 日本の旗 山下達也
MF 17 日本の旗 福満隆貴
MF 20 日本の旗 酒本憲幸
MF 26 日本の旗 秋山大地 119分に交代出場 119分
FW 11 ブラジルの旗 リカルド・サントス 90分に警告 90分 80分に交代出場 80分
   
監督
大韓民国の旗 尹晶煥
横浜F・マリノス
GK 21 日本の旗 飯倉大樹
DF 27 日本の旗 松原健 75分に交代退場 75分
DF 22 日本の旗 中澤佑二 キャプテン
DF 02 大韓民国の旗 パク・ジョンス
DF 23 日本の旗 下平匠
MF 08 日本の旗 中町公祐
MF 14 日本の旗 天野純 106分に交代退場 106分
MF 20 キュラソーの旗 マルティノス 81分に警告 81分
MF 33 マケドニア共和国の旗 ダビド・バブンスキー 70分に交代退場 70分
MF 24 日本の旗 山中亮輔 45+1分に交代退場 45+1分
FW 16 日本の旗 伊藤翔
控え:
GK 31 日本の旗 杉本大地
DF 04 日本の旗 栗原勇蔵
DF 13 日本の旗 金井貢史
MF 05 日本の旗 喜田拓也
MF 18 日本の旗 遠藤渓太 45+1分に交代出場 45+1分
MF 25 日本の旗 前田直輝 106分に交代出場 106分
FW 07 ポルトガルの旗 ウーゴ・ヴィエイラ 105+1分に警告 105+1分 70分に交代出場 70分
   
監督
フランスの旗 エリク・モンバエルツ


第97回天皇杯 優勝
セレッソ大阪
43年ぶり4回目

トーナメント表[編集]

ラウンド16 (4回戦) 準々決勝 準決勝 決勝
                           
2017年9月20日            
 松本山雅FC 0
2017年10月25日
 ヴィッセル神戸 2  
 ヴィッセル神戸 (PK) 1 (5)
2017年9月20日
   鹿島アントラーズ 1 (4)  
 浦和レッズ 2
2017年12月23日
 鹿島アントラーズ 4  
 ヴィッセル神戸 1
2017年9月20日
   セレッソ大阪 (延長) 3  
 セレッソ大阪 1
2017年10月25日
 名古屋グランパス 0  
 セレッソ大阪 2
2017年9月20日
   大宮アルディージャ 0  
 筑波大学 0
2018年1月1日
 大宮アルディージャ 2  
 セレッソ大阪 (延長) 2
2017年9月20日
   横浜F・マリノス 1
 横浜F・マリノス (延長) 3
2017年10月25日
 サンフレッチェ広島 2  
 横浜F・マリノス 1
2017年9月20日
   ジュビロ磐田 0  
 AC長野パルセイロ 0
2017年12月23日
 ジュビロ磐田 1  
 横浜F・マリノス (延長) 2
2017年9月20日
   柏レイソル 1  
 川崎フロンターレ 4
2017年10月25日
 清水エスパルス 1  
 川崎フロンターレ 0
2017年9月20日
   柏レイソル 1  
 ガンバ大阪 2
 柏レイソル 3  

脚注[編集]

注記[編集]

  1. ^ 優勝したセレッソ大阪はJ1・3位でACLプレーオフ出場権を獲得していたため、J1・4位の柏レイソルが繰上げでACLプレーオフ出場権を獲得。
  2. ^ 毎年夏に道予選を兼ねて行われていた知事杯全道サッカー選手権大会の第35回大会(2017年)を第98回(2018年)大会の予選とし、別途社会人・学生の4チームにより、北海道予選となる「平成29年度 北海道サッカー選手権大会」を開催。
  3. ^ 石川県サッカー選手権大会 (県予選)の参加資格について、オープン参加だった従来と異なり、「前年大会 (2016年大会)の準々決勝進出チーム」に限定[3]

出典[編集]

  1. ^ “2017年以降の天皇杯全日本サッカー選手権大会について” (プレスリリース), 日本サッカー協会, http://www.jfa.jp/news/00006412/ 2016年10月26日閲覧。 
  2. ^ a b c d e “第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 マッチスケジュールおよびシードチーム選出について” (プレスリリース), 日本サッカー協会, (2016年12月8日), http://www.jfa.jp/news/00012009/ 2016年12月8日閲覧。 
  3. ^ a b 今後の天皇杯・県選手権大会についてのお知らせ”. 石川県サッカー協会. 2016年10月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月24日閲覧。
  4. ^ a b 第21回山形県サッカー総合選手権大会兼第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会山形県代表決定戦”. 山形県サッカー協会. 2016年9月18日閲覧。
  5. ^ a b 公益財団法人日本サッカー協会 2017年度 第2回理事会 協議事項 資料 (PDF)
  6. ^ “18年、天皇杯決勝は埼玉スタジアム”. スポーツ報知. (2017年2月16日). http://www.hochi.co.jp/soccer/national/20170216-OHT1T50110.html 2017年2月16日閲覧。 
  7. ^ “第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 3回戦から準々決勝までの試合会場決定方法について” (プレスリリース), 日本サッカー協会, (2017年6月19日), http://www.jfa.jp/news/00013952/ 2017年6月19日閲覧。 
  8. ^ 公益財団法人日本サッカー協会 2016年度 第12回理事会 協議事項 (PDF) pp.8-9, 日本サッカー協会2016年12月8日
  9. ^ “第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 山梨県代表に韮崎アストロスが決定” (プレスリリース), 日本サッカー協会, (2017年1月29日), http://www.jfa.jp/news/00012459/ 2017年2月1日閲覧。 
  10. ^ “第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 香川県代表にアルヴェリオ高松が決定” (プレスリリース), 日本サッカー協会, (2017年3月4日), http://www.jfa.jp/news/00012816/ 2017年3月5日閲覧。 
  11. ^ “第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 1道6県で代表決まる” (プレスリリース), 日本サッカー協会, (2017年4月2日), http://www.jfa.jp/news/00013146/ 2017年4月2日閲覧。 
  12. ^ “第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 京都府代表にアミティエSC京都が決定” (プレスリリース), 日本サッカー協会, (2017年4月7日), http://www.jfa.jp/news/00013198/ 2017年4月8日閲覧。 
  13. ^ “第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 埼玉県など1都3県で代表決まる” (プレスリリース), 日本サッカー協会, (2017年4月8日), http://www.jfa.jp/news/00013200/ 2017年4月8日閲覧。 
  14. ^ “第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 47都道府県代表すべて決定” (プレスリリース), 日本サッカー協会, (2017年4月9日), http://www.jfa.jp/match/emperorscup_2017/news/00013204/ 2017年4月9日閲覧。 
  15. ^ “第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 3回戦 ヴァンラーレ八戸 vs 名古屋グランパス(マッチナンバー【70】) 試合中断・中止のお知らせ” (プレスリリース), (2017年7月12日), http://www.jfa.jp/news/00014182/ 2017年7月13日閲覧。 
  16. ^ “第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 3回戦 ヴァンラーレ八戸vs名古屋グランパス 試合の取り扱いについて” (プレスリリース), (2017年7月13日), http://www.jfa.jp/news/00014195/ 2017年7月13日閲覧。 
  17. ^ “天皇杯ラウンド16組み合わせが決定! 前回王者の鹿島は浦和と、筑波大は大宮と対戦”. サッカーキング (フロムワン). (2017年8月7日). https://www.soccer-king.jp/news/japan/emperorcup/20170807/623128.html 2017年8月7日閲覧。 
  18. ^ “第97回天皇杯 ラウンド16抽選会のインターネットライブ配信および一般観覧を実施” (プレスリリース), 日本サッカー協会, (2017年8月6日), http://www.jfa.jp//news/00014560/ 2017年8月7日閲覧。 
  19. ^ “第97回天皇杯 ラウンド16の組み合わせが決定!” (プレスリリース), 日本サッカー協会, (2017年8月8日), http://www.jfa.jp/news/00014593/ 2017年8月8日閲覧。 
  20. ^ a b “本日8/7(月)14時より第97回天皇杯ラウンド16抽選会をインターネットライブ配信!” (プレスリリース), 日本サッカー協会, (2017年8月7日), http://www.jfa.jp/news/00014565/ 2017年8月7日閲覧。 
  21. ^ 第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 ラウンド16抽選会 - YouTube
  22. ^ “【C大阪】C大阪が2冠王手!神戸下し14年ぶり決勝”. スポーツ報知. (2017年12月23日). http://www.hochi.co.jp/soccer/national/20171223-OHT1T50089.html 2017年12月23日閲覧。 
  23. ^ “横浜Mが延長制し4年ぶり決勝進出! ビエイラV弾、GK飯倉スーパーセーブ/天皇杯”. サンケイスポーツ. (2017年12月23日). http://www.sanspo.com/soccer/news/20171223/jle17122317480012-n1.html 2017年12月23日閲覧。 
  24. ^ a b c “延長死闘制したC大阪、43年ぶり4度目の天皇杯制覇!今季“2冠”でフィニッシュ!!”. ゲキサカ (講談社). (2018年1月1日). https://web.gekisaka.jp/news/detail/?235034-235034-fl 2018年1月1日閲覧。 
  25. ^ a b c d “【天皇杯】C大阪が43大会ぶり4回目の優勝「1月1日が良いスタートが切れた」”. スポーツ報知. (2018年1月1日). http://www.hochi.co.jp/soccer/national/20180101-OHT1T50149.html 2018年1月2日閲覧。 

外部リンク[編集]