サッカーベトナム代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
サッカーベトナム代表
国または地域  ベトナム
協会 ベトナムサッカー連盟
愛称 Những chiến binh Sao Vàng
(ゴールデンスター戦士)
監督 大韓民国の旗 パク・ハンソ
最多出場選手 レ・コン・ビン(83試合)
最多得点選手 レ・コン・ビン(51得点)
ホームカラー
アウェイカラー
初の国際試合
 中国 5–3 北ベトナム 北ベトナム
(1956年10月2日)
 フィリピン 2–2 統一ベトナム 
(マニラ, 1991年11月26日)[1]
最大差勝利試合
 ベトナム 11–0 グアム 
(ホーチミン市, 2000年1月23日)
最大差敗戦試合
 ジンバブエ 6–0 ベトナム 
(クアラルンプール, 1997年2月26日)
 オマーン 6–0 ベトナム 
(仁川広域市, 2003年9月29日)
FIFAワールドカップ
出場回数 0回
AFCアジアカップ
出場回数 4回
最高成績 ベスト4 (1956、1960)
東南アジアサッカー選手権
出場回数 13回
最高成績 優勝 (2008、2018)

サッカーベトナム代表(サッカーベトナムだいひょう、ベトナム語Đội tuyển bóng đá quốc gia Việt Nam / 隊選䏾跢國家越南)は、ベトナムサッカー連盟(VFF)によって編成されるサッカーナショナルチームである。アジアサッカー連盟およびASEANサッカー連盟所属。当項目には、1976年までのベトナム民主共和国(北ベトナム)時代の記録・経歴が含まれ、サッカーベトナム共和国代表(南ベトナム)の成績は含まれない。しかし、国際サッカー連盟(FIFA)では南ベトナム代表を当チームの前身と看做している(北ベトナム代表はFIFA未加盟であったため)。近年の成績向上によってベトナム国内ではサッカーが国民的人気スポーツとなっている[2][3][4]

歴史[編集]

かつてはベトナム民主共和国北ベトナム)とベトナム共和国(南ベトナム)に分断されていたため、それぞれに代表チームがあった。南ベトナムはAFCアジアカップに2度出場し、4位になったことがある。一方、北ベトナム代表は前述の通りFIFA未加盟であったため、専ら共産圏中国北朝鮮キューバ等)との対戦が主であった。

南北統一後、活動を始めるのは1991年になってからである。

自国開催の東南アジアサッカー選手権1998年大会に準優勝し、そのときは決勝戦でシンガポールに0-1で敗れている。

2007年、自国を含む4カ国共催のAFCアジアカップに開催国枠として出場し、グループBを2位で開催4カ国の中で唯一決勝トーナメントへ進出。決勝トーナメント1回戦はこの大会優勝したイラクに敗北した。

2008年東南アジアサッカー選手権(AFFスズキカップ)で優勝し、初の国際タイトルを獲得した[5]

2015年3月、発動機ならびに農機、建機、小型船舶の製造・販売を行う日本企業のヤンマーは、ベトナム代表とオフィシャルスポンサー契約を締結[6]。天然芝の管理に必要なトラクターや、芝管理のノウハウの提供などの技術的な支援と、ベトナム人グラウンドキーパーの育成等も行っている[7]。 地元メディアは「ヤンマーはベトナムで最も美しい練習場を建設して支援しており、選手たちの生活の質から施設に至るまで、あらゆる面で良い影響をもたらしている。」などとベトナムサッカーへの貢献を大きく報じている[8]。長年の酷使で荒れ放題だったベトナム代表の公式練習場は整備されて[9]、2016年から『YANMAR FIELD』と名付けられ年代別含む、男女代表選手たちの練習拠点となっている[10]。これら練習環境の改善といった日本企業を含むスポンサーの貢献があり、その後の、U-23アジア杯準優勝始め、東南アジアサッカー選手権、2019年東南アジア競技大会男女優勝、そして2022年W杯アジア最終予選への初進出につながっている[11]

AFCアジアカップ2019年大会3次予選では、2017年11月14日にホームでアフガニスタンを0-0のスコアレスドローに抑え、5節まで無敗で本大会出場を決めた。2007年大会は上述の様に開催国として出場したため、ベトナムが予選を突破してアジアカップの本大会に出場するのは南北統一後初である。

2022年、ワールドカップアジア最終予選への進出は東南アジア勢で唯一の進出であり、ベトナム代表にとって史上初の快挙である[12]。2月の第7節では中国に3-1で勝利を収めている[13]。これは東南アジア勢による「最終予選での初勝利」であった[14]。3月29日に行われた試合では通算対戦成績4試合全敗の日本代表相手に引き分けて同チーム相手に史上初の勝ち点をつかんだ[15]。初めて出場したワールドカップ最終予選は1勝1分8敗の最下位で敗退となった。監督は「私たちにとっては、この経験が非常に意味のあるものだった。成績自体はいいものではなかったが、私たちなりのベストを尽くせたと思う」と答えた[16]。10年以上前からの国を挙げての強化もあって、着実に成長を続けており、2022年3月29日時点でFIFAランキングで東南アジアのトップに立つ(98位)[17][18]

FIFAワールドカップの成績[編集]

1962年ベトナムサッカー連盟設立以降について記載)

AFCアジアカップの成績[編集]

アジア競技大会の成績[編集]

開催年 結果 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点
1978 不参加
1982
1986
1990
1994
1998 グループリーグ敗退 2 0 0 2 0 6
合計 1/13 2 0 0 2 0 6

東南アジアサッカー選手権の成績[編集]

開催年 結果 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点
1996 3位 6 3 2 1 14 10
1998 準優勝 5 3 1 1 8 2
2000 4位 6 3 1 2 14 6
2002 3位 6 4 1 1 21 12
2004 グループリーグ敗退 4 2 1 1 13 5
2007 ベスト4 5 1 3 1 10 3
2008 優勝 7 4 2 1 11 6
2010 ベスト4 5 2 1 2 8 5
2012 グループリーグ敗退 3 0 1 2 2 5
2014 ベスト4 5 3 1 1 12 8
2016 ベスト4 5 3 1 1 8 6
ホーム&アウェー方式 2018 優勝 8 6 2 0 15 4
2020 ベスト4 6 3 2 1 9 2
合計 13/13 71 37 19 15 145 74

東南アジア競技大会の成績[編集]

開催年 結果 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点
1975 不参加
1977
1979
1981
1983
1985
1987
1989
1991 グループリーグ敗退 3 0 1 2 3 5
1993 グループリーグ敗退 3 1 0 2 1 3
1995 準優勝 6 4 0 2 10 8
1997 3位 6 3 1 2 9 6
1999 準優勝 6 4 1 1 14 2
合計 5/20 24 12 3 9 37 24

VFFカップの成績[編集]

開催年 結果 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点
2004 準優勝 3 2 0 1 4 3
2008 準優勝 2 0 2 0 2 2
2010 4位 3 0 1 2 1 5
2012 3位 3 1 1 1 5 2
合計 4/4 11 3 4 4 12 12

歴代監督[編集]

名前
大韓民国の旗 朴恒緖 2017.9-
ベトナムの旗 Nguyễn Hữu Thắng 2016.3-2017.8
日本の旗 三浦俊也 2014.5-2016.1
ベトナムの旗 Hoàng Văn Phúc 2013.1-2014.5
ベトナムの旗 Phan Thanh Hùng 2012.8-2012.12
ドイツの旗 ファルコ・ゲッツ 2011.6-2011.12
ポルトガルの旗 エンリケ・カリスト 2008.6-2011.3
オーストリアの旗 アルフレッド・リードル 2005-2007.10
ブラジルの旗 エジソン・アラウージョ・タヴァレス 2004.2-2004.12
オーストリアの旗 アルフレッド・リードル 2003.2-2003.10
ポルトガルの旗 エンリケ・カリスト 2002.11-2002.12
ブラジルの旗 ディド 2001-2002
オーストリアの旗 アルフレッド・リードル 1998.8-2000
イングランドの旗 コリン・マーフィー 1997.10
ベトナムの旗 Trần Duy Long 1997
ドイツの旗 Karl-Heinz Weigang 1995-1997.6
ブラジルの旗 エジソン・アラウージョ・タヴァレス 1995

歴代選手[編集]

GK[編集]

DF[編集]

MF[編集]

FW[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ Vietnam matches, ratings and points exchanged”. World Football Elo Ratings: Vietnam. 2016年11月24日閲覧。
  2. ^ ベトナムのサッカー人気が半端ない…収容人数の2倍に匹敵するファンがスタジアムに集結 2018年01月28日(Sun)0時00分配信”. 2022年3月29日閲覧。
  3. ^ ベトナム人が選ぶ、ベトナム人の好きなスポーツランキング”. 2022年3月29日閲覧。
  4. ^ 第9回「ベトナムのサッカークラブ事情」”. 2022年3月29日閲覧。
  5. ^ ロイター サッカー=ベトナムが初の国際タイトル
  6. ^ 東南アジア勢唯一のW杯最終予選進出。日本と対戦するベトナムサッカーの成長と背景を知る”. 2022年3月29日閲覧。
  7. ^ 東南アジア勢唯一のW杯最終予選進出。日本と対戦するベトナムサッカーの成長と背景を知る”. 2022年3月29日閲覧。
  8. ^ 東南アジア勢唯一のW杯最終予選進出。日本と対戦するベトナムサッカーの成長と背景を知る”. 2022年3月29日閲覧。
  9. ^ ベトナムサッカー躍進のきっかけ 〜成長を支えるヤンマーの取り組み〜”. 2022年3月30日閲覧。
  10. ^ 東南アジア勢唯一のW杯最終予選進出。日本と対戦するベトナムサッカーの成長と背景を知る”. 2022年3月29日閲覧。
  11. ^ 東南アジア勢唯一のW杯最終予選進出。日本と対戦するベトナムサッカーの成長と背景を知る”. 2022年3月29日閲覧。
  12. ^ ベトナムサッカー躍進のきっかけ 〜成長を支えるヤンマーの取り組み〜”. 2022年3月30日閲覧。
  13. ^ 東南アジア勢唯一のW杯最終予選進出。日本と対戦するベトナムサッカーの成長と背景を知る”. 2022年3月29日閲覧。
  14. ^ 東南アジア勢唯一のW杯最終予選進出。日本と対戦するベトナムサッカーの成長と背景を知る”. 2022年3月29日閲覧。
  15. ^ 日本相手につかんだ“史上初”の勝ち点1…ベトナム指揮官「選手たちに感謝の言葉を贈りたい」”. 2022年3月30日閲覧。
  16. ^ 日本相手につかんだ“史上初”の勝ち点1…ベトナム指揮官「選手たちに感謝の言葉を贈りたい」”. 2022年3月30日閲覧。
  17. ^ 東南アジア勢唯一のW杯最終予選進出。日本と対戦するベトナムサッカーの成長と背景を知る”. 2022年3月29日閲覧。
  18. ^ ベトナムサッカー躍進のきっかけ 〜成長を支えるヤンマーの取り組み〜”. 2022年3月30日閲覧。

外部リンク[編集]