2022年のJリーグカップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jリーグ > Jリーグカップ > 2022年のJリーグカップ
2022 Jリーグカップ
JリーグYBCルヴァンカップ
開催国 日本の旗 日本
開催期間 2022年2月23日 - 10月22日
参加チーム数 20
優勝 サンフレッチェ広島
準優勝 セレッソ大阪
試合総数 69
ゴール数 198 (1試合平均 2.87点)
観客動員数 433,731 (1試合平均 6,286人)
得点王 ブラジルの旗 ジュニオール・サントス(広島)
(6得点)
最優秀選手 キプロス ピエロス・ソティリウ(広島)
2021
テンプレートを表示

2022年のJリーグカップは、2022年2月23日から10月22日まで開催されていた第30回Jリーグカップである。

概要[編集]

ヤマザキビスケットを冠スポンサー(リーグカップパートナー)として[1]、「2022JリーグYBCルヴァンカップ」(: 2022 J.LEAGUE YBC Levain CUP)の名称で行う。開始から30回目の区切りとなることから、ヤマザキビスケットの商品である「ルヴァンプライムスナック」の円型[注釈 1]をモチーフとした記念ロゴが製作された[4]

大会レギュレーション[編集]

2021年12月21日に大会のレギュレーションが[5]、2022年1月21日にグループステージの組み合わせと日程、プレーオフステージ、プライムステージの開催予定日が公表された[6]前年のレギュレーションを概ね踏襲している。

グループステージ

プレーオフステージ

  • プレーオフステージはグループステージを勝ち上がったクラブ同士の対戦により、ホーム・アンド・アウェーでの2試合制で実施される。
    • 勝者 (勝利数の多いクラブ。同勝利数の場合は下記により決定) がプライムステージへ進出。
    1. 2試合における合計得点数 (=得失点差)
    2. アウェーでの得点数 (アウェーゴールルール)
    3. 15分ハーフの延長戦 (第2戦の後半終了後に引き続き実施、アウェーゴールルールは採用せず)
    4. PK戦 (グループステージと同様)

プライムステージ

  • プライムステージは準々決勝(プレーオフステージ勝ち上がりの4クラブ+ACL出場の4クラブ)、準決勝、決勝をノックアウト方式で行う。
    • 準々決勝・準決勝はホーム・アンド・アウェー方式で、勝敗の決定方法はプレーオフステージと同様。
    • 決勝は1試合勝負で、45分ハーフで決着しない場合は15分ハーフの延長戦→PK戦により勝敗を決定する。
  • 組み合わせ抽選は6月29日に国立競技場正面にてプライムステージ進出クラブ代表によるオープンドロー(公開抽選)により行われ(報道陣にのみ公開)、Jリーグ公式YouTubeチャンネルで「JリーグTV」で生配信された[7]。参加選手はキャスパー・ユンカー(浦和・鈴木彩艶から変更[8])、橘田健人(川崎)、宮市亮(横浜FM)、甲田英將(名古屋)、山中亮輔(C大阪)、小田裕太郎(神戸)、鮎川峻(広島)、金森健志(福岡)。立会人にJリーグチェアマンの野々村芳和と「ルヴァンカップPR大使」の見取り図、司会はフジテレビアナウンサーの黒瀬翔生鈴木唯

また、エントリー下限人数(試合には少なくとも13人の選手をエントリーできなければならない)を設けることから、2020年大会の中断後の再開時に発表された「U-21先発出場ルール(その年に21歳になる、あるいはそれ未満の年齢の日本国籍選手を1人以上先発に含める)の適用取り止め」は今大会も継続する[9]

大会日程[編集]

各日程については2022年1月21日に発表された[6]。分散開催がなくなった一方、前年までと異なり、週末開催の試合が増加している。日付は全て2022年。

ステージ ラウンド 第1戦 第2戦 備考
グループステージ 第1節 2月23日 2試合が3月15日に延期(後述)
第2節 3月02日
第3節 3月26日 1試合が4月20日に延期(後述)
第4節 4月13日
第5節 4月23日
第6節 5月18日
プレーオフステージ 6月04日 6月11日
プライムステージ 準々決勝 8月03日 8月10日
準決勝 9月21日 9月25日
決勝 10月22日

グループステージ[編集]

Aグループ[編集]

チーム ANT CRZ GAM TRI
1 鹿島アントラーズ 6 4 1 1 16 7 +9 13 プレーオフステージ進出 0–1 4–1 3–0
2 セレッソ大阪 6 3 2 1 14 9 +5 11 1–3 0–0 6–1
3 ガンバ大阪 6 1 2 3 8 12 −4 5 1–3 2–3 2–0
4 大分トリニータ 6 0 3 3 9 19 −10 3 3–3 3–3 2–2
出典: 順位表, 戦績表
順位の決定基準: 大会レギュレーション

2022年2月23日 第1節 ガンバ大阪 2 - 3 セレッソ大阪 吹田市
14:03
公式記録
競技場: パナソニックスタジアム吹田
観客数: 10,509 人
主審: 池内明彦

2022年3月2日 第2節 大分トリニータ 2 - 2 ガンバ大阪 大分市
19:00
公式記録
競技場: 昭和電工ドーム大分
観客数: 3,785 人
主審: 木村博之

2022年3月26日 第3節 セレッソ大阪 6 - 1 大分トリニータ 大阪市
14:03
公式記録
競技場: ヨドコウ桜スタジアム
観客数: 4,846 人
主審: 松本大



2022年5月18日 第6節 大分トリニータ 3 - 3 セレッソ大阪 大分市
19:00
公式記録
競技場: 昭和電工ドーム大分
観客数: 2,517 人
主審: 福島孝一郎

Bグループ[編集]

チーム SFR GRA SSP VOR
1 サンフレッチェ広島 6 4 0 2 13 5 +8 12 プレーオフステージ進出 2–0 1–2 4–0
2 名古屋グランパス 6 3 1 2 6 4 +2 10 1–2 0–0 2–0
3 清水エスパルス 6 2 2 2 6 8 −2 8 2–1 0–1 1–1
4 徳島ヴォルティス 6 1 1 4 5 13 −8 4 0–3 0–2 4–1
出典: 順位表, 戦績表
順位の決定基準: 大会レギュレーション







Cグループ[編集]

チーム SAN CON REY SAG
1 京都サンガF.C. 6 3 1 2 8 11 −3 10 プレーオフステージ進出 3–2 1–1 2–1
2 北海道コンサドーレ札幌 6 2 2 2 13 11 +2 8[注 1] 4–1 1–2 1–1
3 柏レイソル 6 2 2 2 9 8 +1 8[注 1] 0–1 2–3 1–1
4 サガン鳥栖 6 1 3 2 9 9 0 6 3–0 2–2 1–3
出典: 順位表, 戦績表
順位の決定基準: 大会レギュレーション
注釈:
  1. ^ a b 直接対戦の結果による。勝ち点(3)・得失点差(0)・総得点(4)で差がつかないため、アウェーゴール(札幌:3, 柏:2)で比較。







Dグループ[編集]

チーム BEL AVI JUB TOK
1 湘南ベルマーレ 6 4 0 2 9 6 +3 12 プレーオフステージ進出 3–1 1–0 2–1
2 アビスパ福岡 6 3 1 2 6 6 0 10 2–1 2–1 1–0
3 ジュビロ磐田 6 2 1 3 4 5 −1 7 0–1 1–0 2–1
4 FC東京 6 1 2 3 4 6 −2 5 2–1 0–0 0–0
出典: 順位表, 戦績表
順位の決定基準: 大会レギュレーション

2022年3月15日[注釈 4] 第1節 FC東京 0 - 0 ジュビロ磐田 調布市
19:03 公式記録 競技場: 味の素スタジアム
観客数: 7,817 人
主審: 岡部拓人

2022年3月2日 第2節 アビスパ福岡 1 - 0 FC東京 福岡市
19:03
公式記録 競技場: ベスト電器スタジアム
観客数: 2,628 人
主審: 中村太

2022年3月26日 第3節 FC東京 2 - 1 湘南ベルマーレ 調布市
15:03
公式記録
競技場: 味の素スタジアム
観客数: 6,829 人
主審: 谷本涼

2022年4月13日 第4節 湘南ベルマーレ 2 - 1 FC東京 平塚市
19:03
公式記録
競技場: レモンガススタジアム平塚
観客数: 3,920 人
主審: 先立圭吾

2022年4月23日 第5節 ジュビロ磐田 2 - 1 FC東京 磐田市
15:03 公式記録
競技場: ヤマハスタジアム
観客数: 5,422 人
主審: 井上知大

2022年5月18日 第6節 FC東京 0 - 0 アビスパ福岡 調布市
19:03 公式記録 競技場: 味の素スタジアム
観客数: 4,532 人
主審: 井上知大

プレーオフステージ[編集]

組み合わせは2021年5月18日のグループステージ全日程終了後に発表された[13]

チーム #1 合計 チーム #2 第1戦 第2戦
アビスパ福岡 2(a) - 2 鹿島アントラーズ 1-0 1-2
北海道コンサドーレ札幌 1 - 4 サンフレッチェ広島 0-3 1-1
名古屋グランパス 7 - 1 京都サンガF.C. 6-1 1-0
セレッソ大阪 5 - 1 湘南ベルマーレ 1-0 4-1

プレーオフステージ第1戦[編集]


アビスパ福岡1 – 0鹿島アントラーズ
公式記録

北海道コンサドーレ札幌0 – 3サンフレッチェ広島
公式記録
観客数: 5,716 人
主審: 井上知大

名古屋グランパス6 – 1京都サンガF.C.
公式記録

セレッソ大阪1 – 0湘南ベルマーレ
公式記録

プレーオフステージ第2戦[編集]


鹿島アントラーズ2 – 1アビスパ福岡
公式記録

二試合合計スコア 2 - 2 アウェーゴール 1 - 0 でアビスパ福岡がプライムステージ進出


二試合合計スコア 4 - 1でサンフレッチェ広島がプライムステージ進出


京都サンガF.C.0 – 1名古屋グランパス
公式記録

二試合合計スコア 7 - 1で名古屋グランパスがプライムステージ進出


湘南ベルマーレ1 – 4セレッソ大阪
公式記録

二試合合計スコア 5 - 1でセレッソ大阪がプライムステージ進出


プライムステージ[編集]

プライムステージの組み合わせは2022年6月29日のオープンドローの結果、以下の通り決定した。抽選に当たっての具体的な方式は以下の通り[14]

  • まず、準々決勝において第1戦でのみホームゲームが開催できる広島の抽選を行う。下記のトーナメント表において上から2・4・6・8番目のみに入ることができるため、これらの4つの番号の入ったポットを用意しドローする。
  • 残りの7チームについてはオープンで実施され、1・3・5・7の番号を追加したポットを各チームの代表が抽選する。

以下のトーナメント表では、第2戦が上のチームのホームゲームとして開催される。

  準々決勝
(8月3日・8月10日)
準決勝
(9月21日・9月25日)
決勝
(10月22日)
                             
 浦和レッズ 1 3 4  
 名古屋グランパス 1 0 1  
   浦和レッズ 1 0 1  
   セレッソ大阪 1 4 5  
 川崎フロンターレ 1 2 3
   セレッソ大阪 1 2 3 (a)  
     セレッソ大阪 1
   サンフレッチェ広島 2
   横浜F・マリノス 1 1 2  
 サンフレッチェ広島 3 2 5  
   サンフレッチェ広島 3 0 3
   アビスパ福岡 2 0 2  
 アビスパ福岡 2 1 3
   ヴィッセル神戸 1 0 1  

準々決勝[編集]

チーム #1 合計 チーム #2 第1戦 第2戦
浦和レッズ 4 - 1 名古屋グランパス 1 - 1 3 - 0
川崎フロンターレ 3 - 3(a) セレッソ大阪 1 - 1 2 - 2
横浜F・マリノス 2 - 5 サンフレッチェ広島 1 - 3 1 - 2
アビスパ福岡 3 - 1 ヴィッセル神戸 2 - 1 1 - 0

準々決勝第1戦[編集]


名古屋グランパス1 - 1浦和レッズ
森下龍矢 59分にゴール 59分 公式記録
試合経過
松尾佑介 36分にゴール 36分
観客数: 6,179人
主審: 谷本涼

セレッソ大阪1 - 1川崎フロンターレ
アダム・タガート 89分にゴール 89分 公式記録
試合経過
脇坂泰斗 33分にゴール 33分
ヨドコウ桜スタジアム, 大阪市
観客数: 9,998人
主審: 西村雄一

サンフレッチェ広島3 - 1横浜F・マリノス
公式記録
試合経過
エディオンスタジアム広島, 広島市
観客数: 5,650人


準々決勝第2戦[編集]


浦和レッズ3 - 0名古屋グランパス
公式記録
試合経過
観客数: 23,435人
主審: 西村雄一

二試合合計スコア 4 - 1で浦和レッズが準決勝進出


川崎フロンターレ2 - 2セレッソ大阪
公式記録
試合経過
観客数: 13,877人
主審: 岡部拓人

二試合合計スコア 3 - 3、アウェーゴール 2 - 1 でセレッソ大阪が準決勝進出


二試合合計スコア 5 - 2でサンフレッチェ広島が準決勝進出


アビスパ福岡1 - 0ヴィッセル神戸
公式記録
試合経過
ベスト電器スタジアム, 福岡市
観客数: 7,021人
主審: 中村太

二試合合計スコア 3 - 1でアビスパ福岡が準決勝進出


準決勝[編集]

チーム #1 合計 チーム #2 第1戦 第2戦
浦和レッズ 1 - 5 セレッソ大阪 1 - 1 0 - 4
サンフレッチェ広島 3 - 2 アビスパ福岡 3 - 2 0 - 0

準決勝第1戦[編集]


セレッソ大阪1 - 1浦和レッズ
公式記録
試合経過
ヨドコウ桜スタジアム, 大阪市
観客数: 10,399人
主審: 松尾一

アビスパ福岡2 - 3サンフレッチェ広島
公式記録
試合経過
ベスト電器スタジアム, 福岡市
観客数: 3,367人
主審: 今村義朗

準決勝第2戦[編集]


浦和レッズ0 - 4セレッソ大阪
公式記録
試合経過
埼玉スタジアム2002, さいたま市
観客数: 26,899人
主審: 福島孝一郎

二試合合計スコア 5 - 1でセレッソ大阪が決勝進出


サンフレッチェ広島0 - 0アビスパ福岡
公式記録
試合経過
エディオンスタジアム広島, 広島市
観客数: 11,487人
主審: 笠原寛貴

二試合合計スコア 3 - 2でサンフレッチェ広島が決勝進出


決勝[編集]

決勝に駒を進めたのは、プライムステージ準々決勝で川崎相手に第2戦のラストゴールで追いつきアウェーゴールの差で勝利し[15]、準決勝では2年連続の対戦となった浦和相手にアウェイの第2戦で4得点を奪い、2戦合計5-1で2年連続の決勝進出を果たしたC大阪[16]と、準々決勝でJ1首位を走る横浜FMを2連勝で下し[17]、準決勝ではクラブ初の決勝進出がかかった福岡に接戦の末2戦合計3-2で勝利し、8年ぶりの決勝進出を決めた広島[18]の2クラブ。両クラブはこのシーズン、今大会の決勝前まで第102回天皇杯準々決勝を含め3試合対決しており、広島が3試合で全勝しており、C大阪にとってはリベンジマッチとなった。また広島は前週の天皇杯決勝に続く2週連続のカップ戦決勝となるが、天皇杯ではJ2の甲府相手にPK戦の末苦杯をなめており[19]、加えてルヴァンカップでは過去2回(2010年と2014年)決勝に進みながらも、いずれも準優勝に終わっており、広島にとってもリベンジマッチとなった。

試合は前半、互いにチャンスを作り出すも決定機までは至らず、スコアレスで後半に折り返す。後半に入り8分、広島DF佐々木翔からGK大迫敬介へのバックパスがやや短くなり、これに反応したC大阪FW加藤陸次樹が奪い、広島GK大迫を交わして無人のゴールに流し込み、思わぬ形でC大阪が先制点を挙げる[20]。しかし後半31分、中盤でC大阪DFマテイ・ヨニッチと広島FWナッシム・ベン・カリファが交錯、その際にヨニッチがベン・カリファの顔面に拳を突き出したことがビデオ・アシスタント・レフェリー (VAR) の介入によるオンフィールドレビューで確認されたことから、ヨニッチにレッドカードが提示され、C大阪は10人で逃げ切りを図る必要に迫られた[20][21]。以後必死に守るC大阪を広島が攻め立てる展開が続いたが中々ゴールを割ることは出来ず、試合はアディショナルタイム (AT) に突入する。

VARの介入もあったため「9分」という長いアディショナルタイムが取られたが、AT+4分に広島のコーナーキックからのペナルティエリア内での競り合いにVARが介入。オンフィールドレビューの結果、C大阪DF鳥海晃司がハンドの反則を犯したとして広島にPKのチャンスが与えられる[21]。天皇杯決勝では試合終了間際のPKを失敗しているが、この日は途中投入の広島FWピエロス・ソティリウがゴール右隅にきっちりと決めて、土壇場で同点に追いつく。なおも広島の勢いは止まらず、終了間際のAT+11分に広島MF満田誠のコーナーキックにゴール前のFWソティリウが右足で合わせ、土壇場で逆転に成功。そのまま広島が悲願の初優勝を成し遂げた[20]

この試合の前日、広島にも在籍歴のあるJ3宮崎所属のFW工藤壮人が急逝しており[22]、両軍ゴール裏から工藤の死去を悼む横断幕が掲げられる中で行われた試合で、広島にとっては工藤に捧げる初優勝ともなった[23]

セレッソ大阪
GK 21 大韓民国の旗 キム・ジンヒョン
DF 02 日本の旗 松田陸
DF 06 日本の旗 山中亮輔
DF 22 クロアチアの旗 マテイ・ヨニッチ Sent off after 79 minutes 79分
DF 24 日本の旗 鳥海晃司
MF 16 日本の旗 毎熊晟矢
MF 17 日本の旗 鈴木徳真
MF 19 日本の旗 為田大貴 80分に交代退場 80分
MF 25 日本の旗 奥埜博亮
FW 07 日本の旗 上門知樹 70分に交代退場 70分
FW 20 日本の旗 加藤陸次樹 70分に交代退場 70分
控えメンバー:
GK 31 日本の旗 清水圭介
DF 29 日本の旗 舩木翔
DF 33 日本の旗 西尾隆矢 80分に交代出場 80分
MF 10 日本の旗 清武弘嗣 70分に交代出場 70分
MF 41 日本の旗 中原輝
FW 26 ブラジルの旗 ジェアン・パトリッキ
FW 38 日本の旗 北野颯太 85分に警告 85分 70分に交代出場 70分
監督
日本 小菊昭雄
サンフレッチェ広島
GK 38 日本 大迫敬介
DF 03 日本 塩谷司 90分に交代退場 90分
DF 04 日本 荒木隼人
DF 19 日本 佐々木翔
DF 02 日本 野上結貴 81分に警告 81分 90分に交代退場 90分
MF 17 日本 松本泰志 63分に交代退場 63分
MF 07 日本 野津田岳人 80分に交代退場 80分
MF 27 日本 川村拓夢
MF 10 日本 森島司
MF 39 日本 満田誠
FW 13 スイス ナッシム・ベン・カリファ 74分に警告 74分
控え選手
GK 22 日本 川浪吾郎
DF 21 日本 住吉ジェラニレショーン
MF 06 日本 青山敏弘
MF 18 日本 柏好文 80分に交代出場 80分
MF 25 日本 茶島雄介 90分に交代出場 90分
MF 30 日本 柴﨑晃誠 90分に交代出場 90分
FW 20 キプロス ピエロス・ソティリウ 90+12分に警告 90+12分 63分に交代出場 63分
監督
ドイツ ミヒャエル・スキッベ
2022 Jリーグカップ 優勝
サンフレッチェ広島
初優勝

表彰[編集]

表彰名 選手名 所属クラブ
大会MVP キプロス ピエロス・ソティリウ サンフレッチェ広島
ニューヒーロー賞 日本の旗 北野颯太 セレッソ大阪

得点ランキング[編集]

順位 選手 所属 得点
1 ブラジルの旗 ジュニオール・サントス サンフレッチェ広島 6
2 日本の旗 加藤陸次樹 セレッソ大阪 5
T3 日本の旗 中島大嘉 北海道コンサドーレ札幌 4
日本の旗 升掛友護 柏レイソル
日本の旗 池田昌生 湘南ベルマーレ
T6 日本の旗 上田綺世 鹿島アントラーズ 3
ブラジルの旗 マテウス・カストロ 名古屋グランパス
日本の旗 為田大貴 セレッソ大阪
日本の旗 北野颯太 セレッソ大阪
スペインの旗 フアンマ・デルガド アビスパ福岡
ブラジルの旗 ルキアン アビスパ福岡
日本の旗 長沢駿 大分トリニータ

最終更新は2022年10月22日の試合終了時、所属は大会出場時の所属チーム
出典: J.League Data Site

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ ヤマザキビスケットのヤマザキナビスコ時代の主力商品「リッツ」は円形であったが、「リッツ」のライセンス元であるモンデリーズ・インターナショナルとのライセンス解除時の申し合わせで「リッツ」の類似製品を販売出来なかったことから、ルヴァンは八角形のクラッカーとして販売された[2]。円形の「ルヴァンプライムスナック」は申し合わせ期間の切れる2017年12月1日から販売開始[3]
  2. ^ 当初は2月23日に開催予定だったが、新型コロナウイルス感染症に伴う管轄保健所からの大分へのチーム活動停止指示に伴い、Jリーグ試合実施要項に定めるエントリー下限人数を満たさなくなったため中止・延期となった[10]
  3. ^ 当初は3月26日に開催予定だったが、新型コロナウイルス感染症に伴う管轄保健所からの京都へのチーム活動停止指示に伴い、Jリーグ試合実施要項に定めるエントリー下限人数を満たさなくなったため中止・延期となった[11]
  4. ^ 当初は2月23日に開催予定だったが、新型コロナウイルス感染症に伴う管轄保健所からのFC東京へのチーム活動停止指示に伴い、Jリーグ試合実施要項に定めるエントリー下限人数を満たさなくなったため中止・延期となった[12]

出典[編集]

  1. ^ “2021年Jリーグパートナー契約決定” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2021年12月23日), https://www.jleague.jp/release/2022年jリーグパートナー契約決定/ 2022年1月22日閲覧。 
  2. ^ “ヤマザキ・ナビスコ㈱のライセンス契約終了に伴う商号変更等のお知らせ” (プレスリリース), 山崎製パン, (2016年2月12日), オリジナルの2020年3月21日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200321004343/https://www.yamazakipan.co.jp/news/pdf/20160212.pdf 2022年1月22日閲覧。 
  3. ^ “ヤマザキビスケットより新登場!サクッとした食感で香ばしさ広がるクラッカー「ルヴァンプライムスナックL」「ルヴァンプライムスナックS」を発売” (プレスリリース), ヤマザキビスケット, (2017年11月30日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000030265.html 2022年1月22日閲覧。 
  4. ^ “JリーグYBCルヴァンカップ 30周年ロゴ” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2021年12月21日), https://www.jleague.jp/release/jリーグybcルヴァンカップ%e3%80%8030周年ロゴ/ 2022年1月22日閲覧。 
  5. ^ “2022JリーグYBCルヴァンカップ 大会方式および試合方式について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2021年12月21日), https://www.jleague.jp/release/2022jリーグybcルヴァンカップ%e3%80%80大会方式お/ 2022年1月22日閲覧。 
  6. ^ a b 2022 JリーグYBCルヴァンカップ 日程表 (PDF) - 日本プロサッカーリーグ、2022年1月21日公表
  7. ^ “2022JリーグYBCルヴァンカップ プライムステージの組み合わせ決定オープンドロー(抽選会)参加選手決定のお知らせ ~6月29日(水)15:30より「Jリーグ公式YouTubeチャンネル」にてライブ配信決定!~” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2022年6月23日), https://www.jleague.jp/release/2022jリーグybcルヴァンカップ-プライムステ/ 2022年8月2日閲覧。 
  8. ^ “2022JリーグYBCルヴァンカップ プライムステージの組み合わせ決定オープンドロー(抽選会) 参加選手変更のお知らせ” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2022年6月28日), https://www.jleague.jp/release/2022jリーグybcルヴァンカップ-プライムステ-2/ 2022年8月2日閲覧。 
  9. ^ “2022シーズン 大会ルールについて” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2021年12月21日), https://www.jleague.jp/release/2022シーズン%e3%80%80大会ルールについて/ 2022年1月22日閲覧。 
  10. ^ “2022JリーグYBCルヴァンカップ グループステージ第1節 大分トリニータ vs. 鹿島アントラーズ 試合中止のお知らせ” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2022年2月19日), https://www.jleague.jp/release/2022jリーグybcルヴァンカップ%e3%80%80グルー/ 2022年2月24日閲覧。 
  11. ^ “2022JリーグYBCルヴァンカップグループステージ Cグループ 第3節 北海道コンサドーレ札幌vs.京都サンガF.C. 試合中止のお知らせ” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2022年3月25日), https://www.jleague.jp/release/2022jリーグybcルヴァンカップグループ/ 2022年3月26日閲覧。 
  12. ^ “2022明治安田生命J1リーグ 第2節 FC東京 vs. 名古屋グランパス 試合中止のお知らせ” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2022年2月21日), https://www.jleague.jp/release/2022明治安田生命j1リーグ%e3%80%80第2節-fc東/ 2022年2月24日閲覧。 
  13. ^ “2022JリーグYBCルヴァンカップ プレーオフステージ組み合わせ決定!” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2022年5月18日), https://www.jleague.jp/release/ 2022年5月19日閲覧。 
  14. ^ 【ライブ配信】2022JリーグYBCルヴァンカップ プライムステージ組み合わせ オープンドロー(抽選会) - YouTube
  15. ^ C大阪、試合終盤の2ゴールで劇的な勝ち抜け! 川崎Fをアウェーゴール差で退けてルヴァンカップ4強入り”. Goal.com (2022年8月10日). 2022年10月22日閲覧。
  16. ^ セレッソ大阪がホームの浦和レッズに4発! 快勝で2年連続ルヴァンカップ決勝進出”. Goal.com (2022年9月25日). 2022年10月22日閲覧。
  17. ^ 広島が10人の横浜FMを撃破! 首位チームに2連勝で8年ぶりのベスト4入り”. Goal.com (2022年8月10日). 2022年10月22日閲覧。
  18. ^ サンフレッチェ広島、8年ぶりのルヴァンカップ決勝進出!福岡退け国立の舞台へ”. Goal.com (2022年9月25日). 2022年10月22日閲覧。
  19. ^ 日本放送協会. “天皇杯 J2ヴァンフォーレ甲府が初優勝 広島とのPK戦を制す | NHK”. NHKニュース. 2022年10月22日閲覧。
  20. ^ a b c 広島がルヴァン杯大逆転初優勝! C大阪に先制許すも…ソティリウが後半ATに超劇的2発”. ゲキサカ (2022年10月22日). 2022年10月22日閲覧。
  21. ^ a b 【ルヴァン杯 決勝】VARで二度大きなジャッジ。ヨニッチ退場、鳥海晃司ハンド…広島ソティリウAT2ゴールでC大阪を下し大逆転優勝”. サカノワ (2022年10月22日). 2022年10月23日閲覧。
  22. ^ “【訃報】工藤壮人選手 逝去のお知らせ” (日本語) (プレスリリース), テゲバジャーロ宮崎, (2022年10月21日), https://www.tegevajaro.com/news/members/69231.html 2022年10月22日閲覧。 
  23. ^ “広島がロスタイム2発の劇的逆転でルヴァン杯初優勝 ソティリウ2G 前日急逝の工藤壮人さんに捧ぐ頂点”. デイリースポーツ. (2022年10月22日). https://www.daily.co.jp/soccer/2022/10/22/0015744598.shtml 2022年10月22日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]