丹羽大輝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
丹羽 大輝 Football pictogram.svg
名前
愛称 ニワちゃん、ダイキニワ
カタカナ ニワ ダイキ
ラテン文字 NIWA Daiki
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1986-01-16) 1986年1月16日(31歳)
出身地 大阪府河内長野市
身長 180cm
体重 76kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 ガンバ大阪
ポジション DF (CB)
背番号 5
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2004- ガンバ大阪 126 (4)
2007 徳島ヴォルティス(loan) 45 (1)
2008 大宮アルディージャ (loan) 0 (0)
2008-2011 アビスパ福岡 (loan) 109 (3)
代表歴2
2015 日本の旗 日本 2 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年12月6日現在。
2. 2015年12月31日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

丹羽 大輝(にわ だいき、1986年1月16日 - )は、大阪府河内長野市出身のプロサッカー選手Jリーグガンバ大阪所属。ポジションはディフェンダー(センターバック)。元日本代表格闘家丹羽圭介は実兄。

丹羽長秀の末裔を自称するが、真偽のほどは不明[1]

来歴[編集]

地元河内長野市の南花台JSCに在籍し、中学生時代からガンバ大阪の下部組織に所属した。

2001年、ユースチームに昇格し、高校1年次にU-15日本代表に選ばれる。同年センターバックのレギュラーポジションを掴み、翌年2002年Jユースカップ優勝に貢献。高校3年次にはユースチーム所属ながらトップチームにも帯同して練習していた。ユースチームではキャプテンを務め、2002年のU-17アジアユース選手権に出場し、大会ベストイレブンに選出されるなど評価を得て、守備の要として活躍した。

2004年、高校卒業後に正式にガンバ大阪のトップチームに昇格(同期昇格は寺田紳一三木良太)したが、3年間出場機会に恵まれなかった。

2007年J2徳島ヴォルティスレンタル移籍で加入。開幕戦でJリーグデビューを果たすとボランチを務め、先制点アシストを記録するなどの活躍をみせた。攻守でバランスをとるプレーが特徴で、特にボランチのアンカー役として、出場停止を除く全45試合に出場し、1年間チームの中心的存在として活躍した。

2008年J1大宮アルディージャへレンタル移籍で加入。しかし、レギュラーを掴めず、ナビスコカップ2試合のみの出場に終わり、シーズン途中の8月にJ2・アビスパ福岡にレンタル移籍した。福岡に加入後、初めての試合でセンターバックとしてフル出場し、先制点をヘディングで奪うなど古巣の徳島相手に3-1の勝利に貢献した。その後もセンターバックとして活躍した。

2009年、福岡へのレンタル期間を1年間延長し、センターバックとしてシーズン中にレギュラーポジションを掴み、その後はゲームキャプテンを務めるなどして活躍した。2010年、レンタル期間を1年間延長し、チーム主将、選手会長としてチームをまとめ上げ、福岡の5年ぶりのJ1昇格に貢献した。2011年も三度レンタル期間を延長。自身はJ1初出場を含むリーグ戦30試合に出場したが、チームは17位と低迷し、1年でJ2へ降格した。

2012年、期限付き移籍満了により6シーズンぶりにガンバ大阪に復帰[2][3]。この年、怪我人が続出したチーム事情から本職のセンターバックのほかにサイドバックなどでも起用された。

2013年、シーズン序盤は控えに回ることが多かったが、レギュラーの岩下敬輔の負傷離脱以降スタメンに定着し、ガンバのJ1昇格とJ2優勝に貢献。J2第38節徳島戦では、自身3年ぶりガンバ入団後では初のリーグ戦の得点を決めた。

2014年、シーズン当初は守備面で不安定なプレーが目立ち中盤はレギュラーから外れたが、西野貴治が負傷離脱し再びレギュラーに復帰した。以降、安定したプレーで失点数リーグ2位タイに抑えたディフェンス陣を支え、ガンバのリーグ優勝さらに国内三冠に貢献した。

2015年6月18日に行われる2018 FIFAワールドカップ・アジア予選シンガポール代表戦のサッカー日本代表メンバーに初選出された。8月9日、 東アジアカップ2015の対中国戦で国際Aマッチデビューを飾った。この年ガンバでは他のセンターバック陣が怪我に泣かされる中、唯一怪我なく1年を乗り切りリーグ戦全試合にフル出場し、同年度の日刊スポーツ 提供「黄金の脚賞」を受賞した。CS準決勝浦和戦では延長後半に自らが蹴った浮き玉気味のバックパスがあわやオウンゴールになりかけるも、間一髪免れそこから繋いだボールから藤春廣輝の決勝点が生まれるという珍しいことが起こり、海外メディアからも紹介された[4]。本人によると蹴る瞬間にボールが跳ねたため浮き玉になってしまったとのこと。

所属クラブ[編集]

ユース経歴
  • 1994年 - 1997年 南花台JSC
  • 1998年 - 2000年 ガンバ大阪堺ジュニアユース
  • 2001年 - 2003年 ガンバ大阪ユース (大阪府立長野高等学校)
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
2004 G大阪 25 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
2005 0 0 0 0 0 0 0 0
2006 0 0 0 0 0 0 0 0
2007 徳島 17 J2 45 1 - 2 0 47 1
2008 大宮 26 J1 0 0 2 0 - 2 0
福岡 27 J2 9 1 - 1 0 10 1
2009 35 1 - 2 0 37 1
2010 6 35 1 - 4 1 39 2
2011 J1 30 0 1 0 0 0 31 0
2012 G大阪 5 14 0 1 1 3 0 18 1
2013 J2 25 2 - 2 1 27 3
2014 J1 25 2 5 0 5 0 35 2
2015 34 0 1 0 4 0 39 0
2016 28 0 5 1 2 0 35 1
2017
通算 日本 J1 131 2 15 2 14 0 160 4
日本 J2 149 6 - 11 2 160 8
総通算 280 8 15 2 25 2 320 12

その他の公式戦

国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFC ACL
2006 G大阪 25 0 0
2012 5 3 0
2015 11 0
2016 3 0
通算 AFC 17 0

タイトル[編集]

クラブ[編集]

ガンバ大阪ユース
ガンバ大阪

個人[編集]

代表歴[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 2試合(2015年)


日本代表 国際Aマッチ
出場 得点
2015 2 0
通算 2 0

メディア出演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ エル・ゴラッソJリーグプレーヤーズガイド2017(スクワッド)、p97
  2. ^ DF丹羽大輝選手 ガンバ大阪へ復帰のお知らせ ガンバ大阪オフィシャルサイト、2011年12月27日
  3. ^ 丹羽 大輝 選手 期限付き移籍満了のお知らせ アビスパ福岡オフィシャルサイト、2011年12月27日
  4. ^ “海外メディアも仰天! CS準決勝のG大阪の2点目は「カオスの15秒間」「クレイジーな展開」” (プレスリリース), soccer magazine, (2015年11月29日), http://www.soccermagazine-zone.com/archives/21170 2016年1月10日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]