ルサイル・アイコニック・スタジアム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ルサイル・スタジアム
ملعب لوسيل الدولي
HK 中環 Central 租庇利街 Jubilee Street 中環街市 Central Market mall sign 足球世界杯 FIFA World Football Cup 模型 展覽 exhibition 足球場館 stadiums November 2022 Px3 08 (cropped).jpg
概要
所在地 カタールの旗 カタールルサイル
座標 北緯25度25分15.1秒 東経51度29分25.4秒 / 北緯25.420861度 東経51.490389度 / 25.420861; 51.490389
所有者 カタールサッカー協会
座席数 80,090[2]
表面
建設
着工 11 April 2017
設計者 Foster + Partners with MANICA Architecture
ゼネコン HBK Contracting
中国鉄建[1]
主要建設者 Aurecon Group as designer (previously KEO)
利用
サッカーカタール代表
2022 FIFAワールドカップ
テンプレートを表示

ルサイル・スタジアム英語: Lusail Stadium)もしくはルサイル国立競技場英語: Lusail National Stadium, アラビア語: ملعب لوسيل الدولي‎)は、カタールアッ=ザアーインの南部海岸にある計画都市・ルサイルにあるサッカー専用球技場。2022 FIFAワールドカップでグループリーグ、決勝トーナメント、決勝戦の計10試合が開催された。

デザイン[編集]

スタジアムの設計はイギリスフォスター・アンド・パートナーズが担当し、スポーツ施設のデザインを専門とするMANICA Architectureがサポートした[3]。建設段階では、KEOコンサルタンツがデザインビルド方式の一環として建築業者にバリューエンジニアリングとデザインサービスを提供した。

スタジアムの収容人数は80,000席[4][5]。スタジアムは円形で、古代アラブの工芸品であるボウル編みを模して設計された構造をしている[6]。「堀」に囲まれ、観客は6つの橋を通って建物に入るようになっている。外側の歩行者用コンコースは、水辺からスタジアムの外周にある小さなアメニティビルやホテルに向かって伸びている[3]

屋根が客席部分上に浮かんでいるような印象を与えるように設置されている[3]。屋根の中央部分は可変で、完全に閉じることもできる。外壁は、伝統的なダウ船の帆をイメージした凹状の形状で、操作可能なルーバーが設置されている。内部は、体験と雰囲気を高めるため、観客がどの位置から見ても見やすいよう設計されている[7]

この競技場はドーハの15km北に位置する計画都市、ルサイルに建設される。ルサイルは都市全体がワールドカップのために特別に建設されており、ワールドカップが開催される頃にはマリーナやアイランドリゾート、高級ショッピング施設、レジャー施設などさまざまな施設が完成する予定である。スタジアムまではドーハから直通の地下鉄が運行される予定で、簡単にアクセスできるようになる。[7]

駐車場の屋根などは太陽光パネルで覆われ、スタジアムのエアコン電力に使用される[3]

カタールW杯にむけて[編集]

ルサイル・スタジアムはカタール最大のスタジアムであり、2022年FIFAワールドカップ・カタールのために開発されている7つのスタジアムの1つでもある[8]。スタジアム改造のための調達プロセスは2014年に始まり、2017年11月に建設を開始。当初は2020年完成予定だったが新型コロナウイルスの影響で延期となり、2021年末予定とされた[9]。大会では決勝戦を含む10試合が行われる予定[6]

W杯開催前の9月9日には、サウジアラビア王者アル・ヒラルエジプト王者アル・ザマレクによるW杯決勝のリハーサルを兼ねた大会「ルサイル・スーパーカップ」(Lusail Super Cup)が開催された[10]決勝ではこれまでの試合から模様替えが行われた[11]

大会後は20,000席に改修され、空いた部分はショップやカフェ、スポーツ・教育施設、健康クリニックなどを備えたコミュニティスペースとして再利用される予定となっている[12]

2022 FIFAワールドカップ[編集]

開催日 時間
(UTC+3)
チーム#1 結果 チーム#2 ラウンド 観衆
11月22日 13:00  アルゼンチン 1 – 2  サウジアラビア グループC 88,012
11月24日 22:00  ブラジル 2 – 0  セルビア グループG 88,103
11月26日  アルゼンチン 2 – 0  メキシコ グループC 88,966
11月28日  ポルトガル 2 – 0  ウルグアイ グループH 88,668
11月30日  サウジアラビア 1 – 2  メキシコ グループC 84,985
12月2日  カメルーン 1 – 0  ブラジル グループG 85,986
12月6日  ポルトガル 6 – 1  スイス ラウンド16 83,720
12月9日  オランダ 2 – 2 (延長)

(3–4 PK)

 アルゼンチン 準々決勝 88,235
12月13日  アルゼンチン 3 – 0  クロアチア 準決勝 88,966
12月18日 18:00  アルゼンチン 3 – 3 (延長)

(4–2 PK)

 フランス 決勝戦 88,966

脚注[編集]

  1. ^ Qatar 2022: Lusail Stadium contractor selected”. StadiumDB (2011年11月30日). 2017年4月16日閲覧。
  2. ^ 2022 FIFA World Cup Bid Evaluation Report:Qatar. FIFA.com
  3. ^ a b c d Lusail Iconic Stadium - FIFA World Cup Qatar”. e-architect. 2021年9月3日閲覧。
  4. ^ Lusail Stadium”. See You In 2022. 2021年9月3日閲覧。
  5. ^ “Qatar: Lusail Stadium will be ready by 2020”. The Hindu. (2018年12月15日). https://www.thehindu.com/sport/football/qatar-lusail-stadium-will-be-ready-by-2020/article25753416.ece 
  6. ^ a b 2022 年 FIFA ワールドカップ カタールのスタジアム ガイド”. Hotels.com. 2021年9月3日閲覧。
  7. ^ a b 2022年カタールW杯決勝が行われる新スタジアムのデザイン・構想が発表!”. サッカーキング. 2021年9月3日閲覧。
  8. ^ Chinese company and HBK JV to build Lusail stadium”. Construction Week. 2021年9月3日閲覧。
  9. ^ Foster + Partners designs golden stadium for Qatar World Cup final”. Dezeen. 2021年9月3日閲覧。
  10. ^ W杯決勝会場で9月9日「ルサイル・スーパーカップ」8万人呼びアルヒラルvsアルザマレク”. 日刊スポーツ (2022年8月30日). 2022年8月30日閲覧。
  11. ^ 【W杯】決勝戦スタジアム、金色カラーへ“模様替え” アルゼンチンVSフランスの注目カードへムード高まる”. 2022年12月19日閲覧。
  12. ^ Foster + Partners unveils Lusail Iconic stadium for 2022 FIFA World Cup”. The Architect’s Newspaper. 2021年9月3日閲覧。